『その街のこども 劇場版』 井上剛 2010

この映画が語る深い部分に、ぼくは立ち入りようがないですね。
d0151584_1222012.jpg

やまださんよりリクエストいただきました。どうもありがとうございました。

 阪神大震災から十五年後の一日、神戸の街で偶然出会った二人の男女のお話です。お話、というよりも、夜歩きの様子、というほうが合っているのでしょうか。当時の記憶を物語りながら、追悼集会の開かれる場所まで歩いていきます。もとはNHKのドラマだったのですが、反響の大きさから再編集して映画化したそうです。

 阪神大震災の頃、「こども」であったぼくですが、実家は関西地方でもなく、遠景としての記憶しかないのが正直なところです。昨年の大地震でも身内に被害もなく、その辺のことを当事者的に物語ることはぼくにはできません。なので、ちょっと書き方が難しいですね。
d0151584_23422751.jpg

 主人公は森山未來と佐藤江梨子で、彼らは実際に被災体験があるらしいですね。劇中では別の人物として出てくるので、その辺の虚実に違和感を覚えるところも最初はありましたが、まあそこにこだわる意味は無かろうということで、気にならなくなりました。全編ハンディで照明も弱めで、生っぽい感じはよく作用していたと思います。これをがっつりドラマ仕立てにしていたら虚構感が際だっていたでしょうし、ドキュメンタリックな語りがうまくはまっていました。長回しも効果的です。

 実在感があってよかったですね。二人の対照的な感じと、ああ、おるおる、こういうのはおるなあ、という実在感。森山未來は現実的というかシニカルというか、あまり感情を表立って出さないタイプの男を好演しており、佐藤江梨子は佐藤江梨子で、ある意味では佐藤江梨子のままのところもあるのですが、こういうやつはいるなあ、と思うに十分でございました。随所随所のちょっとした会話だったり何なりが効いていますね。
ところで、佐藤江梨子は子ども時代、神戸で長く暮らしていたそうですが、あの神戸弁というのはネイティブの方からするとどうなんでしょう。ぼくはネイティブでも何でもないですが、テレビなどで聞き慣れている関西弁よりも標準語っぽいイントネーションが随所に入り交じっている気がして、ちょっと変な感じもしました。いや、それを悪いというのではなくて、むしろぼくはそこがよいのだと思えた。十五年ぶりに帰ってきた神戸、という設定で、神戸の感じが抜けて東京っぽくなっているんだなあと思えて、そこは実在感に繋がったのです。
d0151584_23424470.jpg

 居酒屋シーンがあるんですが、秀逸なくだりがありますね。震災の時に、震災に乗じてというかなんというか、まあ普段では考えられない高値で商売をするやつがいたという話になります。焼き芋を一本二千円で売っていたとかね、これは他のところでも聞いたことのある話です。で、佐藤江梨子は「今でも許せない」みたいになるんですけど、そこで森山未來がかわしてくる。「それは需要と供給の関係上仕方のないことだ」っていうんですね。ある意味でナイーブなところですが、この映画は切り込んでくる。森山未來は親父がそれで儲けたという自分自身の話をするんですが、それで一挙に関係が崩れる。大きなぶつかりを序盤でかましてきたのはこの脚本全体で見ると、とても効果的でした。それが後々の語りを引き出すフックにもなっています。
d0151584_23425410.jpg

 全編を通して、実際の過去の映像を持ち出す場面は一カ所を除いてほとんどなく、あくまで語りで伝えていく。そこは作り手の良心的なところというか、鋭いところであります。この映画において実際の映像は要らない。ただ、記憶を物語ることで、想像させるのがよいのですね。いろんな昔話を二人が語るのですが、それを映像化した瞬間にフィクション性が際だってしまう。だから、絶対にそれはしない。劇中、佐藤江梨子がある人物のもとに出向く場面でも、その家の中は一切映さない。フィクションの領分をわきまえているように思えました。普通の劇映画では、回想シーンがはまされるのが常で、それが効果を果たす映画ももちろん多いわけですが、こうした虚実の入り交じるような映画においては、回想シーンは要らない。おっさんと喋るシーンも要らない。それをすると二人のつくりだす空気は一瞬で壊れる。実に正しい判断だと思います。 
d0151584_23431141.jpg

 この映画から震災にまつわるような話を引き出すことは、ぼくには難しいですね。当事者ではないぼくが何を言っても、というところがあるし、それは去年の地震にしてもそうです。
d0151584_23474498.jpg

 津田寛治が森山の勤める会社の上司だか先輩だかで出てくるんですけど、あの人はぜんぜん震災のことを他人事として受け止めている。神戸には何の思い入れもなく、建築の仕事も震災の記憶なしに語る。二人に感情移入したり、当事者として記憶を持っている人からすると、あの津田寛治は嫌な役に思えるでしょうけれど、この映画をナイーブにしすぎないという点では重要な重しだったとも思います。 ぼくたちは何かにつけて鈍感にならざるを得ない。妙な敏感さで寄り添うことは多かれ少なかれ欺瞞であるほかない。この映画は人間関係のバランス感覚が非常にいいと思いました。
d0151584_23475397.jpg

 象徴的な場面があります。佐藤江梨子が、震災で亡くした友達の家の近くまで来て、行こうかどうしようかと半泣きで悩む。森山は簡単に、「行ったらええやん」と言う。それに対して佐藤が「他人事だからって!」とわめくと、森山は冷静に「まあ、他人事だからね」とこれまた簡単に言います。これは面白いと思った。森山もまた震災当事者であるのに、震災にまつわることであっても、他人事だと受け流す。今日たまたま出会った相手だ。他人事だ。このあたりの距離感。この辺が実在感を高めてきますね。この二人はもう出会わないんじゃないか、と思わせるところもいい。この種の映画が持つ領分のわきまえ、それをしっかりと持っているように見受けました。
d0151584_2348286.jpg

三者の立ち位置を用意しているのは脚本設計上の大きな美点です。震災の記憶を強く語る佐藤江梨子、被災したけれどちょっと引いている目線の森山未來、震災の実体験を持たない津田寛治。この三層をつくったのは作り手の大変優れたところでしょう。
d0151584_23481358.jpg

 この映画を観て、何かがわかったような気にはぼくはなれないですね。どう感じたと問われても非常に難しいです。歯切れのいいことは何も言えませんし、ぜひお薦めしますという類のもんでもないんです。去年、震災があったことも鑑みて、なんとも言いようがないというのが正直なところです。うん、今回については、この映画はこうじゃ、と言えぬままに、逃げるようにして終わらせていただければと思います。
[PR]
by karasmoker | 2012-05-06 22:00 | 邦画 | Comments(2)
Commented by at 2014-11-21 10:48 x
昨日この映画をみて失礼ながら同じ感想をもちました。なんか昨日もやもやしてたのがすっきりした気持ちです。ひとこと伝えたくてコメントしました。
Commented by ひよ中 at 2015-02-09 08:14 x
やぶうちまさあき
←menu