『マネーボール』 ベネット・ミラー 2011

アンチ体育会系の理屈屋には、心地よくてたまりませんね。
d0151584_09295987.jpeg


やまださんよりリクエストいただきました。ありがとうございました。




 十代の頃、ぼくは巨人ファンでございました。四番を揃えまくったあのラインナップが眩く見えたのですね。松井を軸にしつつ、年々新たな顔が出ていました。落合、清原、広沢、石井、高橋、江藤、マルティネス、そしてペタジーニ。ゲームの『スパロボ』好きであるぼくには、まさしく巨砲を持ったスーパーロボット軍団に見えたのです。ただまあ、今となれば巨人に誰がいるのかもよくわからなくて、むしろ読売グループが嫌いという情況です。

 金のないチームが独自の戦略と分析によって勝つ、というのはスポーツ物語の常道ですが、本作はその「戦略と分析」にものすごい比重を置いたつくりですね。オークランド・アスレチックスにいたGM、ビリー・ビーンの格闘を描いた話ですが、なにしろ野球それ自体はつぶさには描かれず、ひたすら裏方仕事に焦点を当てています。
d0151584_09301405.jpg
 ブラッド・ピットは他のチームからジョナ・ヒルを引き抜き、二人で選手のデータ研究を進めていきます。これを観るとつくづく、野球というのはデータのスポーツだと思いますね。何もかもが数字として示される。こういうのは結構好きです。
d0151584_09301266.jpg
 かつて巨人好きだったぼくですが、実を言えば長嶋監督にはそれほど惹かれず、野村監督が好きだったのです。野村監督もまた、ID野球としてデータを重んじ、金のある巨人軍に勝ってやるぞという人でした。思うに、長嶋派と野村派で大別したとして、後者が好きな人は本作が好きになれるんじゃないでしょうか。ひらめきとか華やかさとかそんなのはどうでもいい。勝つことが仕事だ、というリアリティ・ショーがありました。

 だからね、本作にいわゆるスポーツの面白みを求めてはいけないのですね。野球が好きな人が観ても面白くないと思います。ある意味で野球好きを敵に回している、とまではいかなくても、野球選手への愛情やリスペクトみたいなもんは、ほとんど描かれないんですね。
d0151584_09301755.jpg
 弱いチームが勝つ映画というと、常道としてはふつう、「駄目な選手を励まし続けて勝つ」とか「選手たちの戦意を高め、団結力を高める」みたいなのがあるわけですが、そういうのはほんのわずかしかないんです。「データ的に、必要かどうか」だけが判断材料で、選手とのやりとりやふれあいみたいなもんはまったく主眼じゃない。伊集院さんは「野球が好きな自分には面白くなかった」というのですが、これはとてもよくわかる。本作で描かれているのは野球ではなく、経済的合理性です。データに基づき、限られた予算内で選手という商品をやりとりする、そうして勝率を上げる、勝率を上げると経営がうまくいく、だから重要なのはすべてデータである、という冷徹な合理性。スポーツの神聖さみたいなものを重んじている人にはいくぶんかちんとくるかもしれませんが、ぼくには心地よかったです。そもそも、野球が好きな人は野球を観ていればいいし、野球の試合以上に面白い野球映画なんてないでしょうからね。野球の試合では絶対に描かれない部分こそ、映画にする醍醐味があろうというものです。この映画はそのスタンスをまさしく、主人公のブラッド・ピットに表現させています。彼は直に試合を観ないのです。本当の勝負は試合ではなく、試合より前に決まっているとでもいうように。
d0151584_09301909.jpg
 何かにつけて人は奇蹟みたいなもんを信じがちですね。「データ上では99%負けるけれど、君たちの努力が残りの1%を……」みたいな話って物語にしやすいです。「何もかもがデータ通りだったらつまらないぜ!」みたいなのもわかりやすいわけです。でもこの映画はその手の感情主義みたいなもんを、喝破してくれます。君が本当に勝ちたいと思うならばデータを用いなさいよと。データを用いる必要、研究の必要というものがあるだろうと。この冷徹さはとても大事であって、勉強好きな人には楽しい映画だと思います。
d0151584_09302085.jpg
裏を返すと、この映画には人間ドラマ的なものがわりと希薄でして、そこをどう観るかというのはあるでしょうね。たとえばブラピの娘が出てくるんですが、正直ぼくには不要でした。映画の全体を通しても別にいなくていいんですね。実在の人物を描いているので、その分だけ彼の過去や家族みたいなもんを描く必要があったのかもしれませんが、別に話には絡まない。監督もそこはわかっていて、きわめておっさん風味の強い映画なんです。女性はほとんど出てこない(娘がこれまた可愛くない!)。象徴的に感じたのは、ブラピがある選手の家を訪ねる場面。小さな娘が出てくるんですが、そのときのいかにもどうでもいい登場シーン。この映画にとって必要ない要素だと、実はあの場面で明示されています。
d0151584_09301660.jpg
そういうウェットな部分。人間ドラマだったりスポーツの感動だったりがほしい人には、なんともぴんと来ないと思います。だからわりと、観る側を試してくる作品じゃないですかね。ぜんぜん面白くなかった人は感情に重きを置くタイプかもしれません。反面、面白かった人間は理屈屋かもしれません。その意味で行くと、断然の男向け映画かなと思います。ぼくにはびしっとストライクでした。
d0151584_09302656.jpg
 もちろんね、経済的合理性を手放しに称賛するわけではないんです。利益を得られる、データ上収益が見込めるというだけで商売を推し進めていく大企業みたいなもんには反感を覚えるのですけれど、ことスポーツといういわば人畜無害なものにおいて言えば、データの集積を活かそうとすること、根性や努力みたいなもんとは真逆のアプローチをすることは大いに賛成なのです。
d0151584_09302486.jpg

 ああ、だから本作はスポーツを題材にしながらも、体育会系の人は好きじゃないかもしれないですね。アンチ体育会系みたいな映画です。たとえるなら、「グラウンド十周せよ!」という監督やコーチに対し、「ちょっと待ってください。その十周に何の意味があるのです。十周の根拠は何ですか、なぜ五周でもなく十五周でもないのか教えてください」と食ってかかる感じがある。いかにも非体育会系のジョナ・ヒルを置いたのがわかりやすい。もうこの映画のスタンスを完全に明示している。体育会系の肉体的エリートを、知的エリートが動かしていくのです。体育会系的にはむかついて、理屈屋的にはなんとも小気味よい。
d0151584_09303088.jpg
あなたは情緒によるタイプか、それとも分析によって立つか。
あなたは体育会系か、それとも合理主義の理屈屋か。
プロスポーツとは夢に溢れる憧れか、それとも資本主義の一産業か。
自分の人間性を図る意味でも、観てみるといいのではないでしょうか。


[PR]
by karasmoker | 2015-02-24 00:00 | 洋画 | Comments(0)
←menu