『ハプニング』 M・ナイト・シャマラン 2008

この監督には脚本家が必要なのです。
d0151584_237656.jpg

 シャマランと言えば『シックス・センス』が何より有名ですが、実はぼくはそれを観ていません。有名すぎて逆に観ていないわけです。シャマランで観ているのは『ヴィレッジ』くらいです。あのオチに対しては否定的であります。この監督は実にもったいないのです。今回の『ハプニング』でもまさに、『ヴィレッジ』と同じことを感じました。 

 映画のつくりはいいんです。冒頭、謎の自殺が相次ぐところなどは、おおう、どんなことが巻き起こるのだと期待させます。撮り方も大袈裟に過ぎず、驚きのショットもあります。訳のわからない恐怖から逃げる、というのはそれだけで物語の駆動材料になるわけで、とにかく主人公らが逃げろ逃げろと頑張るわけで、その様も決して悪くないと思います。アメリカ東海岸全土で、白昼の集団自殺が相次ぎ、パニックの様相を呈します。死んでいくのは皆集団の中の人々。「どうやら沢山の人と一緒にいないほうがいいようだぞ」と気づいた主人公ほか二名はあえて少人数で行動しようとします。この辺も物語をうまく運ぶために工夫したのが感じられます。大量のエキストラを使うことなしに主人公を際だたせるには、どうして皆と離れる必要があるのかを説明せねばならず、この説明責任は一応果たされております。とにかく逃げろや逃げろと逃げ続けます。何から逃げなくてはならないのか、がわからないままに逃げる、というのはいいと思います。その後に、どうやら風を吸い込んではいけないらしいぞ、というのがわかり、観客の恐怖の対象を風に焦点化させるという運びもいいと思います。

 途中までは結構期待させます。途中までは面白いんです。ただ、ばばあが住む家に入った当たりから、危ないぞ、という気がしてきます(主人公たちが危ないのではなく、この映画自体が危ないという意味)。『ヴィレッジ』のイメージがあったので、まさか今回もオチとも呼べないオチになるのかしら…と不安にさせます。二作観ているだけですが、どうやらシャマランは希有な監督です。普通、「危ないのではないか…」「展開が不安だ…」というのは主人公目線に立ってこそ意味があるものであり、主人公の身になって危険を感じたり不安を覚えたりするのが映画の醍醐味です。この先主人公はとんでもない恐怖や悲劇に見舞われるのでは…と感じてハラハラするのです。ところがシャマランの場合、「この映画はもしかしたら非常につまらない結末を迎えるのではないか…」という不安を観客に覚えさせるのです。メタ的な恐怖を与えるわけです。「鑑賞していたこの時間は何だったのか、という目に合うのではないか…」という不安を与えるのであり、この恐怖から逃れられる観客はとても少ないはずです。ある意味、恐怖映画を撮らせたらこの人、な監督です。

(以下はネタバレになります。もう既に結構大事なことがばれている気もしますが。)

 そして、予感は的中するのです。
 見事に、「何だったんだ」感がすさまじい作品であります。『ヴィレッジ』で免疫があったからまだよかったものの、もしそれがなければ衝撃を受けて立ちあがれなくなるでしょう。まさに「衝撃のラスト」です。むろん、メタ的な意味での、負の意味での「衝撃のラスト」です。ひどいです。さすがシャマランと言いましょう。今日付のウィキペディアで、「映画監督生命は危機に瀕していると言える」などと書かれるだけのことがあります。

 
 正体不明の恐怖、といえば最近は『ミスト』がありました。『ミスト』はその結末を、いわば暴力的な形で締めくくったのであり、どんなオチにするかと考えたときにある意味一番簡単な方法ですが、その分多くの作り手が避けてきた道であり、だからこそ新鮮に映ったのでしょう。ところがこの『ハプニング』はそれ以上なのです。風に当たると自殺してしまう、という設定をつくりあげ、そのうえで主人公とその同伴者を風に当たらせます。その直前、風を受けて自殺に走った人物がおり、ああ、主人公らも死んでしまうのではないか、と百人中百人の観客は思うわけです。ところが、なんと、主人公たちは死なないのです! 後付の説明で、正体不明の恐怖はこのとき既に終わりを告げていた、と知らされるのです! 『ミスト』のラストでダークな気持ちになった観客もいるでしょうが、この『ハプニング』はその比ではないのです。良識ある観客として、主人公たちには助かって欲しいとは思っていました。別に主人公に死んで終われと言っているのではないのです。ただ、主人公が救われた原因がわからない、どうしてああなるのかわからないので、素直に喜べないのです。

 要は夢オチに似た徒労感ですね。主人公には助かって欲しいと思うけれど、危機的な状況でいきなり目が覚めて「ああ、助かった」と言われれば拍子抜けしてしまう。あれとよく似ています。

『ヴィレッジ』を観たときも思ったんですが、このシャマランは別に監督として駄目な訳じゃないと思うんです。脚本家として駄目なんです。自分で脚本を書くのが好きみたいですが、もっとちゃんとした脚本をつくれる人とやれば、この人はいいものを撮れると思うんです。ぼくはその意味ではこの監督を見捨てたくないのです。シャマランには自分で脚本を書くのをやめてもらえばいいのです。誰かシャマランの傍にいる人、助言してあげてください。
[PR]
by karasmoker | 2009-04-22 02:26 | 洋画 | Comments(1)
Commented by 通りすがり at 2015-10-18 04:31 x
今まさに見ていますが、後悔しています。
寝ればよかったと・・・。
あまりのつまらなさに、ググって、ここにたどり着きました。
チャンネルを変えようかと何度も思いましたが、あと、30分、苦行のつもりで、耐えることにします。
←menu