『オカルト』 白石晃士 2009

ほんのちょっと不気味な明日へ。 
d0151584_6425566.jpg

 新宿のバーのマスターが、「びっくりするようなことが起こるよ」と言っていて興味を惹かれ、「でも公式サイトを見ちゃダメだよ、全部ネタバレしてるから」と釘を刺され、なるほど確かにこれは、「当たり前かもしれないけれど映画というのは、内容をまったく知らずに観たほうがずっと面白いな」と思わされる一品でした。だからぼくも今日は、ネタバレを最初から最後まで避ける方針で書くことにします。安心してお読みください。

 とはいえ、別にばらしてもよいことは書きます。一切内容に触れないのも無理なので。まず、この作品は疑似ドキュメンタリーの手法が取られています。この話にとって、最もよくはまっている形であり、劇映画ではこのうまみがごっそり削られてしまうでしょう。というのは、ある登場人物の語りがカメラ目線でこちらに向かってくることによって、この映画における嫌な感じが増幅されているからです。カメラ目線でなくても、少なくとも登場人物はカメラに向かって喋っている。カメラのこちら側にいる観客、鑑賞者に向かって話されることになる。その利点が非常によく活かされています。あるブログに、松本人志が『大日本人』で完璧に失敗したことを突き詰めている、と書かれていました。これには大いに同意します。『大日本人』のドキュメンタリーとしての失敗は、松本演じる大佐藤と他者との関係がほとんど描かれなかったこと。他の人物はあくまでも「大佐藤を語る証言者」に留まっており、ドキュメンタリー的に撮ることで生まれる他者との間合いがなく、ゆえにドキュメンタリーとしての風合いが非常に乏しくなった。想田和弘の『選挙』は疑似ではありませんが、あれは人と人が接する場所に生まれる「独特の変な感じ」を大変にうまく活写していた。この映画でもその点はきちんと活かされています。ああ、こんなやつはいるな、と思わせると、その映画はぐっと説得力を増す。すべての登場人物が丁度いい感じなんですが、ぼくが感じたので言えば、ある女性がとりわけよかった。ああ、こんなやつはいるよ、こんなやつをなんか俺は知っているよ、と思った。人って、こういう場合は実際こういう感じだよね、という。

 ドキュメンタリー的な風合いを十二分に活かしつつ、『オカルト』というタイトルからもわかるように、まあいわくありげなものが出てきます。タイトルになっているからこれはネタバレとは言いません。うーん、これ以上踏み込むとネタをばらすことになりそうなんですが、頑張ってそうならぬように書くと、非常に絶妙にいい感じでオカルト要素を入れているな、ということです。我ながらなんとまあ漠然とした物言いでしょうか。ひとつ言えるなら、「どうせあれでしょ、オカルトチックな、なんか超常現象的なあれで、結局はどっちらけで終わるんでしょ」というあなた、そこのあなた、そういう心配は無用です。「オカルトとかそういうの、あたし興味ないっていうかあ、それよりさあ、聞いてよ、この前さあ、あたしの元彼がぁ、二年前くらいに別れたんだけどぉ、なんかいきなりメールしてきてぇ」というあなた、そこのあなた、うるさい、そういうのは発言小町に行け! 「いきなりメール」って、じゃあどうすればその「いきなり」という副詞をはずせるんだ!「いきなり電話してきた」「いきなり家に来た」「いきなりぼろぼろの三輪車で家の前に来たと思ったら、いきなり黒い謎の渦に飲み込まれた」よりずっとましだ!

 正体不明の女を一人で叱りつけてしまいました。ああ、いきなり妄言を書いたせいで次に何を書くか忘れてしまった。内容とは一切無関係です。
 思い出した。正直、ネタバレを避け続けてはいますが、大体の流れは結構最初の方でわかります。だから、マスターが言っていたように「びっくりすることが起こるよ」というのは、まあそこまで強調しなくてよさそうです。確かに「びっくり」はありますけれど、肝心なのは、大体の話の流れの予想がついたとしても、非常にぞくぞくさせられるということです。これはぞくぞくしました。映画を観た後、あまりいい気持ちはしないのですが、それはこの映画の勝利です。変な言い方ですが、いい感じで嫌な感じ、です。しっかりと、もしくはどんよりと、残るものがあります。 

 うん、現実とオカルトとの調合具合が絶品なんです。ネタバレをしないで書くのは難しいです。ネタバレしちゃ駄目な映画だと『ミスト』なんかもあるんですけど、あれはもういいじゃん。駄目って言うのは結局ラストだろ。ラスト以外はいいじゃん。でも、この映画はそうじゃないのでねえ。あくまでこれ以上なくほのめかしておくと、「我々の住む社会(世界、とはちょっと違う)が、少し不気味に思える」ということです。不気味、のニュアンスは書きません。観た後だと、たぶんほんのちょっと不気味に思えると思いますよ。街を歩いているときとか、人とすれ違うときとかね。
「ああ、この社会はすばらしいなあ、生きていることは素敵だなあ」
「でも、君が見ているその街角にある、あの黒ずみは何?」
「えっ?」
くらいの感じ。わかりにくいって? いいんです。わかりにくくて。ネタバレしないんです。

 一本の映画としてよくできています。ややだれるかなあ、と思うところもないではないですが、構成も編集もいい。こういう映画体験もあるから、映画っていうのはいいものであり、また嫌なものです。お薦めします。
[PR]
by karasmoker | 2009-10-16 03:38 | 邦画 | Comments(0)
←menu