『M-1グランプリ2009』

今年も笑いをありがとう! そして、笑い飯。 
d0151584_2356117.jpg

 
ブログデザインを刷新しました。横スクロールにして、画像もつけて華やぎました。おいしいお茶とお菓子を用意していますので、どうぞ遊びに来てください。赤鬼。

 さて、毎年恒例の大イベント。毎年書いているので映画評を休み、今回も感想を書いておきたいと思います。 個人的には実に複雑な思いの回となりました。最終決戦における審査結果は妥当だったと思います。この点、ああ、ちゃんと面白いものが評価されてよかった、という喜びはあります。あの中で選ばれるべきは、間違いなくパンクブーブーだったのです。

 しかしまあ、笑い飯。ああ、笑い飯。最後の年ということでよりいっそう期待度高く、一本目のネタは最高によかったのです。「鳥人」という設定がまず素晴らしい。突飛な設定をかましつつ、それが両者の対話によってさらなるボケを生み出す。この設定を採用したのはものすごくよかった。大抵の漫才はいわば「ありもの」、現実的な設定をしてボケを生み出します。「○○になりたい」「よし、やってみよう」の形式で、○○の部分には「警察官」とか「ヒーローインタビュー」とかが入ります。現実的な、誰でもわかるものを設定して、そこから各々がボケを生み出す。ところが今年の笑い飯は違いました。「鳥人がやってきたらいいと思う」という、なんとも意味のわからないところから始まり、さらにそこから対話に繋げた。

 これまで「闘牛」「ロボット」、あるいはあの「奈良歴史民族博物館」。その多くが片方の勝手な言動にもう片方が突っ込むという形式でした。しかし今回は積極的に対話を用い、「鳥人」のやりとりをフルに活かした。最高でした。

 ところが、です。ああ、笑い飯。なぜ二本目が、ああ。
島田紳助のエンディングのコメントが的確でした。「一本目にあれを持ってきたら決勝に来られない」「二本目にあれを持ってきたから優勝できなかった」。そしてもうひとつ、「鳥が来たから牛が来ると思った。同じものならよかった」。いや、別に「牛」じゃなくてもなんでもいいのですが、笑い飯は同じものでよかったんです。設定そのままでマイナーチェンジでもよかった。それくらい一本目は卓越していました。読んでご承知の通り、ぼくは笑い飯が大好きなので、二本目の途中で頭を抱えました。これでは優勝できないと。笑い飯は本当に安定感がありません。安定感がないからこそ大爆発があるわけですが、最後の最後で、なんとも哀しい幕切れでした。いまさらですが、やっぱり2003年だったのです。あのときは、誰がどう言おうと笑い飯だったのです。これは心底残念であります。ネタ順的にも、完全に風が吹いていたのに。

 個人的に大好きな東京ダイナマイト。
 東京ダイナマイトも同じような感想を持ちました。笑い飯にしろ東京ダイナマイトにしろ、ああいう舞台で結局いいところを持って行かれる、から好きだったりするんですが、M-1のテンポにははまらなかった。やっぱり四分という短い時間だと、ノンスタイルのようなテンポがウケるんです。東京ダイナマイトの持ち味は四分ではいかんせん活かし切れない。そのうえCMネタは少しマイナーすぎた。いや、いいんです。そのマイナーさ、「なんでそれをチョイスするのか」という微妙さこそが魅力に繋がるコンビなんです。でもそれはM-1仕様にはやはりならない。難しいところです。東京ダイナマイトがメジャーっぽいわかりやすい笑いに染まられてもあれなのです。ですが、もう笑い飯なき来年以降、ぼくが応援するのは彼らしかいない! ぜひ来年も出てきてほしいと思います。それにしても、なぜ必殺の、中盤に入ってからの「どうも、東京ダイナマイトです」をやらなかった! 

南海キャンディーズはもっと点数が高くてもいいと思いました。ぼくは山里の言葉選びが大変に好きなのですが、どうにも客ウケがよろしくなかった。うーん、ぼくはやっぱり一般のお笑いファンみたいなものがいけ好かないのです。山里がストーカーの演技をしたとき、笑いではなく小さな悲鳴が上がったのをぼくは聞き逃しませんでした。違うじゃん。もうその時点で、なんかもうおまえは舞台上の彼らをリスペクトしてねえじゃん。どこかで「気持ち悪いよね」みたいな感覚抱いてるじゃん。女性からの好感度なんか糞食らえだ!山里は今のまま頑張ってくれ! 笑い飯も他の舞台で頑張ってくれ! それにしても、よく言われる(?)ことですが、笑い飯は女性ウケしないコンビです。その証拠に、彼らはゴールデンのバラエティにぜんぜん呼ばれていません。女性ウケしないと呼ばれないのです。その点、ノンスタイルはなぜだか女性好感度が高いようです。だからというわけではないけれど、ぼくはノンスタイルがぜんぜんぴんと来ませんでした、昨年も今年も。

 ぼくは笑いが好きで、むしろ笑いに呪われてきましたけれども、ノンスタイルが好きだという自称お笑いファンとは一生仲良くなれない気がします。笑い飯や東京ダイナマイトが好きな人となら、すぐにマイミクになれます(ミクシィ入ってないけど。誰も入れてくれないけど)。 

ハライチというコンビもいましたが、あの坊主の人は来年あたり売れるでしょう。これはかなり濃い線です。動作も大げさだし、てんぱり感が今ウケするし、わかりやすくテレビ向きですから。ここのコンビはもう一人がもうなんともどうにもならない感じがします。ボケでもないですからね。坊主さんが頑張っているだけですから。で、気になるのはあの方、ネタの途中でなぜか知らないけど笑うんです。なんで? あの人がもっともっとぐいぐい、いや、ぐいぐいじゃなくても、もうちょっとなんかあれしなきゃ! あの坊主さんが喋りだしたとき、そこに乗ってミニコント始めるでもなんでもいいので、なんかあれしなきゃ!

 モンスターエンジンとハリセンボンは、これといって印象に残るものがなかったように思います。ハリセンボンは初めのほうの、家が厳重になっているところや家の中のくだりがちょっと間延びし、モンスターエンジンは前年に比べM-1仕様のテンポアップがなされていましたがボケの威力に乏しかったのです。その意味ではパンクブーブー、四分間に適したテンポと間、ツッコミの威力を持っていました。ボケの威力はツッコミによって変化しますが、アンタッチャブルに似ている分、盛り上がりが生まれていました。

 パンクブーブーはアンタッチャブル、サンドウィッチマンに続いて三組目の関東勢チャンプとなりましたが(もともとは福岡らしいですが、標準語漫才ということをここでぼくは言いたい)、かなりアンタッチャブルを参考にしているように思います。力の限りつっこむことで、ボケが余計に面白く見えてくる。大したことのないボケである場合も、ちゃんと面白くなる。あの声質の響きがいいんですね、怒り調子で。

 決勝三組の熱量としてはパンクブーブーが圧倒的だったように思います。笑い飯はなんたるかな、結局2002年の初出場以来、8回連続出場でラスト、2位に終わる。そして来年以降、M-1の舞台に彼らはいない。そのことは結構寂しいです。有終の美を飾ってほしかったのですが、それでも、どうしても、パンクブーブーがよかった。これはもう、文句の付けようがありません。

追記:笑い飯は来年も出る?
[PR]
by karasmoker | 2009-12-20 22:10 | 邦画 | Comments(2)
Commented by tohitsuka at 2009-12-22 12:10 x
笑い飯らしいけどなあ
Commented by karasmoker at 2009-12-22 20:44
およよ、ツイッター的なつぶやき癖に毒されておるだよ。
「けど」は逆説の接続助詞なので、その後に何か来ないと
文として完成しないのだよ。「けど」の後に、筆者の
主張ないしは感想が来るべきなのだよ(真面目か)。
←menu