『ロボゲイシャ』 井口昇 2009

『片腕マシンガール』がどうして素晴らしかったかがよくわかる。この作品は・・・。
d0151584_3233498.jpg

 井口昇監督作は『恋する幼虫』『片腕マシンガール』と観てきて三本目です。その二作よりもハイバジェットのようですが、個人的には二作より大きく落ちます。金を使いすぎて余計な要素を足しすぎている感じがしました。

『片腕』同様、主人公の少女が体に改造を施して敵と戦う話なんですが、『片腕』のよかったところがすべてレベルダウンしている。本当に「すべて」と言っていい。

 主人公を演じたのは木口亜矢というグラビアアイドル、その姉役で長谷部瞳という人が出ています。この二人が主軸になるわけですが、『片腕』の八代みなせと杉浦亜紗美は本当にすごかったのだなとわかりました。正直、木口亜矢は八代みなせと比べるとずっと弱いんです。存在感も迫力においても、最初のうちはアイドル演技が井口演出と調和しているんですが、クライマックスや後半の戦闘シーンで、八代みなせとの差が歴然としてくる。相手役を担う長谷部瞳も弱すぎる。

 『ロボゲイシャ』には杉浦亜紗美が悪役で登場するんですが、彼女がこの映画を保っていた。彼女の切る啖呵は他の女優陣とはっきりレベルが違う。瞭然。悪の用心棒二人組みたいな役で、相方は泉カイというモデルなのですが、ドスの利かせ方がまったく比べものにならない。だからモデルは広告の上でへらついていればいいのです。もっとAV女優に出てもらうべきです。AV女優ってのは、やっぱり吹っ切れている人たちなんです。恥じらいの自意識を越える覚悟がある。主要女性キャストで杉浦亜紗美を上回れる人間がいない。だから映画としてパワーが上がってこない。

ネットで観る限り、八代みなせの事務所ってどうも弱小っぽいんです。それであまり芝居にも出られていない。なんてもったいない。今回ではっきりしました。彼女はやっぱりすばらしい。木口亜矢についぞこもらなかった魂が、彼女にははっきりと宿っていたんです(あ、ちなみに八代みなせはAV女優ではありません)。

いちばんがっかりしたのは戦闘シーンです。『片腕』のオープニングの戦いは本当に、ベタな意味で格好良かったんです。左腕がマシンガン化した八代みなせが縦横無尽に飛び回って不良たちを惨殺し、最後は肩車で敵の脳天を撃ち抜く。このオープニングはすばらしい。そして随所のクライマックスもすばらしい。すごい熱量で、白熱の戦いなんです。

 ところがねえ、『ロボゲイシャ』。尻から武器を出すとか、それはちょっと、ふざけただけじゃないかなあ。いや、井口監督にはいろいろやってほしいので、試みとしてはいいんですけど、結果から観ると、何やってんだ、という代物。前半はいいんですよ。すべての愚を美点に変える井口マジックで、たとえばあの芸者の髪型のアンバランスさも許容できる。なんでそんな格好やねん、というのも好意的に受け取れる。でも、いざ戦いの場面、命をかけた場面では、やはり命がけの態度が必要でしょう。それを尻から武器を出してうんぬんとやられてもねえ、別に笑えなかったんです。ああいうのは笑えないときついです。全部減点材料になるんです。何度も言いますが、『片腕』はその種のおふざけはしなかったんですよ。見た目はふざけていても、その登場人物たちは本気で取り組んでいるように見えていた。肝心なところはしっかり締めていた。今回はねえ、尻から武器を出して「恥ずかしいぞ~」とか言わせるんです。茶番だ。これは茶番だ。

『片腕』で素晴らしかった証明の妙。闇づかい。今回はただの特撮ヒーロー、それも最近の明るすぎる戦隊ヒーロー的照明と同じでした。闇づかいがまるでできなくなっている。前回あんなにも豊かだった明度の妙技が、今回はさっぱり活かされていない。だから画面が薄っぺらくなる。そのうえであんな変な金の使い方をする。木口亜矢も弱い。これでは熱量が高まらない。空虚さだけが浮き彫りになる。なのに『片腕』より『ロボゲイシャ』のほうがいいとか言う人がいるんですから、一体どこを観ているのか。

 物語運びに関しても、つまらなくなってしまった。井口昇は増村保造に似ています。勢いで押してパワーを埋める分、勢いが弱まると絵空事ぶりが際だつ。最近の邦画の駄目なところをすべて美点に変えている、と『片腕』を絶賛しましたが、今回は邦画の駄目なところをそのまま実践してしまった。変にハートウォーミングな展開に持って行こうとして、ぐずぐすした。老人たちとの語らいもそう、姉との語らいもそう、これが八代みなせならまだよかったかもしれないけど、木口亜矢ではどうやっても無理。あんな風にだらだらやらずに、もういっそのこと姉妹の殺し合いにしてしまえばよかったんです。

 何を物騒な、と思われるかもしれませんが、『片腕』はそういう物騒な話なんです。弟を殺された八代が、次々にためらいなく敵をぶち殺していくから熱かったんです。「果たして復讐に意味があるのか・・・」「報復は虚しい連鎖を生むだけでは・・・」とか言い出したらあんなに熱いものは生まれなかった。とにかく仇をぶっ殺す、と八代・杉浦が邁進したからよかったんです。今回は姉妹の和解物語みたいなぬるいところに行っちゃった。だから肝心のクライマックスが余計に盛り上がらない。姉妹は二人とも演技力も迫力もないんだから、下手な芝居打たせずに、ひたすら戦わせる。それで最後の最期にでも、「あんたのことは嫌いじゃなかったのよ」みたいにすれば、悲哀も生まれたのに。

 テレビ局映画って、「観ていられない」「観ているこっちが恥ずかしくなる」類が多いけど、『ロボゲイシャ』の後半が踏んだのはまさにその轍。でも、そうは言いつつも、井口昇監督には好きにやってもらいたいんです。いろいろ無茶なことを繰り返して欲しい。そうすればすごいところに突き抜ける監督だと思いますので、臆面もなく馬鹿なことを続けていってほしいです。
[PR]
by karasmoker | 2010-07-12 03:28 | 邦画 | Comments(0)
←menu