週刊マスカッツ批評 第8回放送分

企画はいい。問題は演出、その一点。
d0151584_06060762.jpg




d0151584_06060970.jpg

第三回の「ウルトラソウル1000本ノック」以来、初代が来たり品川が来たりとゲストが続いていたのですが、やっとこさ二代目マスカッツのみの回となりました。やはり、これを続けていくべきなのです。ゲストは月一程度でいい。メンバーを中心に置く、という当たり前のことをやっていってほしいです。

 今回の美点としては、33人いるうち、およそ半数のメンバーに見せ場をつくったこと。第三回がそうであったように、いろんなメンバーの顔を見せていくべきです。まだ始まったばかりなのですから。その中でキャラクターなり何なりが別れていくのですから。

 ここでは演出に文句を付けることが多いのですが、その点で行くと今回も残念ながらいくつかあります。本当に、マッコイ監督はどうしたというのでしょう。やる気があるのか。鬼の演出だというなら、ちゃんと演出するべきです。
d0151584_06061334.jpg
 リップじゃんけん、という企画自体は、面白く観られるんですね。
 個々の顔がちゃんと映るし。
 ただ、脇の演出が甘すぎる。もっと詰めるべきことが多くある。
d0151584_06061159.jpg
 まず、トーナメント方式にしたせいで二週またぎになったこと。
 初代の頃の企画では、あの「可愛い甲子園」においてすら、一回でまとめていた。本来ならオンエアして欲しいところをばっさり切ったりもしていて、その分だけ濃密感があった。
ところが、まさかの二週またぎ。そこまでの企画じゃない、とは言いたくない。けれど、盛り上げる演出をもっとしなくちゃいけない。
d0151584_06061773.jpg
 今回の企画は、赤対青のチーム戦でまとめるべきでした。どっちの勝ちが多いかでやれば、一回でまとまった。そして、そのほうが絶対に良かった。

 なぜか。
 チーム制にすれば、後列に控えたメンバーを、野次要員で活かしていけるからです。
 初代のマスカッツにあって、二代目に決定的に欠けているもの。それは野次です。
 遠距離から撃っていく感じが致命的に欠けており、そのせいで盛り上がりが薄くなっている。今回の企画では、悪く言えばただ同じような取り組みを続けていただけ。そこに綾を付けるのが野次でしょう。藤原亜紀乃の「男性経験なし」というネタがあったのだから、青チームは絶好の野次どころ。夏目花実がせっかく切れキャラで押していたのだから、赤チームは絶好の野次どころ。
d0151584_06061903.jpg
しかし、マッコイ監督はただ大人しく座らせているだけ。これが演出の怠惰でなく、何でありましょう。「マスカッツはチームワークだ」と、奇しくもあのみひろが言ったことを、演出自身が理解していないように思えます。
d0151584_06061503.jpg
 個人個人がまだキャラを出せていないのだから、演出のひとくちメモももっと足していくべきです。藤原亜紀乃のような小ネタを随所に挟んでいけばいい。それでメインのリップ対決にも綾がつく。「野次りしろ」も多くなる。これで「二代目はつまらない」などと言われるのは、本当に可哀想でなりません。だって、演出してくれていないですから。その点で、ただ唯一夏目花実だけが光っていた。彼女は自分から、やるべきことを理解して動けていた。
d0151584_06061639.jpg

 そもそも、「パー」だけにする必要がない。組み合わせが多く出てくるのだから、グーでもチョキでも、それは本人たちに任せればいい。「普通のじゃんけんとは違って、グーチョキパーの勝ち負けではない」と前置きすればいいだけの話で、そうすればこれまた見せ方が違った。悪く言えば、本当にワンパターン。盛り上げが完全に小木任せ。
d0151584_06062191.jpg
 今述べたことをきちんと実践してくれれば、間違いなくもっと面白くなる。
観ている間は、その馬鹿馬鹿しさが心地いいんですよ。この企画自体は間違っていない。
 でも、もっと面白くなるのになぜこれをやらない? という部分が多すぎる。
 そのうえ、八回目を過ぎたというのに、あの葵つかさも、あの湊莉久も、まるで見せ場をつくってやっていないじゃないか! 
d0151584_06062382.jpg
 もうぼくは本当に、こんな評は書きたくない。もっと褒め称えたいのです。
 あー、今回はとても面白かった、注文をつけることが何ひとつないや、という回をつくってくれ。あれだけの豪華なメンバーを生かすも殺すも、その生殺与奪はマッコイ監督が握っているのです。どうか、監督にはお願い申し上げます。葡萄の木に実りあれ!

[PR]
by karasmoker | 2015-11-26 23:00 | 恵比寿マスカッツ | Comments(0)
←menu