『ドーン・オブ・ザ・デッド』 ザック・スナイダー 2004

ぼくの好きなゾンビ。リメイクでありながら、アンチ・ロメロゾンビ。
d0151584_3495338.jpg

花沢健吾の漫画『ボーイズ・オン・ザ・ラン』を最近読んで胸を熱くし、続けて『アイ・アム・ア・ヒーロー』を読んだらそれが素晴らしいゾンビもので、ああ、ゾンビものってのはやっぱり面白いなあ、と思って、『ドーン・オブ・ザ・デッド』。

 1978年にあのロメロ先生が撮った『ゾンビ』の原題が『ドーン・オブ・ザ・デッド』で、タイトルそのままのリメイク作です。これはこれは大変な快作を見落としておりました。ゾンビものの中でもかなり白眉の逸品ではないでしょうか。

 ゾンビと言えばロメロ、みたいに言われるんですけど、ぼくはずっとそれが疑問で、彼の作品に登場するゾンビ、そして撮り方とも、どうにも面白くないのです。そういうぼくからすると、このリメイク版はオリジナル版よりもずっと面白かった。なんというか、きちんとアップデートされているゾンビもの、という感じがします。古典的ゾンビ像として、「のろのろ歩く」というのがありますが、ぼくは実はその考え方が嫌い。ゾンビが走ってなぜ悪い! ぼくは走るゾンビのほうが好きなのです。このリメイク版ではオリジナルと異なり、ゾンビをとにかく走らせます。そのほうがやっぱり、映画として緊張感が生まれるんですよ。

 ロメロ先生がおつくりになったのろのろゾンビは、『ショーン・オブ・ザ・デッド』でパロディ化された時点で、もう過去の遺物だと思うんです。それとは違う、凶暴なゾンビのほうが、やっぱり盛り上がります。『ドーン・オブ・ザ・デッド』を観ながらぼくは何度もわーわー声を上げ、安堵の笑いを繰り返しました。走るゾンビはね、瞬発力があるから、不意打ち演出がすごくよくはまるんです。のろのろゾンビの恐怖ってのは結局、数なんですよ。あいつらは大量にいて初めて怖いんです。のろのろゾンビ一匹だけなら、ぜんぜん怖くありません。「廊下にのろのろゾンビがいるから気をつけろ」と言われて廊下に出されても、まあなんとかなりそうだぞ、と思えます。深夜コンビニに行こうと夜道を歩いているとき、向こうからのろのろゾンビが来たとしても、ぼくは早足で横を駆け抜けて難を逃れる自信があります。

 しかし、この映画の「ダッシュゾンビ」は違います。一人いたらその時点で怖いわけです。これが大群になるから、さらにどえらいことになるわけです。だから怖いと思えるんです。ぼくはのろのろゾンビがぜんぜん怖くありません。ダッシュゾンビのほうが断然怖いです。

 で、見せ方がこれまたうまいです。ロメロ先生よりもずっとうまいです。ロメロ先生は本当に旧態依然としておられるため、懐古派はそれを愛でるのでしょうけれども、リメイク版はこれまたゾンビの造形がアップデートされ、実はそれほどじっくり映していないんです。じっくり映すと、「人が演じている感」がどうしても出るんです。ある程度勢いで乗り切ったほうが、たぶんゾンビものの場合、いいんです。ぼくからするとロメロ先生のものって、「人がメイクしているの丸出し」なんです(それを愛でるのですね、わかります)。本作はその人間っぽさを排すべく、一人一人のゾンビの顔はあまり映さないんです。映したとしても、それはあくまでずっと人間だった登場人物に絞っていて、その場合は人が演じている感があってもよし。

 やっぱりね、のろのろゾンビって、活劇においては決して優れた存在じゃないと思うんです。偉いことになった、追い込まれた、やばい! 助かるのか、ぐわ! もう駄目だ!という一瞬一瞬の命の明滅を描くには、獣のごときダッシュゾンビのほうがはるかに娯楽映画的だとぼくは思う。
 本作はリメイクという形で、本歌はロメロの代表作です。これはとても意義深い。リメイクというのはほとんど宿命的に、現代へのアップデートスタイルを強いられるわけですが、だとすると監督はロメロゾンビに対して、「もうその時代は終わりだよ」と告げているんじゃないかとそんな風に思うわけです。
 
「未来のゾンビを考える」というシンポジウムがあったらぜひ参加したいと思う者です。
もはやロメロゾンビの時代は終わりです。『ダイアリー』や『サバイバル』で彼自身がそう教えてくれています。これからは走るゾンビや、クリーチャー型との融合、あるいはテレビゲーム『サイレン』で観られたような、「過去の記憶を引きずって暮らすゾンビ」「喋るゾンビ」などに開かれていくべきです。というか、こんなことはいちいち書くまでもなくそうなるだろうと思っているのですが、いやいやあの面白くも何ともないロメロゾンビがいちばんだと思う人もたくさんいるらしく、ここには世代的断絶というものがあるのでしょう。

 あまり内容のレビウになっていないのですが、ぼくが推奨するゾンビ映画は、こういう類のものです。深夜にビデオでも借りようか、となって観る分には、大変お勧めできる一本でございます。
d0151584_3505384.jpg

d0151584_351640.jpg

d0151584_3511776.jpg

d0151584_351307.jpg

d0151584_3514821.jpg

d0151584_3515929.jpg

d0151584_3521126.jpg

[PR]
by karasmoker | 2010-11-25 03:53 | 洋画 | Comments(0)
←menu