『回路』 黒沢清 2001

今回は映画評と言うより、黒沢清という監督に対する今のぼくの感じ方を書いています。
d0151584_2375959.jpg
 
 黒沢清作品というと、初めて観たのが確か『ドッペルゲンガー』で、その後『アカルイミライ』『CURE』『叫』『LOFT』などを観ています。現代日本の監督の中ではかなり評価の高い人だと思うのですが、正直ぼくにはどれもぴんと来ないんですね。理由は後述しますが、これまで観たどの作品も、映画的な愉しさにもうひとつ欠ける。青山真治なども同じ感じなんです。評論家受けもいいようだし、きっと色々と高尚なことが表現されているのだろうな、とは思うのですが、そこまで面白くないから、そこまで熱心に読解しようと思えない。

 日本の監督で言えば、やはり園子温が頭二つ抜きんでていると思います。頭ひとつ、と思っていましたが、あの『愛のむきだし』で、ああ、こら飛び抜けているなあと感じました。その点、黒沢清などの監督って、なんかいい感じに振る舞ってはいるけれど、園子温的なエネルギーを発していないんです。うん、そう、黒沢清に対して抱く距離感を表す言葉として、エネルギーというのがありますね。この人の映画には、あまりエネルギーを感じないんです。要はこういうことです。うまいとは思う。でも、すごいとは思えない。

 うまいと思う(どうもこの「うまい」という言葉は上からっぽくて駄目ですね、まあ何しろタイトルが「なにさま映画評」ですから)のは、たとえば今回の『回路』のホラー描写などはすごく優れていると思います。いわゆるエンターテイメントホラー、『呪怨』だとか『リング』だとか『着信アリ』だとかが流行りましたが、あの辺のホラー描写よりずっと怖い。ホラー映画、幽霊の描写などで怖いと感じることはほとんどないんですが、この映画の幽霊などは結構怖かった。ぼくはDVDを観るときいつも、夜な夜な部屋の電気を消して観るのですが、かなり味わいがありました。動き方なんかも不気味でしたし、ホラー描写の点では相当良質なものだと言えましょう。

 ところが、ですね。ぼくが黒沢清に距離感を抱くもうひとつの理由なのですが、結局この人は評論家に向けて撮っていないか? と感じてしまうからなんです。この人の目線が一般の観客のほうを向いているかどうかについて、ぼくは懐疑しています。今回の『回路』についても、正直後半の意味がわからないんです。評論家などが意味を解説したりしていると、ははあなるほどそうゆうことなのでごじゃりまするか、と思うのですが、物語の筋を追おうとしても、ぜんぜん意味がわからないです。これねえ、見せ方の部分でね、先ほど書いたように前半部、ホラーのいいところが結構あるんですよ。で、観客の立場としては、「前半でこんなに怖いのが出てくるのだから、後半ではもっと強烈なのがあるんじゃないか」と無邪気に期待してしまうんですよ。期待させるんですよ。周りの人間、脇役が無残な死を遂げていく、ああ、こんなひどい目に主人公も陥ってしまうのか、と思って観客はハラハラするんです。それは映画の大切な醍醐味だと思うんです。でもこの映画、後半は別に怖くない、というか、ぐじゅぐじゅどうでもいいことを話した後に、訳のわからない方向に行ってしまうんです。

 いや、評論家は言うと思いますよ。あの場面のあれはこうで、これはこうでと言うだろうし、そう思って観ればなるほど意味がわかるぞ、と思うかもしれない。でも一般の、映画を観て愉しみたいな、あるいは豊かなる表現に触れたいな、と思っている人間は、正直意味がわからないんじゃないでしょうか。一部の人にだけわかる表現で、それで満足している感じがしてしまい、その点がどうしても好きになれない。たとえばなんであの電車はやってくるのか、たとえばなんで有坂来瞳はあんな風になるのか、たとえばなんで街はあそこまで荒廃しているのか、なんで加藤晴彦がああなるのか。こちらが積極的に意味づけすれば意味はあるんでしょうよ。でもさあ、その意味づけをしたいな、この映画を読み解きたいな、と思うほどの魅力に乏しいんですよ。

 訳のわからなさは嫌いじゃないし、むしろ好きな方です。でもそれには映画的な、映像的な濃度が必要だと思うんです。その濃度があると、訳のわからなさがより味の濃いものになって、すごく強烈なものを観たなと思える。この監督の映画はいつもすかしている感じがします。だから訳のわからなさに気持ちよさがこもらず、恐怖の濃度も結局のところ萎んでしまう。一度、黒沢清監督には、ぜひ平明なエンターテイメントとしてのホラーを撮って欲しいです。中田秀夫監督などがホラー監督として有名ですが、きっと目じゃないと思うんです。あるいは世界の崩壊をもっとわかりやすい形で描いて欲しいです。この『回路』の荒廃した街の場面は、あの中で人物を惑わせたらたいそう面白かろうと思わせる風景でした。

 今日は同じことを繰り返しているだけのようですが、わかる人にはわかるんだよねえ、みたいな感じが好きになれないところですね。園子温などは、「わかるやつもわかんねやつも来やがれ! 祭りじゃ祭りじゃ! ええじゃないか!」というエネルギーを感じるわけで、なんかすんごいカロリーの高いもん喰ったな、胃もたれしちまいそうだけど旨かったぜ、と思わされるんですが、黒沢清の場合、「これは世界のセレブリティがお酒のつまみにしたり、もしくは遅めの朝食をとるときなんかに食卓に添えたりするんだよ。小雨がそぼ降る物憂い休日にさ、クラシックのレコードをかけながら窓の外を見てみるんだ。忙しい日々の中で、そんな朝にしか感じ取れないものって、きっとあるよね」的ないけ好かない感じもちょっとします(なんとわかりにくいたとえだ! 書いている本人もよくわかっていない!)。

 今日は映画評になっていないですな。まあ、黒沢清作品については、ぼくみたいな頭の悪いどうしようもないウジ虫の糞ほどの脳みそしかない人間には(卑下しすぎ)うまく語れず、もっと他の人の論評を読むのがお薦め、というわけです。
[PR]
by karasmoker | 2009-04-18 23:33 | 邦画 | Comments(0)
←menu