『呪怨』 清水崇 2003

びっくりと恐怖はそもそもぜんぜん違うもの。
d0151584_1835028.jpg

 最近では新作も公開されている本シリーズ、劇場版第一作を観てみました。このシリーズには別段惹かれることもなく、これが初鑑賞です。ちなみに劇場版2の主演はあの酒井さんです。もしかすると映画の呪いでああなったのでは、きゃあ怖い。

 この映画のヒット要因はひとえに、あの白塗りの子供でしょう。『リング』の貞子よろしく、わかりやすいポップアイコンというか、一瞬で映画の中身を伝える象徴となっており、目立ちのよい看板となったわけです。

 いわゆるJホラー、近年の恐怖邦画一般に対して、ぼくの感度は鈍いです。あまり怖いと感じない。楽しめない。作為が見えるというのもあるし、撮り方一般の問題でもあります。というか逆に、よくもまあ世間の人々はこういうホラー映画について怖かった怖かったといえるものだなあ、と感心します。劇場で観たらそれこそ、周りに沢山の人がいるのだし、それだけで安心感がありそうなものですが(今思いつきましたが、映画館を舞台にしたホラーをつくったら面白いかもしれませんね。周りにいる観客が幽霊、みたいな筋立てにしたらひと味違う感覚を与えられるのではないでしょうか)。ぼくは日頃、DVDを観るとき、部屋を真っ暗にして鑑賞し、この『呪怨』も深夜一時くらいに一人で観ていたのですが、いやあ、怖くないんです。

 まず、冒頭の段階、奥菜恵が出てくる場面の撮り方からしてどうも違うなと思った。普通なんです、テレビドラマみたいな感じです。もちろんその場面は幽霊の気配のない、いわばフリの部分、静かな日常みたいな一コマなんですが、だからといって単に平穏無事な様子に見せればいいかというと、ぼくは違うと思う。どこかまがまがしいな、と思わせることが必要で、つまりは空気の醸成の問題です。主な恐怖の舞台となる、問題の家に行くと、そこにはどうもきなくさいババアがいるわけですが、この辺の空気感も非常に薄い。小説で言うと、文章が状況説明的過ぎる感じがするんです。エンタメ系小説に多い、空気を生み出さない文体というか、フリがフリになり過ぎているというか、どうも弛緩している。いや、当然、恐怖の場面に行く前に弛緩しているのはそれでいい。ただ、ただ、芝居や演出まで弛緩していては駄目です。弛緩した場面をきっちり撮ることが大事で、弛緩した撮り方で弛緩した場面を撮ってはいけないと思うんです。この映画のフリの部分、まがまがしさが足りない! 怪しい存在、怪しいものを置いているだけになっていると思います。

 はっきり言って、恐怖映画は空気が勝負です。空気が作り出せれば、別に怖くないものまで怖く見えてくる。いい例は森田芳光『黒い家』の電動こけしです。映画それ自体は穴も多いのですが、エロアイテムをあんなに怖く映せるのは素晴らしいです。それとこれは恐怖映画ではないですが、園子温の大傑作『奇妙なサーカス』。あの映画は全編にわたって空気がまがまがしい。だから大変な密度があります。この『呪怨』はそれがないです。空気がつくれていないです。

 要因は数多いわけですが、ひとつには役者として不適な人のキャスティング、役者の駄目さです。奥菜恵はこの映画には綺麗すぎる。彼女が大写しになって怖がるたび、ぼくは「綺麗な顔やなあ」と思ってしまいました。あのちょいと尖った鼻をぺろぺろ舐めてやりたいぜ、と思わされます(変態)。始終綺麗で、幽霊相手に瘴気を喰らっているようなやつれた感じもなく、この点も空気感の醸成にしくじっている。まあでも彼女はまだ頑張っていたとして、やっぱり伊東美咲は駄目ですねえ。『タイガー&ドラゴン』という名ドラマがありますが、彼女があのドラマの魅力を一人で五割ぐらい殺しています。あのドラマを観ようと思うたび、「ああ、でも伊東美咲出てくるわ、観るのやめよ」と翻意するくらいのひどさです。名ドラマをただ一人の技量のために潰した時点で、ぼくの中で彼女は罪人です。モデルとして服飾誌、広告、CFでにこにこしていればいいのです。彼女が女優として出られるというのは、いかに今の日本映画がやばいかというのを示しています。上原美佐という人も出てきますが、こういう映画に綺麗な女優はそもそも不要ですよ。それだけでまがまがしい空気作りが阻害されます。他の役者もまずいところが沢山ある。いい役者なのに駄目、というところが多い。要はやはり映画の空気の問題で、なおかつ会話の構築の問題でもある。それについては長くなるので割愛します。

 この映画で力が入っているのはなんと言っても、あの子供の幽霊・俊雄や女幽霊・伽椰子でしょうが、この映画、それさえ出せばいいと思っていませんか? 松本人志の映画評がここでは的確です。引用します、勝手に。

「どっきりカメラでも、引っ掛ける人間がたくさんいて、いろんな伏線があって、段階を踏んでドキドキさせて、それでびっくりして大成功じゃないですか。これまでのホラー映画がそうしてきたのを、『呪怨』はいきなり「ゴリラが出たぞ!」ですよ。
 エレベーターの扉が開いたら、ゴリラが出てきて「ウワーッ!」って驚いて、また扉が開いたらゴリラが出てきて、「ウワーッ!」。怖かった? 怖かった? 怖かった? それの連続ですからね。それはびっくりするよ。怖いよ。でも、それが大成功? いやいや、失敗の要素ないやろ、それのどこがおもしろいの? って話ですよ。」

 あのー、よく考えると、「びっくり」と「怖い」はぜんぜん違うんですよ。それがさっきから繰り返している「空気」の話でね。びっくりは一瞬じゃないですか、でも恐怖は、少なくとも映画という媒体で効果的に描かれるべき恐怖は、一定時間持続する「状態」なんですよ。たとえばカフェだかレストランだかのシーンの俊雄は象徴的ですよね。あれはもう恐怖じゃなくて、びっくり演出です。しかも映画としての空気が緩いから、そのびっくり演出に「びっくりさせよう」という作為が見える(サービス精神ではない)。これはよろしくありません。

 もちろん、ホラー映画で怖くないから駄目だ、というのではありません。たとえば園子温の『エクステ』はホラー映画とされますが、怖さで言うと大したことが無くても、それとは別の魅力が確かに宿っている。あの作り方なら綺麗どころ、栗山千明も映える(栗山千明と伊東美咲というのが、まさに映画的な落差、格式を示していますね、また子役の出来不出来という点も比較材料です)。この映画も半分、笑わせようとしているんでしょう。少なくとも笑えるシーンならあった。幽霊が出てくるシーン、俊雄出演場面は笑えるところもある。でも、これは積極的に推せる場面ではない。「せめて笑いにでもしなきゃダメダメでしょこの映画」といった感じの笑い。

褒められるところが非常に乏しい作品です。これが現代のJホラーの代表作だと言うのは、結構貧しい状況じゃないでしょうか。『回路』や『叫』で、いい空気をつくっていた黒沢清が監修だというのに、ああ、こういう映画にこそ黒沢清的要素はあってもいいのに!

 ちなみに、テレビに出始めた頃の鳥居みゆきはこの映画の幽霊要素をぱくっていましたね。
[PR]
by karasmoker | 2009-08-26 23:54 | 邦画 | Comments(0)
←menu