<   2014年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

インターネット上で差別的な発言を繰り返され、名誉を傷つけられたなどとして、在日朝鮮人の女性フリーライター・李信恵リシネさん(43)(大阪府東大阪市)が18日、「在日特権を許さない市民の会(在特会)」などに総額約2700万円の損害賠償を求め、大阪地裁に提訴した。
 李さん側の弁護士によると、在日韓国・朝鮮人に対するヘイトスピーチ(憎悪表現)を巡り、個人が賠償請求する訴訟は異例という。
(『読売新聞』記事より抜粋)

 レイシズム、ヘイトスピーチにまつわる愚見はツイッターでもことあるごとに申し述べてきたのでありますが、今一度ここで整理しておきたいなあと考え、お話しをする次第なのでございます。

 といって、昨今の事情、情勢、あるいは近隣諸国との歴史的経緯などを総ざらえするのはさすがに手に余るのでありまして、話の力点としたい部分だけを述べるのであります。

 一般的な考えを申すのであれば、レイシズムは許すべきではありません。相手の人種、民族という属性をもって、罵倒することを許してはなりません。

 などというと、いやいや、向こうの国は反日教育を施し、反日政策を是としているのであるから、こちらも黙ってはおれぬという議論が起こるのですが、それならばその反日政策を行う政府(つまりは韓国政府、北朝鮮政府、中国政府)だけを叩けばよいのです。民族的な話ではないはずです。
 
 などというと、いやいや、その政府を支持しているのは民族なのであるから、民族、国民自体がよろしくないのだという議論が起こるのですが、それはとても乱雑な捉え方でありまして、政府の意思はイコール民族、国民の意思ではあり得ません。安倍政権の考えが日本人全員の考えと同じでないのと同じことであります。反日教育にしてみても、その教育にすべての国民が同意しているわけではないはずでありまして、それは日本を見ても同じこと。日教組の教育を受けたからと皆が皆、日教組的思想を受け継ぐわけはないのでありまして、教育それ自体が国民の思想であるというのは、まったくもっておかしな見方なのであります。ゆえにして、反日政策や反日教育をもって、民族そのものへの憎悪を抱くのは、あまりにも蒙昧な考えであろうと思うのであります。

 などといっているうちに前置きがどんどんと長くなるため、この辺にしましょう。
 さて、ことほどさようにレイシズムとは許されるべきものではありません。
 しかし他方で、ぼくは思うのです。レイシズムを、許してやろうと。
 さあ、ここからが本題なのであります。

 皆様の感情を逆撫でそうなことをあえて述べますが、ぼくは、「レイシズムを、ひとつの立場として認める」という考えを持ちます。

などというと、当然反論のために、皆様の指先が動き始めるのでしょうが、まあお待ちくださいませ。要点はここからでございます。

 以前「ゴキブリ考」の記事でも述べたのですが、レイシズムはひとえに、「嫌いから始まる」ものなのです。嫌う理由を尋ねればあれこれと出てきますが、それはすべて後付けであって、根本には「単に嫌い」という感情が居座っている。朝鮮人が嫌いだ、中国人が嫌いだという方々はまずはそれをお認めになるのがよろしかろうと思います。「嫌い」が先にあって、その「嫌い」という感情を補強するために、さまざまに情報を集め、時には虚偽すらも感情の補強に用いる。自分の感情に反する情報は排し、ただ「嫌い」を正当化するために必要なものを摂取する。すべての根本に、「嫌い」がある。

 そして、それは致し方ないことだとぼくは思います。人間は理性の動物であると同時に感情の動物でありますから、感情から出発するのも仕方のないことなのです。「レイシズムを認める」といった理由はまずここにあります。「嫌いなものを嫌いだと言うな」。そのような命令は自由権にもとるものでございます。

 さて、しかしここでぼくは立ち止まります。
 そもそも「レイシズム」とはどういうものであるのか。一般的な認識としては、「特定の人種、民族を差別する思想」のようなものでありましょう。ですがぼくの場合は少し違う認識なのです。レイシズムの本質はそこにはない。レイシズムの本質とはすなわち、「人種差別、民族差別がこの世にあることを、積極的に認める思想」なのです。

 この違いをおわかりでしょうか。
 思うに、レイシズムとは「差別する思想」ではないのです。「差別し、差別されることを受け入れる思想」なのです。なぜだか世間では後半が抜け落ちる。ぼくにはそれが不可思議でならない。

「誰かを差別する」ということは、「誰かに差別されてもかまわない」という意思の表明なのです。考えてみれば当たり前のことです。「俺はおまえを差別するが、おまえは俺を差別するな」などというのは、あまりにも子供じみた発想で、取るに足らない。語る必要もない。それでは「思想」の名に値しない。レイシズムを語るときには、むしろこの「誰かに差別されてもかまわない」のほうをこそ考えるべきなのです。

 だからぼくは言うのです。レイシズムを許容しろと。

さあ、そろそろ牙を剥きましょう。わかりやすくするために、会話形式でお届けします。

「俺は朝鮮人を差別するぞ。思想の自由だ。表現の自由だ」

「OKです。自由は許容されるべきです。ですが、レイシズムとは『差別する立場』であると同時に、『差別される立場』でもあります。差別する自由を認める代わりに、差別されることもまた、受け入れてもらわねばなりません」

「そ、そんなのは嫌だ。俺は差別したいんだ。差別されるのは嫌だ」

「子供ですかあなたは。それではあまりにもあなたに有利すぎる。あなたの差別を許しますので、あなたの身にたとえどんな不当な差別が降りかかっても文句を言ってはいけません」

「ふ、ふん。別にいいや」

「つまりあなたは、『差別される自由』を最大限行使できるのであり、差別が許されない社会においては、あなただけが唯一、差別の対象として扱われます。たとえば街中で、突然殴る蹴るの暴行を受けても、文句を言ってはいけません。あなたはレイシストであり、つまりは『不当な差別構造の存在を、受け入れる人間』です。とんだ茨の道ですが、あなたは自ら、そうありたいと願ったわけですから」

「ふ、ふん、じゃあ逆に、俺が街中で朝鮮人を殴る蹴るしてもいいわけだな」

「駄目です」

「なぜだ。話が通らないじゃないか」

「朝鮮人はレイシストではありません。その構造を受け入れていません」

「ふふふ、あいつらは反日政策をして反日教育で、日本人を差別していて……」

「あなたは本当に馬鹿だ」

「なんだと畜生、工作員! 在日乙! 必死www、ええと、それから」

「あなたはどうしてそうも自分中心なのです。いいですか、私たちはあなたを差別することができます。しかし裏を返せば、あなたのことしか差別できません。あなたは差別を一手に引き受けると先ほど表明しましたが、その対象はあくまであなた一人のこと。なぜあなたが、朝鮮人全体を差別していいのですか。あまりにも釣り合いが取れません」

「わ、わからないぞ。あ、そうだ、反日はお帰りください!」

「私たちはあなた一人しか差別できない。そのくせあなたは朝鮮人全体を差別すると言っている。それではあまりにもあなたに有利すぎる。と、そう言っているのです。それに、朝鮮人一人一人がレイシストかどうか、全員に調査したのですか。したはずはない。あなたはそのぼんやりとした目で、集団として見ているだけだ。レイシストでない可能性のある人間を差別するのは、ルールに反します。レイシストではない人間は、『差別される自由』を行使できないからです」

「そ、そんなの、それじゃああまりにレイシストが不利じゃないか。損じゃないか」

「ええ、しかし安心してください。あなたの立場は守られるべきです。あなたは世界で唯一、不当に差別されることを受け入れた人間です。あなたが大事にしたい差別構造を、私たちは全力で守ります。あなたは公道を歩いてはいけないし、公共の施設を利用してはいけないし、人権侵害にも反論してはいけません。それはあなたの意にも沿うはずです。あなたはそうやって、差別構造の存在を、この世に保全することができるのです。なんと素敵なことでしょう」

「じゃ、じゃあ俺も誰かを不当に差別してもいいんだな。半島へ帰れ」

「ええ、しかしそれはレイシスト同士に留めるべきでしょう。レイシストではない人を差別すれば、理に反します。繰り返しになりますが、レイシストではない人は差別されることを受け入れませんから、『朝鮮人を殺せ』などと公衆の面前で言ってはいけません」

「自由はどこへいった」

「お忘れですか。あなたは不当な被差別を自ら負うと宣言したのですよ。あなたから自由がなくなっても、それに反論することはできない。あなたに自由があるかどうか、あなたは決める権利を持ちません。あなたが望んだことじゃないですか。しかしそれは些細なことですよ。大事なのは、あなたが今から、差別され放題だということ。さあ、レイシズムを満喫しましょう!」

 おわかりですね。
「レイシズムを認める」とぼくが言ったのはこういうことです。
彼らは「差別の構造を守ろう」と言っている。それはすなわち、「不当な差別を受け入れる」と言っているに等しいのです。

 なぜそんなことを言うのかぼくにはまるでわかりませんが、まあ世の中には生粋のマゾヒストというのもいらっしゃるわけです。彼らの主張を守りましょうじゃありませんか。差別が許されないこの世の中で、唯一自らの意思で、自らへの差別を受け入れてくれるという彼ら。彼らの主張を守るとは、彼らを叩きつぶすことでもあります。彼らを叩きつぶすことは、彼らの望みでもあるわけですから、結果的には守ってあげることになるでしょう。その意味においてのみ、ぼくは言うのです。レイシズムを、許容してやろうと。

くくく。

[PR]
←menu