『紙の月』 吉田大八 2014

たいへんよく練り上げられた脚本です。

d0151584_16514272.jpg


 角田光代原作、宮沢りえ主演の本作は、銀行で働く兼業主婦が主人公。彼女による横領事件をモチーフにした作品です。原作は未読なのですが、脚本的に要点をきちんと押さえた良作であったと思います。

 映画を貫く問いは、「お金をどのように使うと幸福になれるのか」。もしくは「幸福になるためにお金をどう使うべきか」。これが作品の大きなテーマです。

その辺りのことを映画の序盤、宮沢りえによる保険の勧誘という場面で示しているのが大変巧みです。保険というのはまさしく、お金の使い方をめぐる商品。この作品のテーマを一発で表しているんですね。また、勧誘先の老人、石橋蓮司とのやりとりを通して、主人公の人となりや生活ぶりを垣間見せるというのもうまい。この手法によって情報の開示をスムーズに行えているし、そのおかげで場面の密度も高くなっている。

また、同じシークエンスで性的な危うさを忍ばせることにより、この映画における「凶兆」を表現している。のちのちの展開と重なっているし、この序盤の密度というのは大変すばらしいものがあります。序盤で家庭の状況、銀行の人間模様、キャラクターをすべて示し、物語のキーマンたる小林聡美とも大事なやりとりを果たしている。映画全体のセットアップとして、かなり模範的な時間配分です。

真面目な行員だった宮沢りえが道を踏み外していくのは、池松壮亮扮する若者との出会いがきっかけです。彼との秘め事が横領を加速させていくのですが、そこに至るまでの順番もたいへんに綺麗です。

『横道世之介』ではバカリズムに見えて仕方なかった池松壮亮。この映画でも非常に丁度良い若者感を出しています。彼は今とても売り出し中のようですが、作り手の側としては、丁度良いんだと思います。イケメン過ぎるわけじゃないし、映画的風合いになじませやすい顔や喋り方なんです。

この映画も、やろうと思えばもっとイケメンの俳優を使ってもいいんでしょうけれど、きっとそれじゃ駄目なんですね。「イケメンだから惹かれた」だったらわかりやすいけれど、それじゃあこの映画で大事なことが、むしろぼけてしまう。宮沢りえが彼に惚れるのは、イケメンだからじゃない。この映画の要点は「逸脱すること」にあるのであって、ケメン要素、男性的魅力というのはむしろ邪魔ですらあるわけです。

 最初の横領のきっかけが、化粧品を買いたくなる場面。ここは女性的自覚の芽生えとして、映画の軸と繋がっているし、「あとで返せばいいや」という形で着服してしまうのも、逸脱の入り口として非常に説得力がある

 逸脱の開始は、二段階で設定されています。
 ひとつめは、駅のホームで池松のもとに出向く場面。これが性的逸脱の開始。
ここからそれまでの生活とは違うところへ進んでいき、映画は第二幕へと入っていきます。

 ふたつめが金銭的逸脱。池松が金を必要としているのがわかり、宮沢は彼に金を貸そうと申し出ます。性的逸脱が、金銭的逸脱を誘発するのですね。先の化粧品を買う場面、あれを忠実になぞって方向性を定め、話を深めている。

 池松は大学の学費が必要だと語るのですが、「同情すべき理由でお金を貸す」ことは、「善行」でもあります。善行であるがゆえに、観る者は主人公にも共感を覚えてしまうというつくりです。これは善行であると言って、逸脱の言い訳をつくる。逸脱の正当性を善行に求める。この点は、劇中で時折に描かれる少女時代とも通じているところです。言い訳によって、宮沢の行動を説得的に描き出す。観客の気持ちが宮沢を離れないようにつなぎ止めているのです。
第二幕では、平和にして平凡だった宮沢の生活が一変。蕩尽に狂う様子が描かれます。上映時間のちょうど中間点で、幸福の絶頂が描かれます。池松とのホテルでの場面ですね。
幸福の絶頂を描いたということはすなわち、あとは転げ落ちていくだけです。

絶頂のあと、池松の様子がおかしくなるし、小林聡美も異変に気づくし、これまで伏兵的に置いておいた奔放な若手社員、大島優子の正体がわかる。このようにどん底への坂道をきちんとセッティングしてある。大島優子の存在は、宮沢の延命措置となるのですが、一方で傷がさらに深まってしまうということにもなります。

 どん底はもはや明確。池松との別れの場面であり、、クレジットカードが機能しない場面ですね。最初は石橋蓮司の性的視線を嫌っていたはずの宮沢が、逆に彼を誘惑しようとするところなどは、いよいよ彼女が堕ちてしまったのだというのを示す上で、とても大きな効果を上げています。詐欺で金を稼ごうと、存在しない架空の保険をばらまいているところなどは、精神的崩壊をも描き出している。性的・金銭的・精神的崩壊によって、どん底へ突き落とす。巧い。実に巧い。

クライマックスは、秩序の象徴である小林聡美との対峙。
過去の回想場面によって、宮沢の動機をあらためて補強してみせたうえで、小林との直接的なぶつかりに強度を与えている。第一幕、第二幕の総括を宮沢自身が行い、自分が進むべき場所がどこなのかを、そのときもなお考えさせる。そして、ガラスを割ることで、宮沢は秩序の世界から逃げ出す。

 最後のシーンは海外。一人の男性に出会う。自分が募金した相手ではないかと想像させる相手で、彼との語らいもないままに、宮沢は姿を消してしまう。

ラストの部分が、悪く言えば曖昧な形で決着しているところはやや残念であるものの、全体としてはきわめて精巧なつくりであり、脚本的にはとても勉強になるものでした。
 お薦めです。


[PR]
by karasmoker | 2016-05-19 00:00 | 邦画 | Comments(0)
←menu