『ビッグ・フィッシュ』 ティム・バートン 2003

虚構の術師ティム・バートンが語る、現実と虚構。
d0151584_2214057.jpg

 ティム・バートン監督作で言うと、『アリス』『プラネット・オブ・ジ・エイプス』『スウィーニートッド』は観ていなくて、他の長編は『ビートルジュース』以降なら一応全部観ているのですが、いちばん好きなのはベタベタですけど『シザーハンズ』です。『マーズアタック!』みたいなわちゃわちゃしたのも好きなのですけれど、監督が虚構と現実の間でふわふわ遊んでいる感じが好きなのですね。『チャーリー』はもう、虚構のほうに没入してしまっている感じであまり好きになれず、むしろ虚構と現実が混じり合っているほうが、その混融具合が観ていて心地いいのです。

 その意味で言うと、なるほど本作『ビッグ・フィッシュ』はまさしく、ティム・バートン監督そのものといったような映画でありました。監督のやりたいことが、映画自体によって語られていたように思うし、これほどまでに自己の表現に言及する作品も珍しい、と思ったのでした。

 死期の近い父親と、その息子をめぐるお話です。父親は自分の過去を語るときに、まったく法螺話としか思えぬようなことばかりを喋り、一方の息子はといえば父に対し、本当の過去を語っておくれよとせがむのです。映画の大部分は父親の語る昔の出来事、それも本当かどうかもかなり疑わしい出来事で、半ばファンタジックな様相さえも呈します。フィクショナルな世界観で語り続けてきたティム・バートンが今回は「おっさんの昔話」に目をつけたわけですが、なるほど彼はこの題材に最も適した監督であるなあと思いますね。
d0151584_2222772.jpg

「本当の過去を語ってほしい。本当の父さんが知りたいんだ」
 アルバート・フィニー演ずる父に、ビリー・クラダップ演ずる息子は訴えます。そのたびに父親ははぐらかすのですが、このやりとりが繰り返される中で、ぼくは思いました。
「そもそも、『本当のこと』というのは、いったい何なのだろう?」
d0151584_2223772.jpg

ぼくたちは常々、「本当のこと」を求める。インターネット上にあふれかえる有象無象を目にして、何が嘘で何が本当であるか、誰がぼくたちを騙していて誰がぼくたちに事実を伝えるのか、精査しようとしている。真偽を見極めようという態度を、いつだって無意識に取っている。
 それ自体は悪いことではないし、むしろそうでなくてはならない。嘘に踊らされるのはごめんだ。
 だけれど、「本当のこと」というのは、果たしてどれほどに本当だと言えるのか。それを考え出すと、本当と虚構の境目は溶け始める。ぼくたちが本当だと信じていることのうち、いったいどれくらいが本当に本当なのか? 
d0151584_2225136.jpg

d0151584_2242116.jpg

息子は父親の本当のことを知りたいと言う。でも、土台、本当のことなんて語り得ないし、知り得ない。このことはすごく重要です。たとえばぼくが父親に、昔の話を聞いたとする。でも、それが本当かどうかなんてわからないし、本人にだってわからないはずです。人は自らの過去を十分には語り得ないのです。己が思う自己像と、他人から見た自分の像が食い違うなんてのはいくらでもある話だし、人は往々にして記憶を変えてしまうものなのだから、本当に本当の過去なんてものは、語れないんです。
d0151584_2231143.jpg

 映画を観終えて、またひとつ認識の基盤を揺るがされる思いがしたのでした。やっぱりぼくはそういう映画が好きなんですね。極論すると、映画を観ている間、面白かろうが面白くなかろうがどうでもいい。映画を観終えた後で、思考の刺激になるようなものが好きなのです。
d0151584_2232744.jpg

ぜんぜん『ビッグ・フィッシュ』の話をしないじゃないか、検索でヒットしたから来たのに、とお思いの方がいたら申し訳ないんですが、いいのっ、ここはそういうブログなのっ! ってことで話をすると、映画は二時間なら二時間だけ面白ければそれでいいじゃないか、的な考えって、今のぼくは距離を置いてしまう。二時間、面白いことにふけるとしたら、ぼくはテレビゲームをしていたほうがよほど愉しい。映画よりもずっと没頭できる。ではなぜ映画を観るかと言えば、そこから何か学び取りたいのですね。だから面白くなくたっていい。白状しますが、『ビッグ・フィッシュ』はそんなに面白くなかった。でも、そんなことは問題じゃない。そこに思考の種があったかどうか、そのほうがぼくには大切なのです。
d0151584_2233774.jpg

先ほどの話に引き戻します。「本当のことが知りたい」と父親に迫る息子。でも、ぼくは思ったんです。彼は、「本当らしい話」を聴きたいだけなんじゃないかって。父親が語ることは作り事めいている、嘘に違いない、そう思った息子ですが、彼が求めていたのは結局のところ、「本当らしい話」でしかない。そうでしかあり得ないと思った。
 仮に父親から「本当らしい話」を聴き出したところで、そうやって満足を得たところで、何の意味があるのか? それは結局のところ、自分がつくりだしたに過ぎない「リアリティ」なるものに、当てはめようとしているだけなのではないか? 

 ネタバレーゾーン。

 かたや父親。法螺話ばかり吹いていた父親。彼が死を迎え、葬式に人々が寄り集います。その中に出てくる面々は、いずれも劇中、彼の話に登場したような人々がキャスティングされています。そこで観ている側ははっとする。
 あの虚構の中に、現実はあったのではないかと。
 父親が語った話はおおかたが嘘かもしれないけれど、その中には本当のことも紛れていたんじゃないかと。そもそも、現実と完全に分離した虚構など、あり得はしないのではないかと。

 ぜんぜん映画の話をしないじゃないか。と言われそうですが、今回はもうそういう回として割り切ってほしいです。
 まとめに入りたいのですけれども、本作で語られていることは、映画を観るうえでとても大事なことだと思います。ティム・バートンがどのような考えで虚構=映画を作り出そうとしているのか、感じ入るものがあります。
d0151584_2235183.jpg

 現実は現実としていくらでも現実にあふれているし、ぼくたちはその現実を当たり前のものとして受け流してしまったり、当然そこにあるものとして考えがちであるけれど、ぼくたちにとっての現実とはそんなに単純なものなのか。虚構は虚構に過ぎないとわりきれる虚構もあるけれど、虚構は現実を元につくられるものであって、だとするなら虚構の中には、虚構として封じ込めきれない現実が埋め込まれているのであり、そこに本当の現実は見いだせるのではないか。

 わー、わー、わー、難しい話になってきたよー、くちゃくちゃするよー。

でも、ぼかあ思うのですけれども、この息子にとっても誰にとっても、現実というのはおそらく、蓄積した時間の中にしかないのだろうと思うんです。父親が昔立派な人物だったかそうでなかったか、そんなことは本質的にはどうでもいいというか、どうしようもないことであって、確かなのは、ともにした時間の中にある共有した記憶しかないのではないかって、そんなことも考えます。
d0151584_2243421.jpg

 この現実と虚構の問題というのは、いつまでも終わり無く語れそうなトピックであり、ゆえにしてまだ簡潔に物語ることはぼくにはできぬのですけれども、ぼくたちにとって現実とは何か、そして虚構(=映画)とはいかなるものなのかを、じいっと考えさせます。思った通り、ちょっとまとめきれるもんではなかったですね。現実と虚構にまつわる認識を揺るがしてくれる、いい映画だと思います。おしまい。
[PR]
by karasmoker | 2012-01-23 22:00 | 洋画 | Comments(12)
Commented by OST at 2012-02-11 15:37 x
管理人様、こんにちは。

レビューを読み、気になったのでビッグフィッシュを見ました。ティムバートンという監督、名前は聞いたことありましたが作品は初見で、成る程ファンタジー色の強い作品だなあという感じでした。

ただ、私と管理人様の感想はちょっと違ってるみたいなので(?)、少しばかり私の感想を書いてみます。

映画を見ていて、私がやたらと気になったのが「魔女の目」の件です。リアル(=現在)な場面でお父さんが「ここでは死なない。魔女の予言と違うから」と言い切っていたのが非常に気になっていました。魔女の話がホラなら、あれ程までに確信に満ちた口調で言えるのかなぁ?と。病気してたし現実と空想がごっちゃになって・・・という可能性もあると思いましたが、私はあの場面での言動に少し違和感を感じたのです。
Commented by OST at 2012-02-11 15:38 x
で、ラストの病室のシーン。

お父さんは病室で目を覚まし、そこが病室だと気づき、付き添っている息子にさも当たり前のように「俺の死に際の話をしろ」と言います。息子はお父さんから話は聞いていません。息子はその話は聞いていないよ、と言いながらも具合の悪そうなお父さんを気遣い「ちょっと待って今考えるから」と即効で話を作りお父さんに聞かせます。そしてお父さんは息子の作り話を聞き終わり安心したように「そう。間違いない」と呟いて亡くなります。

この時に思ったのです。あの魔女の件は実は本当の話だったんじゃないか?と。魔女の目の中で、病室で息子にホラ話を聞かされ、最後に「お父さんは本当のビッグフィッシュだったんだ」と言われ息を引き取る自分の姿を見たのではないか?と。
Commented by OST at 2012-02-11 15:39 x
だから自分の家では死なないと断言できたし、自分が死ぬ時は滅多にない面白い死に方(これは多分息子の語るストーリーの事でしょう)をするんだと言い切れた。
病室で目を覚ました時に自分はここで死ぬと悟ったから、さも当たり前のように息子に自分の死に際のホラ話をねだった。そして話を聞き終わり、魔女の目の中で見た光景と同じだった事を確認し「そう。間違いない」と呟いた。

そんな風に感じました。

つまり、お父さんが生前ホラ話をしていたのは死に際に息子から作り話を聞く為だけだったんじゃないのか。お父さんは当時まだ見ぬ息子の「お父さんは本当のビッグフィッシュだった」という台詞どおりに人生を送ったんじゃないのか。だから息子に本当のことを話してと言われてもホラ話を止めなかったんじゃないのか。全ては息子の台詞を現実にする為だけの行動であって、息子に対する愛情(もしくは使命みたいなもの?)ゆえの行動だったんじゃないのか。そう思ったのです。
Commented by OST at 2012-02-11 15:40 x
葬儀に出席してた、ホラ話の人に似ていた人は単純に似てただけかなあ、と思います。たまたま似てる人だったか、似てる人を題材にホラ話を組み立てていたか。

もちろん空想と現実の曖昧さみたいなものもテーマなのだと思いましたが、私はそれよりも親の子に対する想い(?)みたいなものに強く惹かれました。人によって印象は違うと思いますが(特にこの映画はその傾向が強いんだろうと思います)、私にはそれがこの映画の肝のように思えました。

何かちょっとまとまりのない文章ですが、実を言うとまだ自分でもまとめきれていない感じで・・・すいません。どこかに見落としがあるかもしれないので、何かあればドシドシ指摘してください。覚悟はあります。
Commented by karasmoker at 2012-02-12 13:10
 コメントありがとうございます。
 映画の解釈について、記事の補足になりますゆえ、ありがたく思います。父と子の物語がこの映画の軸となっているのは明白なので、むしろぼくはそこについて言及の必要を感じなかったのですね。
 父はこう考えたのだろう、子はこういう思いだったのだろう、という物語内の人物の心情解釈に現在のぼくはあまり興味がないので、映画を観た人が自分の親子関係を振り返るなどして、それぞれに考えればよいことだと思っています。親子関係をめぐることについては、観客個々人の人生の文脈に左右されるでしょうし、どう受け取ったのかについて、一観客でしかないぼくが四の五の言えることはありません。なので、OSTさんの解釈について、ぼくがつっこむことは何もありません。
 詳しいコメントをいただけてありがたく思います。
 ひとつ疑問があるとするならば、法螺話をすることが、「息子に対する愛情(もしくは使命みたいなもの?)ゆえ」だとして、そこでなぜ「息子の台詞を現実にする」必要があったのか。なぜ魔女の瞳の人生をなぞる必要があったのか、それがなぜ息子への愛情たりうるのか。この辺がぼくにはよくわかりませんでした。
Commented by OST at 2012-02-13 18:12 x
そうなんです。普通に考えれば主人公は魔女の目に映ったとおりの死に際を送る必要はないのです。でも映画のあの病室のシーンは私にはそうとしか思えなかった。じゃないとこの映画が理解できなかった。だから「息子の台詞を現実にする」必要があるとすれば「息子に対する愛情(もしくは使命みたいなもの?)ゆえ」と考えた訳です。他に納得できる理由があればそちらに傾いたでしょうが、他の理由では自分自身納得できなかった、という事です。

魔女の目の中をなぞる必要があったのか?という問いですが、これは幼い主人公がその伝説を信じていたからこそ、と考えます(逆に言うと信じていなければなぞる事はなかっただろうと思います)。まさに強力な刷り込みのように自分の未来の姿を信じてしまった訳です。自分はホラ話を吹聴し回って人生の最後を迎える。そのような人生を送るのだ、という強力な刷り込み。だからこそ自分はビッグフィッシュな人生を歩まなくてはいけない。幼い少年がそう思い込んだとしても仕方ないように思います。それが主人公にとって使命。そう感じたのだと私は解釈しました。
Commented by OST at 2012-02-13 18:13 x
愛情という表現は適切だったのか、というと実は自信ありません。ただ私が思ったのは、主人公が結婚し子供をもうけ我が胸に子供を抱いた時に、その使命とは違う感情が芽生えても不思議ではないと思ったのです。未来の出来事の決定ですから自分の事でもありますが、あの予言では息子の事でもあります。自分がビッグフィッシュにならなければ魔女の目の中の出来事は成立しない。つまり息子の未来(=人生?)を変えてしまう可能性がある。これは主人公が魔女の伝説を信じていればこその行動・感情ですが、その使命に対する比重が自分よりも息子に傾けばそれは愛情ゆえ、と言ってもいいんじゃないか。そう思って愛情という言葉を使いました。

なんかな毎度長たらしいコメを送信してしまってスイマセン。いつもどうかなあ、とは思うのですが、伝えたい事を伝えるにはやっぱりある程度長くなってしまいます。もちろん同意前提なんてこれっぽちも思ってませんので。
Commented by karasmoker at 2012-02-13 21:47
 真摯なコメントをいただき、ありがとうございます。
 ぼくの今現在の興味領域にない部分を掘り下げているので、そこから何を見いだせるのか、というところがとても気になります。おっしゃる話の通りとすると、ぼくたちはこの物語からいったい何を受け取ることができるのか。そこを考えてみるとぼくの評などよりもいっそう実りあるものになるように思います。
Commented by ETCマンツーマン英会話 at 2012-12-29 21:23 x
『ビックフィッシュ』観ました。「ぼくたちが本当だと信じていることのうち、いったいどれくらいが本当に本当なのか?」事実を言葉に置き換える段階で、もうすでに事実は別のひとつ物語ができあがってしまっているのかもしれませんね。それに、だれも傷つけない嘘の話はすてきですね。そんな嘘がつけるじじいにいつかなりたいです。
Commented by karasmoker at 2012-12-29 23:44
 コメントありがとうございます。「事実を言葉に~」というのはまさにその通りと思います。すなわち、「ぼくたちは本当には、現実を描写できない」という大問題にぶつかるわけでございます。哲学。
Commented by ETCマンツーマン英会話 at 2013-01-08 01:23 x
虚構=映画、というのはその通りですね。虚構と現実のあいまいな境目が一番心地よいのかもしれないですね。誰も傷つけない、人を幸せにする嘘、僕もつけるようになりたいです。
Commented by karasmoker at 2013-01-09 22:53
コメントありがとうございます。
←menu