マスカットナイト 第22回放送分

内容よりも、今後に気が行く季節です。
d0151584_18592922.jpg




「バカとゲス」ということで、上原亜衣と吉澤友貴をメインにした回でした。
 初代のバカキャラということでいうと小川あさ美がまず思い出され、その後に九九ができない永作あいりや、篠原冴美がおりました。

 個人的な感覚で言うと、まずもってぼくはあまり、「おバカ」いじりに面白みを見出せないのですね。ですので、今回の内容がああだこうだということは、あまり自信を持って話せません。皆さんが楽しかったんならいいかな、という具合です、はい。
d0151584_19064145.jpg
 バラエティ一般の話で言うと、「おバカキャラ」というのが世を賑わせたのが、およそゼロ年代中盤。主に「ヘキサゴン」あたりがその辺のタレントを取り上げていました。ぼくは基本的に馬鹿が嫌いなので(!)、「うるせえな」くらいにしか思えませんでした。

 それとは別に、おバカキャラでいうと、オセロの松嶋がいますね。「きらきらアフロ」が好きで観ていたのですが、いつしか松嶋の馬鹿さ加減が邪魔になってきた。鶴瓶が話を進めているのに、どうでもいいところで彼女が無知をあらわにし、話の腰を折る。それが頻発するともう邪魔くさくて観ていられず、結局観なくなっちゃいました。

ことほどさように、ぼくは「おバカ」を愛でる気持ちが薄いので、実は初代の頃も、その手のコーナーがそんなに楽しくなかった。永作が「九九ができない」で取り上げられているのを見ても、「えーっ、うそーっ、できないの~っwww」という気分にはならず、「育ちが悪いんだな」「知への努力を放棄して生きてきたんだな」と醒めた目で観ていたぼくなのであります。里美ゆりあタイプはまたぜんぜん別で、ああいう「狂人系」は好きなんですけどねえ。
d0151584_19064303.jpg
ゆえにして、今回の上原亜衣のくだりなんかは、もうひとつ楽しみ方がわからない。それにどのみち、彼女はもうすぐ去ってしまいますからねえ。その点でもまた少し冷めて観ざるを得なかった。一方、吉澤友貴はまだまだいじりじろがありそうだし、動けるタイプだなとわかってよかったですね。そこそこ喋れるはずだから、「口喧嘩王」みたいな話術系コーナーをそろそろしこんでほしいものです。吉澤友貴には、里美ゆりあ的なものを個人的には期待しています。
d0151584_19064462.jpg
d0151584_19064649.jpg
さて、後半のホームルームです。
 永瀬あやが産休ということですが、さくらゆらやあやみ旬果に気が取られているぼくとしては、どうでもええわ感が強いです。
d0151584_19064986.jpg
 個人的には、彼女は別に卒業でいい。というか、仮に戻ってきてママキャラ的なことを言い出した場合、白石茉莉奈と被ってしまうので邪魔になる。その点では、このまま卒業で枠を開けてもらうほうが、ぼくとしてはありがたい。「産休OKのアイドルグループ」というのはマスカッツの多彩さを示すようで面白くもあるけれど、しれっとフェードアウトでいいです。いや、こうなったらぜひ、スーブーも産休、育休に入ってもらいたいところです。アンドリューと一発ヤって産休に入っていただきたい。スーブーにも幸せになってもらいたいですね。
d0151584_19064789.jpg
全国ツアーが決まり、二枚目のシングルも決まり、放送局も増えと良い風が吹いているようではありつつ、沖田杏里、さくらゆら、あやみ旬果、上原亜衣の離脱があり、戦力値としては大きなマイナスを抱える流れになっています。
 初代の頃は最低でも半期に一度、必ず新人が入っておりましたので、おそらくは四月にもニューカマーが期待できようと思うのですが、上記四人に匹敵する補強選手というと、これはなかなか大変です。

 希望については既に述べてきましたので、ここはひとつ、予想してみましょうか。
 どれくらいの人員拡充があるかわかりませんが、現実的な路線で来るとしたら、この人だろうというのは。

 きみと歩美、初川みなみ、南まゆ、長谷川るい、橋本ありな、ゆいかまな。

AV女優を補強するとしたら、おそらくこの線であろうなと思いますね。
 希望はここに加え、紗倉まなやキカタン系スターなどを求めたいところですが、まあないでしょう。

 もうひとつの現実路線があるとしたら、ちょっとマーガリンズを一人二人増やしてきそうな危惧はありますね。もしそうなら、高橋蘭を入れて臼井姉妹、スーブーを放出する形が個人的にはベストですが、まあ放出はないのでしょう。だとするとマーガリンズで水太りしそうで困る。今のマッコイさんならやりかねない。

 グラビアアイドル系だと、入ってほしい人が一人います。
d0151584_19083352.jpg
「ゴッドタン」に彗星のごとく現れた葉月、西岡葉月。彼女のような存在が今のマスカッツには必要です。ぜひとも、おぎやはぎ推薦枠をつくってほしいですね。
まあ、なさそうですがね、ふむ。


 いろいろと騒がしくなるのが春の風。
 葡萄の木に、実りありますように。


[PR]
by karasmoker | 2016-03-17 22:00 | 恵比寿マスカッツ | Comments(4)
Commented by みけーれ at 2016-03-18 12:01 x
五月雨式感想。
・おバカいじりも面白ければキライじゃないんですけど、今回はいまいちだったかなあ。
・永瀬あや産休はファンでもなんでもないんですけどなんか脱力しました。事務所とかマネージャーはどう思ってんのかなとか。
・毎回思うのですがスーブーは自分のことを本当にブスだとは思ってないんでしょうね。マーガリンズの活動は全然知らないのですがそっちではそこそこ前に出てるのかなと想像。

・・・すいませんこんな書き方になってること自体がもう、いまいち気合いが入ってない証拠です。
Commented by bbc at 2016-03-18 15:09 x
自分はオープニングが阿佐ヶ谷姉妹って時点でかなり見る気が失せた感じで最後のホームルームしか見なかったですよ。
Commented by karasmoker at 2016-03-18 19:34
コメントありがとうございます。
>みけーれさん

「いまいち気合いが入ってない」という感覚は、よくわかります。まあ、四月になればまたアクションもあるでしょうから、今はただただ様子見です。

>bbcさん
「阿佐ヶ谷ゴリ押し政策は視聴者の望むところでなく、また阿佐ヶ谷姉妹にとっても得ではない」というわかりきった事実を、ぜひともマッコイさんに教えてあげてください。ブロックされたぼくに代わって。
Commented by bbc at 2016-03-19 20:28 x
返事ありがとうございます。

コメントの続きですけど、おねだりDXまでみたいにメンバー~の阿佐ヶ谷姉妹(または大久保さんやおぎやはぎ)だったらこんなに不愉快にはならなかったはずだからオープニングのタイトルコールは原点に立ち帰って2~3人でやって欲しいです。そうすれば番組にリズムというかテンポが出てくると思います。
←menu