『日本のいちばん長い日』 岡本喜八 1967

十分に見応えある作品ですが、敗者の描き方次第ではもっとよくなった気がする。
d0151584_1822698.jpg

 1945年8月14日から15日、つまりは終戦を迎える激動の一日を描いた作品です。ぼくは恥ずかしながらこの宮城事件というのを知りませんでした。ポツダム宣言の受諾と玉音放送をめぐって、このような大変な一日があったのを初めて知りました。宮城事件とはつまり、陸軍の将校たちが玉音放送を止めるために決起、皇居(当時の呼称で宮城)を占拠した事件のようです。8月15日というと、どうも「戦争が終わった日」としてのイメージばかりで捉えてしまいますが、やはり中には「終われるかよ!」と思っていた人々もいたわけで、その人たちと政府、軍をめぐる攻防が描かれています。

 ほとんど予備知識なしで観たのですが、メンツが大変に豪華ですね。何より黒沢映画の三船敏郎と小津映画の笠智衆がメインを張っているところからして、こりゃあすごい映画なのだろうなと期待させます。前半はかなり粛々と話が進んでいきます。この日に至るまでの出来事がダイジェスト的に映され、厳かに終わりへと進む様子が映されます。ただ、どこかコメディ的でもあるのは、あの玉音放送の録音がその時刻をどんどん先送りにされるところです。いわゆる役所的な、手続き上のもろもろを片付けたうえでないと録音ができず、そうこうしているうちに次々問題が吹き上がってきて、官僚たちが大わらわというあの辺は結構コメディがかっていますね。

 そうして中盤以降、いよいよ陸軍将校たちの暴走が始まります。歴史上の事件を描いた作品がどうしても逃れ得ない物語上の宿命はつまり、結末はもうわかっている、ということです。暴走した将校たちが勝利し得ないのは、もうわかりきっているわけです。ただ、それでも魅せるところにこそ監督の手腕が問われるのであり、そしてこの映画はその映画的戦いに一応は勝利していると思いました。非常にハラハラさせます。それはやはり事件の大枠もさりながら同時に、うまく視点移動を活用しているからですね。三船敏郎は特別動き回らず、たいがい座っているだけなのですが、すごい存在感があるし、あの結末も大変濃度の高いものでした。黒沢年男扮する若い将校もこれまたすんごいエネルギーを放っています。「てっぺい」みたいな顔をしていますね(別に誰というわけではありません。なんか顔立ちが「てっぺい」的な顔、名前に「ぺい」が入っていそうな顔です)。あと、天本英世が演じたおっさんも面白い。あの「なんか訳のわかんない人」が暴れ出した感じがこの重厚な映画に妙味を加えています。天本英世は横浜警備隊の隊長役なのですが、まあ要するにぜんぜん軍や政府の中心とは何も関係ない人なんです。でも、なまじ地方で力を持っているものだから暴れ出し、この様がどうにも滑稽なのです。この映画、ひとつの視点から描いていたら結構退屈になった恐れがあるんですが、うまい具合に視点移動を繰り返すので、かなり魅せます。派手なシーンというのは数えるほどなのですが、そのどれもがいいシーンになっております。

 ただ、文句がないでもありません。天皇の言葉を録音したレコードがあり、それを翌日放送するため大切に隠しておくのですが、反乱した将校たちが放送させまいとしてレコードを捜索、その部屋にたどりついて探し始めます。観客としては、「あっ! 見つかってしまうぞ!」とハラハラするのですが、なぜか見つかることなく、すぐ次のシーンに映ってしまい、後日普通に侍従たちによって取り出されています。それに、「正」と「副」の2パターンのレコードがあったと後に知れるのですが、だったら別々に分けて保存しておけばよかっただろ! と思わされます。そしたら一個が粉々に破壊されるシーンなんかもつくれて、ああ、どうなってしまうんだ、ということもできたと思うんですが、あの辺の演出はよくわかりません。それと、あの天本英世の訳のわからないおっさんが結局どうなったのかもよくわからないまま終わっています。かなりフィクションがかった人物だと思うので、終わらせ方で魅せることもできたと思うんです。

 もうひとつ言っておくと、この映画、どうしてもあの黒沢年男たちが悪役に見えてしまうというのがあって、ここの描き方次第でもっとよくなった気もしないでもありません。あれだと、黒沢年男たちが、単に余計なことをしたやつらに思えてくるんです。みんなが静かに戦争を終わらせようとしているのに、それを邪魔するただの悪い反乱軍みたいになってしまっている。彼らの大義としては、このまま終わるのは腰抜けだ、今まで死んでいったやつらのためにも戦い続けねばならないんだ! というのがあるわけですが、どうにも「いらんことしい」の感じが強いんです。興奮して目をぎらつかせる黒沢年男の迫力がすごいわけですが、あれだと本当に単純に、感情的に暴走したみたいに見えてしまう。この点だと、たとえば新選組を描いたものなどは、負けたやつらに肩入れできる作品ですよね。駄目になった幕府と新しく国をつくろうとする新政府があって、要は駄目な幕府の下で暴れる余計なことをしたやつらとも言えるわけですが、それでも彼らは彼らなりに戦わずにはおれぬ、というのがわかる。この黒沢年男たちは、そうは見えないんです。ああ、もう本当に愚かなやつらだ、と思わされてしまって、彼が死ぬシーンにも悲しみがこもらないんです。盗人にも三分の理、造反有理と言いますが、どうもそこが弱い。そこをちゃんと描くと、あの「訳のわからない人」天本英世にも情感がこもったと思うんです。ここがあったら、もっともっと鑑賞後感は高くなった。日本は敗者ですが、この映画の中だけでは結局政府が勝利しています。敗者の中の敗者をより説得的に描けば、戦争それ自体の構図にも見合うように思うのですが、これだと結局正しいやつが正しく勝ったみたいで、戦争という出来事においてその構図で本当にいいの? という気もします。

 ただ、戦争映画としては大変重みのあるよい作品だと思います。これは戦争を実体験した作り手だからですね。その意味で言うと、もう日本映画では過去のような戦争作品はつくられません。いや、でもそれはそれで喜ばしいことではあるわけです。ただ、ここがジレンマで、戦争を知っている人だからこそ描ける戦争の凄惨さ、もう繰り返すべきではないというメッセージが生まれるというのもあるはずで、それのない作り手だと、もうひとつその点の強さに欠けるのは否めないでしょう。とはいえ、映画は結局そうしたメッセージを有効に社会に伝えるほどのメディアではきっとないんでしょうね。映画が戦争をどう描いたところで、起こる戦争は起こるし起こらぬものは起こらない。アメリカを見れば明らかでしょう。

 一本の映画としては見応えがあります。敗者の描き方次第でさらに深みが増したとも思われます。岡本喜八監督作はぜんぜん観ていないので、これから色々観るのが楽しみではあります。
[PR]
by karasmoker | 2009-06-06 09:56 | 邦画 | Comments(0)
←menu