謙遜の美徳について

d0151584_05571808.jpg
「私、日本人でよかった」というポスターが話題になっています。
実はモデルが中国人だった! とかで騒がれる向きもあり、かたや「自国に誇りを持つのは何がいけないんだ」と、批判に抗弁する向きもあります。

 あのポスターに対して、ぼくは否定的です。
もちろん、自国に誇りを持つのは悪いことではありませんし、ぼくだって日本人でよかったなあと思うことは山ほどあります。
 そして、ぼくが好きな日本の美徳に、「謙遜」というものがあります。すごいと言われても、いやいや自分なんてと一歩引いてみせる様が美しいと思うし、それこそが日本人のよさであるだろうとぼくは考えます。

「わざわざ言うのは、みっともねえよ」ってことです。

 たとえば以下のようなポスターや広告があったら、大炎上ないし猛批判を食らうことでしょう。
d0151584_05375611.jpg
d0151584_05375838.jpg
d0151584_05380009.jpg
d0151584_05380134.jpg
 はて、反感を持った方にお訊きしたい。
 美人であること、金持ちであること、天才であること、政治家の家系であること。
 それを誇ることの何がいけないんだ!?

 そう、何もいけなくない。ただ、わざわざそれを言明するのは品がない、みっともないのです。この「みっともない」という感覚がまさしく謙遜の美意識であって、こともあろうに日本文化の要所を担う神社本庁がその感覚を持っていないという点が、甚だしく残念であるなあと思います。

「日本人でよかった」というのはもっと、しみじみと思う深い感覚なんじゃないのかい? 広告のキャッチコピーなどに使うものじゃなく、それこそ神社仏閣の趣深さに触れたり、和食の絶妙な味わいを感じたり、そうしたときにそっと「あぁ、日本人でよかったねえ」と呟いたりするのが、美しさってもんじゃないのかい? 中国人だったとかいうのはこの際どうでもよくて、そういう「粋」な感覚を持たなくなっているのがやばいんです。みっともないんです。

「『日本人でよかった』を批判するなんて、なんて自虐的なんだ」

 違うよ。自虐じゃなくて、謙遜の問題、日本的な美徳の問題だよ。自虐と謙遜の区別もつかないやつのどこが日本好きなんだよ。いちいち声高にそれを口にしないところに、日本の美しさがあるんだよ。ということをわからないやつらが、日本が好きだの愛国だの言っているのだとしたら、正体見たりなんとやらだ。

 あのポスターの問題は、神社本庁ともあろうものが、日本的美徳を忘れていることです。
 みっともない。


[PR]
by karasmoker | 2017-05-13 05:58 | 社会 | Comments(2)
Commented by れみこ at 2017-05-29 22:12 x
はじめまして。
いつもなるほど‼︎と思いながら読ませて頂いております。

全く同感です!
例えのポスターには思わず吹いてしまいました。
日本の良さはワビサビです。
奥ゆかしさです。

それでも敢えてこんなポスターを作らなくてはいけないほど危機感を持ってる方達がいるんでしょうかね。
Commented by karasmoker at 2017-05-30 00:20
コメントありがとうございます。
「危機感を持ってる方」というより、「自尊心の支えに国を利用する哀れで不遜な方々」かな、と思っています。
←menu