マスカットナイト批評特別編 阿佐ヶ谷姉妹不要論

 今週のマスカットナイト、初代の頃の好評企画、「小奥」が放送されました。その収録において、マスカッツメンバーの座列に、阿佐ヶ谷姉妹が加わっていました。それでいて、十名ほどのメンバーが後ろに控え、立たされる格好となっていました。この事態に及びまして、ここに「阿佐ヶ谷姉妹不要論」を物する次第であります。少し長いのですが、ぜひともお読みくださいませ。






 勘違いしないでほしいのは、ぼくが芸人・阿佐ヶ谷姉妹を嫌っているのではないということです。とんねるずの「みなさんのおかげでした」でのネタは面白かったし、漫才も面白いと思います。マスカッツに関わる芸人さんとして、ぜひとも他のバラエティなどで活躍してほしいと思っています。

また、サブコンテンツに関して、彼女たちの存在は重要です。ネットにおける「ねちねち動画」だったり、スカパー版の「セクシーしりとり」だったり、あるいはライブの司会だったり。そういったボーナストラックでの活躍には、むしろ視聴者として感謝しているくらいです。江里子さんのコメント力などは、時折目を見張るものがあるのも事実です。ゆえに、ここで述べる話において、阿佐ヶ谷姉妹という芸人さんに一切の非はありません。

 しかし、しかしです。「マスカットナイトの地上波放送版」においては、不要な場面が多すぎるのです。今回にしても、メンバーを差し置いてあの座列に加わるということがおかしいのです。マッコイさんは使い方をきちんと考えて頂きたい。あの番組は恵比寿★マスカッツが主役であり、皆がそのメンバーを観たくて観ているはずなのです。あの番組は、アイドルバラエティであって、女芸人のバラエティではないのです。その両者はぜんぜん違うものなのです。

 メンバーのファンの視聴者は、密かな憤りを覚えたのではないでしょうか。なぜ葵つかさを前に出さないのか。なぜ星野ナミを前に出さないのか。なぜ湊莉久を、なぜ神咲詩織を、なぜ白石茉莉奈を、なぜ、なぜ、なぜと。全員を前に出すのが無理でも、少なくとも、もう二席分は空いていたはずなのです、本来。この種の憤りは、今回に限るものではありません。過去にも同種の事例は多々あったのです。

阿佐ヶ谷姉妹を前に出し、他のメンバーを後ろに出すことは、五つの点で間違っています。

この番組の視聴者、おそらくその大多数が、阿佐ヶ谷姉妹目当てに観ているのではない。

この点に関して、詳述は不要でしょう。彼女たちが映るカットを、わずかでも他のメンバーに回してほしいと思う。それが、マスカッツファン共通の願いでしょう。それは次の点と繋がります。

 面白い阿佐ヶ谷より、つまらないメンバーのほうが意味がある。

 ここを、おそらくマッコイさんは理解できていない。
 彼は面白い番組をつくろうとしている。だからこそ、芸人たる阿佐ヶ谷を前に出す。
 彼は面白い番組をつくろうとしている。だからこそ、面白くないメンバーは使わない。放送に乗せない。
 しかし、違う。違うんだよマッコイさん。
 阿佐ヶ谷姉妹がどんなに面白くても、つまらないマスカッツメンバーのほうが、視聴者としては観たいんだ。だってこれは、マスカッツの番組なんだから。もしこれが間違いだって言うのなら、最初からマスカッツなんか使わなくていいじゃないか。お笑い芸人をどんどん呼んで、お笑い芸人だけで小奥をやればいいじゃないか。でも、そうじゃないでしょう? マスカッツありきなんですよ。お笑い芸人がいくら面白くても、まったく加点できないんです。極端な話、ダウンタウンやとんねるずが出てきたって、マスカッツが映らなくちゃ意味がないんです。だってこれは、マスカッツの番組なんだから。初代の頃わかっていたことが、なぜ今、わからないんだ?

③ メンバーに機会を与えるべきだ。

 ともかくも、機会を与えないことにはどうしようもない。もしかしたら今まで機会を与えて、面白くないと判断されたメンバーもいるのかもしれない。でも、一度でも多くの機会を与えるべきです。スカパー版のほうで出しているからいい、という話じゃないんです。仮に、ウケずとも、すべったとしても、それは経験値になるじゃないですか。レベルアップの機会さえ与えないなんて、明らかに間違っています。

それじゃあ番組が面白くならないって? それを面白く見せるのを、演出と呼ぶのではないですかね? 
演者のせいにするなら、演出は何の仕事をするんですかね? 
阿佐ヶ谷姉妹を売り出したいんだと考えているなら、マッコイさん、それは別の番組でやってくれ。

④ 笑いどころを頼ってしまう。

 これは、スタッフの方々に対して言えることです。そして阿佐ヶ谷だけではなく、スーブーに関しても当てはまることです。要するに、「お笑い担当」的なポジションができてしまうんです。阿佐ヶ谷姉妹をくわえることで、作り手は安心できるんです。芸人である以上、笑いの取り方はメンバーより心得ているはずだから。スーブーに関してもこれは言えます。とりあえずスーブーをいじれば、笑いどころが生まれると思えるから。でも、違うよね。女芸人の笑いの取り方だよね、あれは。芸人に頼るっていうのは、マスカッツのすべきことじゃない。

 そして、メンバーも頼ってしまう。たとえば私服チェックの回。芸人さんが五人も並んで、次々とコメントしてくるので、メンバーは自分から喋ろうという形にならない。積極的に、私服について言い訳をすることがなくなってしまうし、のびのびもできない。まるで、いいことがない。 

⑤ 阿佐ヶ谷姉妹にとっても、損。

 阿佐ヶ谷姉妹、邪魔だな。という視聴者が多くいる場合、それは誰にとっても得ではないのです。それでは、良かれと思って前に出しても、逆に阿佐ヶ谷姉妹を嫌う人が増えてしまうのです。視聴者も楽しくないし、阿佐ヶ谷姉妹も嫌われて損をするし、これではなんのためにやっているのか、わからなくなってしまうのです。それに、阿佐ヶ谷姉妹へのプレッシャーはめっちゃきついですよ。面白くなかったら、存在意義が皆無ですから。本来マスカッツが映るべき場面で出てきて、そのうえすべるなんてことがあれば、全員を不幸にしますから。マッコイさん、あの二人をそこまで追い込む必要はないでしょうに。 
 
 以上のような点から、ことマスカットナイトの地上波放送においては、阿佐ヶ谷姉妹は不要なのです。控えてもらうべき、というよりも、ここは不要だとはっきり言っておきたい。この先も出演していれば、そりゃ笑いどころも出てくるでしょう、おもしろシーンも出てくるかもしれない。でもその分だけ、本来メンバーが映るべき場面がなくなるんだ。だからこそ、あえて言うのです。不要であると。もしも起用するなら、ボーナストラック的な部分で使っていくべきで、視聴者的にありがたみが出るようなところにすべきだと。視聴者も阿佐ヶ谷姉妹も、ウィンウィンの関係が築けるのです。

 さて、この思いをぼくとしてはマッコイさんに直接ぶつけたいのですが、あいにく前にも同種のことをツイッターでぶつけて、ブロックされてしまっているのです。そこで皆さん、もしもこのぼくの考えに共感してもらえるようなら、ぜひともマッコイさん宛(@MACCOI_SAITO)にツイートしてくださいませ。阿佐ヶ谷姉妹さんは要らない、ということを。あるいは、この記事のURL(http://karasmoker.exblog.jp/23068994/)を張ってもらってもかまいません。皆さんのお力でマスカットナイトをよりよいものにし、マスカッツをより高みへと登らせようではありませんか。


[PR]
by karasmoker | 2016-04-21 22:01 | 恵比寿マスカッツ | Comments(0)
←menu