『映画 聲の形』 山田尚子 2016

この作品は、これでいい。
d0151584_19181550.jpg

 かなり話題になり、評価も集めた漫画ですが、ぼくは未読でありまして、「聴覚障害者の出てくる作品」という以外の予備知識はほぼゼロで観ました。観終えた後で知ったのですが、絶賛している人も多い一方、町山さんはキャラクター造型に否定的な話をしていたりするようです。まあ、うん、そこはまあわかるかなというのはありますが、うむ。
d0151584_19302044.jpg
 序盤は小学校の話です。主人公の将也のいる学校に、聴覚障害者の西宮硝子が転校してくるところから話が動き出します。最初は物珍しく受け入れていたのですが、硝子がだんだんといじめられるようになり、そのいじめが発覚してから将也は暗い人生を送るようになってしまい、そのまま物語は高校時代へと移行します。
d0151584_19302319.jpg
 高校生になった将也は小学校時代とは対照的に暗い毎日を送っており、自殺まで考えるほどに落ち込んでいます。一方、過去の体験ゆえか手話を習ってもおり、手話教室に出向いたところで硝子と再会し、話の本筋が動き出していきます。
d0151584_19303374.jpg
d0151584_19302801.jpg
 この映画はいい映画か、そうでないか。
 賛否もあるだろうと思いますが、ぼくはその賛否を招いたことひとつをとっても、いい映画なのだろうなとは思います。この映画を観た後で、よくないところもいろいろ語れるだろうし、一方で美点も大いにある。観た後でいろいろ語れる映画は、総じていい映画でありましょう。
d0151584_19303016.jpg
 アマゾンの★レビューなどを観る限りは実に3分の2が5つ星を挙げているくらいですし、アニメファンの勘所を押さえているのもウケた要因だと思いますね。ラノベでは既に「テンプレ」といえる設定でしょうが、主人公は孤独な高校生であり、自分を慕ってくれる無垢な美少女がおり、母親は「姉貴かよ」とつっこみたくなるほど若々しく、それでいて父性的存在=大人は希薄に描かれている。ついでに、これまた無垢そのものの可愛い幼女キャラがおり、生意気系の妹キャラやツンデレな(そしてヤンデレっぽくもある)元同級生、博愛主義のクラスメイト、無害にして善良な友人などを配合。「こういうの好きだろ」っていう設定を的確に突いている。ベッタベタに手垢のついた日常設定に障害者という「異物」を埋め込みつつ、青春を描く。きわめて周到です。
d0151584_19303474.jpg
 このように言うと突き放したように聞こえるかも知れませんが、違います。アニメファンや漫画ファンを引きつける王道をきちんと押さえているね、ターゲッティングがしっかりしているね、ということです。見習うべき部分が大いにあるのです。

 障害者を描くということは、何につけその描き方が議論の的になるものですが、本作については町山さんが疑義を呈していました。いわく、西宮硝子を綺麗なもの、か弱いものとして描きすぎではないか。障害者だって陰の部分はあるわけだし、障害者を綺麗なものとして描きすぎることは、むしろ彼らを遠ざけることにならないか。障害者の人間性を描けていないのではないか。というような話でした。

 確かに本作の硝子は、綺麗でか弱い存在なんですね(原作は未読なので、映画についてのみ言及しています)。小学校でいじめられても不満そうな顔をしないし、周りから嫌われても暗い顔を見せない。臆病かつ美しく、将也に想いを寄せている。小学校の教室で将也につかみかかる場面はありますが、高校生時代には妹と喧嘩するくらいで、外に対しては陰の部分を見せません。町山さんは、登場人物の少女・植野の怒りに同調を見せつつ、硝子の人間性が見えづらいと指摘しています。

 障害者をモチーフにした映画において、本作の描き方は是か非かということです。

 うーん。

 ぼくなりに思うこととしては、この作品がどの層を狙っているかってことですね。そして、現在の日本における障害者のあり方ってことにも絡んでくると思います。

 上述したように、本作はアニメファン、漫画ファン(ないしラノベファン)、つまりはその種の若者向けの作品として、ツボを押さえています。そして現にウケている。であれば、西宮硝子の人間性を微細に描く、陰影をつけて描くというようなことは--身も蓋もない言い方ですが--マーケティング上、不要なんです。
 これは思うに、「文学を観たいか、アイドルを観たいか」ということでもありましょう。町山さんは文学を観たいと思った。そこにある障害者の人間性。社会や人間関係に対する不満。利己的な部分。打算的な部分。そうした負の部分をも含みこむ文学性を求めた。
 かたや、多くのアニメファンにとって必要なのはアイドル性でしょう。
 主人公に食ってかかるヒロインは可愛くありません。『あの花の名前を僕たちはまだ知らない』におけるめんまがそうであるように、主人公に対しては無償の愛を注ぐか、ないしは主人公にとって適度に都合のいい人物であってほしいのです。利己的で打算的な、人間くささなど要らない。いや、まったくないのも退屈だ、ちょっとだけあればいい、無害なレベルでスパイスを利かせてくれればいい。それがアニメや漫画における、人気ヒロインというものです。
d0151584_19304246.jpg
 だから、本作としてはこれでいい。裏を返せば、本作はあくまで本作のレベルに留まる。高校生の母親なのに20代にも見えてしまう金髪の母親が典型。重んじられているのはリアリティよりもアニメ的心地よさです。もしもリアルな障害者像を本作が求めるなら、あの母親だってもっとリアルに描きます。登場人物のリアリティラインがそうなるでしょう。でも、本作はそういう作品ではないのです。
d0151584_19303629.jpg
 なんだかんだ言ってくさしてやがるじゃないか、と思われるなら、くどいようですが本当に違います。そういう作品だからこそ、広い人気を集めたとも言えます。そして、広い人気であるがゆえに聴覚障害者への関心が高まり、理解が少しでも深まるなら、それはいいことです。
d0151584_19304401.jpg

 感動ポルノなんて言葉もありますが、現代の日本はおそらく、「障害者のリアルな姿」「障害者の人間性」などに興味を持つほど、障害者に関心がありません。残念ですが、そういう状況です。東京オリンピックに関心が集まれど、パラリンピックは大して盛り上がらないでしょう。障害者が健常者と同じレベルまで努力する姿は「感動」を呼ぶけれど、健常者を超える能力を持つ障害者には興味がない。健常者が上、障害者が下。健常と障害という言葉もまた、その認識を保ち続けます。障害者雇用を中央官庁が水増ししていても国民は大して怒りを持たず、残虐きわまりない差別的殺人も風化していく。
d0151584_19302640.jpg
 いい悪いではない。日本の現状はその程度だということです。なればこそ、まずは障害者の存在に興味を持てる題材を広めることが大事であり、ヒットのツボを的確に押さえる作品は大切にしなければなりません。町山さんが期待する、細やかな人間性うんぬんにいたるのは次の段階なのです。アニメ好きな若者が本作を観て、障害者に興味を持つことがあるならそれでいい。障害者という存在を遠巻きにではなく、アニメキャラを通して身近に感じてくれたり、好感を持ってくれたりしたらそれでいい。西宮硝子は終盤で自殺を図る。その悩みの片鱗を見せることができればそれでいい。この作品は、社会的役割を十分に果たしているのです。硝子の拙い喋りが聴覚障害ゆえの響きでなく、可愛さを帯びるのならそれもいい。
 
d0151584_19303975.jpg
 この作品は、町山さんが期待するほどの水準にある作品ではない。
 ただ、日本の現状を鑑みる限り、それでいい。

 褒めてるんだか貶してるんだか最後までわかんねえな、と思われたかもしれませんが、多少なりともいい年をこいてくると、この手の青春譚に諸手を挙げてワッショイする気には到底ならないものなのです。むしろ、周りのことをあれやこれやと考えるものなのです。
 そしてそのうえで、ぼくはこの作品に対して、とても肯定的であります。


[PR]
by karasmoker | 2018-09-16 06:45 | アニメ | Comments(0)
←menu