『シン・ゴジラ』のどの辺りに、心を掴まれましたか?

 
『シン・ゴジラ』がどうしてぴんと来なかったのか、について、前の記事で思うところを述べました。言ってしまえば、「てめえの問題だろ」ということなのですが、それで終わるのもいささか詮ないように思いまして、こちらではもう少し映画のほうを向いてみたいと思います。自分は本作を楽しめたぞ! という方に、教えを請いたい気持ちがあります。

 どうしてぴんと来なかったのか、なのですが、考えてみて思い当たる節がもうひとつありました。「否応なく心を鷲づかみにされるような表現」というのを、ぼくはどうも感知できなかったのですね。

 本作は「饒舌にしてきわめて情報量の多い会議シーン」と、「ゴジラの破壊描写シーン」とが、映画全体を構成する大きな柱になっていると見受けました。その中で皆様は、どういうところに心を鷲づかみにされたのだろう、と感じたのです。

 一度ですべてを飲み込むのが困難なほどの情報量。会話のスピード。会議のシーンではびっくりさせられ、圧倒させられたのですが、会話劇の快楽というのをぼくはあまり感じられなかったというか、「情報の速射砲だなあ、思い切ったことをするなあ」と「感心」はしたものの、「感動」を覚えなかったんです。 

 観ながら連想したのは、増村保造の『巨人と玩具』。あの会話劇の早さにかつてのぼくは圧倒させられたし、そのテンポの良さとやりとり自体の快楽に魅せられた。あのときは感動を覚えたものでした。『シン・ゴジラ』の場合はむしろ、「一回で全部聞き取らせてなんかやんないぞ」とばかり、ある意味でリーダビリティを下げている。「観客に追いつかせてやんないぞ」とばかり、ハイスピードの会話劇で圧倒しようとしているように思えた。それはそれで結構だし、その手があったかと「感心」はした。でも、「感動」的なつくりとはどうしても思えなかった。被弾覚悟で申すなら、「それで鷲づかみにしようってのは、安易っちゃ安易な手法じゃないか?」とも感じたのです。

一方、ゴジラの破壊描写シーン。こちらも本当によくできていたと思うし、ゴジラが成長する過程にしても電車の使い方にしても、その手があったかと「感心」させられました。東京の街をさんざんに破壊し尽くすシーンにしても、『巨神兵、東京に現る』の完成形といった風で、世界に通ずる表現であったろうと思います。

 ですが、こちらもまた「否応なく鷲づかみにされる」ようなものを感得できなかった。
 じゃあおまえが鷲づかみにされたものを言ってみろ、と言われるなら、今年の映画でいえば『アイ・アム・ア・ヒーロー』がそうでした。大泉洋演じる主人公の恋人、片瀬那奈がゾンビに変異するシーンがあるのですが、あそこでもうぼくは持って行かれた。今までの海外ゾンビものにもなかなか観られなかったような変異の仕方、見せ方で、主人公の命がすれすれの状況に置かれる映画的快楽含め、完全にやられた。なおかつ、そのシーンのあとに連なる東京のパニック描写、タクシーに乗って街を逃げ出すまでのシークエンス。ああ、もうこの映画に抱かれてもいいや、とあのくだりで確かに感じられたのです。こんなのは観たことがない、と素直に思えたんです。

『シン・ゴジラ』において、すごいすごいとたくさんの話は聞こえてくるわけですが、皆さんはどの辺でエレクトしたんでしょうか。批判というのではなくて、素朴に教えてほしいなあということです。喧嘩をする気はまるでありません。自分はこの描写に鷲づかみにされちゃったよ! というのを教えてほしいのです。変な言い方ですが、どの段階で「この映画に抱かれてもいい」と思えたのか。その点についてぜひ知りたい。ぼくはどんな答えが来ても、「なるほどなあ」と言わせてもらいたいと思います(議論目当ての方は求めていません)。


[PR]
by karasmoker | 2016-09-06 22:01 | 邦画 | Comments(8)
Commented by c at 2016-09-06 22:59 x
感想。興味深く拝見しました。
僕はすでに3回ほど見ていますが、初見の時は同じ感想を抱きました。

特に石原さとみの「浮き」っぷり、会話の連打の応酬は正直内容も掴みづらく、、疲れた体の状態で見るにはかなりキビしいナ、と。

ゴジラと自衛隊の戦い、そしてラストの凍結作戦でのゴジラが背中やらしっぽやらからプロトンビームを出す下りは「すごい」と思うと同時に「何ソレ?」と色物感が正直あったか、と。

しかし見た後周りの友人やらなにやら、みな揃って「傑作!」と言うため、はて、自分はなぜそんなに心を掴まれなかったのか、、なにか見落としたのかと思い、検証のため2回目に赴きました。

するとあら不思議。アニメ演出的な石原さとみはあまり気にならなくなり、会話の応酬もするすると自分に入ってきます。破壊描写もぞっこん堪能。自分が期待していたドラマという枷を外すとまぁこんなにも楽しめるのか、、と。

どうして初見がダメだったのか、自分にも正直わかりませんが、頭を切り替えて2度目を味わうと意外に楽しめるかもしれませんよ、と。

シンゴジラ、現実対虚構のコピーではあるんですが、ファンタジーとしての「夢」対虚構って切り替えて見た方がいいのやもしれません。

Commented by karasmoker at 2016-09-07 07:37
コメントありがとうございます。
なるほど、二回観ると良さがわかる、というのはとても貴重な御意見です。本作に限らず、よく噛んでこそ味わいのある映画というのは多いのだろうなあと、別の考えが湧いたりもしたものであります。
Commented by munekeke at 2016-09-10 00:32
以前キャストアウェイ、セリノワールをリクエストさせていただいたものです、シンゴジラの記事、拝見しました。

僕はシンゴジラ、めっちゃ喰らってしまった側です。ので、僕が喰らった所を自分なりに考えてみました。参考になれば。

会議シーン、とにかく情報量の乱れ打ちじゃないですか。あれはもはや情報を伝えるようには作っていないんじゃないかと思います。あぁ、災害が起こって緊急の会議が行われているんだな、というのが伝われば良いのではないかと。閣僚たちがとにかく何か難しい事をすごいテンポで話している。そんな事をしている間にゴジラ第一形態がもう街に現れて確実に人死にが出ている。そんな状況で、何やらよくわからない小難しい会議。あの会議シーンのバッサリザクザクとしたテンポはそんな遅々として進まない会議に対するツッコミというか。まずはその小気味良いノリにやられました。

あとはそう言う日本のシステムとか縛りとかと戦いつつ何だかんだほとんどみんながそれぞれ日本に対して人々に対して愛を持っているなぁ、と思うところ。

会議シーンを皮肉交じりに写しつつもみんなそれぞれにこの事態をなんとかしなくちゃ、と必死になってる。その集団集団集団のスイング感が良かった。
だからゴジラが東京の街を焼き払ったときの絶望感、あぁ終わったな日本、、、感が半端なくて。みんな頑張ったのに、と。

その後の日本の反撃はそれこそ虚構も虚構、なんですが、僕はサービスとして受け取りました、とことんカッコつけてくれて僕は良かったと思います。

ここはkarasmokerさんの言う通りタイミングなのかもしれません。

思うままに書き進めました、読み辛かったらすいません。

ちなみにセリノワールの感想、とても好きな映画だったので正直キツかったっす笑

これからもブログ楽しみにしています。
Commented by pon at 2016-09-10 12:23 x
こんにちわ。
参考になるかどうかわかりませんが、僕がゴジラが良かった理由を書きますね
ただのゴジラバカで、まったく深い意見じゃ無い事をお許しください
まず、僕は怪獣マニアでほぼすべての日本怪獣の映画を見てDVDを所有して
時々見返してるキモチ悪いおじさんです
ゴジラシリーズをすべて見ましたがあれだけあっても、真面目な映画として作っているものは一作目だけです
後は傑作と呼ばれている物も、すべてギャグ満載の子供向け映画です
それが悪いとは全然思わないのですが、
100%真面目なゴジラ映画も、もう一度見てみたいと思ってました
これだけ連作されてて初めて一作目と同じ作りのゴジラが出てきたって思いました
その夢が叶った事がまず一つ。

最近も一作目を見直しましたがやっぱり凄い
サンフランシスコ平和条約から2年後にアレを作ったのは凄いです
見た人に、まだまだ戦争の傷跡が深く残っていたでしょう
このゴジラも同じ震災の傷跡を感じました
ゴジラが満を持して火を吐いた時の絶望感ハンパ無かったです
一作目の中で崩れ行く三越の下で子供を抱いて
「これからお父さんの所へ行くのよ」と叫んだ母親を見た時の絶望感を思い出しました
これっておっきなオマージュですよね
そこにも感動しました
もう一つよかった所は僕は最近4DXの映画にハマっていて
ゴジラの会議シーンが4DXを前提に撮られていると感じた事
ゆっくりと左右に動くカメラワーク
意味無く上下に動くクレーン撮影 ハンディで揺れながら歩いて会議w
すべて4DXの椅子が微妙に拾います
まるでカメラに乗ってる臨場感でした
一見退屈な会議シーンはこれでかなり楽しめました

後はですね 
僕はエバのファンですw
全然参考にならない浅い意見ですね、お許しくださいませ
Commented by karasmoker at 2016-09-11 00:46
munekekeさん、コメントありがとうございます。
会話シーンは確かになかなか類を見ないものですので、あそこで乗れたらもうがっつり掴まれるのでしょうね。情報というより、一種のサウンド感、グルーヴ感のようなものとして受け取るのだとすれば、なるほどと思いました。その世界の住人になれていたら、確かに襲撃シーンにも感情移入してしまうでしょうね。
とても丁寧なコメントを頂けて嬉しかったです。
Commented by karasmoker at 2016-09-11 00:52
ponさん、コメントありがとうございます。
ゴジラファン、エヴァファンという人たちはやはりこぞって絶賛しているようにお見受けしますね。僕はゴジラ一作目は、「昔観たっけなあ、どうだっけなあ」というくらいの人間なので、本作を味わいきるにはぜんぜん気構えのたりない人間なのかもしれません。エヴァは好きなのですが、劇中でエヴァの音楽がかかったときにぼくは「ああ、エヴァファンをニヤリとさせる演出かあ。まあ、やるのもわかるかなあ。でも、ゴジラ世界としての純粋性は失われやしないかなあ」と、斜に構えてしまいました。まったく、いい観客じゃありませんねどうも。
 御反応いただけて嬉しかったです。重ねてお礼申し上げます。
Commented by ganie at 2016-09-12 16:24 x
こんにちは、初めてコメントさせていただきます。

まず会議シーンなんですが、これは事態がすんなり流れていく気持ちよさがありました。
情報量の多さも確かに気持ち良い部分があるのですが、それ以上に「邪魔する奴がいない」という爽快感というか。
会議は手間だしややこしいんですが、実は事態の流れはスムーズに進んでいるように感じました。
何がどうなって、という理屈よりもお話の流れがスーッと等速で流れていくのがある意味痛快だったのかもしれません。

ゴジラの破壊シーンについては、始まった時は「いよ!待ってました!」ぐらいの気持ちだったんですが、
実際に焼き尽くされる街を見ると「ええ・・・」とドン引きしつつ呆気に取られてしまいました。
とんでもない破壊を見たい!というのは映画的快楽として普遍的なものだと思うのですが、この映画ではどこかでその認識が入れ替わって、「壊してほしくない、やめてくれ」という意識になっていたように思います。

ラストの作戦は例の爆弾含めてギャップによるインパクトというか、あんなすごいものにこんなチマチマしたもので挑むという、滑稽さとそこから逆に感じる必死さにグッときました。

以上、まとまってない文章ですが参考になれば幸いです。
Commented by karasmoker at 2016-09-13 21:05
コメントありがとうございます。
「背後に隠された陰謀」みたいな要素を取り入れず、あくまでゴジラひとつに的を絞ったのが、スピード感の要因だと感じました。単純な構成はとかく平板になりがちですが、速射砲の会話がうまく機能していたのでしょうね。

そこで入り込めると、なるほどおっしゃるような破壊シーンの快楽も、より楽しめたのだろうなあと思いました。ぼくが「感心」に留まってしまったのとは対照的に。
←menu