DMMアダルトアワード2016 直前予想

こういう予想を外しまくる人間なりに、考えてみました。
d0151584_20522609.jpg
d0151584_20522740.jpg
DMMが主催する、AV女優やAV作品への授賞イベントです。
ここでは、女優予想をしてみたいと思います。ふと思い立ったので。
では、さっそく行ってみましょう。

予想:
最優秀女優賞 大槻ひびき

・過去二回は上原亜衣、湊莉久とキカタンが受賞している(湊莉久は現在、teamzero専属)。
・キカタンに獲らせることは業界全体への配慮となる、というDMMの目配せを考慮。
・数字、実績とも受賞には文句なし。
・2008年デビューで,他に比べるとベテラン度が高いため、特別賞もありうる。

優秀女優賞 天使もえ
・S1の筆頭。昨年は新人賞を獲っている。白石茉莉奈が新人賞→優秀賞となったことから考えても妥当な線。
・主宰者DMMの看板メーカー・S1の筆頭であり、授賞式ゲストのマスカッツのメンバーであることから、むしろ最優秀を獲らせにくいのではと考えた。これでマスカッツメンバーが最優秀の祝福などしたら、非マスカッツの人たちのどっちらけ感は高い。DMMがそんな下手を打つだろうか、という懸念から二番目とした。

最優秀新人賞 市川まさみ
・最優秀、優秀、新人賞の三枠は過去、キカタン、DMM専属、SOD専属で振り分けられているため、上の二つがSODでなければほぼ自動的に入る。

 以上の予想の難点は、三名中二人、大槻ひびきと市川まさみが同じ事務所、T-POWERSであること。しかし過去二回、当事務所から受賞者は出ておらず、反動的に二つ獲る可能性も考慮できる。

特別賞 紗倉まな
2014年は麻美ゆま、2015年は希志あいの。奇しくもマスカッツのリーダーが続いているが、ここは功労賞的な要素も強い。一般への認知度もあり、業界を盛り上げた人気女優ということであれば、紗倉まなが最も妥当。

話題賞 三上悠亜
この枠は非常に読みにくい。2014年は吉沢明歩と明日花キララ。2015年はさくらゆら。
長年の功労者に贈るかと思えば、わりと新顔にも送っている。昨年新人賞だった天使もえをわざわざこの枠に置く意味が感じられず、かといって紗倉まなは特別賞のほうがふさわしい。単純にマスカッツと親和性が高く、SKEからやってきた話題性で考えてみた。賞の名前からすれば、申し分ないはず。

スペシャルプレゼンター賞 伊東ちなみ
この枠は非常に読みにくい。過去二回の受賞者はteam-zeroと溜池ゴローの専属。新人女優ノミネートから出る可能性は高いものの、誰もがこれといって決定打に欠ける。ここは単純に勘である。看板メーカーなのにわりと冷遇されている、MOODYZってことで。

メディア賞 葵つかさ
去年からの賞。去年は小島みなみ。
メディア賞と名付くからにはやはり露出が必要で、地上波テレビはその最たるもの。小島みなみはその条件を満たしていた。この枠はどうしてもマスカッツが強くなるか、あるいは紗倉まな。しかし、他の女優は妥当な線でほぼ埋まっているので、ここは葵つかさの収まりがよい。以上の予想がはまれば、★マスカッツの全メンバーを抜かりなく配することができる。売り上げ的な面で言うと、他の賞は厳しい気がする。

 我ながらなかなかバランスの取れた予想であると言えよう。
 個人的にはAIKAが獲ってほしいし、ずっとノミネートされているJULIAも何かに引っかかる可能性は高い。
 
 さあ、どうなるかな?


[PR]
by karasmoker | 2016-05-02 22:00 | 恵比寿マスカッツ | Comments(2)
Commented by bbc at 2016-05-04 05:05 x
自分の場合はやっぱり女優賞にかなり思い入れがスカパー!の方ではとれなかったひびやんに受賞してもらいたいです。
Commented by karasmoker at 2016-05-04 10:24
コメントありがとうございます。純粋に、AV自体での活躍ってことでいえば、キカタンが獲るべきと思いますねえ。
←menu