自民党改憲案を考える 1 合区解消




 自民党憲法改正推進本部が2月16日、参議院議員選挙の合区解消にまつわる改憲案を示しました。憲法47条、92条についての条文案です。

 ここでは、47条について考えていきます。
 まずは現行の47条がどのようなものかを見てみましょう。

「選挙区、投票の方法その他両議院の議員の選挙に関する事項は、法律でこれを定める。」

 実にシンプルであります。
そして、今回示された条文案。
「両議院の議員の選挙について、選挙区を設けるときは、人口を基本とし、行政区画、地域的な一体性、地勢等を総合的に勘案して、選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数を定めるものとする。参議院議員の全部又は一部の選挙について、広域の地方公共団体のそれぞれの区域を選挙区とする場合には、改選ごとに各選挙区において少なくとも一人を選挙すべきものとすることができる。

 前項に定めるもののほか、選挙区、投票の方法その他両議院の議員の選挙に関する事項は、法律でこれを定める。」

 最初にこれを読んだとき、「選挙って何回言うねん」とつっこみたくなりました。なんとも持って回った表現の条文案です。内容的にも実になんというか、「これが結党以来の党是を体現したものかよ」と、少し悲しくなります。まず、最初の一文についていえば、いちいち憲法に書く必要がありません。「選挙区を設けるときは、人口を基本とし、行政区画、地域的な一体性、地勢等を総合的に勘案して」などというのは、「そりゃそうだろ。逆にそれ以外の何があるねん」という内容だし、「選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数を定める」についても同様です。これに反対する日本国民がどこにいるのか。議論にすらならず、改憲をする必要がぜんぜん見受けられない。

 二文目を見ましょう。こちらがつまり、合区解消を謳っている芯の部分です。両議院でもかまわないのに、わざわざ参議院議員と限定しているのですね。
「参議院議員の全部又は一部の選挙について、広域の地方公共団体のそれぞれの区域を選挙区とする場合には、改選ごとに各選挙区において少なくとも一人を選挙すべきものとすることができる。」
このつっこみどころとしては、「少なくとも一人を選挙すべきものとすることができる」の部分です。

「すべきものとすることができる」「すべきものとすることができる」「すべきものとすることができる」

 なんじゃそりゃ。
「すべきものとする」で切るならわかります。各都道府県から必ず一人は議員を出すんだぞ、これが守られなければ違憲になるぞ、というメッセージを打ちたいなら、「選挙すべきものとする」で切ればよろしい。それをあろうことか、「することができる」にしちゃったらどうなりますか。「するもしないも自由だけど、まあ、したい場合にはすることができるよ、別にどっちでもいいけど」程度の意味でしかないじゃないですか。

 すなわち、たとえ合区が解消されなかったとしても、この条文ではぜんぜん問題ないことになります。時の与党が法律をいじくり、「少なくとも一人を選出すべき」としたければすればよいし、することができる。ただし、しなくてもよい。だから、与党の裁量で合区オッケーになる。そんな風に解釈できてしまうのです。

 当然、今の状況のままで合区を解消すれば、一票の格差問題とバッティングする(一票の格差を是正したのが合区なのですから)。仮にこの条文案が通り、都道府県ごとにブロックを分けた瞬間、一票の格差問題と正面からぶつかる。自民党はその辺を勘案したうえで、「することができる」を入れたのでしょう。なんとも腑抜けた話です。たとえこの条文案のまま「憲法改正」したとしても、実際は別に合区を解消しなくていいようになっているのです。「一票の格差の問題がありますから、今回については、『少なくとも一人を選挙すべきもの』とはしません。することはできるけどやりません」が成立します。

 もう完全にばれている。隠す気すらない。
 
 繰り返し述べているように、自民党改憲本部は「とにかく一発ヤりたいおっさんの集まり」なんです。愛情も熱意も誠実さも二の次で、とりあえず一発ヤらせてよと迫っているだけです。実際に付き合う気など無い。完全にばれている。
ぼくは改憲についてまったく反対ではないけれど、このレベルではさすがに同意できない。憲法ちゃんは大事な子です。憲法ちゃんと真面目に付き合う気がないなら、拙いラブレターなど端から書かなければよい。

 もしも本気で合区を解消したいなら、悠長に憲法論議などしている場合ではない。選挙制度にまつわる論議を国会で進めればよろしい。来年には参院選があるわけですから、合区解消と一票の格差をどう埋めるのかについて、一刻も早く選挙制度改革に着手すればよろしい。選挙区と比例区の議席配分を見直すもよし、参議院の議席数を増やすもよし、議席数を増やすと金が掛かるというなら、その分だけ今の議員の収入を削るもよし。242人が244人になろうが245人になろうが、大した金じゃない。少なくとも、国民投票のための850億よりはずっと安上がりだ! 幸いにして今の憲法47条は、「法律でこれを定める」という、裁量の広いなんとも簡単な条文なのです。さあ、国会で選挙制度改革に動けばいい。

 しかし、立法に動く気はない。立法じゃ気持ちよくなれない。立法とかそのための議論とか、しちめんどくさいことは後回しでいい。
 なぜなら、一発ヤりたいだけだから!

 改憲は結党以来の党是、結党以来の悲願。
 その看板を掲げ、絶対安定多数の議席を占め、半世紀以上の時を経て提出したものがこれです。
 ぼくはとても悲しい。
 憲法改正、特に九条二項については変えるべきだとぼくは思う。
 けれどこの程度の改憲案しか出せない、憲法について何の愛情も熱意もない、ヤりたいだけの改憲派とは、とてもじゃないけれど同調できない。
「先っぽ入れるだけだから、ゴムつけるから、外出しするから、お願い、一発ヤらして」みてえな、こす辛い口説き方で憲法ちゃんを落とそうとしてんじゃねえ!
 いささか感情的になってしまいました。
 92条については、特に触れる気にもなりません。
 ご意見は、お気軽に。 

[PR]
by karasmoker | 2018-02-16 21:06 | 社会 | Comments(0)
←menu