『ティンカー・ベルと月の石』 クレイ・ホール 2009

前作のほうがいいけれど、大事なことは守っている。
d0151584_5535352.jpg

 原題『Tinker Bell and the Lost Treasure』
 前作『ティンカー・ベル』が良かったので観てみました。本作もそうですがアメリカではDVDスルーなのですね。いわばOVAということでしょうが、このクオリティをOVAでつくっちゃうところがさすがディズニー、ピクサーを我がものとしたディズニー。

 ぼくはこの妖精という存在が結構好きです。天使や悪魔というと信仰が絡んだりそれに付随するイデオロギカルなものが鬱陶しかったりするけど、妖精はそれとも別の、単純にワンダフルな想像なんですね、ぼくにとっては。その点で言うと妖怪なんかも面白いけど、妖怪は今度は自由度が高すぎる。妖怪って何でもありですからね、何でもありすぎてつまらなかったりもする。一方、妖精は設定上の縛りもあるし、丁度いい具合の遊びがあるのです。
d0151584_5543769.jpg

 このティンカー・ベルというキャラクターには是非、他のディズニー作品、ピクサー作品に遊びに出て欲しいですね。ゲスト出演させて欲しい。ピクサー作品×ティンカー・ベルというのは考えるとわくわくします。このキャラの外見的造形は日本アニメの美少女、いわゆる萌え系のそれとはまったく異なります。なんというか、そこまで可愛いわけではないんです。でも、愛着が湧きます。むしろ変な萌え的要素が排除されている分、媚びやあざとさがなくて、素直に好感が持てます。 
d0151584_5545195.jpg

 本作『月の石』の話に移っていきますが、ぼくは前作のほうが好きですね。
 前の世界で「妖精の住む世界、ピクシーホロウ」というものを形作ったわけですが、そのワンダーランド感は減じてしまった。前作では観るもの観るものに宿っていた新鮮さがありましたが、それを上回る魅力は本作からは感じられませんでした。観る側が世界に慣れてしまうのは、続編が受ける宿命。だからこそ今度はキャラクタなり別のガジェットなり脚本なりでパワードされねばなりません。そういう部分の強さはなかったな、という印象です。
d0151584_555795.jpg

前作との大きな違いはテレンスという男子キャラですね。恋愛的要素はゼロに等しく、むしろ友達という位置づけが全面に押されているのですが、このテレンスのキャラが弱いです。ティンクの作品はまだまだ観てみたいと思う。でも、別にテレンスはいなくてもいい。テレンスが有している機能って、「男子キャラ」「友達」「ティンクを助ける」というこの三つに留まっているんです。もっとテレンス特有の性格、癖みたいなもんがないと、どうしたってこのキャラの魅力は出ない。そう、癖です。癖がない。こいつは印象が薄いんです。こいつきっかけで話がどたばたしちゃったりもしないし、その点のつまらなさは大きい。なにさまなことを続けますけど、作り手はこのキャラのことを愛しているか? と思います。そんなに愛していない気がします。だって、「愛しじろ」(「のりしろ」の類語、造語)がないもん。
d0151584_5552151.jpg

 あと、これはぼくの気のせいかもしれませんが、前作に比べてどうもキャラクターが人形っぽくなっている気がしました。前には感じなかった違和感です。なんだか体の動かし方とかがちょっと角張って骨張っているような。手元に前作がなく確かめられないため、確信がないんですけどね。製作総指揮として前作ではピクサーのヘッド、そしていまやディズニーの制作を束ねるあのジョン・ラセターが関わっていたんですけど、本作に彼は携わっていないようで、そういうのもあるのかな、と思います。
d0151584_555459.jpg

d0151584_5555690.jpg

 脚本的な弱さでいうと、いくつかあります。ひとつだけ挙げておくなら、テレンスが助けに来るのが唐突すぎます。ティンカー・ベルは訳あって住処を遠く離れ、苦難の旅に出るんですけど、テレンスはいとも簡単に彼女のもとにたどりつき、「助けに来たよ」となってしまう。これはまずいです。尺や製作費の都合もあるんでしょうけど、もうちょい描きようあるんちゃう? と感じずにはいられない。
d0151584_5563565.jpg

d0151584_5573940.jpg

 いくつか文句を垂れましたが、十分なクオリティはあるし、何よりもどうしたって嫌いになれない要素として、このティンカー・ベルがいます。彼女の何がいいのか、このシリーズの何がいいのか、明確な勝因があるんですけど、それはひとえに「工夫」です。宇多丸さんいうところのKUFUです。ティンカー・ベルは頑張って、工夫で物事を解決していきます。前作の褒めどころとしてはそれにくわえ、「憧れたものとは違っても、自分に与えられた能力を、自分の生き方を肯定する」という要素がありました。本作ではそうした生き方にまつわるメッセージこそなかったんですが、重大な過失を努力と工夫によって解決、よりよい解決を導くという素晴らしさがあって、ここは大変にブラボーです。この「工夫」がある限りにおいて、ティンクの物語は今後も大丈夫だろうと思えるのです。
d0151584_5576100.jpg

d0151584_5571999.jpg

 前作に比べるとやや劣るか、という印象です。というより、あらためて考えてみるに前作はとてもとてもよかったのです。前作の「走りあざみ」のくだりは素晴らしすぎたし、深いメッセージがあったし、ぜひチェックしましょう。もしも前作に感動したなら、「まあそんなには期待せずに」くらいの感じで本作を観ましょう。
[PR]
by karasmoker | 2011-05-22 05:59 | アニメ | Comments(0)
←menu