『アマルフィ』 西谷弘 2009

アホらしもない。
d0151584_23385674.jpg

いろいろと書きたいことをめぐらせていたらもう何を書いていいのかわからなくなりました。なので、今回は、今までに例のないことですが、「まったく心に思ってもいないことを書きまくって褒める」という実験をしたいと思います。本音の結論から言うと、まるで駄目な映画でした。でも、もういいじゃないか。そういうのはみんな書いてくれるさ。だからもう今日は完全に人格を変えて、嘘をいっぱい書きたいと思います。くれぐれも絶賛しているとは思わないでください。もう一度書きますが、本音はすべて逆ですから。

『アマルフィ』を観ました!!
 この作品は「フジテレビ開局50周年作品」だそうで、とにかくキャストが豪華!
大好きな『踊る大捜査線』の織田裕二が主演となればそれだけでテンション上がりまくり、上がりマクリスティですよ!!(←古い? 汗。。。)

 全編オールイタリアロケなので風景がすっごく綺麗ですっ! ああっ、行ってみたい!こんなカフェでランチしてみたい! って思わせる場面がいっぱいあって、もうそれだけでも大満足! タイトルの『アマルフィ』っていうのはイタリアに実在する街の名前なんだそうですが、狭い裏路地みたいなところも風情があって、観ている間ずっと観光気分が味わえます! 
d0151584_23402353.jpg

「『アマルフィ』ってタイトルなのにそこではぜんぜん何も起こらないじゃん。っていうか話がめちゃくちゃだし・・・」って言っている人がいたけど、あたしは織田裕二さんが演じた黒田が格好良かったらぜんぜん気になりませんでした。今度連ドラになるらしいから超楽しみ! 見る! 絶対録画する! 録画しまくる!
 
d0151584_23404422.jpg

d0151584_2341314.jpg
 
天海有希さんの演ずるお母さんの娘がさらわれて、そこから話が始まるんだけど、この展開もハラハラドキドキ。外国で自分の子供がさらわれちゃったらって考えると、とてもあんな風に走り回ったりできないかも・・・。なんか全部警察とかに頼っちゃいそうだし・・・。なのに天海有希さんってば強い! ベランダで煙草を吸うシーンもセクシーだし、この役はものすごくはまり役でした。

 あとはなんと、大河ドラマで大活躍中の福山雅治さんが出てきます!(ちょこっとだけだけど)。ああいうサービスってファンには嬉しいですよね! 物語にはそれほど関係しないんだけど、大事な情報とかくれる、実は大事な役どころだし、織田裕二さんと福山さんの共演っていうのも超貴重じゃないですか!
d0151584_23414114.jpg

 他にもサラ・ブライトマンのコンサートシーンがあるんだけど、歌、超上手い! あたしはサラ・ブライトマンってよく知らなかったけど、イタリアの風景とすっごくマッチしてて、暗いサスペンスだけになっていないってのがいいですよねー。話にはぜんぜん関わっていないんだけど、豪華だしおしゃれだし、超歌上手いからオッケーでしょ?
d0151584_2341551.jpg

 それで、ネタバレになっちゃうけど、まさかあの人が・・・っていう驚きの展開が用意されていて、まんまと騙されました、ハイ。そりゃ○○を○○した原因をつくった相手なら、復讐したくなるよねー。細かい部分はね、だけどよく覚えていないんです・・・。細かい話の流れとかよくわかんなくなっちゃうんです。でもあの人が悪いやつだったなんて、っていう驚きのほうが大きくて、圧倒されちゃいました。難しいことはよくわかんないけど、やっぱり戦争はよくない! 戦争に手を貸すなんて絶対やっちゃ駄目だよ!
d0151584_23421393.jpg

d0151584_23422666.jpg

 クライマックスは黒田が大奮闘! 決めてくれるぜ! やっぱりヒーローは最後をちゃんと持っていくもんなんだよねー。願わくばあそこで福山さんも出てきてくれたらとか思っちゃったけど、それはさすがに欲張りすぎか・・・(笑)。

 これは絶対見てほしい映画です! 見ても絶対損はないはず! イタリア好きの人、サスペンス好きの人には特にお勧めです! あっ、あと戸田恵梨香ちゃんも超かわいいです! 恵里香ちゃんファンの人は絶対チェックしてください!

 うーん。
 うーん。
 うーん。
 いくらなんでも馬鹿すぎる。いや、褒めている人の気分がよくわからないから下手な褒め方しかできない。でもなんかきっとこういう感じで褒めているのだろう。ポイントは福山雅治のカメオ出演やサラ・ブライトマンの歌を褒めている当たりですね。本音を言えばぜんぜん要らないんですけど、まあ褒めている人がいるのだからそっとしておきましょう。
あとは「オールイタリアロケ」のくだりか・・・。はあ。あのー、『世界遺産』とか『世界の車窓から』とか、あとはゴールデンの番組とか、いろいろイタリアの風景を撮った番組とかありますので、そちらをご覧になっていただくほうがきっと。あと、知らないかもしれないですけど、この世界には「イタリア映画」というのがあるので、それをご覧になっていただくのも一興かと。

 うーん。うーん。うーん。実験は失敗! 他人の気持ち、目線になって考えてみる、というのは大事なことでしょうし、続けていけばもっとうまくできるんでしょうけどね。でもしばらくはやりたくないです。二度とやらないと思います。
[PR]
by karasmoker | 2010-09-14 23:43 | 邦画 | Comments(2)
Commented by 松戸 孝幸 at 2011-07-04 16:11 x
女神の報酬のラストシーンですが、天宮が振り返った際、黒田が使命を全うし消えた場面は良いと思いますが、ローマ所長が夜、空港で黒田に逢えず残念と思った時、夜空に花火が上がり、終えた形が良いと思います。男の美学をいつか、期待しています。
Commented by karasmoker at 2011-07-04 22:58
コメントありがとうございます。どんな映画にも一寸の美点はある、というところでしょうか。世の中にはもっともっと観るべき映画がありますし、ぼくは何も期待していません。
←menu