沖縄・米軍基地問題を考える

 辺野古の基地新設工事が進められる沖縄。沖縄が抱えている米軍基地問題には右派、左派ともに、自派を顧みる必要があるように思います。

 まず、そもそもどうして沖縄に基地が必要なのか。という話を紐解いていけばそれこそ戦後史自体を振り返ることにもなるので、ここでは避けます。今現在、なぜ基地が必要かと端的に問えば、その答えは「海洋進出を例とする、中国の膨張政策に備える」というものになるでしょう。北朝鮮有事というのもありますが、やはり中国の存在が大きいわけです。尖閣諸島の一件を取っても明らかなわけですし、中国が今後の外交を改める兆しはあまり認められません。

 だからこそ、抑止力としての米軍基地が必要で、沖縄には基地がある。
 政府並びに、それを支持する右派は、沖縄の基地を是とします。

 一方、今の沖縄では、米軍基地の存在に批判的な民意が多数派です。国政選挙を見ても、現在の翁長知事が選ばれているのを見ても、沖縄の意思としては、基地負担の軽減を求めるものになっています。共産党、社民党、自由党をはじめとして、左派の陣営は辺野古基地、あるいは高江のヘリパッド建設に異議を唱えています。

左派への問い
 さて、しかし、左派はここできちんと考えねばならないと思います。
 右派の疑問に、きちんと答える必要があります。

 米軍基地なしに、中国の海洋進出を防げるのか?

 ここについて右派を説得できない限りは、基地建設の反対運動が力を持ちません。中国が攻めてくるわけないじゃないか、と言われても、実際に尖閣への威嚇的な行動は確認されているわけで、中国に対する脅威というものを右派は感じている。なればこそ、彼らを説得できるような、安心させられるような論を立てない限り、基地反対の主張は現実味を欠いてしまう。お花畑だ、などと揶揄される原因のひとつは、その点にあろうかと思います。

 これは沖縄のみならず、国防全体にまつわる議論にも言えます。日本共産党は日米安保の破棄のみならず、自衛隊の縮小をも主張している。ではどうやって国を守るのかと言えば、平和外交への努力だと言う。なるほど確かに、平和外交はとても大事です。しかし、そのためには卓抜した外交能力が問われるわけだし、外交とは相手方の意見もあるわけですから、こちらの努力だけではなかなかうまくいかないというのもまた現実です。だからこそ、右派は防衛費の拡大路線を是とするわけです。平和外交がどのようにして可能であるか、ということに説得力を持たせられなければ、やはり右派の納得は得られません。

「米軍基地が要らないっていうけど、それで中国を抑えられるのか? どうしてそう言えるんだ?」

 中国に怯える右派の恐怖。これを取り除く論理を、左派は構築する必要があると思います。

右派への願い
 さて、問題があるのは左派だけではありません。

 そうは言っても、沖縄の民意は米軍基地反対という点で、はっきりとしているのです。むろん、国防は国全体に関わることですから、沖縄だけの民意をくみ取るわけにはいきません。しかし他方、彼らの民意は民意として尊重する必要も、ないわけではないのです。
 この点について、右派は向き合わねばならないと思います。
 
 大きく言って、右派は次の三つの点に留意する必要があります。
 ① 米軍の存在によって、領土、領空を奪われている現状。
 ② 米軍なしでは日本を守れない、という現状。
 ③ 米軍基地の存在は、沖縄の民意に反しているのだという現状。

 「自国は自国で守る」というのが、本来主権国家としてのあり得べき姿であろうと、ぼくは思います。つまり、①と②というのは、本当のことを言えば好ましいものではないのです。それは理念の問題だけではなく、現実的なことでもある。米兵に日本人が蹂躙されたり、航空訓練の騒音で住民が辛い思いをしたりというのは、まったくいいことではありません。

 この①②を踏まえた上で、③に絡むことですが、ネットにおける右派の主張などを見る限り、逡巡が足りないように思えます。「ニュース女子」の問題でもそうですし、翁長知事に対する評価などもそうですが、基地に反対する人々を嘲弄するような発言が、目についてなりません。

 右派に必要なのは、左派を嗤うことでも潰すことでもない。
沖縄の人々が納得できるように、寄り添う態度です。
 そして右派であるならば、自国を自国で守れずにいることについて、忸怩たる思いがあってしかるべきです。

 沖縄では基地を要らないと言っている。でも、地政学的に見て、防衛上の観点から見て基地を置かざるを得ない。その矛盾に悩む態度が右派に欠けているように、ぼくには見えるのです。

 「本土の人間が負担を押しつけてしまって申し訳ない。でも、どうかここは折れてくれ」というためらいの気持ちが必要であるし、また同時に、「基地を負担してくれてありがとう」という感謝の思いがあってもいいはずです。米軍に対して「思いやり予算」を払うのなら、同じ日本の人々に対して、そういう思いやりがあってもいいはずです。少なくとも現段階で、政府は右派の主張どおりに事を運んでいる。左派に対して怯える必要はない。だからこそ、基地に反対する沖縄への思いやりの気持ちとか、慰めの気持ちとか、そんな情を抱いていいはずなのです。

 基地に反対している人の言動に、いっさい問題がないとは言いません。しかし、右派が寄り添う気持ちを失い、ただ黙って受け入れろと押しつけるような態度では、彼らが反発を覚えるのも無理からぬ話です。右派は先に述べた①②③を忘れるべきではないのです。

 左派が基地を除去したければ、右派の不安をも取り除く論理と戦略が必要です。
 右派が沖縄の反対を鎮めたければ、①②③の事実を胸に留め、納得を得られる語り方をすべきです。

現実に理想を
 おまえはどう思うのかって?

 ぼくは、沖縄の米軍基地をなくすべきだと思います。
 しかし、国防も必要なので、沖縄の米軍基地に変わる抑止力を持つべきだと思います。
 そのためには憲法九条を改正の上で、対地攻撃能力を持つ自衛隊基地を、沖縄に置くべきだと思います。米軍ではなく、自衛隊が守る。①②に処するための回答です。

 むろん、日米安保は必要です。しかし、考えてみてください。
 アメリカにとっていちばん大事なのは、日本を守ることではありません。
 彼らにしても中国の海洋進出は脅威であり、そのために日本を防衛の砦としているのです。なればこそ、日本はもっと強気に出ていいはずなのです。
「俺たちなしでは中国から国を守れないぞ!」とアメリカに言われても、強気に出られるように、九条を改憲して自衛隊を強化する。
 そのうえで、「アメリカさん、海洋線を守りたいのはあんたらも同じだろ、日本に協力しろよ」と言えるようにする。肝心な部分を忘れてはいけません。日本はアメリカに守ってもらっているけれど、一方で、アメリカは日本によって中国の海洋進出を止めたがっているのですから。利用する狡猾さが必要なのです。尖閣への安保適用なんてのは、アメリカの戦略として当たり前の話で、それで喜んでるのは情けのない話なのです。

 当然、そんなことは一朝一夕にはできない。何年もかかることです。
 しかし、理想を持った現実主義と、理想のない現実主義は違う。
 他国に国防を頼って何のためらいもない右派は、志のない現実主義です。
 フィリピンのドゥテルテは米軍との同盟関係について問われた際、「自分は他国の軍人がいない国を目指したい」と言った。それこそが右派の取るべき思考です。
 ドゥテルテには賛否がつきまといますが、この点については正しいと思います。
 理想に現実を、現実に理想を。
 
 ちょっと格好いいことを言って、今日はこれまで。

[PR]
by karasmoker | 2017-02-27 22:48 | 社会 | Comments(0)
←menu