「ほっ」と。キャンペーン

『幻魔大戦』 りん・たろう 1983

いろいろとえげつなくて、怖くなる映画です。
d0151584_0332653.jpg

久しくアニメを取り上げていなかったのですが、古いアニメはどんなもんじゃい、というわけで観てみました。これはなかなかいろいろな意味でえげつない映画でしたね。

 原作は平井和正と石ノ森章太郎による漫画らしいのですが、ぼくは特に昭和の漫画って、ぜんぜん知らないのです。もちろんテレビアニメになったようなものくらいは人並みに知ってはいるけれど、ちょっと深くなるだけでぜんぜん知らない。石ノ森章太郞にしても仮面ライダーのイメージばかりです。石ノ森原作をアニメで観たのは『空飛ぶゆうれい船』くらいですね。ゴックリゴックリコント、ボーアジュース。平井和正という人のことは何も知らないです。この辺で濃い話をいくらされたところで口ぽかんです。

 さて、『幻魔大戦』ですが、もうのっけからアングラめいているというか飛んでいるというか、どえらい作品になりそうだなと思わされます。不気味なばばあが夜の街を飛び回っていたり、精神世界みたいな異空間で登場人物と美輪明宏とがお喋りをして何事かをわかりあったりしています。始めに提示されることとして、何かとてつもなく破壊的なやつがいると。それで地球を滅ぼそうとしていると。それをなんとかせねばならんだぞよ、ぞよぞよ、という話です。これはなかなかきついことになるぞ、と思いながら観進めていきました。
d0151584_23264943.jpg

d0151584_23265845.jpg

d0151584_2327842.jpg

観ながらずっと感じていたのは、この映画はリズムがぐっちゃぐちゃだなということでした。映画が一つの音楽であるとするなら、たいていの映画はそれぞれのリズムを持って進行していくわけですが、この映画はその辺がものすごく不安定に思えた。落ち着いて観られないんですね。何をしてくるかわからない怖さがありました。ちょっとだけ、チャージマン研みたいな怖さもありました。ノリがぐっちゃぐちゃなところがね。エンディング曲かと思わせるような、すべてが解決したねみたいな曲が途中で流れたりするし。実際に観てもらえば、ああこれのことだなとわかるでしょう。
d0151584_23273055.jpg

d0151584_23274136.jpg

 主人公となるのはアムロの声をした高校生、東丈、アズマジョウです。彼がなぜかよくわかりませんが超能力に目覚めていきます。このくだりは結構面白く観ました。あの異空間表現は見応えがあったし、日常と異常が入り交じっていく部分は愉快です。でも、一度ぶっ飛ぶとこの映画は相当ぶっ飛んでいくんです。これね、始まりとしては日常があるわけですよ、東丈のね。でも、途中からそれがもう何もなくなりますね。決定的だなと思ったのは、彼と姉の関係です。これはえげつない映画だ、とはっきり思う場面です。
d0151584_23275469.jpg

 普通の映画、とあえて言わせてもらうけれど、普通の映画なら、高校生の弟が突然超能力に目覚めちゃったとなったら、姉はその反対側、いわば日常側の重しとして機能するものです。で、実際普通の映画みたいに、姉のリアクションは「弟に何が起こっているのかしら」となるんです。でもね、ある場面でね、もう姉貴まであっち側の人になるんです。いやむしろ、この東丈くんよりもはるかにあっち系の人になるんです。「私たちは前世からどうのこうの、もよもよ」と言い出してしまい、そしてまた何事かをわかりあうんです。

 で、いつの間にか世界が滅びます。
d0151584_2328690.jpg

d0151584_23281479.jpg

 結構中盤で既に世界が駄目になってしまいます。終末世界まるだしになります。これはもう、説得力だの物語の進行だのテンポだの途中経過だのはほとんど放り出されているのであり、「もういいのっ! 世界は滅ぶのっ!」というノリです。そこから黒人少年が出てきたりして、主人公の東丈は東京からニューヨークに飛んできて、どでかい火の玉と対決します。インドのおじいさんと合流して、窮地を逃れます。もう書きながらアホみたいな気分になってきますが、実際に観てもらうと納得いただけるのではないでしょうか。
d0151584_23282746.jpg

d0151584_23283623.jpg

 この映画、マジか、と思う場面がいっぱいありますね。世界各地から超能力者が呼び寄せられるんですが、それももう、何の背景もないやつらがわさわさ出てくるんです。誰やねんの連続。しかも、俺がここにいるのは別におかしくないよな、みたいなノリで本当に中途半端に物語に入ってくる。そしてクライマックスまでおともする。ちょっと笑いますね。「何食わぬ顔で物語に横入りしてくるキャラ」って、そんなの観たことねえよ。たとえるなら、草野球やろうって言って、でも三人くらいしかいなくて、いつの間にか試合前日になっちゃって、頭数揃えるためにそんなに親しくもない人を慌てて呼び集めて、で、試合が始まっちゃったけど素性がわからないやつも仲間になっているしもうなんかどう楽しんでいいかわからない、というような感じです。

 ただね、そういうね、もう、作り手が何を考えているかわからないからね、怖いんですよこの映画は。子供が観たら泣くと思いますよ、リズムもぐちゃぐちゃだし。恐怖表現が二割増し、三割増しで怖くなる。何をしてくるかわからないんです。いわゆるホラー映画ってね、それでも一応ちゃんとシナリオがあるし、ここで観客を驚かせるぞ、そのためにここで盛り立てるぞみたいな流れがあるわけです。そう、流れがあるから観客側にも覚悟ができる。この映画の流れは本当に読めない。棒きれをめちゃくちゃに振り回してくるような怖さがあります。だから、怖い映画として観ればよくできているとも思いますよ。その辺のホラーなんかよりもはるかに怖いです。動物を引き連れながら、主人公がなぜだか愛に気づくところとか、ものすごく怖いです。
d0151584_23284670.jpg

 そもそも、主役級のロボットが、この造形です。こんなもん絶対人気出ないでしょう。その辺りからして作り手の発想が読めないから、怖い。で、馬鹿な映画だったら馬鹿だなあと笑えるんですけど、愛がどうたら世界がどうたらと言い出して、急に世界が壊れるので、もう何、怖い怖い怖い、となってきます。ウィキによると、嘘か真か、オウム真理教にも影響を与えたとか書いてあって、ああちょっとわかるなあとも思います。この変なノリはそうそう観られるものじゃないですよ。クオリティも当時のものとしては高いところは高いから余計に怖い。
原田知世を角川事務所が押したであろうせいで、必要のない台詞が随所に入っているのも怖い。
d0151584_23292895.jpg

d0151584_23293693.jpg

 で、きわめつけはラストです。ラストに至るまでの部分、クライマックスはね、まあそれほど出来がいいとも思えないですが、それなりに活劇をやっているんです。いわゆる普通の映画的活劇というか、それなりのSFっぽいノリで敵をやっつけるぞ、となる。でもねえ、ラストがねえ、やっぱりえげつない。なんやそのノリ、なんです。うん、やっぱりちょっと宗教風味があるんですね。この宗教風味がラストで締めの役割を担うから、うーわー、という印象がより強くなる。これ、でも、当年のアニメ映画としては興収一位だったんですねえ。うん、活劇的な盛り立ても十分あるので、そこが話題を呼んだというのはまあわからなくはない。でも、これ以後のいろいろなアニメを観た今からすると、そんなところよりも、ノリのえげつなさが際だってきます。観てみると面白いとは思いますよ、だからお薦めです。でも、お薦めと言っても、「これ、なんかすっごい変なにおいするよ、嗅いでみ」という感じの薦め方ですから、そのつもりでご覧あそばせ、というところです。
[PR]
by karasmoker | 2011-09-22 21:00 | アニメ | Comments(11)
Commented by pon at 2011-09-23 16:12 x
こんにちわ。ええっとですね、幻魔大戦があれなのは理由がありまして、どこから説明すればよいのかむずかしいのですが、まずは小説版の原作者平井和正のせいです。平井はウルフガイシリーズという素晴らしいシリーズを書いており、その延長として幻魔大戦が始まりました。当時僕は大、大、大ファンでむさぼるように読みました。そのシリーズがだんだんと神がかってきてですね、一部のファンが離れていく中、作者がカリスマ性を伴ってウルフガイとリンクしながら幻魔大戦を書いていったわけです。その変貌ぶりに旧ファンのどれぐらいがついていけたのか、教祖平井においていかれたファンは数知れずという作品です。一度手に取ってみればいかがでしょうか。ウルフガイの方はおすすめです。
ところでリクエストお願いします「わたしを離さないで」。
これは、テクニカル的には満点なのですが、設定がありえないのですよ、人の命を扱う映画なのでとても許せません。
バッサリ切ってやって下さい

それではえ〜っと「○○のレビウをしろ。しないと猫の死体を送りつけるぞ。」だっけ?あれ?
Commented by karasmoker at 2011-09-23 22:04
 コメントありがとうございます。
 小ボケに乗っかっていただき恐縮であります。
 漫画については「マイブーム的にいろいろ読み、しばらくは一切読まない」という接し方をする人間なのですが、次のブームが来たら探してみようと思います。小説は他に読まねばがいろいろあるため相当先になると思います。情報をいただきありがとうございます。

『わたしを離さないで』は新作の部類ですね。生粋のあまのじゃくであるため、切ってやれと言われると逆に擁護する可能性もありますが、予備知識もないためまったく読めないですね。リリース後にディスカスで借ります。リクエストいただき、ありがとうございました。
Commented by pon at 2011-09-24 13:32 x
すいません。公開の広告を見つけたのでもう一本お知らせします。
「ウィンターズ・ボーン」、この春にみたのですが、今年見た映画の中で今の所一番です。10月公開が決まったのでお勧めします。
ヒルビリー達をあつかった映画でこんな人たちが本当にいるのか、アメリカって広いなと思いました
Commented by karasmoker at 2011-09-24 23:15
 コメントありがとうございます。 
 知らない映画なので教えてもらってありがとうございます。
 アメリカの広さを思わせるヒルビリーものというのはずいぶん香ばしそうです。出不精ゆえ新作は近場でない限り観に行かないことがほとんどですが、とりあえずアンテナを立てておくことにします。
Commented by 夢咲さやか at 2013-06-06 20:34 x
こんにちは。あの、映画の批評についてはいろいろな見方があるので、いいと思うのですが、ただ1点。「ヒガシ・ジョウ」ではなくて「アズマ・ジョウ」です。あの時代にリアルタイムで映画館に観に行った身としては、訂正していただけるとさいわいです。
Commented by karasmoker at 2013-06-09 18:21
ご指摘ありがとうございます。訂正いたします。
Commented by ななし at 2014-02-09 14:38 x
この映画の出来た時代背景を考えると最先端で、アニメ映画自体の実験での場でもあったと思います、確かにストーリー自体の欠如が多く全体的に大味な感じです、がその欠如した部分を補っても面白い作品で大人のアニメ映画の道を作った作品だと思います、この作品コメに関しては時代背景や長編小説を凝縮しきれなかったことを考えるべきでしたね
Commented by ベガ at 2014-02-20 14:17 x
私も このデザイン どうかと 思っています
Commented by 和志 at 2014-05-06 20:56 x
自分はベガ大好きです、公開当時のCM見て一目惚れでした
プラモデルも買いました
当時結局劇場へ行けなかったので、角川文庫の平井和正の小説を5,6巻?位まで読んだ記憶があります
劇場版中盤の黒人少年の件は3巻だったと思います
小説では東丈、ベガ、ルナ、ソニーまでしか登場せず
その他の仲間達とどのように関わっていくのかを楽しみに
読み進めていったのですが、上の方が仰っていたように
なかなか話が進まず、中途半端で挫折したくちです
全20巻を読破した知人の感想だと、延々と東丈のターンだけで
終わったようですが、なにしろ小学生当時の記憶なので朧げです
映画は今でも好きです、テーマ曲等もずっと心に残っています
Commented by 和志 at 2014-05-06 21:44 x
追記
徐々に集まってくる仲間達に対しても特に違和感も無く
むしろ続々登場する戦士たちにワクワクしました
「ルナのテレパシー放送をキャッチして集まった仲間」と言う理由だけで充分納得できました
現代的な多くの、全てのキャラの背景を徹底的に描きこむ作品になじんでいると、「こいつ誰やねん」ともやもやするのも解る気がします
Commented by karasmoker at 2014-05-08 01:48
コメントありがとうございました。
最近やたらと「幻魔大戦」で来る方が多いのですが、こちとらさっぱり思い入れがないので、恐縮ながらお話しにほとんどお付き合いできませぬ。
←menu