マスカットナイト 第15回放送分

良い回でした。この水準を基本においてほしいです。
d0151584_04483144.jpg




 パイとホームルームの二本立て、という構成でしたが、今回は個人的に、満足の行く回でありました。この水準を最低限のラインとしてキープしてもらい、長打を出していってほしいです。細かい部分のつっつきどころはあるにせよ、全体としてテンポもよく仕上がっていたし、多くのメンバーに触れられた点は大変好ましい。
d0151584_04483295.jpg
 オクラになったのかと思われたパイの回ですが、ウルトラソウル的にぽいぽい回していてリズムもよく、小さな変化球も随所に織り込んでいた。見せ方がいろいろあったのも美点です。ちゃんと初代を受け継いでいて、よろしいじゃないですか。しいて言うなら、そろそろあやみ旬果や葵つかさあたりを前に出してくれよという点ですが、主要なAV女優のみで回していったのは個人的に嬉しいところです。
d0151584_04483495.jpg
 スーブーの扱いもわかっていて、ここはとてもほっとしました。以前は最初にスーブーを出してきて、こちらをげんなりさせてくれたものですが、「当たり前すぎて面白くない」ということにきちんと気づいてくれていたのは、とても頼もしいです。そのことに気づいてくれていれば、今後もある程度信頼して観られます。
d0151584_04483667.jpg
 一方、川上奈々美のところでは、いろいろと考えさせられました。
 まず、彼女が「副キャップ」に任ぜられたのもむべなるかな、と思わされた。彼女はまさしく、ぼくがここで述べていた危惧を代弁してくれていたのです。「萎縮しているから自由にやらせるべき、そうすれば予想外のこともあるだろう」。こんなにも番組全体を見回せているとは、いやはやお見それしました。こうした思慮の深さが、彼女を副キャップにさせたのだろうと思われます。おそらくは、明日花キララのリーダーは当初からの既定路線。しかし、あまりにもみぃななが素晴らしいので、彼女を平のメンバーにしておくのはあまりにももったいない。そうしたことが、新ポジション創設に繋がったと見てよいでしょう。前回も述べたとおり、彼女の専属メーカーは非DMMで、いわば「譜代大名」的な位置。なおかつ、所属事務所もなぜかネットでは名前が出てこず、個人事務所的なものと思しき状態。で、ありながら、彼女は副キャップ。
d0151584_04483887.jpg
 政治的なバックボーンを持たずにリーダー的位置づけになったというのは、例のないことです。蒼井そら、麻美ゆま、希志あいの、そして明日花キララ。彼女たちはいずれもDMM系列のメーカーとの専属でした。しかし、川上奈々美は違うわけです。これからも変わらず応援していく所存であります。番組では「演出に口を出すな」的にぶつけられていましたが、おうおう、じゃあ、見せてもらおうじゃないかマッコイ! あんた、さては痛ぇ腹を探られたんじゃあねえのかい? それで思わず、いじっちまったんじゃあねえのかい?
d0151584_04483920.jpg
いや、でも、今回のパイのいじり方はかゆいところに手が届いていてよかったのです。さくらゆらに二回ぶつけるあたり、顔だけではなく股間にもぶつけるあたりは、「小木のパイかあちゃん」を彷彿とさせる愉快な展開でした。
d0151584_04484314.jpg
d0151584_04484715.jpg

 後半のホームルームでスーブーに時間を割いたのは要りませんが、彩乃ななをこすったのは正しいし、上原亜衣がちゃんと長打を打ってくれたし、楽しく観られました。
d0151584_04484831.jpg
 ただ、ああしてみると、上原亜衣がまこと逸材であるのがありありとわかります。
d0151584_04485080.jpg
 両脇の二人は完全に引き立て役に過ぎず、アイドル的魅力をばっちばちに備えている。しかし悲しいかな、彼女は既にAV引退作を撮り終えていて、四月で引退することを言明している。ツイッターでは「マスカッツもやめるのか?」と多くのファンが問うているのですが、その件については一切口を閉ざしている。ぼくの読みとしては、彼女はマスカッツもやめると思います。引退発表のとき、「上原亜衣の中の人としての人生を歩みたい」と表現していたことからも、芸能活動を続ける意思はないのではないかと、ぼくは考えます。正式引退まで残り三ヶ月。翻意されることがあるかもしれないですが、いやあ、彼女が抜けるというのはもったいない!
d0151584_04485172.jpg
 バッターで言えば三割三十本、ピッチャーで言えば十三勝の選手が抜けてしまうようなもの。まだまだ番組では活躍が少ないにせよ、それは演出の問題であって、初代で言えばみひろ級の穴です。
d0151584_04485344.jpg
仮に抜けるのは仕方ないとしても、スタッフ各位の皆様におかれましては、補強戦力のスカウトを急がれてほしいところです。紗倉まな、希美まゆ、AIKA、RION、麻倉憂といったエースクラスの補強が望まれます。個人的には、本人もマスカッツ入りを希望していたという、きみと歩実の招聘が望まれます。いずれにせよ、四月には抜くところを抜いて、さらなる補強を進めてほしいです。葡萄の木に実りあれ!
d0151584_04485445.jpg

[PR]
by karasmoker | 2016-01-21 22:00 | 恵比寿マスカッツ | Comments(2)
Commented by みけーれ at 2016-01-22 09:05 x
私も一応満足できた回でした。
譜代の鋭いコメントにはテレビの前で「スタッフの反省会か!」とつっこんでしまいました。
あとあんなキュートな二宮金次郎初めて見ました。彼女はホント見た目だけじゃない魅力がありますね、性格がいい、天然、という月並みな言葉では語れない何かが。
Commented by karasmoker at 2016-01-23 00:17
 コメントありがとうございます。
「人気絶頂のときにやめる」のがマッコイの美学ならば、上原亜衣の脱退を止める道理もないのでしょう。そう思うと、いやはや実にもったいない!
←menu