『トウキョウソナタ』 黒沢清 2008

他の監督の傑作と比較すると、実在感の薄さが際だってならない。
d0151584_783712.jpg

黒沢清という監督は個人的に苦手です。理由についてはいろいろな言い方ができそうですが、一言で言うと「アホさ」がないからです。この人アホやなーと思わせてくれないのです。結構極端な表現はあるんですよ、演出にしてもガジェットにしても、アホ要素のあるものは仕込んでいます。『カリスマ』の木だったり、『回路』の黒いよくわかんないやつだったり、あるいは『アカルイミライ』のクラゲとか『叫』の葉月里緒奈の急接近だったり。アホみたいなものはそれなりに出てくるんだけど、どうもアホじゃないんです。この表現には深い意味があるのでっせー的なにおいがするのです。井口昇にせよ園子温にせよ白石晃士にせよあるいはジョン・カーペンターにせよ、彼らはおもろいことに全精力をぶつけている感じがするんですけど、黒沢清監督は表現とか芸術とか、そっち系のにおいがどうしても強くて、苦手なのです。

 さて、『トウキョウソナタ』ですが、ぼくの観てきた彼の作品とは違い、ホラー色がゼロです。ホラーではない黒沢清、を観たことがなかったので、今回はどうなのか、と期待して見始めました。

 これ以上なくざっくり言うと、日常系の話です。ここで紹介した監督で言うと橋口良亮監督の『ハッシュ!』『ぐるりのこと』、是枝和宏監督の『歩いても歩いても』などのように、あるいは山下敦弘監督の作品のように、どでかいこと無しで進む日常、のお話です。さあ、これを黒沢清監督がどう魅せていくのか。
d0151584_791618.jpg

d0151584_79306.jpg

 主軸となるのは香川照之、小泉今日子夫妻とその子供二人です。香川照之はリストラされてしまい、そこから物語が始まります。役者陣の話で言うと、香川照之よりも西村雅彦のほうが似合っていそうだな、と個人的には思いました。香川照之はどうもコミカルさに欠けるんです。この映画にはもっとコミカルさがなくちゃいけないんじゃないかと思いましたが、その一端は香川照之で、彼がどうも面白味に欠けました。すごくいい俳優だと思いますし、今日本を代表する役者といえば彼ですが、どうにも間抜けさが足りないのです。いやいや何を言う、この香川照之がいいのではないか、とおっしゃる方もおりましょうからあくまで個人的感覚ですけども、これ西村雅彦で観てみたかったなあと思ったんです。
d0151584_795635.jpg

 津田寛治扮する友人が、同じく会社をリストラされた男として出てきます。彼も香川も、家族にそれがばれないように怯えて暮らしています。あるとき津田の家に香川が招待され、家族と夕食を囲むんですが、この辺もね、単純に暗いんです。なんか、単に暗くて、面白くないんです。もちろんそれはとてもリアルだと思いますよ。あの場面をコメディタッチで描けば嘘になるのかもしれない。でも、じゃあこの作品が個々の登場人物のリアルさをここで紹介した数々の傑作と同じに描けているかと言えば、そこはさっぱりなんですよ。象徴的なのは、食卓シーンが多いわりに食事をちゃんと描いていないこと。なんで食事を描かない! ものを喰う様って、すっごく活かせるのに!

 これは黒沢清監督の作品を観て毎回思うところなんですけど、テンポがゆっくりなわりに、個々の人物がちっとも印象に残らないんです。こういうやつはいるよな、確かにこういう場面ではこういう風になるよな人って。そういうのがない。リストラされてしまって浮浪者と一緒に公園にいる場面でも、まったく生々しくない。ああ、これはきついなとならない。フィクショナルな出来事があまり起こらないこの手の話では、やっぱり個々の登場人物の実在感が必要でしょう。そういうのをものすごくうまく撮る他の監督と比較すると、うーむ、どうも物足りないんです。
d0151584_7102939.jpg

d0151584_7104352.jpg

 しかし、小泉今日子はすごくよいと思いました。大学生の息子がいるにしては若々しい感じでしたけど、小六の息子を持つ母親としての実在感はすごくありました。もっぱら家の中の場面が彼女の出番なんですけど、小六の子供との接し方はうまいです。小泉今日子がこの映画を支えていたなあと思います。
d0151584_7105773.jpg

 あとは役所広司です。この二人の出てくるくだりがいちばん印象深くて、でもそれはやっぱりコミカルな場面です。全体の基調とは違う場面、車の中の場面がよかった分、他の暗い日常が楽しくない。しかもあの二人も最終的には桟橋に立ってみたりして、結局は黒沢清的ナイーブさに陥ってしまっていて、残念に思いました。
d0151584_7111271.jpg

 暗いトーン、というので気になったのは、津田寛治の死です。途中、香川が彼の家に行くと、津田夫妻が心中したとわかります。ここでねえ、その津田夫妻の子供、みなしごになった子供と香川がすれ違うんです。何なのでしょうか。黒沢清監督は『アカルイミライ』でも浅野忠信に殺人を犯させて、子供をみなしごにしていました。で、結局その子供のことはまったく顧みようとしないんです。あの映画を観ながらぼくは、浅野とオダギリのどうでもええような話より、まったく登場しない残された子供のことばかりが気になりました。今回も似たような感じで、どうして黒沢監督はみなしごをつくろうとするのか! 死んだことにしなくたって、どこかに消えちゃったよ、夜逃げしちゃったよみたいなことでもいいのに。なーんか嫌なんです。結局その人物のむにゃむにゃだけが追えればいいのやな、と思わされるんです。
d0151584_7113493.jpg

 うん、コミカルさがもっとあれば、というのがいちばん大きいです。香川が清掃会社のバイトになって、でんでん扮する先輩と一緒に歩く場面がありますが、あそこのやりとりは笑った。ああいうのをもっと入れてくれればいいのに。一方で、まるでテレビ局的駄目映画みたいなシーンもありますね。就職先の面接に行ったら、若い社員に屈辱を受けるくだり。あれはどうなんでしょう。すっごく記号的な感じがしました。黒沢清監督はやっぱり、個人の日常を丁寧に描く、という手腕はそれほどない人だと思います。生活感、実在感、そういうものについては大した観察眼がない(なにさまっ!)。他の傑作邦画に観られるような、「ああ、いるいる」というのが小泉今日子以外、ひとつもなかった。

 物語の落としどころもなあ、あれでいいんですかねえ。
 音楽の教育を受けていない小六の息子がピアノを始めて、そしたら天才的な腕前を発揮して、数ヶ月後には音楽大学付属の学校ですごく流麗な演奏をする。何、それ? もうすんごくうまくて、それまでまばらだった人々がみんな聴き入っている画みたいな。何、それ? ぼくね、あれは、上手くなくていいと思う、というか上手くないほうがいいと思ったんです。上手くないけど、決して褒められた腕ではないけれど、でも健気に頑張っているほうが、この話に見合うと思ったんです。そうすれば、リストラされたけどなんとかやっていく父親香川や、ふとしたことで遠くに行きたくなってしまったような小泉今日子の生が、肯定されたと思うんです。最後の最後で変に持ち上げる必要がどこにあったのでしょう。天才的な腕前を発揮してアカルイミライに行くんですかね。だとすれば、あの暗い日常は何のために描かれていたんですか?
d0151584_7115228.jpg

d0151584_712414.jpg

 それで言うと、小六の息子と友達のくだりがさっぱり活きていない。あのくだりは何がしたいのか? ああいうのもね、実在感があればいいんですよ。その日常を日常としてこちらは受け止められますよ。でも実在感がない。何か意味があるんでしょうきっと。でもそれを解釈したいとも思えない。

 かなり評判のいい映画だったようですから、いろいろ教えて欲しいですね。ぼくは黒沢清監督作への感度がかなり鈍い人間ですから。この映画の何がいいのか、残念ですが、ぼくにはよくわかりませんでした。
[PR]
by karasmoker | 2010-10-11 07:14 | 邦画 | Comments(2)
Commented by 通りすがり at 2013-09-03 14:18 x
たぶん、あなたにはわからないよ。それでいいじゃない。
Commented by karasmoker at 2013-09-13 21:48
コメントしなくていいよ。それでいいじゃない。
←menu