ろくでなし子さんの件、あるいは女性器の意味について。


ろくでなし子さんの東京地裁初公判が開かれた、というニウスについて、またいろいろと考えたくなりました。この件は昨夏にも触れているのですが、検察側と彼女側のどちらに付くかと言われれば、正直なんとも言えないのです。ゆえに、あらためて考えてみたいのです。昨夏の記事はこちら。

 そもそもわいせつとは何なのかについて、あるいは刑法一七五条の「わいせつ三要件」の是非について論ずるのも大事なのですが、ひとまず事実関係を述べまするに、ろくでなし子さんは「自身の性器の形状データを有償で頒布したこと」、そして「アダルトショップにて女性器をかたどった作品を展示したこと」の二つに関して、罪を問われているわけですね。それらがいわば「わいせつ」な行為とされ、逮捕、起訴されたと。

 彼女は「自分の女性器はわいせつではない」と主張している。そしてまた彼女を擁護する人々は、彼女の作品が「わいせつ三要件」に当てはまらないとして検察に異議を唱えている。ネット上の論考その他を眺める限り、そのようなものが目につきました。

 ところで、わいせつ三要件とは何かと言えば、 
「徒に性欲を刺激・興奮させること」
「普通人の正常な性的羞恥心を害すること」
「善良な性的道義観念に反すること」
だそうです。しかし、これはきわめて曖昧な文言です。「徒に」「普通人」「正常」「善良」そして「性的道義観念」。どれをとっても明確な線引きが困難な言葉です。そしてまた、このような曖昧な文言に基づいて考えてしまえば、法の運用基準についても当然曖昧にならざるを得ません。

 わいせつをめぐる議論の数々は、それが感覚的なものであるがゆえに、どこまで言っても万人が納得する線引きはできないのです。人生はこのようなものに満ちています。今日は暑い日だったのか、寒い日だったのか。そこに正解はない。いつまでが春でいつまでが夏でいつまでが秋なのか。通行許可を示す信号の色は青か緑か。便宜的な形で、たとえば気温や日付などの数値を用いて定めることはできる。ただそれはあくまでも、便宜的なものに過ぎない。万人がなんとなく合意できる妥協点に過ぎない。

だから、どうしても便宜上の、いわば恣意的な線引きが必要になる。それが今回の場合「女性器」だったわけです。この点については以前の記事で述べたことです。さて、考えを深めるためにひとつ、ここで昨日の公判後記者会見からろくでなし子さん本人の弁を引用します。

わたしがなぜ女性器をモチーフにしたり、女性器の名称である「まんこ」という三文字を発信し続けてきたかと言えば、女性であるわたしにとっては、女性器は自分の大事な体の一部分に過ぎないものであるにも関わらず、ここ日本においては蔑まれ、汚いものや恥ずかしいもの、いやらしいものとして扱われ、とてもおかしいと強く感じたからこそでした。
 雑誌では女性器の名称が必ず伏せ字にされ、タレントがテレビでその名称を口にしただけで降板されてしまいます。おかしな事に、男性器の名称やセックスを煽るもっといやらしい表現や言葉に対しては、NGとされず、それらは電車の中吊り広告やインターネットに今日もあふれています。ここまで「単なる女性器にのみ」拒絶反応を示すのは異常であると思います。わたし自身も気づかずにそのおかしな風習に従って生きてきました。しかし、女性器とは、単に人間の女性の体の一部にすぎないものであり、そこから生命が生まれでてくる場所でもあるならば、蔑んだり、いやらしい場所などとみなすことはとてもおかしい話です。
 わたしはなぜそんな風になってしまったかを考えました。その結果、女性器はまるで男性の愛玩物のように扱われているのが原因で、根底にあるのは女性差別であると思い至りました。そこで、わたしの体でありわたしの物であるはずの女性器を取り戻すため、女性器のアートを本気で活動するようになりました。

 なぜ女性器は禁忌の対象となったのか。この辺りについての学術的論考というのがきっとたくさんあるのでしょうけれども、ぼくが思うにそれは「愛玩物のように扱われている」からとか「女性差別」があるからとか、そういう理由ではないと思うのです。
もしその論に立つならば、「男性器がオープンな存在である」ことを示さねばならない。なるほど確かに、チンコというのはテレビやラジオでもオンエアに乗るし、イラストや漫画に出ても構わないかのように扱われている。この点において、「男性器の女性器に対する社会的開放性」が高いことは認められます。
 ですが、しかし、男性器丸出しで街を歩いても文句は言われないかと言えば、そんなことはない。当然逮捕される。テレビでも男性器はさすがに編集処理される。
 ここにおいて確認できることは、男性器にせよ女性器にせよ、実物は禁忌として扱われているという周知の事実であり、この点においていえば両性は同等なのです。「女性差別」はなく、「愛玩物のように扱われている」のはむしろ明確に、男性器のほうであります。彼女の活動の目的のひとつが「男性器と女性器の間における社会的開放性の差異」をなくすことであるとするならば、つまりはマンコをチンコ同様にオープンな存在にしたいと考えるならば、彼女はむしろ女性器を「愛玩物のように」扱ってほしいと思っているのではないでしょうか。考えてみてください。もしもテレビで「マンコ」が解禁になったら、まず間違いなく今まで以上に、女性タレントは「男性の愛玩物のように」なるはずです。
それが彼女の望みなのでしょうか?

 迂回してしまいました。女性器はなぜ禁忌の対象になったのか、に戻ります。
 彼女は会見でこうも述べています。
「そこから生命が生まれでてくる場所でもあるならば、蔑んだり、いやらしい場所などとみなすことはとてもおかしい話」
はい、ここに性器というものの難しさがあるように思います。
 男女問わず、性器というのは二つの相反する要素、はたらきを持っている。すなわち、排泄と生殖です。前者は老廃物を排出する行為で、出されたものは悪臭を放つ不衛生なものになる。かたや、後者は男女であり方が異なるにせよ、最終的に出てくるものは尊ぶべき新たな生命です。いわば性器とは祝福と汚れの同居する場所であり、性の象徴であり、同時に性欲なるものと分かちがたく結びついている存在です。

 人間はその文明を営む上で、このようにあまりにも複雑な性質を帯びているものを、オープンにはしませんでした。見せてはならぬもの、ひいては安易に触れてはならぬものとしてタブー化することで、社会を滑らかに運営しようとしました。このことは責められるべきことではないし、責める必要もないでしょう。

 ではなぜ、そのタブーは蔑まれたり、いやらしく思われたりするようになったのか。
 ぼくの考えはこうです。
 それはつまり、社会の安寧のためなのです。社会を滑らかに運営するために不可避な判断だったのです。
 性器がかくも複雑なものである以上、性器に対するイメージを安定させることはひどく難しい。祝福と汚れを同時にイメージすることはきわめて困難です。であるがゆえに、社会は「汚れ」のイメージを採用したのです。

 なぜ祝福のほうを採用しなかったのか。理由は二つ。ひとつには排泄器官であることへの嫌悪。そしてもうひとつが、社会の安寧です。 
 
 前者は説明不要でしょう。問題は後者ですね。
 性器を祝福と結びつけてしまえばどうなるか。そうすれば不特定多数との性交渉が祝福のイメージを持つことになり、近親相姦や強姦、不倫といったものへの精神的ハードルが下がり、社会はきわめて不安定な様相を呈することになります。とてもじゃないけれど、祝福をもって捉えることはできない。それが許されるのは、「愛」という世にも不思議なものが守ってくれる場合のみ。生殖という特別な出来事がある場合のみ。
 だからひとまず社会の安寧のためには、汚れを採用すべき。人類はおそらく無意識的に、そのように考えたのではないでしょうか。

 警察は今回の事件で、実物の女性器をもとにしたものをわいせつとした。これをして短絡的、恣意的という批判がなされるようですが、性器は上に述べたような複雑な性質を持つのであり、「男性器の名称やセックスを煽るもっといやらしい表現や言葉」や「電車の中吊り広告やインターネットに今日もあふれてい」るものとは「格が違う」のです。簡便に言えば、それらのものは「たかがエロ」に過ぎない。一方、性器はエロを超えている。その意味において警察は取り締まり、検察は起訴の対象とした。非常に簡明な理路でしょう。彼らは社会の安寧を守るために存在しているのですから。

 思いのほか長くなりました。
 最後に、彼女を擁護する人々に対しては、二つの挑発をもってこの論考を終えたいと思います。

 ひとつ。彼女が無罪となり、彼女の活動が法的に認められ、その先に「マンコ自由化」があるとしたなら、間違いなくこれまで以上に「男性の愛玩物」になります。男性タレントが「おまえのチンコ小せえな」とはしゃいでいただけだったコミュニケーションに女性も巻き込まれ、「おまえのマンコがばがばだろ」といういじりに曝される。これまでマンコを守っていた汚れのバリアは剥がされ、かといって祝福の衣が着せられるわけではない。当然そんな表現にはクレームが付き、規制をもって対処される。しかし、チンコはマンコと同様に扱わねばならない。だとしたらその先にあるのは、「チンコ非自由化」。表現を規制するなという主張の未来は、あるいはさらなる規制を招く悲劇の末路かもしれません。
 
 ふたつ。これまでは女性器以外のエロ表現はかなりの部分が認められていた。いわば女性器はどこかの宗教の救世主のように、すべての罪をその一身に担っていた。警察という「表現の敵」を納得させるべく、わいせつの誹りをその中に封じ込めていた。その封印を解くということは、「わいせつ」の線引きを融解させることに間違いなくなります。安寧の基準は崩壊し、今までわいせつではないとされていたものも当局の睨みを浴び始めるのです。今よりも、わいせつのレッテルを貼られるものは、ずっとずっと増えるかもしれません。だって、そこにはもう、わいせつの合意がないのですから。女性器の献身的封印を、解こうというのですから。

 ろくでなし子さんを擁護したい気持ちはわかります。表現の自由を守れ、官憲の横暴を許すな、女性器をタブーから解放しろ。
 さて、その先にあるものは? その奥にあるものは? 
 それでも強く主張される場合は、どうぞ満腔のお覚悟をもって。

[PR]
by karasmoker | 2015-04-17 02:28 | 社会 | Comments(0)
←menu