『風立ちぬ』 宮崎駿 2013

そして、普遍的なものへ。
d0151584_05384326.jpg




 いやしくも映画評ブログを名乗りながらこういった話題作をスルーし続けていまさら取り上げるのが当ブログであります。もうさんざっぱら語り尽くされていますし皆様も読み尽くしているでしょうから、いまさら感はいつにもましてしまう次第です。

 観終えて思いますのは、いやはや「大師匠の技芸」の域であるなあということで、己の道を煎じ詰めていった末のもんやなー、という風に感じます。もう俺はさんざんやり尽くしたと。あんな料理もこんな料理もつくったと。で、最後に辿り着いたのがこの蕎麦と日本茶だったんだ、的なものを感じます。長編映画引退作というのが本当かどうかはわかりませんけれども、これで引退というのは格好いいです。
d0151584_05385222.jpg
 子供はガン無視ですからね。ファミリー層もガン無視だし、なんなら若者をガン無視してる感じすらします。カタルシスとかサービス精神みたいなものはもういいじゃないかと。今まで自分はさんざんやってきたと。そんなことはもういいから、ひとまずそこに座って、この蕎麦を食え、という貫禄があります。
d0151584_05385477.jpg
零戦開発者の堀越二郎の話と、堀辰雄の原作を織り交ぜた作品、ということですけれども、全編にわたって「おとぎ感」があります。あの庵野秀明の声がひとつの理由で、ぼくが素直に思ったのは「ドラクエの主人公みたいだな」ということです。要は非人格的というか、いろんなことがわりと「はい」「いいえ」で進んでいく中で、こちらがくみ取りながら人格を補完していくようなところがありますね。彼以外の人がいろいろ騒いだり飛び跳ねたりしている中で、プレーンな存在として映ってくる。極端な話、主人公はもう喋らなくてもいいんじゃないかとさえ思うほどでした。まあそれじゃ成立しないでしょうけれども。
d0151584_05390255.jpg
 でもね、であるがゆえの「行間」みたいなもんがあるし、無駄な饒舌は要らないという強靱さがあるんですね。これはなかなかできるこっちゃないです。やっぱりどうしても気の利いた表現をしてみたくなるし、いろいろ小細工をかましてリアリティを補強しようとなりがちだと思うんですが、それがない。「おとぎ感」と言ったのはそこです。おとぎ話の登場人物たちは別に細かい台詞回しとかないですよね。でも、必要なことは伝わるし、そこをこちらが補って読める。この映画はそれなんです。奥さんとのやりとりなんかがそうで、彼女に思いを打ち明ける場面がきわめつけです。
d0151584_05391411.jpg
 彼女にしても、正直細かい人間性みたいなもんが見えてはこないんです。彼女のパーソナリティってよくわからないというか、代替可能というか、ごつごつした人間同士の存在感みたいなものはないんですよ。どうして彼女なんだ、みたいなのはないんです。そして、それが別に要らないと感じさせる。よく言えばそれは普遍的な物語であり、ぼくの言葉で言えばおとぎなんです。

夢のシーンが随所で出てくるところからもわかるように、本作ではごつごつした現実味を描く気はないよ、というのがあるわけです。時代背景や出来事は随所で出てきたり語られたりはするけれども、背景以上のものにはなり得ない。
d0151584_05390703.jpg
 これね、アニメ監督が辿り着く領域としてはすごく真っ当であるなあと思います。
 というのは、アニメというのは原理として、「現実の画素」を減らす表現だからです。

 絵本の画がわかりやすいですけれど、描かれたものというのはつまるところ、現実の細かい部分を抜くことで成立している。画素を減らし、ある意味で平板な存在として見せられるものなんです。ある種の抽象表現なのです。

 具体的要素を捨象し、抽象的に物語る/描くということはすなわち、普遍的なものへアプローチしようという営みでもあって、アニメーターの究極的な欲望は、現実のごつごつとした要素を限りなく排した、普遍的な物語なのではないかと思うのです。
d0151584_05390511.jpg
 うーん、わかりにくいな。
 つまりですね、宮崎駿という人は世界最高レベルの描き込みを行ってきた人でもあるし、世界観を構築してきた人でもあるんですけど、そうやって「具体的なものへのアプローチ」を極めたあとに彼は、真逆の方向に触れたのではないかと思うんです。具体的なものを排して、普遍的なものを描くということです。そのためには過去作のような細かい描き込みも、細かい人物設定もむしろ邪魔であって、ほとんどおとぎに近しい物語と、非人格的な主人公が必要だったわけです。
d0151584_05391022.jpg
 ではその「普遍的なもの」とは何か、といえばこれは、「ただ己の求めるものを求めながら生きていく」ということだとぼくは受け取りました。彼の作った戦闘機は結果的に人々を死なせたかもしれない、戦争に加担することだったかもしれない。でも、それは描かれない。理由は明白です。一人の人間がそんなことを考えても仕方がないのです。
d0151584_05391259.jpg
 自分がやっていることが正しいかどうかなど、誰にもわかりません。自分が今何の罪の意識もなくやっていることであっても、もしかしたら後世に多大な影響を及ぼすことかもしれない。でも、そんなことは考えても仕方がない。やれることはただ、己の求めるものを求めることしかない。
d0151584_05390969.jpg
 アニメという道の求道者である宮崎監督が、老境の末に辿り着いた答え。がどんなものかぼくにはわかりませんし、これはあくまでぼくが感じたものでしかないのですけれども、本作からぼくが受け取ったのは、そういったものなのです。

 本作は、これまでの多くの宮崎作品とは確実に違っていて、さあ楽しませてくれよ、とポップコーン片手に観るようなものではないと思います。ただ、ある意味においてこれほどにむきだしの作品は過去になかったのではないでしょうか。観る者に託された作品。これを面白い/面白くないという評価軸で語るのは、いささか浅薄かもしれません。
 うーん、もう少しまとめられた気がする。時間を掛けないとまとめられない気もする。
 わかったようなわからないようなことを書いて、今日はここまで。



[PR]
by karasmoker | 2015-06-30 00:00 | アニメ | Comments(1)
Commented by ピアノ買取 at 2015-11-23 11:51 x
ピアノ買取センター ~ピアノ買取一括査定
pianocenter.jp
<a href=http://www.pianocenter.jp/>ピアノ買取</a>
<a href=http://www.pianocenter.jp>ピアノ買取</a>
←menu