マスカットナイト 第26回放送分

俺得回。そして、大型新戦力、加入。
d0151584_06383404.jpg





四月の改変期を無事に乗り越えてもらったことを、大変ありがたく思い、制作に関わった多くの方々に敬意を表し、また多くの視聴者とともに、これを言祝ぎたく存じます。ことによってはスカパーに移行か、と不吉な予感を抱いてもいたものですが、本当によかったよかった。

 で、ですね。新メンバーが追加されましたね。

 え?
 誰も入っていなかったじゃないかって?
 ふふん、そう思うのはひよっこってもんです。ぼくくらいになると気づくのです。
 非常に大きな戦力が追加されていたじゃないですか。これはとても心強いです。
 まあ、その人については記事の最後で触れましょう。
d0151584_06382048.jpg
さて、今回はHRとお部屋訪問の回でしたが、まあまあHRのほうは「凪」といったところで、少しずつ積み重ねていくものです。MCからのフリなしで、次々と声が重なっていくのが必要ですので、とにかくその空気づくりに務めてもらいたいです。
d0151584_06382247.jpg
 ぼかあ思ったのですけれども、辻本ちゃんは「オチの一言要員」として使えるんじゃないかなあと感じるのですね。今日は最初に取り上げられてて、まああのようにスポットを当てるのもいいのですが、たとえばそのあとです。明日花とか夏目とかががちゃがちゃぶつかりあったあとで、矢作がぽんと「辻本どう思う?」と振ってみればよい。そうすると何かぼそっと言うでしょうから、そこを捕まえる。このようにすると、効果的に使えると思うんです。ぼくは辻本ちゃんが好きなのでどんどん取り上げてほしいですが、スタジオの空気がぱっと盛り上がる感じにはならないので、使い方が大事です。
d0151584_06382460.jpg
 明日花と川上の対比は今後、いろいろ扱えそうなんです。というか、いっそのこと明日花は駄目キャラっぽく使っていくのも手ではないかと思います。リーダーではあるけれど、今までの回を観てくる限り、それほど統率力はないというか、前にがんがん出て行く感じではない。
d0151584_06382638.jpg
 となれば、しっかり者の副キャップ川上(あるいは「副キャップ格」たりうる古川)と対比させて、駄目なリーダーっぽくやっていくのがいいんじゃないか。まあ、本来の置き位置は「クイーンビー」がベストなのですがね。ザコみたいなのを従えて、川村りかよろしく裏番長っぽくやるのが本当はよかったんです。表のリーダーになっちゃったから、そうもいきませんが。
d0151584_06382786.jpg
 田森の家が綺麗になりましたね、のくだりはまあ、前の放送の回収って感じですが、三田羽衣はお嬢様キャラが堂に入っていていいですね。上品なお嬢キャラで言うと、織井さんがいましたが、ぼかあ三田さんのほうがいいですねえ。ここの感想はそれだけですが、テンポ良くいろいろ入れていこうという姿勢はいい。テンポアップの編集を取り戻している感じはします。
d0151584_06383151.jpg
 さあ、彩乃なな。サックスはどこに行ったのかわからなくなりましたが、彩乃ななをどんどん取り上げていますね。「俺得」感が高いです。
d0151584_06382990.jpg
 あの自宅突撃企画は、メンバーの素の表情を取り出すには優れた企画なんですね。正直、この半年はお行儀良くさせられていた部分が多分にあって、素を引き出すことについてはあまりできていなかった。それが可能になるという意味では、意味のある企画です(ところで、彩乃ななが少し太っていたので、かすみりさ的ないじり方もマッコイさんなら今後やるかもしれませんなあ)。
d0151584_06383788.jpg
 問題は、どれだけ暴れさせられるか、です。それこそ初代、山中絢子の家に行ったときは、Rioが鶏を放したり、ADが風呂に入ったりしていた。ああいう風にしていくのが肝要です。今回はADがTシャツを着るというオチがあったのでよかった。ああいう乱暴狼藉が絶対に必要です。ただ、この企画だけをがんがん推されても仕方ないですがね。スーブーの家とかはどうでもいいですし(って、そのうちやるかもなあ、はあ)。
d0151584_06384325.jpg
前にも書きましたが、あの役目は宮田Dではなく、阿佐ヶ谷もしくはメンバーの誰かにすべきです。うん、あの役なら阿佐ヶ谷が使えるんですね。江里子さんはいろいろいじれるし、美穂さんはそのかたわらで何かアイテムを探させればいい。あるいは次は彩乃が訪問する側に回るとかね。やるならやるで、工夫改善が必要になります。
d0151584_06384561.jpg
 さて、今回は新メンバー加入を期待していたのですが、どうなっているのかまだわからないところがありますね。今回は田森さんのネタを処理しなくちゃだったりして、中途半端になるので、次回以降に回すということもあるし。まだ新曲のジャケットもPVも上がっていないので、現行だけなのかどうかわからない。

 入れるべきかどうかといえば間違いなく入れるべきです。上原亜衣がもうすぐ抜け、さくらゆらも消えた今、戦力は開始当初より約15~20%は減少状態なのです。入れない理由がありません。入りたい女優もいるでしょうし、入れたい事務所やメーカーもあるでしょうし、ぼくを含めた多くの視聴者もそれを望んでいるでしょう。これで新加入をしないなら、よほどの理由があるんでしょうな、という話です。「現行メンバーをじっくり育てる」的なことを言うなら、「じゃあなぜこの半年は無駄なことをいっぱいやっていたんだ」ってことですから。ぜひとも新メンバーをと願う次第であります。

 さて、そうは言いつつ、戦力値を一気に高める新メンバーは、実は加入していたのです。
 スタッフロールを確認してください。
 あの、放送作家オークラさんがいるのです!
 
d0151584_06384841.jpg

 これは大変心強い。なんとなれば、彼は今をときめくバナナマンとずっと一緒にやってきた人物。いわばダウンタウンにおける高須氏のようなブレーンであって、「ゴッドタン」の作家でもあり、おぎやはぎともツーカーです。正直なところ、これまでの企画やなんかには、手詰まり感も拭えなかった。鈴木工務店氏、佐藤俊明氏だけでは心許ないところが多分にあった。作家への歯がゆさも大きくあった。それが、オークラさんが来たとなれば一騎当千!
 
 新メンバーがどうなるのかわかりませんが、ひとまずは期待の持てる展開というのが、明らかになりました。葡萄の木に実りあれ!

[PR]
by karasmoker | 2016-04-07 22:00 | 恵比寿マスカッツ | Comments(2)
Commented by rie♪ at 2016-04-16 16:02 x
地上波ではカットされていた石岡と彩乃ななのからみが面白かったですね。あれを放送しないのは勿体無いと重いました。
Commented by karasmoker at 2016-04-16 16:55
コメントありがとうございます。
地上波以外の部分への指摘とは、これまたよく観ていらっしゃる。
今後とも、ひとつよしなに。
←menu