『逆噴射家族』 石井聰互 1984

強烈な馬鹿らしさ。快楽はやはり意味に優越する。
d0151584_22473728.jpg

 石井聰互監督のものは一度観てみたいとずっと思っていて、初の鑑賞です。タイトル的にはちょっとゲテモノ臭いぞと警戒していましたが、いやあ、ものすごいゲテモノぶりに度肝を抜かれました。ここまで行ききるともう何も言えません。「逆噴射」というのは、飛行機が着陸する際、減速のために行う操作だそうです。当時にあった飛行機墜落事故に関係する言葉として流行したらしく、そこから名付けられたようです。

 要は家の中が無茶苦茶になる話です。小林克也演ずる父親がマイホームを購入し、家族と新たな生活を始めるのですが、彼は家族(妻と息子と娘)が「ある病気」を持っているといって気に病んでいます。病気とは何だろう、と思いながら観るわけですが、つまりは皆が皆、「一癖ある」というだけに過ぎないのです。倍賞美津子演ずる妻はやたらとテンションが高く、工藤夕貴演ずる娘はアイドルになるんだと言って一日中はしゃぎ周り、有薗芳記演ずる息子は大学受験のためにひたすら勉強しています。この家に植木等演ずるじいちゃんがやってきて同居し始めた頃から、話がおかしくなっていきます。

 じいちゃんが来たために家の中が余計うるさくなったりして、家族が彼を疎ましく感じ始めます。小林克也演ずる父親はなんとかうまく同居させたいと考えますが、じいちゃんの部屋がありません。するとなんと、父親は家のリビングをぶち抜き、地下を掘り始めます。これだけでも異常なんですが、作業途中シロアリを見つけた父親は仕事も手につかなくなり、狂気に陥って掘削を続け、すると今度は水道管が破裂して水が噴き上げます。もう書いているだけでなんだかよくわからないわけですが、ここから怒濤のごとく映画は爆走し始めるのです。

 日本の家族を描いたものだとこの前年、同じATGで森田芳光の『家族ゲーム』があり、あるいはずっと後だと園子温の『紀子の食卓』などがあり、そうした映画のように家族のありように言及するタイプのものかと思いきや、ぜんぜん違いました。皆は病気だと言う父親が一番変になってしまい、家族を殺そうと襲い初め、家の中でてんやわんやの大騒動が繰り広げられます。父が家族を襲う話だと1980年の『シャイニング』が有名ですが、あれが大きなホテルの中の出来事だったのに対し、この映画は日本の小さな住宅で起きる出来事なので、随分とせせこましく、ゆえに濃度があります。家の中がどえらいことになる映画だと最近に観たのなら『わらの犬』(1971)があります。他にも有名どころだと『ホーム・アローン』などもそうですね。日本では『あゝ、一軒家プロレス』があり、これは今回の『逆噴射家族』に近いのでしょうか、未見なのでわかりません。ただ、それらの映画に比してこの映画の不条理さは群を抜いているでしょう。もう無茶苦茶なのです。

 父が家族を襲い、皆が逃げ回る、戦うというなら話はわかりやすいですが、この映画の場合、家族の全員が全員を敵と見なして戦い始めます。じいちゃんが軍服を着て軍人になりきり、孫娘を緊縛して犯そうとしてみたり、兄貴がそのじいちゃんをぼこぼこにしたり、その兄貴を母親が殴ったり、もうこれ以上ないくらい無茶苦茶になる。何が何だかわからない、という形容がこれほど似合う映画もありません。これはアメリカ映画のような広い家屋ではなく、日本の小さな家だからこそこもる熱気です。「逆噴射」というのはつまり、はっちゃけた家族を押さえようとする父親からの逆噴射であり、また彼の暴走を食い止めようとする逆噴射であるわけですが、どちらもその威力が強すぎて狭い家の中で押さえることはできず、混乱の極致にいたるわけです。

とにかく狂い方がえげつない。この手の表現は緊張感と熱気がない限り、単に馬鹿な表現に堕しかねないのですが、狭い空間を活かした限定空間性の賜物でもあり、狂気が充満しきっているため、観ている側をぐいぐい引き込んでくれます。ディレクターズカンパニーの製作で、プロデューサーには『青春の殺人者』『太陽を盗んだ男』というこれまた狂った作品を監督した長谷川和彦がおり、原案は小林よしのりです。確かに小林よしのりっぽいというか、漫画的な表現、漫画のぶっ飛び方がそのまま映画にトレースされたような表現が映画全体に散見されます。また、娘の部屋に父親が入るシーンはホラー映画のそれであり、父親と息子の戦いはアクション映画でもあり、もうこれでもかというくらい詰め込んであるうえなおかつ、ロックがBGMとして効果的に使われているものだから、映画全体の濃度がきわめて高くなっている。

 これはいいです。この映画は素晴らしいです。馬鹿な表現の極みと言ってもいいです。適当にちょけてるだけのコメディやら「おバカ映画」やらでは到底太刀打ちできぬ地平にあり、なおかつ文章表現では絶対に不可能な快楽を与えてくれます。園子温を除いて今の日本映画が決定的に失ってしまっている、「映画的濃度」がこの作品にはあります。こういう狂気を描いて欲しいなあと思う。松本人志などにはこういう表現を期待したいです。結構コント的でもあるんです。「ごっつ」のコントでも、タイトルは忘れましたが、家の中が変になっているコントがありました。家族で平穏な朝食をとった後外出し、忘れ物に気づいて家に戻ると、家族が訳のわからないことをしているというやつです。他にも「ごっつ」では「浸水家族」という狂った家のコントがあるし、名作「とかげのおっさん」でも家族と思えた人々が急に掌を返すおかしさが描かれていました。テレビで可能な表現がどんどん摩滅している今、映画が狂気を描かなくてはならない時代だと思われます。

映画全体としては、小林克也が有する『家族のあるべき姿』へのオブセッション」が鍵になっていて、これは二十年後に園子温がつくった『紀子の食卓』に通底しています。園子温と異なり、オブセッションに対する反発が暴力という直接的な形で表れているのが本作です。本作が理想的家族とそれへの反抗(瓦解)という同一直線上の物語であるに対し、園作品は家族からの逃避と虚構的な構築という形式を持っており、これは時代の変化を感じるところであります。本作においてオブセッションにまつわる闘争は文字通り「家の瓦解」で結論づけられます。ここで終わるかどうかは映画の意味を左右します。この後でわずかに描かれるラストシーンでは、外で暮らす家族の姿が描かれる。これはオブセッションどころか、「家」という形式(常識)それ自体からの解放という点で反発した家族に軍配を、またそのうちで幸福に暮らす家族の様という点で父親に軍配を上げており、どちらを勝利させることもなく、映画はすべてを光の中に包み込んでいきます。そこではただ、「家族であること」のみが肯定されている。凡庸と言えば凡庸な結論付けではありますが、まあ映画全体の締めとしてはこれでいいのかもしれません。
 
 石井聰互監督は「1980年代の人」なんでしょうか。彼で話題になるのは今回の作品の他、『爆裂都市』や『狂い咲きサンダーロード』がメインです。90年代以降も撮っているようですが、あまり話題になっていないんじゃないでしょうか。今だからこそ、こういう表現を撮れる人に活躍して欲しいと思います。大変見応えのある映画でした。
[PR]
by karasmoker | 2009-05-10 15:16 | 邦画 | Comments(4)
Commented by pon at 2011-11-18 11:51 x
こんにちわ。かなり過去の記事にコメントするのにお許しを。
石井聰亙と井口昇と園監督を日本のトップ3と評価している管理人さんに、片腕マシンガールと狂い咲きをリスペクトしているであろう作品を見つけたのでお知らせします(僕のかってな思いつきです、根拠無し)。Hobo with a Shotgun 今月末、公開です。

ところで、石井聰互は同世代なのですべて見ましたが、逆噴射のネーミングは当時、日航の片桐機長がジャンボを逆噴射させて、おっこちたためキチガイ野郎に対するメタファーです、ご存知だと思いますが。ちなみにこの映画の企画出演の戸井某は当時何度かあったのですが、やな野郎です(笑)。同じく後々いろいろ大変だったであろう泉谷さんとは、数年前に温泉に一泊したのですが、一滴も酒を飲めないのに酒宴の席でもっとも逆噴射されていました。戸井某と違って素晴らしい人でした。
Commented by karasmoker at 2011-11-18 22:40
 コメントありがとうございます。
 『Hobo~』の名は目に耳にするところですね。新作には基本的に興味のない人間なのですが、アンテナを立てることにしたいと思います。

 戸井某という人は存じ上げませんが、ウィキによると『爆裂都市』の企画出演のようですが、違うのでしょうか。
 ところで、ひとつずっと疑問に思っていることがあるのでこの機会に訊きたいのですが、長谷川和彦監督というのはあの二作だけを撮って以来、何をして暮らしているのでしょうか。もう撮らないのでしょうか。もし知っていらして差し支えなければ教えてほしいところです。
 
Commented by pon at 2011-11-19 11:15 x
こんにちわ。ごめんなさい、管理人さんが見たいと言っておられたのが印象に残っていたので、混同いたしました。戸井某はバーストシティです。
戸井某とは、映画ではなくて当時オートバイ関係の仕事で何度か会ったのですが、良い思い出がないです。
長谷川監督は、一度きりしかお会いしていないのですが、あの暴れぶりを見るとなかなか信頼関係を築いて、仕事をおまかせするのは、覚悟がいるなという印象でした。何をして暮らしているかというと多分(私の想像ですが)○モです。
Hobo with a Shotgunですが、ルトガー・ハウアーがいいです。最近見た事無いほどセリフがめちゃクールです。
新作も結構いいですよ。今年は当たり年で、僕はアカデミー賞に興味が無いのですがいつのまにかキッズ・オールライトを除く8作品(作品賞ノミネート)を見ていました(笑)。
Commented by karasmoker at 2011-11-19 23:08
質問にお答えいただき、ありがとうございます。
映画監督は映画を撮っていないときは何をしているのだろう、というのはかねてよりの疑問だったのですが、そういう生き方をすることもあるわけですね。
 新作追い人になるにはまだ時間がかかりそうです。旧作の海はまだまだ広いですから、そちらの開拓がメインなのです。
 またのコメントをお待ちしております。
←menu