『リターナー』 山崎貴 2002 

真摯に考えていないなら、心意気は嘘だ。
d0151584_17044238.jpg
しんぺーさんよりリクエストいただきました。ありがとうございました。







『ジュブナイル』で取り上げた山崎貴監督、その二作目の作品です。
初めに申し上げておきまするに、今日は酷評を避けられません。久々にとんでもなくアレな映画を観たという気分です。『ジュブナイル』以上に制作費が上がった分、アレ度も増していると言わざるを得ないでしょう。
d0151584_02063371.jpg
 ネットでの評判が案外悪くない、というのが不思議でなりません。アマゾンなんかじゃ50レビューくらいあって平均が4です。日本でも痛快なSFアクションができるんだ的な書き込みが多く見受けられますが、いやいや、違うやん、そういうことやないやん。

 開始30秒で、「この作品はきっと大したことがない」と思わされる作品に初めて出会いました。ファーストシーンというのはたとえプロローグ的な置き位置であっても、その映画の印象を大きく左右する。その点でこの映画はまずしくじっている。冒頭部は銃声が飛び交い、混乱の様相を呈した場面から始まるのですが、その情報量があまりにも少なく、あれ、これ金ねえのかな、と感じられたんです。ああいうのはかましのシーンなんです。お笑いで言う「つかみ」です。あそこですべきは「なんだかよくわからないけどすごい戦闘シーンだな」と思わせることであり、それがあまりにも矮小な映され方をしている。完全につかみ損ねている。予算がないからじゃない、技術がないからじゃない、何が大事なのかをぜんぜん考えていないからです。

主人公は金城武と鈴木杏です。金城武が演技をしているのをぼくはおそらく初めて観たのですが、どうして皆さんはこの演技を許容できるのでありましょう。台詞回しがぜんぜん活き活きとしていません。ぜんぜん味がないのです。ノーブランドのインスタントラーメンでももう少し深みのある味が出せるはずです。監督はVFXさえうまくいけばよくて、演技はどうでもいいのでしょうか。
 こう言うと、いや、金城武は台湾育ちで、純粋なネイティブの日本語話者ではないのだ、と言われるかも知れません。だったらこの映画はそこをうまく使えばよかった。配役としても、中国の貧民育ちみたいな設定なんです。だったらなおさら、中国語を母語とする設定でいいんですよ。たとえば人と喋るときは日本語だけど、独り言は中国語になる、みたいなシーンをぽんと入れるだけで、この人物にひとつ深みが出るじゃないですか。金城の台詞回しがアレであるということのエクスキューズになるじゃないですか。せっかく中国絡みの映画なのに、そんな配慮すらしない。しかも「ミヤモト」って何だよ。あれは「コウ」とか「カイ」みたいな無国籍風の名前でいいんじゃないの。ミヤモトー! って。
d0151584_02064297.jpg
鈴木杏は鈴木杏でこれまた映画の芝居じゃなくてテレビドラマの芝居です。あるいは戦隊ヒーローもの的な溌剌さがうるさい。要するに、はきはきしすぎなんです。ドラマはそれでいいんですよ。映画に比べてわかりやすさが重要になるし、喋り方がはきはきしているのはそれなりの美点です。でも、この映画でそれをやると、金城武と混ざり合ってとてつもないことになる。くわえて、あの髪型です。未来の悲惨な戦場からやってきた設定なのに、完全にヘアメイクをしています。ああいうところで映画の本気度というのは知れる。結局は見てくれです。本当にリアリティを出そうとすれば、当然あんなくるんとはねた可愛らしい髪型にはしない。あの髪型で少年誌の主人公みたいな喋り方をされると、おまえの未来なんか興味ねえよと言いたくなる。要するに、重みが皆無。
d0151584_02063972.jpg
 重みが皆無、ということでいえば敵役の岸谷五朗です。彼は好きな俳優なんですが、この映画では開口一番すべっている。本作の脚本にはもう本当に台詞の配慮がない。金城と鈴木のコンビがどうしようもないのだから、岸谷五朗が大事なんです。悪役がキマっていれば、アイドル的な主人公も救われるんです。ところがこの岸谷五朗の悪役がこれまた深みがない。冷徹で、味方でもすぐに殺してしまう残虐な男。それはいいです。でも、そのためには「底知れない計算高さ」が必要なんです。一見めちゃくちゃなようで、こいつは実際すごく考えているんだな、とわかるとき、観客は彼に戦慄する。すなわち、悪役の魅力が出てくる。ところが、この岸谷はただ乱暴なんです。そのうえ三下っぽい。一場面だけ計算高さが見えるけれど、そこでもやっぱり台詞をしくじっている。金城や鈴木と対峙したときもさっさと殺せばいいのに、そこではなかなか殺さない。もう結局は引き立て役でしかない。岸谷がぜんぜん怖くない。その時点でこの映画は終わっている。
d0151584_02063785.jpg
 さすがにぼろくそに言い過ぎているなあと思いつつ、いいところを挙げるとすれば、アクションシーンをたくさん入れよう、というのは好感が持てました。いろんな映画からぱくるのはぱくるにしても、アクションシーンでもてなしてやろう、というその精神だけは肯定できる。
d0151584_02064970.jpg

 その精神だけはいいんですけど、いかんせん肝心な部分でちゃんと詰めていないんですね。樹木希林が車を爆発させるのですが、そのタイミングがいかにもお膳立てされた感が強すぎる。どの場面で爆破装置を仕掛けられたんだ、というのがわからない。それはおくにせよ、問題は最も肝心な窮地の場面です。敵の猛攻を凌ぎ、なんとかかんとか逃げ延びた主人公二人が、いよいよ追い詰められる。岸谷たちに周りを囲まれ、最大のピンチを迎える。絶体絶命の場面をどう逃れるのか!
d0151584_02065014.jpg
 というこの場面で、なんと、いったいいつどこで仕掛けたのかわからない爆弾を起爆させて、二人は逃げ延びるのです! そのうえ、金城武が起爆のスイッチを押すときに言う台詞、「騎兵隊だ」がもう何のこっちゃわからない。もしかしたら騎兵隊のエピソードがあって、時間的にカットしたのでしょうか。だとしたら絶対切っちゃ駄目だし、それがないならもう完全に意味不明です。そんなことされたらもう、観ているほうはこの二人を一切応援できません。万が一に備えてあちこちに爆弾を備えておくみたいなシーンがあれば別なのに、そういう配慮さえなく突然「騎兵隊だ爆弾」が出てくるので、完全に口ぽかんです。
d0151584_02064756.jpg
 最後もねえ、岸谷五朗が額を撃たれるんですが、もうねえ、本当になんか、リアリティとかそういうものは完全に捨ててるんだなって思いますね。あの倒れ方は心臓や腹だから成立するのであって、額でやっていいわけないじゃん。そんなことさえ考えないってのは、映画に対する明確な罪です。
d0151584_02064575.jpg
宇宙船が出てきてもいい。エイリアンやタイムマシンが出てきてもいい。どんどん出てきてもらいたい。ただ、その分だけ「リアリティの責任」は取らなくちゃいけないでしょう。はちゃめちゃな設定の一方で、人々の動きや出来事にリアリティがあるからこそ、その世界が芯の通ったものになるわけでしょう。細部の支えの集積が、大きな設定に厚みをもたせるわけでしょう。そういう配慮が本当にない。こういうものをよしとしている人たちは、ちゃんと考えてもらいたい。作り手のみならず、観客の皆さんにおいてもです。
d0151584_02064417.jpg
 面白いものをつくりたい、観客をもてなしてやりたい。そういう心意気は感じます。でも、あまりにも雑です。雑だということは、真摯に考えていないということです。そういうものを、好きになれようはずもありません。真摯に考えていないなら、その心意気は、つまるところ嘘ですから。


[PR]
by karasmoker | 2015-02-07 00:00 | 邦画 | Comments(4)
Commented by pon at 2015-02-08 19:51 x
こんにちわ。ジュブナイルがだめだったらこれはもっとダメですよね よーくわかります 主人公はネオのパクリだし、ヒロインも、もろスカイネットのレジスタンスだし山崎貴のパクリ振りはオマージュの域を超えていると思う事があります なのでリメイクに向いているのでしょうね 可哀想なぐらい酷評される人なので、それでも大物リメイクものばかりを手がける恥知らずぶりがむしろ潔いと思ってしまうアマノジャクがボクです(笑) 以前、 園、白石、井口が3トップと言ってらしたけど、管理人さんがEDの間に、その辺の愛すべきB級のすごい奴たくさん控えてますよ
Commented by karasmoker at 2015-02-08 23:08
コメントありがとうございます。
パクリだから駄目だ、という感覚はぼくは弱いほうの人間だと思います。どのみち現代の新しい表現は何らかの形で過去の物をパクっているのですからね。要はシンプルな話で、リメイクでも何でもいいので「ちゃんとやってくれ」というのに尽きます。ちゃんとやってないですから、本作は。

 園監督などについて述べたのはぼくがいわゆる「エクストリーム路線」の映画を称揚していたときですね。今はどういう監督がいるのか、さっぱりわからぬのであります。
Commented by pon at 2015-02-15 23:08 x
っていうことはもうこの手のエクストリーム系はお腹いっぱいというか、もう疲れるわーって感じですか?たしかに、この手の映画は疲れるので遠慮した方がいいのでしょうか?僕も最近血を見るのがキツくなって来ているのですが、めちゃめちゃなパワーには引かれるんですよね 管理人さんの嗜好をお聞かせください
Commented by karasmoker at 2015-02-17 00:54
コメントありがとうございます。
嗜好が何なのか、自分でもよくわからなくなっています。
オーダー制のいいところは、自分セレクトでは完全にスルーしてしまうであろうものをお薦めいただけるところなのです。ゆえに、あまりその辺は気にせずにいてもらえればと思います。
←menu