『プレデター』 ジョン・マクティアナン 1987

余計なことをしておらず、頭空っぽで観られるアクション映画。
d0151584_2282288.jpg

 この映画を観ていたら、メタルギアソリッド3を思い出しました。敵のいる密林への潜入という設定がまず似ていて、それにくわえシュワルツェネッガーが河にダイブするシーンや爆風を浴びるエピソードなど随所にMGS3との類似があり、それより何よりなんといっても似ているのが、プレデターがザ・フィアーであることです。ザ・フィアーというのはMGS3に出てくるボスキャラですが、あのステルス迷彩と木の上をぴょんぴょん飛び回るところなどはプレデターそのままです。まあ、そんなのは誰でも知っていることなのでしょうけれど。

 映画はとても面白く観ました。ごちょごちょと余計なものがなかったのがよいです。家族愛とか恋愛とか人間愛とかの余計な要素がなく、あくまで戦闘シーンに特化しているのが潔いです。その節度を保った上であのゲリラの捕虜の女子が出てくるので、安心して観られます。シュワルツェネッガー以外の隊員がみんな死んでも、あの女子だけは結局死にませんが、それはまあお約束です。

この手のアクション映画について細かいことをごちょごちょ言うのは無粋な話です。
 プレデターはサーモグラフィーを使って敵を視認するのですが、シュワルツェネッガーは体に泥を塗ってその目から逃れようとします。泥を塗ったくらいでサーモグラフィーから逃れられるのかい? とは誰もが思うことですが、そんなことはいいのです。終盤、銃さえもない生身のシュワルツェネッガーに対し、プレデターは簡単には殺さずぐだぐだして、そのおかげで逆にやられてしまいます。どうしてさっさと殺さないのか? と思いますが、それもお約束です。どうしてさっさと殺さないのか、という問いへの答えは出ています。それはシュワルツェネッガーが主役だからです。それでいいのです。

頭を空っぽにして観る限り、映画の濃度自体はかなり濃くつくられていると言えましょう。プレデターのステルス迷彩がいい感じで、目の前にいるのに見えない、というのはとても愉快です。それに対しプレデターのサーモグラフィー目線が適宜差し挟まれるので、映像的にも楽しいです。プレデターがちょっと馬鹿っぽく見えるのもいいですね。仮面ライダーの怪人みたいでした。プレデターの最期、大爆発をするとき、思い切り悪役っぽい笑い方で哄笑するのも、何の笑いなのかさっぱりわかりませんが、面白かったです。ところで、プレデターは何をしに地球に来たのか? という問題がありますが、これは続編で明らかになるのでしょうか。この映画を観る限り何もわからないのですが、まあそれはそれでいいです。

こうしたアクション映画には教訓だの謎だのそんなものは要らないのです。主人公と敵の戦いに緊張感があり、ハラハラドキドキさせてくれればそれでいいのです。
[PR]
by karasmoker | 2009-03-03 22:59 | 洋画 | Comments(0)
←menu