『キャスト・アウェイ』 ロバート・ゼメキス 2000

とても楽しき無人島映画。
d0151584_10241208.jpg

di9tkmtnakrsqhomさんよりオーダーいただきました。ありがとうございました。



 トム・ハンクス演ずる主人公は運送会社のフェデックスに勤めているのですが、あるときたまたま乗った飛行機が墜落。無人島でたった一人のサバイバル生活を強いられる、という筋立てです。どういう映画かまったく知らなかったので、無人島に漂流したときはびっくりしました。この辺が、オーダーしてもらって観るという形式の、ひとつの醍醐味ですね。自分で選ぶときはそういう出会い方をしませんから。
d0151584_10250958.jpg
無人島でサバイバルをするんだな、とわからずに観ていたので、ぼくも劇中のトム同様、一寸先は闇という感じで観進めることができました。ちょっとした物音がするだけで、誰かいるのか、ハラハラ、という風に感じられて、素直に感情移入できました。
 無人島の物語が面白くなるのはひとつに、生命の危機という原始的恐怖を与えてくれるからだと思います。人間が自然の中でただ生きていくのは難しいことなのだという、実はわかっているはずのこと。しかし日常の中でまったく感じもしないこと。それを、映画を通して体験させてくれるのですね。
d0151584_10251542.jpg
 無人島に行ってからは、一切会話劇はありません。この辺の無骨な精神は観ていて信頼が持てました。ある面で、作る側には怖いことだと思うんです。小説で言えばずっと地の文が続いているようなもので、会話や関係性による物語の綾がつくれない。そこを支えるのが、さすが名優なのであるなあと感じ入りました。
d0151584_10253240.jpg
 トム・ハンクスの動きがコミカルだし、観ていて滑稽な感じがあったりもするんですね。なおかつ、「ああ、こういう状況になったらこう振る舞うだろうな、なんかわかるなあ」というのがちりばめられていて、この無人島パートは長さを感じませんでした。見せ方としてうまいな、と感じた場所はいくつもあるのですが、ひとつに岩山に登るシーンです。高いところから島の状況を把握しようと、トムが岩山の上に登るのですが、このとき彼の目線に合わせるように上から撮るんですね。すると観る側もまたその高さを感じて、ひやっとするんです。ぼくは高いところが苦手なので、下半身がそわそわするあの感覚を味わった。ああいう生理的な恐怖感覚を通じて、観客を引き込んでいくというのは巧みです。なおかつ、トムがその先で発見するものも(あえて伏せておきますが)、生命の危機を感じさせる存在としてわかりやすい。ああいうものを立て続けに見せていくことで、自ずと原始的な怖さを覚えさせるわけです。
d0151584_10253495.jpg
サバイバルものというのは、観る側にいろいろなことを考えさせますね。トムが火を起こそうとするシーンで、「人類が初めて火を起こした瞬間というのは、どのようなものだったのだろう」などと思いを馳せてしまいました。その後に彼は火を起こしますが、そのときの喜びようがまたいいですね。この映画は本当に、観客を乗せるのがうまかった。
d0151584_10253812.jpg
褒めどころは尽きません。あの虫歯の設定もいいです。ああいうのがあると、細かな身体感覚に訴えかけてくるじゃないですか。地味に嫌だろうなって。生きるか死ぬかみたいな状況であっても、ああいうのが案外地味に辛いだろうなと感じられてくるし、一人の生物としての彼の姿が、浮き彫りになってくる。さらりとではありますが、排泄の様子もきちんと描き出す。ああやって、身体的な部分に言及するのはとても正しい。
d0151584_10253695.jpg
 ところで、トムはフェデックスの社員であり、飛行機にも積み荷がありました。それが島に流されているのを見つけるのですが、最初のうちは開けようとしないんですね。そのときはまだ、彼が自分を会社の社員として捉えている。帰ったら届けなくっちゃと思っている。ところがさすがに耐えきれなくて中を開くのですが、そこでいろいろ場違いなものが出てくる。この辺の感じはとても面白かったです。役に立たないようなものをうまく使っていくというのが、映画における工夫の面白さとも繋がっている。バレーボールの使い方はその中でもひときわの面白みを与えてくれる。
d0151584_10254097.jpg
 あの辺りにも、ああ、なんかわかるわあがあるんですね。そんな状況に陥ったことはまったくないけれど、もしそうなったらそういう風に振る舞うんじゃないか、みたいな。ああいう「仮想のあるある」みたいなものが、リアリティを支えてくれる。
d0151584_10254364.jpg
 この映画は大変にわかりやすい三幕構成です。第一幕は彼の日常、第二幕が無人島、そして第三幕が彼の帰還後。彼は帰ってから、かつての恋人であるヘレン・ハントに出会うのですが、長い歳月のうちに彼女は結婚を果たしており、なんとも言えぬ切ない再会となってしまいます。
d0151584_10255868.jpg
 この構成はいくぶん微妙なものを含んでいますね。というのも、彼は第二幕の終わりで、生命の危機を脱出した。ある意味でここがピークなんです。その後にいろんなことが起こっても、まあそれはええがな、命が助かったのだから、みたいにも思えてしまう。恋人が離れてしまっても、命の問題よりはよほど軽いもんやがなと思え、なんだか長いエピローグにも見えてしまう。ただ、反面、彼が生きていく上ではやはり重要な問題でもあって、そこはそれでしっかり語らなくちゃいけないよなとも思わせる。多くの映画は、生命の危機を乗り越えてハッピーエンドを迎えるけれど、そうじゃないんだぜ、人生はそれでも続くんだぜという部分を示してもいて、ここの構成には独特の面白さを感じます。
d0151584_10260377.jpg
 おおむねとてもよくできた映画でしたが、気になったのはひとつだけ開封しなかったフェデックスの箱です。中身が気になるとかじゃなくて、あれをそこまでして開けないもんかなあという感じですね。天使の羽根が描かれたあれをトムはお守り的に感じていたのかもしれないし、あれを開けないことが最後の職業人的矜恃だったのだと、弁護の文句は浮かびもするけれど一方で、追い詰められてる感は減じてしまう。中に入ってるものがすごく使える道具かもしれないのに、それを出したりはしないのか、なんだちょっとだけおまえ余裕あるな、というのが感じられて、それにまつわるラストも含め、映画的なロマンチシズムがややくさい。

 あとは、人様の論評を読んで確かにと感じた部分で、企業名出過ぎ問題ですね。フェデックスとウィルソンですけど、これが日本映画で日本の会社だったらものすごく押し売り感があったろうなと思います。クロネコヤマトとミズノで同じことをされていたらさぞ鬱陶しかったろうなと思い、その辺は向こうの観客は感じなかったのかなあと気になりました。登場人物が「ミズノー!」と叫んでいたら別の意味で笑ってしまったでしょう。
 あまりにフェデックスが前に出ているので、もしやこれは実話なのかと思ったらそうでもないようで、だったら架空の企業名でええやんというね。お金をもらっているなら仕方ないのでしょうが、無人島という非文明的なものをあれだけ描いておきながら、結局資本主義的な部分をばちっと見せつけられている感じがして、少し興ざめではある。

 そんなことを感じたりもしましたが、無人島の第二幕は本当に面白いし、もうそれだけで十分な旨味があります。「無人島の出てくる映画で、いいのない?」に対する模範解答作品でありましょう。

[PR]
by karasmoker | 2015-04-21 00:00 | 洋画 | Comments(3)
Commented by di9tkmtnakrsqhomn at 2015-05-03 01:58
リクエストさせていただいたものです、記事にしていただきありがとうございます!とても面白く拝読しました。

フェデックスとかの強引なタイアップは確かにご指摘の通りですよね、僕もそう思います。まぁ迫真の飛行機墜落シーンの制作費のためと思って見逃してやりましょう。。

僕が一番好きなシーンはクジラのシーンです。これが一番友人や家族にからかわれたとこなんですが、好きなものは仕方が無い、あのクジラの訳の分からない気色悪さがたまらなかったです。怖い。

ラストは好きだし同時にうーん、でもありますね。よかったなぁ、なんて思わされたりもするし、その日の体調によってはあんだけ現実の厳しさを描いて来たのに急にラストだけメルヘンかよ、とかね。

でも楽しんでいただけたみたいで嬉しいです、良かった。

さて、またリクエストしてもよろしいですか?
セリノワールというフランスの映画です。1979年。
役者の名前、失念しましたが、若くしてなくなっている様なので多くは出てないと思います。トムハンクスの演技同様、素晴らしいです。主人公の冒頭のシーンで僕はこの映画がたまらなく愛しいものになると確信してしまいました。是非。

時間のある時にでも。気長にお待ちしてます。
Commented by di9tkmtnakrsqhomn at 2015-05-03 02:01
引き続き失礼します。

それと、極楽山本さんと8.6秒バズーカの記事についても少し。こちらの記事のコメントですが失礼して。

どちらの件も通ずるものがありますね。人間やっぱり安心安全を確保したいんだろうな、と改めて思いますね。

天秤、片や安全片や危険。真ん中のグラグラするところで落ち着けるのが理想なんですけど、グラグラすると不安だから、みんな強引に安全方面を目指すんですよね。自分も生活の流れの中で無意識にそっちに歩いている時もあったりするし。。

その日その日で安全危険を分け合いながら、そっちの方が安全多いじゃないか!とか無駄な議論でまたストレスを感じるよりは、ポジティブに、できるだけ真ん中で、グラグラしていたいですね。

人様の安全を強引に取ったりしないように気を付けながら。その気遣いがまたストレスになるじゃないか??そのストレスならまぁ喜び勇んで被ってやるよ。くらいのかんじで。

長くなりまして。ドロンします。
Commented by karasmoker at 2015-05-04 00:20
コメントありがとうございます。
オーダーを承りました。
記事中で触れませんでしたが、確かにあのクジラは魅力的ですね。物語的には別に何の意味もないけれどインパクトだけはある、というのがまた面白い取り入れ方です。
世間のニウスを取り上げていますのはひとえに、まったく我が事でないものの中にも自分の考えを照らす材料がたぶんに含まれているからであります。いちいちいろいろと考えてみるのが、実りあるニウスの見方であると思っておる次第です。
←menu