声優さんの報道に、あらためてマスカッツの良さを思い知る。

 こっちのミューズはブドウ味。
d0151584_22331350.jpg






 なにやら世間の一部では有名な声優さんがAVに出ていた、いや別人だ、よっしゃ、ほんならプレステージは再販かけたるで、とかまびすしい情況になっているようですが、マスカッツというのはその点、実に「清い」なあとあらためて思うのであります。うん、まさしく逆説的な意味において、「清い」のでございます。
d0151584_22455952.jpg

なにしろ、かの声優業界さんのほうでは、AVに出ていただけで大騒ぎ、ファンたちは乳首が見えた見えないできゃあきゃあ言うている。マスカッツのファンからすれば、「何をそんなことで騒いでいるのか、こちとら乳首だろうがケツの穴だろうが、小便を垂れる様だろうがザーメンまみれの面だろうが、見たければすぐに見られるぞ」と思ってしまうのですね。

そう、マスカッツというのは、この点において他のアイドル風情を完全に凌駕しているわけであり、あらためてなんといいますか、他の種類のアイドルならびに、そのファンたちの心理というのは、脆いものであるなあと思うわけであります。
d0151584_22455595.jpg

 とて、何もぼくはここで他の畑を荒らしてこまそうと考えてるわけじゃなく、マスカッツの良さを再確認しようと思うのであります。今回の件で何かの幻を滅された方は、宗旨替えされるのもよかろうと思います。

 他のアイドルというのはひとえに、エロティックなものは御法度、パンチラの見えただけで客は歓喜、それでいてちょいとしたエロ演出でめろめろ、というものでありましょうが、マスカッツは違います。マスカッツの痴態は、見ようと思えばいくらでも見られるわけです。
d0151584_22423549.jpg

 考えるに、これはきわめて「清い」のであります。なぜならマスカッツの皆は、たとえば処女幻想などというまやかしを売りものにはしない。脱いだ脱がないという余計な騒ぎは端から相手にしない。ここにはあの面妖な、「透明感という不透明感」が存在しないのです。

 おわかりでしょうか。ここは大変に肝要です。
 たとえば「透明感」を売りにしているアイドルは、「本当に透明なのかぁ?」「本当はスケベなんじゃないかぁ?」「どんな体してるんだぁ?」と、下卑た妄想をかきたててしまう。その意味においていうと、そういうアイドルは「不透明」なのです。
 かたや、マスカッツ。既に、ケツの穴まで晒しているアイドル。もはや、何を疑う必要もないのです。きわめて「清い」状態なのです。我々ファンは余計なもやもやに苛まれる必要もなく、その上昇を称揚することができるのであります。










d0151584_22405105.jpg
そう、マスカッツのファンは、妄想を相手にする必要がない。
 番組を観ていても、エロティックなことをむしろ考えない。なぜなら彼女たちはこちらの妄想を、既に満たしてくれているからです。こういうアイドルというのは、きわめてきわめて、稀なのであります。何なら、こういうこともありますね。マスカッツでそのAV女優を知り、AVを観てみる。しかし、あら不思議、ぜんぜん「抜く気」になれない!
 こちらの下卑た欲望を、吸い取っているのではないか! 
 うわぁ!
  ちんこがしぼむ! 
 あな聖女!
 と、そんなことまであるのであって(アホ)、こうなるとますます、彼女たちが清い存在に思えてしまうわけであります。
 
 他のアイドル畑を愛でる方々は、とかくAV報道なるものにショックを受けるようです。
 AVに出ていたなんて信じられない、ファンを辞める、うんぬん。
 しかし、それはつまり、その人がAVを差別しているということです。AVを下に観ているのです。そういう人のアイドル観というのは、そういう差別精神に基づいて成り立っていると言えるのではないでしょうか! そういう人は、AVは賤業であるという職業差別的意識を、再生産しているのではないでしょうか!(む、ちょっときわどい話題)
d0151584_22474847.jpg
 さあ、今回の報道にショックを受けたという方々、宗旨替えの好機です。
 AV出演を後ろ向きに捉えるのではなく、むしろ前向きに捉えましょう。そのとき、マスカッツという豊穣な畑が、あなたの前に現れることでありましょう。性的な妄念であなたをたぶらかすことのない、本物のミューズというものに、出会えることでありましょう。
 

 不満足な豚であるよりも、とにかく葡萄を食えばいい!


[PR]
by karasmoker | 2016-04-05 23:00 | 恵比寿マスカッツ | Comments(0)
←menu