『パプリカ』 今敏 2006

アニメってものを真摯に考えているアニメだと思います。
d0151584_2433274.jpg

昨年の夏に亡くなった今敏監督作品。ぼくがこれまでに観たのは『パーフェクト・ブルー』『東京ゴッドファーザーズ』で、これが三つ目です。オリジナル長編アニメとしてはやっぱり宮崎駿、ジブリがダントツの知名度ですが、今監督のつくったビジョンというのはもっと大人好みなんですね。子供が観てわくわくするというタイプではぜんぜんないし、細田守監督の『サマーウォーズ』みたいに子供、若者に擦り寄ってもいない。でもそれはすごく大事なことであって、子供には敷居の高いアニメってものをもっと観たいです。萌え要素だの何だのというキャッチーでグッズ会議の盛るようなアニメじゃなくて、ああ、真っ向からアニメをつくろうとしているなと、感動させるもの。『パプリカ』はその感動があって、ここ最近で観たアニメ映画の中でいちばんびびびと来ました。

 筒井康隆原作らしいのですが、小説版は読んでいません。言い回しなんかはもろに筒井節全開のところも多いですね。筒井康隆の小説って、なんか「もうええねん、狂ったんねん、今回はめちゃめちゃでええねん、うも」と開き直っているものも多くて、その側面が随所でうまく活かされていたと思います。

『インセプション』に影響を与えたとも言われており(ノーランは否定しているそうですが)、そう思って観ればなるほど確かに同じようなガジェット。同じような夢の話。同じようなカット。人の夢に入る、人と夢を共有するうんぬんという設定で、夢の荒唐無稽ぶりが遺憾なく描写されております。
d0151584_23903.jpg

d0151584_2391844.jpg

d0151584_2393037.jpg

d0151584_2394365.jpg

 正直なところ、描き出されたビジョンでもう十分です。ええ、そのビジョンで酔わせてくれたのでオーケー。なんやようわからんところも多いんです。黒幕みたいなやつもなんか結局はしょうもないし、なんでそんなことになるねん、それができるんやったらもう何でもありやないけ、というのもあるんですけど、描かれていることがことごとく面白いのでオーケーでした。漫才でもコントでも、面白ければ脈絡も何もかもがどうでもいい。面白い、愉快痛快であることがすべてに優先する。この映画も同じようなもので、ビジョンの愉しさゆえにどんな荒唐無稽さも許容できる。ぼくの場合は、そうでした。
d0151584_240176.jpg

d0151584_2404081.jpg

d0151584_241879.jpg

d0151584_2412239.jpg

話だけに特化して観ていくと、そこまでいいとも思わないんです。あるいはぼくが読み取れていないことも多くあるのだろうし。でもまあ、夢を持ちだした時点でね、大事なのは整合性だの論理性だのじゃなくて、ビジョンなんですよ。これはタイムマシンものにも言えて、別の時空に旅立つうんぬんを言い出した時点で、ある程度の嘘や破綻は許容して観る必要があるし、大事なのはそれに拘泥することじゃなくて、どんなビジョンが展開していくかに見とれること。関係ないような話ですが、最近のぼくは「理屈馬鹿」というものについて考えていて、「理屈馬鹿」ってのは要するに理屈に固執して融通が利かなくなっているやつのことで、映画でも理屈馬鹿の見方は駄目なんです。「もうええねん、おもろかったらええのやねん、うるさいうるさい、好きにやらせろ」と暴走しているほうが、観ているほうを楽しませてくれるのです。うにゃにゃにゃにゃにゃにゃにゃといろんなものがでろでろ出てくるあのビジョンはいいですねえ。あれがなぜかものすごく気持ちいいのです。
d0151584_241418.jpg

d0151584_2415082.jpg

d0151584_242035.jpg

d0151584_242891.jpg

 声優も林原めぐみ、大塚明夫主演という大変素晴らしい2トップで、心地いいです。もう最近ではそれだけでも貴重です。まともなアニメにまともな声優が使われている、ということ自体が稀少ってのは、異常だろうと思うんですけどね。ちなみに『東京ゴッドファーザーズ』では岡本綾の声がノイズでしたので、集中がたびたび阻害されました。声優という職業はもっと独自のもんとして置いておいてほしいですね。タレントやモデルなんかとの垣根がゆるゆるすぎますから。声優からアイドルに、みたいなのもわからん。そういう人たち、そういうのを愛でる人たちって、本当にアニメが好きなんですかね?

 前にも書いたことですけど、アニメは現実の世界と断ち切れたビジョンをつくれるし、ひとつの完成した世界をつくれるわけです。実写映画ではたとえば意図せぬものが写り込んだりするけど、アニメではすべて作り手の意図のもとに描かれるわけだし(意図を越えてうんぬんという話はまた別だよ)、人物も街も自然も何もかもが思いのままなわけです。現実とは別の体験をさせるものが映画だとするならば、アニメは実写以上にそれが可能なんです。『パプリカ』はまさしく、アニメと夢という、「現実とは別のもの」を炸裂させうる作品であって、事実、この映画には酔わせてもらいました。アニメで何ができるねん、アニメって何やねん、ってことをすっごく真面目に考えている作品だと思います。
[PR]
by karasmoker | 2011-03-20 19:06 | アニメ | Comments(0)
←menu