『ハドソン川の奇跡』 2016 クリント・イーストウッド

実話を描いて端正で丁寧。けれど。
d0151584_03185288.jpg


 原題『Sully』

 2009年のニューヨークで実際に起きた飛行機事故、USエアウェイズ1549便の不時着水事故の顛末を描いた作品です。

 鳥の大群との接触事故で、民間機がエンジン喪失の事態に陥り、機長と副操縦士は咄嗟の判断でハドソン川に着水します。結果的に全員が無事救出されるのですが、果たしてその判断は正しかったのか、空港に引き返すべきだったんじゃないかと航空会社に咎められてしまい、トム・ハンクス演じる機長は大いに悩むのです。
d0151584_03155589.jpg
d0151584_03155768.jpg
100分に満たないタイトなつくりの映画で、評価も高く、この年のキネ旬では外国映画部門の第一位に輝いているのですが、ぼくは体感時間が長く感じられました。実話をもとにして、あの巨匠イーストウッドが端正に丁寧に描いたのはわかるのですが、その分だけ、ぼくのような安い舌にとっては、「上品な味わいだなあ、上品なんだけどもう少し塩味があってもいいんだよなあ」という具合でありました。
d0151584_03154795.jpg

 事実ベースの映画だし、構成上どうしても仕方ないんですが、この作品の場合は、最大のハラハラポイントが序盤で明かされてしまっているわけですね。というのも、生死のかかった飛行機事故を題材にした場合、やはりそこは、助かるのかどうなのか、というハラハラ感がほしくなる。そこはもう、早い段階で終えてしまっているのでねえ。
d0151584_03153863.jpg
いや、歴史上の出来事で、結末がわかっていても楽しめるものというのはあるわけです。それこそ大河ドラマなんて、最終的に誰がどうなるというのは既に判明しているわけですからね。それであっても、ドラマの作り方一つで、先の展開が楽しみになって観てしまうのです。
d0151584_03155324.jpg
 この映画についても、全員助かったという事実は既にわかっているので、そこを勝負どころにしないのはわかります。であっても、「その生死のかかった極限状態」のほうが映画として吸引力があるので、その後のドラマについてあまり逼迫感を覚えられなくなる。
d0151584_03154877.jpg
 この映画において最大のコンフリクトは、「事故当時の機長の判断は正しかったのか、それを調査委員会が調べる」という点にあって、そこをクライマックスに持っていくわけですが、映画を観るときに大切な「どうなってしまうのか」感が弱い。最悪の場合でも、命までは取られないわけですし。
d0151584_03154512.jpg
でねえ、調査委員会の公聴会に呼ばれるんですけども、そこのやりとりがどうも緊迫しないというか、「そんなの最初の段階でちゃんとしておけよ」という内容なんです。

 調査委員会は「コンピュータなどでシミュレーションしたところ、機長の判断は正しくなかった、あれは問題だった」みたいにして話を進めるのですが、そのシミュレーションの部分が、まったくのド素人であるぼくにもつっこみどころ満載なのです。トム・ハンクスがそこを突いて、相手側は簡単に「確かにそうだ」となっちゃうので、緊張感に乏しい。
要は「シミュレーションと現場での判断は違うんだ」ということなんですけど、その手のことは他の物語やなんかでも散々に言い尽くされているし、新鮮味がないのです。
d0151584_03154361.jpg
 どこかでトム・ハンクスが追い込まれればまた別なんです。査問する側が痛いところを突いて、トムが窮地に立たされて、それでも新事実が発覚して、みたいなことがあれば映画に綾がつくと思うのですが、いかんせんそういうことでもない。
d0151584_03154132.jpg
 もちろん、実際の事故に対する機長の判断には敬意を表するし、そういう出来事を映画という形で世に広めるのは価値のあることだと思う。当時の出来事について、映画という表現で歴史に残しておくべきだろうとイーストウッドが思ったのなら、なるほどそれはその通り、と思う。ここで申し上げているのはあくまで、ひとつの映画として観たときにどうなのや、ということです。何も大袈裟な脚色をせよというのではないし、人間ドラマをゴテ盛りにしてほしいのではないけれど、構成やコンフリクトの部分では、映画的魅力をぼくはさして感じられませんでした。このつくりなら、ドキュメンタリーで観たほうがよほどいろいろわかりそうだな、と思わされる。

 うーむ。
 いろいろ書いたのですけれども、タイミングやぼく自身の成熟度の問題もあるかなあとは思います。イーストウッドほどに老成した名監督が描いたものを、ぼくごときではきちんと味わい切れてないという部分もあろうかと思います。「もっと塩味がほしいだって? 若いねえ、この味がわからないとはねえ」とイーストウッド監督に言われたら、しゅんとして俯いてしまうかもしれません。現にぼくは最初、『グラン・トリノ』の味わいがわからなかったのですけれども、あとになって最も好きな作品のひとつになりましたから。

 もっと年をとったときに、あらためて観るべき映画なのかもしれないなあと思います。


[PR]
by karasmoker | 2018-05-01 03:20 | 洋画 | Comments(0)
←menu