『マインド・ゲーム』 湯浅政明 2004

大変な快作を見逃しておりました。
d0151584_09081436.jpg

さとるさんよりオーダーいただきました。ありがとうございました。



すごいアニメだとは聴きつつも、「えぇ? 主演が今田耕司? 吉本芸人出ずっぱり?」というので、敬遠しておりました。タレント声優ってのは、本当に客引きになるんですかね。出資元から制作費を引き出すには名のある人間を出すのがよい、ということでしょうけど、実際は興収とは関係ないんじゃないですかね。と思いつつも、本作の実験的作風には驚かされるところ多々でありました。

 全編を通してとても実験的かつど迫力で、これは観るべきものを観逃しておったと思いますね。アニメという表現の豊かさを見せつけられたというか、なるほどこれは知る人ぞ知る名作であるなと唸らされました。
d0151584_09081809.jpg
 非常に不安定な始まり方なんですね。画風も独特だし、タッチは非日本的な感じも受けた。その一方で大阪弁ばりばりで、なんと今田の顔そのものをコラージュしたりして、これはただならないものだぞ、と予感させてくる。
d0151584_09081623.jpg
 タレント声優の顔を劇中で出してしまうという、一見タブーとも思える手法は、観るものにある種の気構えをさせます。「この映画は尋常じゃないぜ」という挑戦状に見える一方で、「タレントの顔を想像してしまうというなら、こちらから見せてやるさ」という過激な布告でもある。いずれにせよ、なんか飛び抜けたことをやってやろうという野蛮さが感じられて、むしろ好感が持てました。野蛮さを目撃することは、映画を観る上での重要な快楽ポイントです。
d0151584_09081922.jpg
 映画を観ながら連想したのは、あの『哀しみのベラドンナ』。監督は好きなんじゃないでしょうかね。あの映画で用いられていたようなテクニックが随所で観られました。それを強く感じたのが、主人公があの世に行きかける場面ですね。
d0151584_09082141.jpg
 主人公の男・西は居酒屋で悪漢に射殺され、死んでしまいます。その後の展開がものすごく素晴らしい。一種のドラッグムービー的な場面に変わって、いろいろな具象が次から次に現れては消えていく。あのシーンに出会ったときに、ああ、もうこの映画は完全に信頼できるなと思いました。あんなのは観たことがありません。
d0151584_09082317.jpg
 もちろんドラッグムービー的な、多彩な方法で世界を狂わせる映画というのはあるんですけれど、ぼくが好ましく感じたのはあの大阪弁ですね。めちゃくちゃなシーンなのに、大阪弁が出てくるとこれまた妙な風合いを帯びてやまない。芸術に寄っていかないというか、芸術的なものに作り手が酔っていないというか、あそこに大阪弁が絡んでくるのがとても素晴らしいですね。町田康の小説に『宿屋めぐり』というのがあって、あれも変な世界をうろうろするのですが、それをぎゅううっと凝縮したような濃密さです。なんてセンスがいいのだろうかとほとほと感服しました。
d0151584_09082436.jpg
 そしてその後、現実に戻ってからはヤクザとのカーチェイスがあって、ここにもアクション的な快楽が詰まっている。生死をさまよう世界からほぼダイレクトにあのチェイスに繋ぐことで、観客は完全にこの世界の虜になります。あれだけのボリュームでサービスされたら、もう文句はありません。グレイト。
d0151584_09082861.jpg
 今田はいつまでも今田なのですが、それを吹き飛ばすくらいの作品の力がありました。彼と一緒にいるのがミョンとヤンという二人の姉妹で、こちらは本業の声優を起用しています。彼女たちがきちんと軸をつくっているというか、戻してくれますね。ここに女性タレントを使ったら駄目ですけど、そうなっていないのがいい。ふと思いましたが、どうしても声優にタレントを使いたい場合は、相方はプロの声優がいいですね。そうすることでわりと中和されてくる。
d0151584_09083089.jpg
 でもね、やはり大阪弁というのはいいですね。ぼくは非関西圏の生まれ育ちですけど、関西弁で喋りたがる時期が長くあったし、関西の友人と話すときも普通に関西弁を使っていた。今でもつい独り言で、「なんでやねん」とか「はよせーやアホ」とか「うわものごっつしんどいやんけーどないせーゆーねんもー」などと口をついてしまうのですが、これは何かというとひとつには音楽的な快楽なんですね。標準語というのがいわばひとつの人工的につくられた言語であるのに対して、土着的な方言というのは音楽的に耳に心地いいんですね。だからぼくは方言というのが好きで、いわゆる標準語よりも東京弁が好きだし、東北弁みたいなのも耳に心地いいなと感じる。朝倉さやという歌手がいるのですが、この人の「方言カヴァー」なんかは絶品なのです。
d0151584_09083290.jpg
 音楽的な心地よさと世界観の特殊さがマッチしていて、とても面白い空間が展開されていく。主人公と姉妹二人は途中からクジラに飲み込まれてしまうのですが、その中の身動きも愉快愉快です。随所に小技を利かせるお茶目さもあるし、一瞬ぞっとするような画を見せもするし、クジラの体内だからこそのぶよぶよした質感なんかも混ぜ込んでいる。
 何がここまで絶賛させるのかと言えばひとえに、「アニメという表現を全力で信じている」感じがするからなんですね。アニメでできること、アニメだからこそ気持ちよく映ることをこれでもかと盛り込んでいるのは、本当に観ていて楽しいわけです。他にもハイクオリティなアニメーションというのはあるし、ハリウッドが贅を尽くしたCG映画もありますが、ちょっとひとつ、図抜けているんじゃないでしょうか。それは品質の良さというよりも、ぼくがよく言う「野蛮さ」という点においてです。
d0151584_09083379.jpg
 主人公の西は劇中で二度、全力で急場を凌ぎきるのですが、まさしく作り手が全力を出している感じが伝わってくる。こういうものは、本当に嬉しくなる。作り手のエネルギーを分け与えてもらった感じがする。クライマックス、鯨の体内から抜け出そうとするシーンは本当に圧巻。そしてあの構図自体が感動的ですね。何度やっても何度やっても荒波に押し返され続けた主人公たちが、全力の全力でうおおおおおおおと立ち向かうのは最高のカタルシスです。
d0151584_09083495.jpg
 久々に目の覚めるような作品を観た思いです。緩急も素晴らしいし、言い出せばきりがないくらい細部にもサービスがある。『哀しみのベラドンナ』へのリスペクトも感じさせるとなれば、これはもはや諸手を挙げて称賛するよりないでしょう。
 素晴らしい作品をお薦め頂きました。ありがとうございました。 
d0151584_09083772.jpg

[PR]
by karasmoker | 2015-02-28 00:00 | アニメ | Comments(2)
Commented by pon at 2015-03-04 10:26 x
こんにちわ。管理人さんが手放しで絶賛するのは珍しいですね 見てみたいです 恥ずかしながらタイトルすら知りませんでした 早速DVDを発注しました 見たらまたコメします オーダーを考えたのですが過去に見た映画がタイムリーに最近発売されたのでZ級というよりも良く出来たB級ぐらいなのですがお願いします Made to Orderの方に書きます
Commented by karasmoker at 2015-03-05 22:56
コメントありがとうございます。アニメのポテンシャルを活かしきっている作品というのは、観ていて感動的なのです。
←menu