『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド・オブ・ザ・ワールド』 樋口真嗣 2015

楽しめるのはきっと、原作を知らないティーン。
d0151584_00550834.jpg





 宇多丸さんのラジオで町山さんが「後編見なくていいよ!」などと宣い、あれれもうそんな感じなのかい? と思いつつ、前編を観に行った人間としては乗りかかった舟。『アウトレイジ』における石橋蓮司いうところの「どうすんだいこの始末?」といった感じで、観に行きました、はい。

 前半で調子がわかっていたので、観る側のチューニングとしては特に構える必要がなく、引き続き「戦隊ヒーローもの」的な目線で観るのが吉でありました。あれこれ批評を加えてやろう、なんなら大いにくさしてやろう、そういうのはもういいじゃないですか。
 前半の劇中でも言われていたように、「この門をくぐる者は一切の希望を捨てよ」。つまり、何かを期待するなということです。何も期待していなければそれなりに楽しいのです。と言いつつ、前半のように「生ぬるく観よう!」と書き続けても仕方ないので、完結した映画として振り返りたいと思います。
 
 最初は前半の続きで、巨大化したエレンが拘束され、尋問を受けるシーンです。まず、國村準にせよ長谷川博己にせよ、もうめっちゃださいです。エレンがそのあと巨人に連れ去られるのですが、なんかよくわからない場所に連れて行かれます。そこに長谷川演じるシキシマが登場して、この世界のしくみについていろいろと話してくれます。このシーンにおけるシキシマのだささはもう、「おまえそれマジか」レベルで、逆に新鮮です。前半でもそうだったんですけど、たぶん監督してはシキシマが大変格好良く見えているのでしょう。ここになんというか、監督の大きな大誤算が象徴されているような気がする。彼は原作にはないキャラクターで、なおかつ大きな役割を担っています。そうなってくると作品の成否はたぶんに彼の両肩にかかってくるのですが、徹頭徹尾彼が「カッコつけマン」なんですね。だから作品全体に重みがなくなる。

 そうは言いつつ、ぼくはやはり町山さんの脚本に注目して観ていたのですが、前後編をひとつの映画と観たとき、一応の落とし前はつけていたのではないでしょうか。
 壁の向こうはどうなっているのだ、巨人たちは何なのだ、この世界はどういうものなのだみたいなことを折りたたみ、着地するという理屈づけはしてあった。でも、まあそれだけという感じもしました。だからねえ、うーん、この作品はそもそものところから、観客を満足させるのが難しいつくりだったんじゃないかと思います。

 やっぱり映画作品をつくる以上は、たたまなくちゃいけない。そうすると後半の着地のために、前半では原作とちがう要素もあれこれ放り込むことになるし、あるいは原作の要素も抜かなくちゃいけない。そうなってくると、何これ、よくわからないなというものがたくさん出てきます。不発弾とか謎めいたシキシマ隊長とか。仮にこれがオリジナルだったら、後半に幾多の謎が残されているぞ、さあどうなるんだ、と引っ張れるんですけど、いかんせん原作があるものだから、おいおい何これどうするんだよみたいな感覚が、観客に芽生えてしまったんじゃないですかね。

クライマックスは怪獣映画的で、ここはなるほどそう来たかがありました。ですが、簡単に言うと、やはりここも戦隊ヒーローですね。最近はどうか知らないけど、ぼくの知っている戦隊ものの常道です。「クライマックスで敵が巨大化する」というやつです。あれを地で行っていて迫力もあるんですけど、ただまあねえ、それはもう子供の頃にさんざん観たのでねえ。敵が巨大化するのは個人的に、「えっ、いまさら!」感があります。

で、終わりは簡単に言うと、陰謀的結末です。
 この世界は閉ざされたもので、支配者は人々を囲うために壁をつくったのだみたいな話です。町山さんがかつて言及していたミルトンの『失楽園』の一節も出てくる。天国の奴隷でいるよりも、地獄の自由を選ぶぜという台詞をエレンがそのまま言います。宇多丸さんがかつて何かの映画を評するとき、「テーマを台詞でそのまま言っちゃうってどうなの?」と言っていましたが、それをわりとそのまま実践していました。あらら、と思いました。そのくせ、前半では別にそこまで掘り下げられていないため重しになっていないという。

 陰謀的結末だとわかったときは、「ああ、そう来たか」ではなく、「うん、そうするしかないのかな」と感じました。『進撃の巨人』で映画をつくれ、ただしそれなりに完結させろと言われたら、ああするのが一番落ち着きとしてはいいんです。映画のクライマックスにはボスキャラが必要ですからね。評判がよくないこの映画が唯一ひっくり返せるとしたら、結末の意外性しかないなと思っていたのですが、まあそううまくはいかないってことで、あれは一番単純な終わり方です。残念なくらいに。

 総じて言うに、大人がガチで観るものではないですから、やはり生ぬるく観るのが一番でしょう。ティーンが楽しめればいいのです。しかしティーンの中でも原作ファンが楽しめるかというとまったくそこはなんともアレなので、一番いいのは原作を知らないティーンです。しかし原作を知らないティーンをメインターゲットにするとなると有名原作を使った意味がよくわからなくもなるのであり、誰に向けてつくっとんねん感は大きいです。
 
 ぼくが本作を観に行った動機はなんといっても町山さん脚本というのが大きいのですが、彼がラジオやなんかでいろいろ話しているのを聴くにつけ、いろいろ大変だったんだろうなあということです。先々ぼくの印象に残っていくのはきっと、「巨人が出てくる迫力ある映画」とかではなく、「町山さんが大変そうに思えた映画」ということです。

[PR]
by karasmoker | 2015-09-23 01:00 | 邦画 | Comments(0)
←menu