『インセプション』 クリストファー・ノーラン 2010

見応え十分。これぞ映像作家の映画作品。
d0151584_517824.jpg

去年、アメリカで大ヒットを記録した本作ですが、いやあ、これが大ヒットする映画受容の土壌があるって、すごく恵まれていると思いますね。これは相当に骨身の入った話で、頭からっぽドンパチ劇でもなく、子供は訳がわからないでしょう。監督の前作『ダークナイト』も大ヒットだったのですが、あれはまだわかりやすいですよ。子供が観ても、「バットマンとジョーカーの対決なのだな」とわかるし、それさえわかればなんとかなるし。一方この映画はというと、ぼーっと観ていたら途中でなんだかわからなくなる危険がありますからね。かなりすごいバランスでつくられているなあと感銘を受けました。なんというか、「あ、これぞ映像作家の仕事だ」と思います。我々が曖昧なイメージで捉えているものを明確なビジョンで示す。物語的快楽と映像的快楽を両立させる。『ダークナイト』よりもはっきりと上を行っています。

 タイトルの『インセプション』というのは、「植え付ける」というような意味で用いられているらしいです。
 では何を植え付けるのかというと、他人の頭に、あるアイディアを植え付けるのです。
 ではどうやってアイディアを植え付けるのかというと、潜在意識に働きかけるわけです。 
 ではどうやって潜在意識に働きかけるのかというと、なんと相手の夢の中に潜り込み、相手に接触し、その相手をうまく誘導してアイディアを植え付けるのです。
 これに成功すると、相手がはっと目覚めたとき、潜在意識に変化が起こっているため、現実をも操作できるのだ! というわけです。

 要するにあれです。夢の中に出てきた異性、タレントを好きになったりするあれです。いつのことかは忘れましたが、昔、ナース姿の坂下千里子に膝枕をしてもらう夢を見て、その後しばらく好きになりました。今でもそのことを覚えているわけですから、夢の中のそういうのは結構鮮烈だったりするわけで、なるほど人の夢を操作できれば現実の相手をも操れるかもしれません。意中の相手を振り向かせたい場合は、相手の夢に忍び込み、その夢の中で大活躍すればいいというわけです。

 この映画では、相手の企業をぶっ潰してくれという依頼を受け、レオナルド・ディカプリオが動き出します。依頼主は渡辺謙です。渡辺謙は『ラストサムライ』以降、すっかりハリウッド俳優となりまして、もはや驚きもなく、ばっちりとアメリカ映画に馴染んでいるのですね。今後もどんどん出て行くのでしょうし、日本の役者史上、アメリカ映画に最も寵愛を受けている俳優、と言えるのでしょう。
d0151584_518931.jpg

d0151584_5182165.jpg

 動き出すディカプリオは仲間集めに奔走し、『(500)日のサマー』や『ローラーガールズダイアリー』の主人公たちに力を借りることになります。仲間は「設計士」「偽装師」「調合師」といった特性を持っており、この辺はゲームっぽくて楽しいです。
d0151584_5183428.jpg

 いざ夢の中へ、というわけなのですが、夢の荒唐無稽さをうまく中和しながら、面白いビジョンを作り出しています。この映画について言えることとして、「こちらから汲み取っていけば相当面白い」というのがあります。はっきり言って、突っ込みどころはあるんです、たくさん。重箱の隅をつついていけば、おかしなところはいっぱいあります。でも、こちらから好意的に解釈し、「そういうのはええやん」となれれば、なるほどなかなかよくできた映画と言えるのです。
d0151584_519147.jpg

d0151584_5191227.jpg

d0151584_5193282.jpg

d0151584_5194024.jpg

 設定としてうまくすり抜けているのは、「夢の中で死んだ場合」ですね。普通は目覚めるはずなのですが、本作では違っていて、夢の中で死ぬと意識の深い深い場所まで落ちてしまい、目覚められなくなる、ということにしているのです。これをすると、「所詮は夢やんけ」という冷めた視点を封じられるので、観客は出来事の連続を真剣に観られます。さらっとした説明だったりするんですけど、ぼくの鑑賞テンポと合いました。いろいろ疑問が出てくるんですが、登場人物がわりと説明してくれます。かゆいところに手が届いているのです。
d0151584_5195189.jpg

d0151584_5195957.jpg

 この映画の特徴としてはもうひとつ、夢の中の夢、という階層構造を準備したこと。現実と夢、という表裏ではなく、どこまでも深く続く夢の階層という設定を提示した。これで話が相当膨らんでいます。複雑化したとも言えるので、そういうのが苦手な人は大変かも知れません。いくつもの層に分けたので、その分広がりあるビジョンを提示できるのです。雪山のシーンなんてその典型で、普通この話で雪山なんて出てこないんです。でも、そこは夢の特性である「なんでもあり」を利用しているのであって、アクション映画の快楽をも与えてくれるのです。

 夢の中で夢を見る、というのは、「この現実も夢である」という認識を持てば、十分にイメージできる話ですね。で、ここがまたすごいことに、互いが互いに作用を与えているんです。現実に近い層で事故が起きると、深い夢の層でも衝撃を受けるのです。そうした空間的影響もさりながら、時間的差異も面白い。この映画では階層ごとに時間の流れが違う、ということになっていて、現実の数分が夢の中の何時間、その夢の中での何時間がさらに深い層では何日、みたいになっているのです。それによる映像的快楽も、ふんだんに用意されています。

 もちろんね、先述の通りね、「なんか都合のええ設定やな」とかね、あるかもしれません。でも、そこは別にどうでもいい。終わり方の切れ味なんかも含めて、非常によくできている。そもそも、人の夢に入ってうんぬんという設定が荒唐無稽なのだから、細かいことはいいんですよ。『ミクロの決死圏』みたいなもんとも言えましょう。第一、これは映画なのです。映画ってのは現実に起こらない荒唐無稽の連続なのです。そして、映画を観ている間、ぼくたちはいわば現実に何もしていないのであって、その意味では現実を預けているとも言えるのであって、つまりはぼくたちもこの映画の夢の中にいるようなものでもあり、ラスト近く、飛行機内における連中のぼんやりと目覚めた様子は、映画を見終えた我々そのものでもあるのです。なんてことをほら、いろいろ言えるわけじゃん。それって、いい映画の証拠なのさ!

 実際観てみないことにはイメージを掴みにくい映画かもしれません。実際、鑑賞中もぼくはいろいろ整理しながら観ていました。そうでもないと置いて行かれそうでした。見終えて疲れる、ということもあるかもしれませんが、楽しめた場合には格別の興奮状態を得られるとも言えましょう。考えながら観ますからね。頭からっぽで楽しみたいときは、やめておいたほうがいいでしょう。歯ごたえのある映画を観たいときは、ぜひお薦めと言えましょう。ラストの切れ味も、いいですね。
[PR]
by karasmoker | 2011-03-10 23:22 | 洋画 | Comments(2)
Commented by みじめ!愛とさすらいの母!? at 2013-11-20 03:31 x
うーん、現実と虚構の境界の曖昧さとか夢の階層構造とか、日本人ならとっくの昔に『インセプション』よりもっと洗練された映像とアイディアで押井守監督や今敏監督らが多くの傑作を生み出しているのを知っているだけに、本作が単なる「SF・アクション映画のパロディ(インセプション=植え付けられた記憶)の羅列」に留まっていたのが残念でしたね。
夢の深層部に潜るという説明と、各階層の場所設定や運動原則に何の関連性もないのは工夫が足りませんし、せめて『ビューティフル・ドリーマー』みたいに「水=夢・記憶の媒介物」などの共通した映像演出があれば少しは評価できたんですけど…。
あと、ノーランは生の人間のアクションシーン(特に銃撃戦)を撮るのが下手過ぎですよ。
マイケル・マン監督の爪の垢でも煎じて飲むべきでしょう。
Commented by karasmoker at 2013-11-21 06:07
コメントありがとうございます。
ここ数日多くのコメントを頂けて恐縮しております。
残念ながら今のぼくはこうしてコメント返しこそすれ、それほど映画をああだこうだと論ずる気分になれぬのです(更新もしていないでしょう?)。
 映画には一言も二言もある方とお見受けいたしますし、ぜひともご自分でブログを書かれたり、あるいはアクティブなブロガーとの合評をお楽しみいただいたりするほうが有益であろうなあと思われます。
←menu