憲法改正を考える。

 どうも近頃、思考が鈍りまくっているため、自分の脳内をかき回すために文章を書いてみたいと思います。映画について更新しないのかというと、それはかなり先になるだろうし、自分の思考を開陳する場として、ここを使っていこうかなと思います。
さて、北朝鮮情勢もきな臭い昨今でありますが、来年は憲法改正の審議が本格化するのだろうと思います。その辺りについての所感を述べる次第であります。

与党で衆参三分の二以上を押さえ、改憲に前向きな野党がそれに加わる状況下、果たしてどのように改憲論議が進むのか。今のところ、自民党が提示している論点は以下の四案ですね。

① 九条に自衛隊の存在を明記(二項を削除するか否かは留保)
② 緊急事態に対応する項目
③ 国政選挙における合区解消項目
④ 教育の充実を掲げる項目

 まずもって確認したいことですが、上の②~④はわりと最近になってから浮上してきた案です。改憲は結党以来の党是と自民党は言いますが、①以外は別に、結党以来ずっと訴えてきたというわけでもなく、「改憲の合意が取れそうな項目」の色彩が強いと言わざるを得ません。②~④は法律改正で十分に改善可能だという声も、そこかしこに聞かれます。
また、九条についても、合意形成のためにひねり出した部分が拭えません。「陸海空その他の戦力はこれを保持しない」とあるのに、自衛隊が存在する。この奇妙な状態を改めようというのなら、二項に手を突っ込むのが正道。にもかかわらず、三項に自衛隊を明記してしまえば、奇妙な日本国憲法がますます変なものになってしまうでしょう。「九条二項に触れると合意が取りにくいから」という考えが透けて見える、どころか、ありありと窺える状況です。

以上のことから言えることとして、自民党はおそらく、憲法について興味がない。興味があるとすれば、「憲法を変える」ことだけです。「お試し改憲」などという言葉で象徴されるように、とりあえず変えることだけが目標と見えてくるわけです。これはたとえるに、「ヤりたいだけ」なんです。相手は誰でもいいのです。とりあえず一発ヤらしてくれ! というおっさんの願望、ないし欲求不満のばばあの願望が現れている状態。ヤらしてくれればすっきりするし、それが偉業となって歴史にも残れる。そのための改憲として見えてしまうのです。

 意地悪な見方が過ぎるでしょうか。ならばなぜ、結党以来の党是と掲げてきたくせに、最近になってやっとこさ、ぽこぽこ条文案を出しているのか。そこに思考の蓄積が見られないのはなぜか。信念が見えないのはなぜか。

 自衛隊の存在を明記することについて、ぼくは賛成です。そしてそれは九条二項の削除、ないし変更という形でなくてはなりません。そうでなければ結局のところ、「陸海空その他の戦力はこれを保持しない」「けれど、自衛隊は別もの」みたいな、奇妙な状態は解消しないからです。沖縄を筆頭とする米軍基地問題、あるいは日米地位協定についても議論が進まないでしょう。
 どうせやるなら、自民党は九条二項を変える正面突破策を図ってもらいたい。そのうえで、日米地位協定の問題に早く進んでもらいたい。その信念もないのならば改憲の議論など捨ててしまえ、どうせヤりたいだけなんだから。
 というのが、ぼくの意見です。

 さて、そうは言いつつも一方で、どんな項目でもいいからさっさと変えてしまえ、という気持ちもないではありません。現在の日本が様々な問題を抱えているのは言わずもがなでありまして、いつまでも改憲論議がだらだらと延びるのはリソースの無駄に思えるわけです。さっさと改憲の話を終わらせて、財政再建なり社会福祉の問題なり、実際的な政策について論じてほしいとも思うわけです。平たく言えば、「ヤりたいヤりたいってうるせえし、他のことが蔑ろになっても困るから、とりあえず一発ヤらせて落ち着かせるべき」なのです。
そこでぼくには名案があります。改憲派、護憲派の双方が絶対に納得できるアイディアであります。なぜこれを誰も言わないのだという妙案です。
それは、104条の創設です。日本国憲法は103条までありますが、そこにひとつ付け加えるのです。ではどう書き加えるのかというと…………「何も書かない」のです。「104条」とだけ書いて、本文がない条項です。これによって改憲派はとりあえず射精できるし、護憲派は操を奪われずに済むし、いいことずくめであります。憲法を変えた! と威張るのが目的なのだから、それでいいじゃないですか。逆に護憲派が、憲法を変えたくないというなら、何も変わらないからいいじゃないですか。
 ああ、なんと完璧なアイディアでしょう!

 ……冗談はさておき。
 改憲論議が進むと思われる来年でありますが、ここにはもうひとつの駆け引きが隠れています。世間ではまだ表立って語られることの少ない、しかし重要な論点です。
 それは、「改憲論議は政局である」ということです。

 改憲というのはとかく中身についての論議が重要とされますし、事実その通りでありますが、実際の政治を考えたとき、それだけでは済みません。改憲には必ず政局がつきまといます。

 戦後70年以上変わらなかった憲法。その条項を変えることは、大きな政治的エネルギーを生みます。それを実現した政治家は歴史に名を残すでしょうし、だからこそ安倍総理をはじめ、与党の方々は目標として掲げているといえます。要するに、改憲を果たした政治家は、「ものすごく立派」な存在として注目を浴びるわけです。
 そうなると。
 野党としては許せないはずです。仮に今の自公政権が「ものすごく立派」を果たしてしまうと、野党が政権を担える可能性が先々、さらに低くなってしまうのです。いろいろな統計や予測を見ても、未来の日本は縮小傾向をたどるとされている。そうしたとき、この「ものすごく立派」な偉業を果たした政党以外に、日本を任せようという国民が増えるでしょうか。ぼくにはそうは思えない。
 簡単に言えば、改憲によって自民党の株はさらに上がるのです。内容がどうあれ、政局を考えたとき、野党はそれを許さないでしょう。仮に許す政党があったら、その政党は「ものすごく立派」のおこぼれに預かりたい連中であり、自民党に代わって政権を担う気はないのだろうなと思われます。

 では、自民党内部ではどうか。ここにも政局が生まれます。
 大きな政党ですから、当然内部には派閥がある。安倍総理の派閥の人間はもちろん、安倍総理の任期中に改憲を果たしたいでしょう。どんなクソ改憲案でも、イエスというでしょう。しかし、それ以外の派閥としてみればどうか。安倍総理のもとで改憲が行われれば野党同様、自分たちに政権が回る目が小さくなってしまう。ならば、改憲をさせないようにしよう。そういう計算が働いても、まったく不思議ではないのです。
 
 衆参三分の二以上を占めながら、なかなか踏み切れずに来たのは、ひとつに政局的理由があると思われます。大きな政治的エネルギーを生み出す以上、そこで失敗すれば安倍総理の権威は失墜する。ピンチはチャンスであり、チャンスはピンチ。安倍総理がいざ発議に踏み切る段になって、野党ならびに自民党の他派閥が造反に回れば、その時点で一発逆転、総辞職へと突き進む可能性もあるわけです。むろん、公明党がどう動くかも鍵となります。

 改憲論議は進んでいくでしょうけれど、その内容だけが進んでも意味がない。そもそも論議がどれくらい煮詰まるかも不明だし、政局の絡みがそこに生まれます。そうなったとき、安倍自民党(他派閥を除く)が取るであろう方針は、「情緒」に訴える戦略でしょう。

 北朝鮮情勢が危うい、改元が行われる、そして東京オリンピック。新時代を迎えるにあたり、憲法を変えるには今しかない! とぶち上げて、国民を煽動していくのが一番。消費増税のタイミングに当て込めば、増税への反発もごまかせる。細かい論議がそこそこ煮詰まったら、時代状況を理由にして発議に踏み切る。この手しかない。この手を最大限に使う。そういう風に動くだろうなあと、ぼくは見立てています。内容は二の次です。

 ぼくは安倍総理の支持者ではありませんが、九条二項を改める覚悟で改憲を発議するなら、ぼくは賛成します。それ以外の項目では今のところ、「ヤりたい臭」しかしないので反対です。

 さあ、2018年はどうなっていくのでありましょう。と、月並みな一文を添えたところで、ひとまずは終わりです。


[PR]
by karasmoker | 2017-12-26 20:37 | 社会 | Comments(0)
←menu