『机のなかみ』 吉田恵輔 2006

 細部のよさは十二分。人によっていろいろな感じ方をするだろうな、と積極的に思える映画です。 
d0151584_232248.jpg

OSTさんよりリクエストいただきました。どうもありがとうございました。

 以前取り上げた『さんかく』と同じ監督の作品です。フィルモグラフィを観ると『なま夏』という作品がデビウらしいのですが、そこで我らが蒼井そらを主役に置いているのが活かしていますね。『なま夏』もチェックしておこうと思います。

『机のなかみ』というタイトルですが、これはどういうことなのかぼくにはよくわからないです。監督インタビューなどを探せばどこかに答えはありそうだし、あるいは何か別の作品のパロディっぽい題名なのでしょうかね。わかんないっす。
 映画はと言うと、あべこうじ演ずる家庭教師と鈴木美生演ずる女子高生が主人公で、あべがやってきてから大学受験の日を迎えるまでの様子が中心となって描かれます。
d0151584_2322145.jpg

まず前半で映画の視点を担うのはあべこうじです。コントではなく一人喋りでR-1を制した彼ですが、なぜかあまり人気バラエティには出ていない印象です。どうして今のテレビで人気が出ないのか、とかを考え出すと長くなるのでやめておきますが、本作でもバラエティのような軽いノリの男として登場します。家庭教師なのですが、鈴木美生の可愛さにほえほえになり、勉強よりも仲良くなることにばかり気がいくようなやつなのです。
彼には同棲中の彼女がいるのですが、鈴木美生に気持ちが持って行かれるんですね。この辺は『さんかく』と同じです。
d0151584_233590.jpg

 宇多丸さん風にいうと「主人公を好きになれない問題」が出てきました。
 あべこうじ自身の演技にはなんらの違和感もなくよかったのですが、いかんせんキャラクターとしてぼくはこの主人公の男が嫌いです。家庭教師が生徒の女子高生を好きになる、性的対象として見てしまう、というのは別にいいんですよ。というより、それはまあわかりますわ。「女子高生なんてガキじゃねえか」と思うくらいにはオトナになったし、街できゃぴきゃぴしていたりしたら「ふん、ガキめらめ」とは思います。しかしですよ、精神的、知能的にはガキであったとしても、肉体的にはねえ、そりゃねえ、そりゃまあ、その。

 今日も今日とて好感度の低下を感じつつ進みますが、だからあべこうじのいやらしい目線とかはいいんですよ別に。でもね、この主人公は職務をちゃんとやるぞという姿勢に問題がありすぎる。そこが嫌なんです。端からもう、女として見ていますからね。もちろん時間的な面もあるし、肝心の部分を前に出して描きたいのはわかるんですけど、一応さ、観ている側としてはさ、こいつの葛藤とかを共有したいわけですよ。生徒なのにそんな対象として見てしまうことへの内的葛藤みたいなもんを感じられなくて、鈴木美生が可哀相に思えましたよ。ぼくだったらもっとちゃんと教えてやるのに!
d0151584_2324560.jpg

 この男はリスペクトがないんです。彼女のお父さんは娘思いのオヤジなのです。で、夕食をともにするシーンがあるんですけど、あろうことかこのあべこうじはお父さんを無視して彼女とわいわい喋ることばかりに気がいっている。誰からお金をもらっているのかね、誰が雇い主なのだね、ということがわからない社会人には何の用事もないです。

 もちろん性格描写の上で必要なのはわかるけれど、そこはもうちょい、気のもつれというか、ためらいみたいなもんがないと、ちょっと感情を入れ込めないです。『さんかく』では「なんか、ちょっと、惹かれちゃうんだよなあ」というためらいがあって、そこからのほえほえだったからいいんです。それがないんです。

 ここからは展開を結構ばらしますので、そのつもりで。

 で、大学受験に鈴木美生は落ちてしまうんですね。このくだりのあべこうじは最悪の男です。落ちて放心状態の教え子をもう完全に性的対象として扱うんです。いや、うん、いや、そこはね、うん、わからんではないというと語弊があるんですけど、そういう「人間的な過ち」そのものを悪くは言いませんというか、ちょっと難しいんですけど、そういう風になってしまうあいつの気持ちもね、汲み取れないことはないです。100パーセント否定して、「あり得ない!」と叫ぶほどの短絡性は持ちません。文脈次第によってはあり得る振る舞い、と言えます。ただ、その文脈としては弱いんです。ここも内的葛藤が問題になるんですね。あべこうじが真面目な家庭教師で、でも気持ちがぐらついちゃって最終的にああしてしまう、だったら、ぼくは真逆の印象を持つでしょう。男の愚かさを感じてやまないでしょう。でも、このあべこうじには葛藤がなさ過ぎる。倫理が足りていない。最初はぜんぜんそんな気はなかったのに……という落差がないわけですから、これは観ていてもはらはらが生まれません。
d0151584_2333011.jpg

 まあ、あの彼女に魅力を感じないのはわかりますけれどね、もうそこはそういう風に仕向けられていますし。あの彼女、踊子ありという人は面白いですねえ。あの人が喋るたびにぼくは笑いました。バナナマン日村みたいな髪型で、なんでそんな喋り方なのだというがさつな感じなんです。あれは面白い。でね、関係性としても対比的で、喫茶店のシーン。あべこうじが鈴木美生を喫茶店に連れて行ったときは、奥の席に座らせているようなんです。でも、踊子ありと行くときは彼女を手前の席に座らせている。ここでもなんか、彼女はえらいぞんざいに扱われているな、でもそういう扱いに抵抗がないようだな、と思えて、なんかキャラクターが見えてくるというか、面白いんです。あれが年取ったら最悪のばばあになるでしょうねえ。軽犯罪は平気で犯しそうです。
d0151584_2352616.jpg

d0151584_2353724.jpg

 先に役者の話を終えてしまうと、鈴木美生も面白いというか、角度によってずいぶんと可愛さがまちまちな感じの人ですね。映画公開時は二十歳を超えていたようですが、驚きました。十分に女子高生で、中学生と言われても違和感がないかも知れません。見え方によっては我らが恵比寿マスカッツの希志あいの様に似ていて可愛らしいのですが、正面から見ると意外にラルクのハイドみたいな顔をしていてあれ? だったり。斜めの角度が映える「角度美人」でした。キャラクター自体はもう、宮崎駿アニメの主人公みたいで、『耳をすませば』の実写化なんかをしたら合いそうだなとも思え、あるいは人との接し方なんかは『まどかマギカ』のまどか的でもありました。うん、まどかっぽいキャラだったと思いますね。友だちとのトークの感じが、まどかとさやかっぽかったです。
d0151584_2335957.jpg

d0151584_234128.jpg

 映画の後半はこの鈴木美生の話になります。映画の急な反転にはびっくりしましたね。

 前半では一切の背景を欠いていた彼女ですが、その分の種明かしみたいなもんが後半でいろいろ出てきて、つくりとしては面白かったです。「彼女がいる人を好きになる」の台詞の意味とかね。複数の人間は互いに互いの背景を有している、という当たり前の事実が映画で語られると、信頼が置けます。一方向だけで捉えないやり方がぼくは好きなので。

 机の上のあのペンの使い方もね、面白かった。あれはサービスショットにもなるし、登場人物の人には見せない陰の部分が活かされていていい。ああいうのを放り込まれると、ぼくたちの日常的なものの見え方にも揺らぎが生じるじゃないですか。自分にとってはこれはただのペンであると、This is a penだと。でも、そうじゃない可能性も見えてくる。これは『さんかく』にも見られた、「我々は互いのことをわかり得ない」というテーマの凝縮体とも言えます。

 映画の細かい部分で言うと、シーンの入り方が面白いのもありました。友だちとの屋上シーン、バスのシーン。あの友だち、清浦夏実の台詞で、「創作ダンス考えてないんだー」とか「左胸のほうがでかいんだよねー」とか言うのがあって、あれはねえ、多くの映画では切るんですよ。別の入り方をするんです。意味のある台詞からはじめがちです。でも、この映画ではそうじゃなくて、日常の一こまを切り取った風によく見せている。だからもっと長回しを多用してもいいのに、とも思いました。カラオケのビールのくだりの長回しはせっかくいいのに、わりとカットを切りがちだから長回しが全体を通してはそんなに活きない。
d0151584_2343076.jpg

 ひとつわからないのは、この話はケータイがぜんぜん出てこないですね。2006年段階では高校生はケータイを使いまくっていたでしょうし、教室の風景として置いておいてもよかったのになあとは思います。それこそあの好きな同級生の男子にも持たせておいていいし、ちょっとしたカットでいじらせてみたりしたら、鈴木美生との距離感にももうちょい深みが出たのではないかとも思います。デートの時も、ちょっとケータイをいじらせてみて、あれ、これはなんか、どうなん? あの友だちとの関係って、どうなってんの? みたいなじらしが入るともう一個深くなった。一瞬でいいのでね。それをしないので、中盤はわりとベタなデートになったなあとも思うんです。

 結構長くなりましたね。
 そろそろ終盤の話まで行きましょう。どう着地させるんだと思って観ていましたが、登場人物二人、あるいは三人による大号泣がクライマックス。五分くらい、びゃあびゃあ泣いていました。これは……ちょっと。ちょっとぼくは興が冷めたというか、そんなに泣きを押さんでもええのに、とは感じました。あそこまでやられると、ずっと入り込んでいた人間でないと引いてしまうんじゃないですかね。
d0151584_2355264.jpg

 個人的な「泣き」への感じ方ですけど、ぼくね、「アピール泣き」のにおいがすると引いてしまうんです。冷めてしまうというか。泣きたくない、泣きたくないけど泣かずにはいられない、というのならいいんですけど、なんか、ちょっと「甘え」入ってない? と思うと、急に気持ちが凍る。たとえばこの映画で、あの人物二人が陰でこっそりと大号泣していたりしたらまた別なんですよ。人には涙を見せないぞ、でも泣いてしまうんだ、というのがあると、その涙は本物だなあと思えるんです。でも、ちょっとさあ、涙に武器としてのニュアンスあるやん、そこがゼロではないやん。アピールメインではないとは思うよ、でも、正直に言いなよ、ちょっとアピールも入ってるよね、と思ってしまう。
 ここは大いにぼくの人間性の問題と言えそうです。ぼくは「男の涙」には弱いんですけれど、「女の涙」は、それがちょっと武器たりえてるやん、と思ってしまうのです。
 なおかつ、あべこうじにいくら泣かれてもそこはもうどうしようもないです。

 まだまだ語り足りないことがあります。オヤジと風呂に入っているくだりなんかも掘り下げたらいろいろ言えそうです。いろいろ語らせたくなる映画ですね。惜しむらくはあの大号泣ですが、じゃあどうすれば正解だったかというと、まだまだこれも考えてみたい。

 映画としての強さでいうと、個人としては橋口亮輔作品のようなものが期待できつつもそこにあるものがない、とも思えた。何をどう感じていいのかわからない映画とも言えました。細部の妙技は『さんかく』同様に効いていますが、個人的に合うところも合わないところも両方入った映画でした。
[PR]
by karasmoker | 2011-11-13 03:00 | 邦画 | Comments(5)
Commented by OST at 2011-11-13 13:20 x
レビューありがとうございました。
今回のレビューも色々と考えさせられる内容でした。

あべこうじの役柄が嫌いとの事。ここはよくわかります。私も最初は彼の役柄が嫌で入り込めませんでしたから。でも、早い段階でヒロインの鈴木美生に感情移入できたので、あべを「ただのダメ男」「そういう奴なので仕方ない」というように思えたのが良かったのだと思います。そういう意味では管理人さんのようにあべこうじの役柄が映画鑑賞上の妨げになる程ではありませんでした。

これは後半の号泣シーンでも言えます。あべこうじと彼女に関してはいくら泣いても「自業自得やろ!」って思えたので、あべこうじに感情移入していれば馬鹿らしく思えたかも知れません。でも、鈴木美生に感情移入していたおかげで、確かに鈴木美生自身優柔不断でダメなとこはありますが、それ以上に片思いの男の子に振り回された感が強く、号泣も違和感なく入り込めました。ああいう目にあっていれば泣いても仕方ないよなあ、と。
Commented by OST at 2011-11-13 13:22 x
それと、後半のシーンで私が大事だと思ったのは号泣シーンよりもバッティグセンターのシーンでした。物語前半ではバットを自分で振ることもできなかった鈴木美生が、ひとりでバッティングセンターに訪れ淡々と自分の意思で何度もバットを振り、あまつさえホームランまで打ってしまう。これが号泣のあの混沌とした動のシーンの後にきたおかげで、これから先に進むべく彼女の強い意志が伝わったのだと私は解釈しています。だから、あれ程までにラストシーンをスガスガしく感じられたのだ、と。

喫茶店のシーンは全然気づきませんでした。画面左側に映ってる大きな顔に注意がいってしまい席順までは全然気が回りませんでした。ここは確かに管理人さんのおっしゃるような意図があったのだろうと思います。
Commented by OST at 2011-11-13 13:30 x
ケータイも確かにそうですね。私はこれも気づきませんでしたが言われてみれば確かにその通り。今じゃ当たり前の生活必需品ですから使っててもいい気がしますが、まるで画面に現れない。ちょっとだけ思ったのは、あべこうじ視点の前半ではそうでもないですが、鈴木美生視点の後半は映像が割りとファンタジックな作風(?)なので俗っぽいケータイをわざと排除したのかな?とか何
とか。まあ、これは私の考えすぎですね。

あと、私だけでしょうけど映画の中では極力音楽を使わないでほしいという思いがあってですね、で、この監督は作品の中であまり音楽を使わないんです。そういった面も個人的には好きなところです。
Commented by OST at 2011-11-13 13:32 x
「机のなかみ」だと鈴木美生視点の後半が始まって初めて音楽を使うんですね。「なま夏」は確か映画が終わりそうなくらいになって初めて音楽使いました。でも「さんかく」はいきなりオープニングで流してる。これ、最初びっくりしました。ただ使い方は地味な感じでよかったですが。
管理人さんには不評だった「机のなかみ」のデートシーンについても鈴木美生のカラオケ曲がバックに流れるというのはすごく新鮮に思いました。鈴木美生の楽し恥ずかしい気持ちを表現するにはこれ以上なく効果的だったと思っています。

色々と書き連ねているうちに長文になってしまいました(汗。
管理人さんの感想が聞けてよかったです。毎度勉強になります。
本当にありがとうございました。
Commented by karasmoker at 2011-11-13 18:33
 コメントありがとうございます。
 ぼくが触れなかった部分を補完してもらい、ありがたく思います。
 鈴木美生視点というのはぼくが決して十分には同期できない見方ですので、感想を教えてもらって面白く感じております。
 またのコメントをお待ちしております。
←menu