マスカットナイト 第13回放送分

年明けのアンパイ。
d0151584_09293400.jpg




 新年あけましておめでとうございます。
 今年もひとまずは更新していくのでございます。

 新年一発目の放送というと、初代の頃はマスカッツ紅白をやっていてそれなりの盛り上がりがあったのですが、まだそこに至るとは早いと判じたのか、漢字テストみたいなわりとアンパイの企画を持ってきました。これを見る限り、初代の頃とは別のことをやろうとこだわっている、というわけでもないんですね。それなら初代の頃の名物企画を、二代目でもばんばん打っていっていいと思います。二代目による可愛い甲子園を期待したいところです。
d0151584_09293621.jpg
d0151584_09293874.jpg
 今回のような企画の美点は、わりとまんべんなく触っていけるところですね。
 珍回答を拾っていけば一人一回くらいは触れるし、少なくともぐだぐだにはならない。なおかつ、面白い回答があれば笑いどころもそれなりに生まれる。めちゃイケのフォーマットをマルパクリしているわけですから、企画としての構成はできあがっている。今まで触れられなかったメンバーにスポットが当たるのもひとつの美点です。
d0151584_09294057.jpg
 ただ、本家を超えることができず、アンパイ企画に落ち着く。
 つまらなくはなかったのですが、じゃあマッコイの演出を褒められるのかというとそんなことは何一つない。攻めていけよ、という点はあります。
d0151584_09294183.jpg
 たとえばね、漢字テストは漢字テストでいいんですけど、新春にやっているわけでしょう? だったら書き初めを取り入れて、毛筆で大きく書かせるとかがあってもいいんです。本人たちに書かせてもいいし、あるいはメンバーの珍回答を字のうまい人間に代筆させて、「達筆のバカ回答」をつくってもいい。思いつきの案ですけど、そこで一個、ハイライトができると思います。本家とは違う演出を挟んでいけよということです。
d0151584_09294373.jpg
 もうひとつ言えば、漢字テストに限定する必要もない。なんなら五科目でもよかったし、それが間に合わないなら国語テストにしてもいい。慣用句とかことわざを織り込んでもよかった。いったいどういう会議をしたんでしょう。覗いてみたくて仕方がない。慣用句とかことわざは入れなくていいな、という判断がなぜ生まれたのか。その辺は珍回答を最も出しやすい部分のはずなのに。人物名を答えさせるくだりにしても、「あくたがわりゅうのすけ」とルビが振ってあったら、飛んだ回答は出しにくい。「漢字テスト」にこだわったのか? こだわる必要ないじゃん。なんで「漢字」の部分にこだわってんだよ。本当に、会議を知りたい。作家の考え方を知りたい。鈴木工務店と佐藤俊明!
d0151584_09294536.jpg
d0151584_09294708.jpg

 正直なところ、「今のマッコイとスタッフにはあまり期待できない」「細かい演出や構成について過度な期待を寄せるのはやめて、適当に楽しもう」と思う気持ちがないでもない。そうすれば、それなりに楽しめる。「アハハ、深夜に垂れ流される番組としては面白いんじゃない? アハハ」という目線で見られる。でも、それはやっぱり違う。初代はそんな番組ではなかったし、二代目にだって期待を寄せるべきなのです。盲目的なファンだけに褒められていては、マスカッツは死んでしまうのです。
d0151584_09294991.jpg
d0151584_09295101.jpg
 ともかくも、葡萄の木に実り多き年となりますよう、お祈りいたしております。


[PR]
by karasmoker | 2016-01-09 23:00 | 恵比寿マスカッツ | Comments(2)
Commented by みけーれ at 2016-01-10 01:16 x
とりあえず初代の名物企画を全部やってけばいいのかもですね。ライブではバナナマンゴーも歌ったらしいですしこれから徐々に出してくるのかな。でまた初代に乱入して欲しい・・・と思ってしまうのはやっぱり初代原理主義かな。

しかし夏目さんだけがどんどんキャラが立っていきますね。
Commented by karasmoker at 2016-01-10 02:34
コメントありがとうございます。
初代の企画で言うと、「可愛い甲子園」「小奥」「サイダークイーン」「駄目出し」「パイ母ちゃん」あたりが流用価値が高いので、あの辺からどんどん引っ張ってもらって、初代の血を継いでいけばいいなあと思います。

 ここはみけーれさんと意見を異にするのですが、僕は初代にはもう出てもらいたくない派です。あるいは出るにしても三年後くらいでいい。野球で今の巨人を見て、「V9の頃はすごかった」と言われても、「そりゃそうだけどさ」という話にしかならないと感じるのですね。

 今回は古川の「できるキャラ」が補強され、上原亜衣ほかのバカキャラも立つきっかけができたので、とりあえず漸進です。上原亜衣は春で抜ける公算が高く、実に惜しまれますが……。
←menu