『愛のむきだし』 園子温 2009 レビウ後半

 『おくりびと』を観ていないので本当は書くべきじゃないけれど、あえて書きます。おいおい、『おくりびと』どころの騒ぎじゃないよ!
  
 承前。
 エンターテインメントとして、非常に真摯な作品であることは前段で述べたとおりです。観客を引っ張り続ける辣腕をふるい、感情のぶれ、振り子を思い切り振り切っていて、ものすごいパワーで走り続けており、細かいことなどどうでもよくなりますね。路上の乱闘シーンにおける協奏は、『パッチギ!』のクライマックスに勝るとも劣らない映画的興奮を与えてくれました。

 不明点を言い出せば、あります。なんでユウの父親があの鬱陶しい女に惹かれるようになった、また受け入れたのかもよくわからないし、ユウがヨーコに惚れたのも結局人間性ではなくその場の一目惚れでしかないんじゃないかというのもあるし、あれだけ尊敬していた父を後半、ユウがまったく顧みなくなるのもどうかしているように思うし、結局ヨーコはレズビアンなのか何なのかその辺がはっきりしないなあ、レズビアンならユウの愛がどれほど胸に堪え、また彼の愛にどれほど応えられるのか、などなど、思案の種は尽きません。
 ただ、この監督の場合、もうそんなのいいじゃん!と宣言するがごとき腕力で物語を推進し、結果そのためらいの無さが作品に圧倒的な力を与えているのです。

 一方であえて述べるなら、園監督の映画に観られる毒が少ないかなあというのはあります。『奇妙なサーカス』は毒気に満ちた映画で、園監督のああいうえげつなさが好きなぼくとしては、その点やや『奇妙なサーカス』あるいは『紀子の食卓』に比べると物足りなさはありました。この人は現代邦画界において、密室芸をつくらせたら右に出る者がいない。それは『紀子の食卓』のレンタル家族の不気味な朗らかさであり、『エクステ』における佐藤未来をめぐるやりとりであり、あるいは『夢の中へ』のカップルの喧嘩であり、『奇妙なサーカス』の屋敷のシーン全編に観られる妖艶さと醜悪さの混交なのですが、この『愛のむきだし』においては、密室が生み出す閉塞的な濃度はそれほどありません。古い家屋に暮らすユウと父親、煙たい同居人の女や悪意漲るコイケを配しながら、密室的な生々しさにおいてはもうひとつ弱さもあります。盗撮が露見した場面の怒号と混乱はもっと強くあってほしかったとも思う。無論これは園作品内における比較であり、他の多くの映画の密室濃度に比べれば段違いではあります。今ふと思ったのは、園監督が推理劇を撮ったらさぞ面白かろうということです。古びた洋館や孤島などの場面設定を行い、その中で謎を解き明かす場面などをつくったら、その辺のミステリー映画はすべて吹っ飛んでしまうような気がしてなりません。

エンターテインメントとして極上なのは間違いありません。しかし他方、彼のこれまでの作品に観られた醜悪さ、有害さは減じているようにも思う。最初にカトリックの教会があり、新興宗教が出てくるので、その方面での強い有害性を期待していたのですが、新興宗教的な怖さ、そこにのめり込む人々の狂気のようなものがどうしても感じられず、なおかつあの宗教がいかにして有害なのか、という面も描かれてはいませんでした。いや、しかしことによるとそれはそれで狙いなのでしょうか。新興宗教の恐怖的側面を描かぬことで、幸せに溢れた鍋を囲むシーンをただ描くことで、染まりきった人々の幸福な様を描くことで、新興宗教に対する先入観的ネガティブイメージをあえて押さえようとしているのかもしれません。この辺は深読みしすぎでしょうか。

 この映画は馬鹿みたいにわかりやすい設定がされています。馬鹿みたいに、とあえて言うのは、あの勃起です。愛と勃起をこれほど結びつけた映画がかつてあったでしょうか。ユウは愛した相手にだけ勃起するのです。彼にとって愛とは勃起させるものであり、たとえナイフを突きつけられても勃起し続けます。ここに正直さがくみ取れる。
 愛とは、格好悪いもの。そんな警句をぼくは一人想起してしまいます。
 ユウはあれほど尊敬していた父を顧みることなく、ただヨーコだけを追いかけ続けます。彼にとっての愛とはつまり性愛です。単純な性愛が、彼をただ突き進ませます。そこには一種の馬鹿らしさがある。崇高なるものでも慈悲深いものでもない、むきだしの愛です。むきだしで馬鹿らしい、しかし、止めようのない直進。あのちんこの勃起はつまり、愛の直線性の象徴なのではないでしょうか! ユウは劇中で言います。「勃起を恥じるな! いいや、愛を恥じるな!」。勃起と不可分である愛は馬鹿らしく、それでいてむきだしであるがゆえに、圧巻の高濃度で四時間を支え続けたのです。

 ただ、書きながら思ったこととして、これはことによるとぼくが思っていると単純ではないかもしれません。というのは、ユウを取り巻く人々や環境が、あの愛をただの性愛と思わせるには少し込み入っているところです。

 この映画には『新世紀エヴァンゲリオン』を思わせる場面があります。ユウと父親は碇親子の関係にも似ていて、現代の少年としてはアンリアルな父への畏怖があります。また、ヨーコがユウの上にまたがるシーンが二カ所あるのですが、一カ所目の浜辺のシーンでまたがられたユウの気弱さに、ぼくは碇シンジを思い出さずにいられず、なおかつクライマックスにおいて首を絞めるシーンは反転したアスカとシンジであり、ユウの家でヨーコがユウにのしかかられたときに見せる反応は、エヴァ劇場版のラスト、「気持ち悪い」をも思わせてくれる。それではユウはシンジであり、ヨーコはアスカであるか、といえば、それはまた違います。ただ、ヨーコはそれ以上の存在だと思います。ユウにとってのヨーコは、シンジにとっての綾波に似た母性のよりどころであると考えられないでしょうか!

 ユウは高校生ともありながら、いくらパンチラ盗撮をしても性欲を抱きません。彼が慕情を胸に抱くとき思い起こすのはいつも母の面影です。亡き母の優しい面影は彼にとってある意味のトラウマでもあり、またオブセッションでもあるかのように見えます。彼が恋をする相手は、彼によると「マリア」です。もしも父が主であり、ユウがキリストであるなら(劇中、盗撮をめぐるくだりでキリストと結びつけて語られる場面があります)、マリアへの慕情は母への情愛でもある。そうなると彼にとっての性愛とは、ただの性愛でありえはしないのです。

 もうそろそろ疲れてきました。この映画はただのエンターテインメントなどで収まりのつくものではありませんで、またいずれ言及することがあるかもわかりません。体のいい結びが見つかりませんがひとまずはこの辺にして、また一人ぼやりと考えてみたいと思います。
[PR]
by karasmoker | 2009-03-12 01:00 | 邦画 | Comments(0)
←menu