『エクステ』 園子温 2007

役者の使い方、空気の作り方という点で、この人の右に出る監督は今日本にいません。たぶん。

園子温というのは今現在の邦画界において、最も優れた監督の一人だと思います。この人の映像表現はかなり独特というか、他の数多ある作品群と一線を画しているのは間違いないですね。今回の『エクステ』も佳作でした。髪の毛のホラーというのがどうもぴんと来ず、長らく観ずにおいたのですが、いやあよかったですね。

『奇妙なサーカス』のときにも書いたのですが、この監督の作品に出てくる役者達は、とてもいい演技をするんです。個々の役者の技量以上のものを引き出しているというか、それってなかなかできることではないと思うんです。今回で言うと子役の佐藤未来が大変よかった。子役が準主人公で、そうした映画で言うとつい先日書いた『仄暗い水の底から』があるわけですが、いやあこうも違うものかと思います。子役自身の技量差ではないと思うんです。やっぱり演出力の違いだと思いますね。『仄暗い水の底から』も、あるいは他の多くの映画もそうなんですが、子役を小道具化してしまうところがあります。勝手に動き回る装置として、あるいは単に無力な存在として。でも、この映画の佐藤未来はそれとは違う。佇まいや表情がとてもいいです。虐待に怯えている演技が抜群で、なおかつ役割化されていない。といって、別の映画やドラマで同じくらいいいかと言えば、おそらくそうじゃないと思うんです。この子がよかったのはやっぱり、演出力が大きいんです。

この監督は密室芸が大変にうまい。『夢の中へ』という作品があるのですが、その中で田中哲司と市川美和子のカップルが話をする場面があります。アパートの場面なのですが、最初こそ仲の良いカップルとしてじゃれあっていたのが、いつの間にか互いを罵倒し合う大喧嘩に発展する。この辺の持って行き方は実に巧みです。一定の流れの中で、本当に何気ない台詞によって一気に流れを変えていく。あれは惚れ惚れとしました。今回の『エクステ』でも、つぐみと栗山千明が佐藤未来をめぐって口論する場面があり、ここは絶品です。ものすごく濃度の高い場面なんです。ああいう濃度をつくることができる監督が、今の邦画界には少ない気がします。

役者の演出をさらに褒めますが、最初のほうの、栗山千明が独り言を言いながら自転車に乗る場面もいい。ともすればひどく馬鹿らしい表現に堕しかねないのですが、もうこの時点でひとつの世界をつくってしまっています。ある種の演劇性をこめることで、すぐさまフィクション100の世界に連れて行くというか、ホラー映画にありがちな、「リアルで平穏な生活」的演出に早々別れを告げている。ホラー映画と言えば怖がらせる映画のわけですが、この時点で、ああちょっと違う空気入ってるな、というのがすぐにわかります。だから悪いけれど、これをただのホラー映画だと思っている人間は馬鹿です。ぜんぜん怖くなかった、このホラー映画は駄目だ、みたいなやつは、エクステに巻かれて窒息すればいいのです。

大杉漣のキャラクターがもう普通のホラーじゃないんですよね。狂っているんです。でも、ちょっと面白いんです。ある意味ではキュートなんです。あのキャラクターを配したことで、ただのホラー映画ではありえないのです。どこか悲しいんですよ。狂っているしおちゃらけているけれど、そして死体愛好、死体毛髪愛好というどうしようもなくいかれている人間だけれど、どこか悲しさがある。

ホラーなんですよ。でも、それをあえて回避しているんです。園子温が本気でホラーをやったら、これはもう間違いなく、日本でトップになると思います。それは『紀子の食卓』や『奇妙なサーカス』を観ればわかります。そして今回も、そのホラー的実力の片鱗を見せていました。でもこの人はそれをしようとしていない。一般的な、いわゆるホラーというものとは別の地平を探っていると思うんです。

大絶賛の記事になりましたが、一見の価値はあると思います。ただ、園子温の本当に面白い映画は別にあって、これはわかりやすさという点でひとつの園子温入門にはいいかと思います。などと言いながら、まだまだ園監督のもので観ていないものはたくさんあるのですが。
[PR]
by karasmoker | 2009-01-15 03:03 | 邦画 | Comments(0)
←menu