『ファニーゲーム』 ミヒャエル・ハネケ 1997

だまされちゃ駄目でござる。

d0151584_23454211.jpg


 ネットを散見するに、結構はっきりと賛否分かれる「くせもの映画」のようだと思い、実際観てみるとなんともはや結構な「くせもの映画」でございました。結論から言うに、ちっとも面白くないくせに意味ありげ。意味ありげだというただそれだけで認められている映画のように思いました。あとは『隠された記憶』くらいしか観ていないのですが、この人もまた、ある種の映画監督に見受けられる傾向を有しています。一言で言えば、「批評家向けに撮っている」ということです。一部の批評家に褒められることを良しとしている気がしてなりません。絶賛している人もいるようなのですが、どこがいいのかさっぱりわかりませんでした。

 休暇で別荘に向かった三人家族が男二人組に暴力を受け、殺される話なんですが、凄惨な暴力がうんぬん、という褒め方にまず文句を言いたい。ひどい暴力が描かれた映画、みたいに言われるんですけども、ぜんぜんそんなことはありません。カンヌの上映ではそのひどさのあまりに観客が席を立った、みたいに言われますが、違うでしょ? 暴力表現のひどさとか残虐さとかで席を立ったんじゃないでしょ? 単純につまんねえからだよ!

 監督はハリウッドアクションへのアンチみたいな感じで撮った、とも言われています。大量にばかばか人が死ぬような映画、登場人物がご都合主義的に暴力から救われる映画、そういうものへの痛烈な皮肉だなどという褒め方をする人もいます。暴力表現を娯楽として楽しんでいる観客、それらに対する皮肉でもあろうとわかるのは、悪役がカメラ目線で語りかけるメタ的な描写です。あれによって、観客もまた悪役同様に、暴力を娯楽として楽しんでいる人間なのだと知らせて、観客を共犯関係に巻き込んじゃったりなんかしちゃったりなんかして、ほら、批評的でしょう? って腹かよ!

 あのー、批評家向けに撮っているなって思わせる監督の映画って、大体そうなんですけど、登場人物にちっとも存在感がないんですよ。きわめて記号的、頭でっかち。暴力なんていうきわめて肉体的なものについて、頭でっかちに語っちゃ駄目なんだって。暴力のうんぬんを描くなら、「批評的に」描きたいなら、まずは肉体感を示さなければどうにもならない、というか、批判している(のかしらないけど)ハリウッドアクションとまったく一緒じゃん! 「駄目な映画を盛り上げるために簡単に命が捨てられていく」(さて、何の歌詞でしょう?)ような状況についてね、それを面白がる観客についてね、批評的であろうとする態度はいいの。それは確かに倫理的な態度だし、あるべき態度なんだよ。

 でもね、だったらその分、「うわあ、人が暴力をふるわれるのは本当に嫌なものだ」と思わせてくれなきゃ駄目だし、そのためには是が非でも肉体的な重み、あるいは一人の人間が確かにそこで虐げられている、という存在感がなきゃ駄目だよ。ところがこの監督はそういう土台の部分にまるきり意識が働いていない。批評的な構造ばかりに目がいって、肝心の人間がいないんだ。あえて残虐な表現を回避しながら観客に不快感を抱かせているなんて言う人もいるみたいだけどね、はあそうですか。ぼくは鈍感だからちっとも感じませんでしたよ。なぜならこの映画には肉体感も存在感もないからね。一風変わった手法を褒めてるだけじゃないですかね。だからはっきり言って「不快感」とか「嫌悪感」なんてこれっぽっちも沸いてこない。沸いてくるのはひたすら「つまらない」ってことだけ。

 ちゃんと映画を観たい人間にしてみれば、「すっごく不快なもの」や「すっごく嫌なもの」も含めて、ちゃんと価値のあるものになるんだよ。どうしてこんなに不快なのか、どうしてこんなに嫌なのかってことを考えられるし、学びを得られるんだよ(だから不快だったり嫌悪を感じたりするからと言ってそういうものが消えて無くなればいいとか思っているやつらが、表現についての条例案とか出してんじゃねえよ)。

 この映画は、その地平まで連れて行ってくれないんです、ぜんぜん。
 で、もうすっごい退屈なわけ。
 あの、途中の携帯電話のくだりとか、スーパーどうでもいい。携帯電話が濡れちゃってつながらないわ、あ、つながるかも、あら、やっぱりつながらないわ、というあのくだり、絶対要らない。その直後の、女が家から脱出した際のワンショットも要らない。夫婦が抱き合うあの長さも要らない。
 ってこういうこと言うとなんですかね? テンポ良く語ろうとする話法もまた娯楽的であり、現実はそれほどテンポ良いものではあり得ず、この映画ではきわめて現実的な場面を切り取っているのであり、あのテンポの悪さもまたアンチ娯楽映画的態度だとでも言うのですかね。ああいうのをリアリティだとでも言うんですかね? 

 だったらぼくにビデオカメラをよこせ! 世界一リアルな映画を撮ってやる! ただし、普通に部屋を映しているだけだからそのつもりでな!! あのね、いくらリアルに近づいたところで、面白くなきゃしょうがないんだよ。リアルに描くことを先に持ってきて、映画を観る快楽それ自体を失わせてどうするんだ馬鹿! あれだって肉体感さえあれば、存在感さえあれば違っていたよ。あのキスの場面だって違っていたはずなんだよ。そういうのが何にもないの! 記号的に描いておきながら何がリアリティだ! 去にさらせ!

 いや、別にね、ぼかあね、そこまで怒ってやしないんだよ。
 簡単に言えばどうでもいい映画なんでござる。ところがね、こういう映画を観てね、「いやあ、暴力のなんちゃらがうんちゃらだよね」とか、「映画全般に対する、あるいはぼくたち観客に対する痛烈な批評だよね、批評たり得るよね」みたいなことを思っている人もいるみたいでね。
 要は頭よさげで口の上手い人に騙されちゃ駄目ですよってことでござる。 
 リメイク版はもちろん観ないのでござる。
[PR]
by karasmoker | 2010-03-19 23:47 | 洋画 | Comments(3)
Commented by 通りすがり at 2016-08-05 03:31 x
これほんっっっとにクソつまらないですよね。
犯人が一度逃げた後の展開見ててイライラしました。普通被害者の心理だったら真っ先に逃げようとするはずでしょ...。なんでボーッとしたり携帯なんか弄ってるんだか...。
こんなのに一銭も払いたくない、金返せやと思ったのは久しぶりでした...。
あと監督はあのメタ発言が面白いと思っているのでしょうが、まっっったく面白くないですよ、と目の前で言ってやりたい...。そのくらいつまらないですね。同じ意見の人がいて安心しました。これは完全なる駄作ですね(笑)...。ありがとうございました(笑)
Commented by 通りすがり at 2016-08-05 03:31 x
これほんっっっとにクソつまらないですよね。
犯人が一度逃げた後の展開見ててイライラしました。普通被害者の心理だったら真っ先に逃げようとするはずでしょ...。なんでボーッとしたり携帯なんか弄ってるんだか...。
こんなのに一銭も払いたくない、金返せやと思ったのは久しぶりでした...。
あと監督はあのメタ発言が面白いと思っているのでしょうが、まっっったく面白くないですよ、と目の前で言ってやりたい...。そのくらいつまらないですね。同じ意見の人がいて安心しました。これは完全なる駄作ですね(笑)...。ありがとうございました(笑)
Commented by 通りすがり at 2016-08-05 03:31 x
これほんっっっとにクソつまらないですよね。
犯人が一度逃げた後の展開見ててイライラしました。普通被害者の心理だったら真っ先に逃げようとするはずでしょ...。なんでボーッとしたり携帯なんか弄ってるんだか...。
こんなのに一銭も払いたくない、金返せやと思ったのは久しぶりでした...。
あと監督はあのメタ発言が面白いと思っているのでしょうが、まっっったく面白くないですよ、と目の前で言ってやりたい...。そのくらいつまらないですね。同じ意見の人がいて安心しました。これは完全なる駄作ですね(笑)...。ありがとうございました(笑)
←menu