『花よりもなほ』 是枝裕和 2006

 もし観るなら、暁覚えぬ春ごろに、何の期待もなくぼけえっと観るといいでしょう
d0151584_10232020.jpg


 新宿のマスターにもらいました。ありがとうございました。
『花よりもなほ』は若干長く感じました。二時間ちょっとなんですけど、この手の映画だと百分くらいが心地よい。なぜだろうなと考えると、いくつかの要因に思い当たります。

まず、この映画にはあまり風情を感じることが出来なかった。まあこれは人それぞれあるものですから、あくまでも個人的なものなんですけれども、こうした映画においてかなり重要な要素であるその空間の風情が、あまり香ってこなかったんですね。舞台は汚い長屋というきわめてにおい立つ場所であるはずなのに、醸されるものがあまりなかった。汚い長屋を汚く映すことが大事で、その汚さが逆に映画の美しさに変わっていく。ドブネズミみたいな美しさ、たとえば黒沢明の『どん底』にはそれがあります。この長屋は『どん底』ほどの汚い場所ではないにしても、もう少し汚れてほしかった。その点に風情のなさを感じたのかもしれません。

いや、わかるんです。これはもっと朗らかな話ですから、ことさらに汚さを押し出す必要はない。だとしても、やはり風情は保ってほしかった。宮沢りえが綺麗過ぎるんです。誇りっぽさもなくてやたらに綺麗過ぎて、それはまあ岡田准一についてもそうなんですけど、せっかくの時代劇なのに、時代劇風情がなさ過ぎて、現代の話でも別にええんちゃうんけと思ってしまった。

やたらと芸人が出てきたのは何なのでしょうね。BGMが示すように、この映画の陽気さを保つ上で有用な存在と考えて起用したのでしょうか。よかったのは上島竜兵です。千原兄は最初から最後まで千原だったんですが、上島竜兵に関してはその汚れ具合もいいし、映画の風合いにもそぐう働きをしていた。芸人では板尾が俳優として活躍していますが、上島竜兵ももっと出てきてもいいんじゃないかと思いました。反対に、木村祐一はミスキャストでした。演技どうこうではなくて、あの役に木村はない。なんなら古田新太と役柄を交換したほうがよかったんじゃないかと思えてなりません。古田は『木更津キャッツアイ』のオジーなど変な役をしているので、岡田も出ているし、今回もそれをすると同じような感じになるかな、と回避したのかもしれませんが、木村祐一の役は移入を阻害しました。ああいう役であればもっと若い俳優を使って新しい才能を発掘する機会にしてほしいなと個人的には思います。トミーズ雅が出てくるなど、「この監督は物語に観客を引き込む気があるのだろうか?」と思えてなりませんでした。ああいう形にすると間違いなく、一瞬観客は没入を疎外されるんです。作品世界に見入っていたのに、「あっ、トミーズ雅だ」という余計な驚きが入ってしまう。最近の日本映画はそういうのが多いです。これは苦言を呈したいところです。それを遊びに使うのは悪くないけど、あそこでトミーズ雅を起用する理由が、映画的には何もない。事務所的にはあるかもしれないけど、そんな事情は知りません。

長く感じた要因はいくつかありますが、ちょいちょい入れる甘ったるいシーンがそのひとつです。子供と岡田が話すところとか、観客への媚という感じが強くて辟易しました。子供をかわいらしく描きすぎている。かわいらしい子役を出しすぎている。これが風情が死んでしまったもうひとつの理由です。汚い長屋に暮らすならばもっと汚くないと趣がない。阿呆な女子供の客は「子役の子がかわいかったあ」などと鑑賞後にほざくかもしれませんが、かわいい子役を見たければ一日中NHK教育でも眺めていてほしいですね。この映画において子供は完全に小道具化していたので風情を助けず、むしろ邪魔でした。復讐を済ませたという芝居をするところでも、宮沢りえが子供を抱きながらだらだら喋る、それに岡田が何事かを感じる………ああいうのがどうにも粋ではない。もっとさりげなくやってほしいですね。子どもが宮沢りえの夫の似顔絵を見せるじゃないですか、それが仇討ちの指名手配の絵になっている。それで十分なんですよ、岡田が復讐の意をとどめようとするのは。それをあそこまでくさいやり方でするとなると、いやはやむしろ怒るべきは観客のほうに対してなのかもしれません。

もっとも、結構辛口で話しましたが、決してそこまで悪いわけではないです。あのー、うん、BGMの軽快さが印象に残っていて、これね、中高時代の春休みくらいに観るとよかったかもしれないですね、もしくは五月前くらいのちょっとあったかくなってきたなあってくらいの時期。新年度でどたばたしつつも、特別に大きな悩みもない時期。それくらいにふらっと映画館に入ってぼけっと観る、そんな感じの映画ですね。逆に言うと、あまり真剣に観ると見返りがないので、こうしてちょいと辛口になってしまいます。この辺で。
[PR]
by karasmoker | 2008-02-20 04:50 | 邦画 | Comments(0)
←menu