カテゴリ:社会( 11 )

公党は公党たるに足る、明確なメッセージを出してください。
 相模原の障害者施設における殺傷事件。この件については個人的な事情もあって、強い憤りと悲しみを感じています(ぼく個人は、被害に遭われた方々の関係者というわけではありません)。

 謹んで、ご冥福をお祈りします。

今回の事件は、明らかに障害者だけを狙った犯行です。犯人の精神状態がどのようなものであるかはわかりませんが、彼らが標的となったことは明白です(ところで、「障害」を「障がい」と記すべきという主張もありましょうが、ここでは漢字表記とします)。

 その意味において、本件は明確なヘイトクライムです。無差別なものではなく、特定の性質を持った人々を狙っている事件としては、戦後最悪のものであろうと思われます。

 にもかかわらず、とぼくは思ってしまうのです。

にもかかわらず、政府ならびに公党各位の反応が鈍い。そのように感じてしまうのは、ぼくだけでしょうか。この事件は無差別なものではない。特定の人々に対する犯罪です。それは個人的な人間関係や利害に基づく殺人とは別種のものです。近代社会が築いてきた「障害者福祉」という理念をも傷つけるものであり、政治家の方々にはより強い批難のメッセージを放ってほしいと、ぼくは思うのです。普段から、道徳や秩序を大切にしようと仰っている方には特に。そして普段から、弱者の権利を大事にと謳っている方には特に。

 むろん、政治家の方々個人はSNS等々で、本件に言及されていると思います。しかし、そこは個人としてでなく公党として、あるいは政府としてメッセージを打ち出してほしい。

 我が国(我が党)はヘイトクライムを許さない。
 障害者の人々を標的にするような犯罪を、我が国(我が党)は断じて許さない。

 そう明言してほしい。この記事を書いている現在、ネット上には発見することができません(もしあれば、教えてもらえるとありがたいです)。知的障害者の人とご家族の方の「全国手をつなぐ育成会連合会」の声明のようなものを、公党には出してほしい。

 政治的テロが起きた場合、政府は速やかにそのような声明を打ち出すじゃないですか。「テロには屈しない」「テロを許さない」「断固としてテロと戦う」 
なぜその勇ましさを、今回は発揮してくれないのか。
 国として、政府として、党としてそのメッセージがあるだけで、わずかでも安心できる人々がいるとぼくは思うのです。ところが今、テレビや新聞を賑わせるのはむしろ、あの犯罪者の呪いの言葉のほう。なぜどの党も、正面からあの呪いを打ち消そうとしないのか。ぼくにはそのことが、輪を掛けて悲しいのです。

 世間では間もなく、ゴジラの映画が封切りとなります。新しい都知事も決まります。ポケモンだって、まだまだユーザーと評判を広げていくでしょう。そうなればまた、世間の注目はそちらに移ってしまうことでしょう。その前に、政府や各党はこの件をもっと大きく取り上げてほしいとぼくは思う。それがたとえ集票狙い、選挙目当てだってかまわない。
 あの呪いを打ち消すメッセージを、もっと放てよ。


       ********************
 
ついでになりますが、この事件に関連して気になるブログの記事を見つけたので、ちょっと話しておきたいと思います(政党の方に向けてのものではありません、あえてリンクも貼りません)。
d0151584_05394263.jpg
 殺人事件というのはドラマや映画なんかで見る限りは刺激的だし、実際に起こった猟奇的な事件なんかにしても、ぼくもまた好奇の目で見つめてしまうことがたまにあります。その被害者のことなんか考えずに、事件の特異性に目を奪われてしまうことはあるし、きっとこれからもあると思います。

 けれど、この事件についてはまだ起こったばかりであり、今もなお重傷を負って苦しんでいる人がいるわけです。あくまで、可能性として、さらなる犠牲が出るかもしれないのです。

それをよ。

 早々とランキングとかにしてんじゃねーぞ。

 第何位とか、数字にしてんじゃねーぞ。

 もしも、今も重傷で苦しんでる人がこのあと死んだりしたら、その犠牲者の数字を書き換えるのかよ。ランキングの順位いじるのかよ。どんな顔してキーボード叩くんだてめえは。おっと、一人増えたのか、書き換え書き換え、とかやるのかよてめえは。

どんなに映画に詳しいか知らねえが、どんなに文学に詳しいか知らねえが、それは今、やるべきことなのかよ? 今、やらなくちゃいけないのかよ? 一ヶ月後じゃ駄目なのかよ? だったらその旨も書き添えてくれないか。ぼくには意図も意味がわからないからさ。
どれくらい深刻なものかをわかりやすくした? それはランキングじゃなきゃ駄目か? それが「男の魂」か?

個人の趣味のことですから、リプを飛ばして突っかかっていく気はありません(反応があればお答えします)。でも、こうして空リプを飛ばすくらいはさせてもらいたいと思います。

ついでと言いながら、つい熱くなってしまいました。

 ヘイトクライムを許さないというメッセージが放たれることを、強く期待します。

[PR]
d0151584_06575815.jpg


放送に隠されていた問題点
 7月25日放送のNHK「クローズアップ現代+」の特集を、タイミングよくリアルタイムで全編観ました。「AV出演強要被害」の問題についてでした。かなり問題の多い放送だったなあという印象を受け、むかむかし続けているので、ここで吐き出しておこうと思うのであります。

 昨今言われる一連のAVの「強要被害」について、ぼくが認識したのは今年の5月頃。それ以降あちこちでさまざまな見解が語られてきたわけですが、あの問題提起がいみじくもあぶり出した、別の側面があるんですね。「強要被害」が語られることを通して見えてきたのは、社会における「AV業界蔑視」問題。NHKの放送は、完全にそれを描き出していたように見受けます。

 かの放送の内容が、AVへの意図せぬ出演を防止する目的で描かれたものであることは、重々承知しています。ただ、そうであるがゆえに一方的な内容のものであったとも、強く感じるわけであります。

 放送において最も問題があるなあと思った点は、AVあるいはAV業界の良い面が、25分弱の放送の中で、ただの一言さえも触れられなかったところです。いや、今回の放送のテーマは強要被害問題だから、何もAV業界全般について詳しく触れろと言っているわけではない。本来ならまともな業者の取材もするべきだったけど、まあそこは言いません。

 ただ、ただ一言で良かった。

「こういうことがあると、健全に活動している業者も迷惑を受けてしまいますよね」とか、「業界全体のイメージが悪くなってしまいますよね」とか、「こういった悪事はあくまで一部の悪質な業者だけと信じたいんですけど」とか、「自発的に活躍している女優さんもいっぱいいるんですけど」とか、ささやかなフォローがあるだけで、ぼくはぜんぜん違う印象を持ったはずです。っていうか、他の業界のことなら入れるでしょうね、そういうフォローを。
d0151584_14103132.jpg
 でも、その一言すらない。観ている人は、「なんかAV業界って怖いんだね」というイメージを持つだけでしょう。今回の放送で、多くのまともなAV業界人が傷つけられたんじゃないかと僕は思ってしまうし、実際反発している人もツイッター上で見受けました。「ぜんぜん業界蔑視的じゃなかったよ」的に逆張りしてる人とかいるんですが、そういう人は普段からナチュラルに蔑視してるんじゃないかな、と思います。自分の差別意識に、人は気づきにくいものです。


彼女が戦うべき別の相手
 放送では松本圭世という、元テレビ愛知アナウンサーの女性が証言者の一人として登場していました。彼女は騙されてAVに出演してしまい、アナウンサーの職を追われてしまい、今は被害に苦しむ人たちを応援する活動をしているそうです。

 はて、ぼくにはひとつ、たいへん大きな疑問があります。なぜ、彼女は職を追われる羽目になったのでしょうか。構図としては、彼女はまあいわば、レイプされてしまったような格好のわけですね(実際は性的行為を行ってすらいないようですが)。で、そのレイプ被害者の彼女が、レイプにあったということで職を追われたと、そういう話なんでしょう? 確かにそりゃ、レイプ犯はよくないです。ここは強調しておきます。でも、レイプされたからとやめさせられるなら、それもまた大問題でしょう。それじゃまるで、イスラムの姦通罪、名誉殺人じゃないですか。
d0151584_14103397.jpg
 なんでそんなことが起きるかと言えば、AV自体を悪いものだと決めつけているからでしょう。AVに出た人間はアナウンサーでいる資格がない。そのようにして、AV女優を差別しているわけでしょう。そういう捉え方が、彼女を傷つけることになったんじゃないのかとぼくは思うわけです。だから彼女が戦うべきは、そのAV業者と同時に、雇われ先のテレビ局であったはずだし、あの放送に出ていた弁護士さんがもしも本当に人権派だというなら、そんなことでやめさせるなと憤るべきなんです(放送では一切言わなかったね)。

 繰り返します。AVの強要を擁護するつもりはない。でも、放送に出ていた匿名の証言の傷をさらに深くしたのは、AVへの蔑視でもあるんじゃないかと思えてなりません。「レイプまがいの事件に巻き込まれた」辛さのうえに、「AVなんていう醜悪なものに出てしまった」という価値観が乗っているとしたら、後半部分については緩和しうるものだろうと思うのです(くどいようですが、レイプまがいで出されたビデオを放置してよい、と言っているわけではありません)。
d0151584_14103084.jpg
 そうでなければ。

 AV女優はこの先も、ずっと蔑視され続けてしまう。AV強要被害が仮になくなっても、「AVに出たら人生終わり」みたいな価値観が残存していたら、AV女優の人たちは不当な蔑視を受け続けることになる。ぼくにはそれがどうしても許せない。強要被害がなくなれば蔑視はなくなるか? そんな風には思えない。強要被害の実態が出る前から、蔑視はあったじゃないか。だからアナウンサーは辞めさせられたんでしょう?

 いいじゃないか。AVに出ていたって。

 その言葉が、もっと必要だと僕は思うんです。



声優さんの件
 今年の4月には、人気声優さんがAVに出ていた、出ていないという件で話題を集めました。そのときには「AVに出ていたなんてショックだ」という反応が、ネット上で見受けられたと記憶しています。本人は否定しているとのことでしたが、ぼくはそれを聞いて、「ぜんぜんかまわないじゃないか」と思いました。声優が紅白に出るのはよくて、なんでAVに出ちゃいけないんだ? 

 はっきり言って、「AVに出てたなんてショック」と感じるその感じ方自体が、(もし仮に本人だったとして)彼女を傷つけることになると思います。もしもあなたが本当に彼女のファンだというなら、鼻息荒く出演を否定するのではなく、「AVに出ててもぜんぜんいいじゃん」「AV出演なんて、攻めてるじゃん」と鷹揚にかまえればいい。それができないということは、あなたは彼女を、そして何千人のAV女優をも傷つけているということです。差別に加担しているんです。仮に本人の意思に反しての出演ならば、その点には問題があるでしょう。でも、彼女自身の価値はなんら毀損されないということです。

 伊藤和子弁護士、もしあなたが本当にAV強要の被害者を救いたいと、もし本当に思っているなら、今やっていることのある部分は、完全に真逆です。「AV強要被害をなくす」ことはできたとしても、「AV強要被害に遭った」人たちは救われません。なぜなら、AV出演自体を悪いもののように捉えているからです(そうでないというなら、今回の放送でなぜ一言も、AV業界をフォローしなかったのか)。

被害者を本当に救うために
 AVに出た過去は消えないし、たとえ作品の流通を止めても、その人の中には記憶として残り続けるでしょう。その人を本当に救うには、「AVに出たなんて恥辱だわ」という感覚を取り去ってやることです。そのためには、AVに出ることはなんら悪いことではないというメッセージを放つことです。AV蔑視のある限り、その人は永遠に救われません。そんなメッセージは放てないというのならば--断言してもいい--あなたはその人を救う気がないんだ。自分の差別精神と偏狭な価値観が大事だから。

 こういう話をすると、「もし自分の娘が」的な反応も考えられますので、言っておきます。僕に娘はいませんが、仮にいたとして、もしも本人が自分の意思でその道を選ぶというならまったく止めようとは思いません。よく考えろとは言うかもしれませんが、それはどの業界であっても同じだし、本人の生き方次第でしょう。もしも強要されたら? その場合は憤るでしょう。でも、強要されたら別にAVに限らず、何でも怒るんじゃないですか。むりやりコンビニで働かされようが、むりやり会社に内定させられようが、むりやり政治家にさせられようが、強要ということそれ自体に僕は怒るでしょう。強要自体が、人権侵害なのです。職業は関係ありません。
 世間の方々におかれましてはどうか、「出演強要」と「出演自体」を切り分けて捉えてほしいと願います。「出演強要」をした人間には問題があっても、「出演自体」を行った本人には問題がないし、むしろAVは映画にもテレビにもできない魅力的な表現を行っている媒体なのです。ぼくはAVでヌくたびに、女優へのリスペクトを感じてやみません。

「AV出演強要」問題について、もしあなたが部外者なら(ぼくもですが)、解決することはできません。でも、AV蔑視問題については解決しうる。あなたがやめればいいのです。見方を変えるだけなのです。ひいては、(あるいは逆説的に思えるかもしれませんが)被害者を救うことにもなるでしょう。できることを、してほしいと思います。
d0151584_07000876.jpg
d0151584_06582227.jpg

[PR]
 強要によってAV出演させられた、という元AV女優がいるらしく、メーカーやDMMを巻き込んで大ごとになっています。
 事務所社長の逮捕容疑は強要とは別ですが、マスコミでも取り沙汰されているので、無視できる要素ではありません。
 今回の「被害者」とされる女性は、通算400本以上の作品に出演していたと言われています。本人を知る現役AV女優が「本人は楽しんでやっていたし、強要なんて考えられない」と異論を唱え、一方では「楽しんでやっているように見えても、あとで辛くなることもある」と、反論が出たりもしています。

 本記事では、洗脳という言葉を使います。今回の件について、一種の鍵概念たり得ると思うからです。
 用法としては必ずしも正しくないだろうし、過去の彼女が事務所に洗脳されていたのだと言いたいわけでもありません。
 話をわかりやすくするために、使う言葉です。
 と、まず最初に述べておきます。

 AVを離れ、まずは一般論として考えてみます。

 ある洗脳を施された、一人の人間がいるとします。
 さて、悪いのは洗脳した人間か。
 それとも、洗脳を解こうとする人間か。

 もちろん、洗脳した人間が悪いと多くの人は答えるでしょう。
 しかし、果たして本当にそうなのか。
 
 自分の生きるべき道を探し、さまよっていた人間にとって、洗脳は救いの道でもあります。洗脳を施す人間は言うでしょう。
「おまえはこちらの世界を進むべきだ。おまえの人生には別の可能性がある。迷うことなく、こちらの世界に飛び込んでこい」
もし仮にその人間が、そこに活路を見出したなら、洗脳はその人にとっていいことなのです。

 洗脳を解こうとする人間は(およそ必ず)、その道を否定する人間です。
その人はこう言うでしょう。
「おまえの進む道は間違っている。おまえの人生はよくないものだ。だから、今までの人生を否定して、新たな人生を歩め」

 さて、この構図から明らかなように、洗脳する側も洗脳を解く側も、目指すものは同じなのです。自分の世界観に従えと、言っているのです。宗教であれば、その神の教えを信じるか信じないかの問題であり、立場が違うだけなのです。

 では、どちらがその人を幸せにできるのでしょうか。

 森達也がオウム真理教を追った映画『A』『A2』は、観る者にその問いを突きつけます。

 オウムによる凄惨な事件が起こってもなお、教団に残ろうとする人間がいる。
 かたや、教団からの洗脳を解こうと試みる人たちもいる。

 オウムが反社会的組織であった以上、脱洗脳をすべきだとぼくたちは思います。
 しかし、果たしてそれが当人にとって幸せな選択であるかどうか、ぼくたちにはわかりません。これは非常に重要な問題です。

 オウムに一度入信した人にしてみれば、いまさら出られないという思いもあるでしょう。仮に出て行っても、社会では「元オウム信者」として後ろ指を指される。それなら、教団の中にいたほうがいい。そういう風に考えた人間も、いるだろうとぼくは思うのです。

 高橋泉監督の映画『ある朝スウプは』は、また別の問いを突きつけます。

 劇中では、あるカップルの同居生活が描かれます。男のほうは鬱病を患っており、新興宗教に入信しようとします。しかし、女はそれを止めようとする。入ってはいけないと。
 そのとき、男は女に問うのです。
「それなら、おまえはおれを救ってくれるのか?」

 洗脳によって幸福になった人間がいたとして、その洗脳を解くことは正しいのか。
 解いたあと、その人間の人生がいいものになると、果たして約束できるのか。
 解いたあと、洗脳されていた人生への喪失感を、埋め合わせてやることはできるのか。
 洗脳を解くことは、本当に正しい行いと言えるのだろうか。

 その人を幸せにする方法。
 それは、その洗脳状態を続けさせるか。
 あるいは、その人間の人生を肯定しつつ、洗脳を解くか。
 そのどちらかではないでしょうか。

 ぼくが今回の件でまずいなあと思うのは、元AV女優の400本以上にわたる作品を、DMMがおおむね流通停止にしてしまったことです。

 それは、その人間の人生の否定です。
 彼女の人生が肯定されていたら、彼女の足跡は誇るべきものとして、そこに残っていたかもしれない。彼女の作品を消すということは、それが恥ずべき、消すべき過去であると決めてしまったということです。

 多くのAV女優が怒ったり、あるいは違和感を表明したりしているのは、実はそこなのかもしれない。自分たちのやっていることは、消されねばならないことなのかって。

 これは、強要被害をなくすということとは、また別の問題です。
 強要を肯定的に捉えるわけはないし、洗脳する側が正しいというのでもない。
 ぼくが言いたいのは、否定しただけでは救われない、ということです。
 
「AVに出てたなんて過去は知られたくないものだろう。消してほしいと思うのも当然だ」

 もしもそのように考えるなら、その思考はすなわち、AV自体への蔑視です。

「あの人、昔、AVに出ていたらしいよ。ひそひそ」
 
 そのような後ろ指を、肯定する立場です。
 AVという変数に、「映画」「テレビ」「モデル雑誌」「オリンピック」が代入されることは決してない。
 それはAV自体を、悪しきもの/蔑視すべきものと捉えているからです。

 強要されたのかどうか、ぼくにはわからない。
 もしかしたら本当に、強要によって始まっていたのかもしれない。
 でも、それとは違う部分で、考えなくてはならないことがある。
「あなたがAVに出た過去は、決して恥ずべきものではない。むしろ、誇っていい」
 そのように言えないなら、本当の意味で救ったことにならない。
 少なくとも、その作品に出たその人は罪人ではないし、悪徳を犯したわけではない。
 彼女が悪徳を犯したというのなら、また別の洗脳を施したに過ぎない。

「うちのおばあちゃんは昔、映画に出ていたんだよ」
「うちのおばあちゃんは昔、AVに出ていたんだよ」
 その二つが、等価である社会。 
 そのような社会をもたらすことが、本当の意味で彼女を救うことではないのかと、ぼくは思うのです。強要はむろんなくすべきですが、強要がなくなれば事足りるわけではない。
 自発的に出演したあとで、恥ずべき過去だと思い込んでしまう人もいるでしょう。
強要云々だけでは、その人たちは救われない。

 本当に救うためには、映画とAVが等価である社会を目指すべきでしょう。

 そんな社会は来ないって?

 なるほど、だとしたら、彼女は永久に救われない。
 

[PR]
d0151584_23445556.jpg

アメリカの連邦最高裁で同性婚が合憲とされたそうです。これにより今後全米において、同性婚が認められることになるそうです。個人的にはよいことだと思います。ヨーロッパでも同性婚やパートナーシップ制度が広く認められているし、ここでアメリカにおいても認められたとなれば、日本もまたその方向へとシフトしていく可能性が、高まったと思われます。今年の4月にはこれに先駆け、渋谷区での同性パートナーシップ条例が施行されました。
d0151584_23555352.jpg
日本ではなぜ同性婚が認められないのか。というと、ここには憲法の問題があるように思われるのです。過去に何度かツイッターで述べてきたのですが、今一度ここにまとめてみたいと思います。御意見を賜れればありがたいです。

婚姻にまつわる条文として、日本国憲法第24条があります。

第1項 婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。
第2項 配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。

 公布が1946年である日本国憲法は、婚姻は男女間のものである、という前提のもとに書かれたものでありましょう。言い換えれば、同性婚という概念はそこで想定されていない。「両性」という言い方がそれを示していますし、同性婚の概念があれば「両性」ではなく「配偶者同士」などの書き方がなされるはずでしょう。

 つまり、ぼくはここで考えをはっきりさせておきますけれども、現憲法下において言えば、「同性婚は合憲ではない」と考えます。「婚姻は両性の合意のみに基いて成立」であり、「両性」という言葉の辞書的意味は「男女」であるからです。

 この件につきましては、憲法学者の木村草太さんの御議論が参考になります。ブログから引用させていただきます。
d0151584_23515077.jpg

「憲法24条は、男女が婚姻する場合に、男性の一方的意思のみでは結婚できないこと、
親族会の同意等は不要であることを確認したもの、と理解されています。
 したがって、憲法24条は同性婚については何も述べていないというのが通説的な理解で、たいていの教科書・コンメンタール類でも、同性婚禁止条項だという解説はありません。

*注
 また、憲法24条は同性間で「婚姻」は成り立たないと理解(憲法24条に言う「婚姻」が同性間で成り立つというのは文言上厳しい理解)しても、同性婚契約を「婚姻」と呼んではいけないというだけで、婚姻と効果が同じ「同性婚」という制度を作ることまで違憲ということにはならんでしょう。

「同性婚については何も述べていない」「婚姻と効果が同じ「同性婚」という制度を作ることまでは違憲ということにはならんでしょう」

 なるほど、同性婚というのは「婚姻と効果が同じであるが、婚姻ではない」ということなのでしょう。ここは重要なところです。まとめるなら、

①憲法の文言上でいえば、婚姻は男女同士のものに限定される。
②すなわち同性婚は婚姻ではなく、同性婚は違憲ではない。
③しかし、同性婚は婚姻と同じ効果を有するものとして認められる。

ぼくが引っかかるのが②と③です。「AはBではなく、違憲ではない」「しかし、AはBと同じ効果を有するものとして認められる」。では、AとBは何が違うのか。この論理を許してもいいものだろうか。
d0151584_23515272.jpg
 この点においては、安倍内閣の主張する集団的自衛権行使に似たものをかぎ取ってしまいます。安倍内閣の「『集団的自衛権の行使』は、『日本を戦争する国にすること』ではなく、違憲ではない」としている。しかし、反対派は「『集団的自衛権の行使』は『日本を戦争する国にすること』と同じ効果を有するじゃないか! 憲法違反だ!」と声を上げているわけです。何が違うんだよ、と。

 少しわかりづらくなったかもしれませんが、要するに、「同性婚は婚姻と同じじゃないか! 憲法違反だ!」という論駁を、許し得るのではないかということです。安倍内閣は今、憲法解釈の問題で揺れている。現憲法は同性婚について、同じ事態を惹起しうると思うのです。時代の変化に応じて、憲法解釈を見直し、同性婚を許可する。なるほど、だとするなら、時代の変化に応じて、憲法解釈を見直し、集団的自衛権を許可することにも、一定の正当性が与えられてしまうのではないでしょうか。

 回りくどい言い方はそろそろやめにしましょう。ぼくが最も言いたいことは、とても簡単なことなのです。つまりはこうです。

「憲法24条の改正によって、同性婚を堂々と認められるようにすればいい」

「両性」ではなく、「配偶者同士」に改正すれば、上に述べたようないちゃもんは一切つけられません。「同性婚は婚姻ではない」などと抜け道的に言うのではなく、堂々と「婚姻」であると言えるわけです。

 同性婚推進の立場の人はなぜこれを主張しないのか。ぼくには大変疑問です。
 おそらく、「憲法改正」の論議に踏み入るのが嫌なのではないかと思います。
だから現憲法下で可能な主張に留まっているのでしょう。ですが、その態度はどうも、ことに左派が忌み嫌う「憲法解釈」と同じものに見えてなりません。安倍内閣にぶつけられる批判として、「憲法解釈などの手段をとるのではなく、堂々と憲法改正に踏み切れ!」というのがあります。この文言は、護憲派の同性婚推進論者にも直撃するのではないかと思います。同性婚推進の人たちはなぜ、憲法24条改正に触れようとしないのですか? それが一番の真っ向勝負じゃないでしょうか。

 そして、自民党を初めとする改憲論者が、もしも本当に憲法を変えたいなら、まずはここです。「おためし改憲」だとかなんとか揶揄されている現状がありますが、「とにかく憲法を変えるということをやりたい」だけを優先するなら、24条で先鞭をつければよいのです。24条の改正には、左派は反対できません。ただ、その改正が「保守」の仕事かどうかは、大きな疑問ではありますが。

 ところで、同性婚の推進についてぼくはなんら反対するものではありませんけれども、ひとつだけ気がかりがあります。「同性婚を認めても、社会が壊れたりする心配はないんだ」ということが言われたりしますが、偽装結婚問題はどうなのかと少し疑問なのです。
d0151584_23544266.jpg
 現在の日本においては、外国人の「偽装結婚」が行われていると聞きます。日本人の配偶者と形式だけの「偽装結婚」をする外国人がいるというのです。なぜそんなことをするのでしょう。それは、在留許可の延長や永住権獲得のためです。日本人の配偶者がいると、外国人の在留許可要件、永住許可要件が緩和されるのです。これにより、ただ日本にいたいがためだけに籍を入れる偽装結婚が行われ、その斡旋業者たちが地下経済の一端を担っているというのです。

今は男女だけです。しかし、同性婚を認めると、男性同士や女性同士でもそれが可能になります。単純に、偽装結婚がやりやすくなるのではないかと思うのです。いちいち男女の組み合わせを考える必要がなくなり、障壁が下がり、男性の暴力団員が男性の中国マフィアと取引をする幅を増やしてしまうのではないかと思うのです。中国の黒社会の人間が、日本にいやすくなってしまう可能性を、広げてしまうのではないかと思うのです。同性婚に反対したい人に、論拠のアシストをしてしまいそうですが。

 むろん、偽装結婚問題はそれ自体として対処されるべき問題なので、同性婚に反対する主たる要因にはなりません。しかし、闇の部分を考えずに光ばかりを見るのは、不誠実であろうとは思うのです。

 繰り返しになりますが、ぼくは同性婚の許可に反対ではありません。排外的観点から同性婚に反対するという立場を取るものではありませんし、結婚は個々人の意思によってなされる自由があると強く思います。一方、現在の自民党による集団的自衛権行使には反対だし、現在の自民党による憲法改正にも反対です。

ただ、同性婚の推進について、24条をかわしていこうとする態度は、いささか不思議であるなあと思います。もしあなたが、安倍内閣の憲法解釈に反対であり、なおかつ同性婚許可を認める立場であるなら(これはたぶん多くの人に該当する立場でしょう)、さて、24条にどう向き合いますか?




[PR]
 憲法を変えるべきか否かという論議が、とりわけ第二次安倍政権になって以降、そこかしこに見聞きされるようになりました。この件について、あなたはどちらの立場ですかという問いははっきり申しまして、現段階においてそのすべてが不毛であると思います。メディアはこの不毛な問いを、この後もしばらく続けるのでしょう。

 どう変えるかもはっきりしないうちに、ただ変えるべきかどうかというのはあまりにも意味がない問いです。たとえば、どうでしょう。「あなたという人間は、変わるべきではないですか? どうですか? 今の人生は完璧ではないでしょう? 完璧ではないならさあ変わろうじゃありませんか!」と言われても、返答のしようがないのです。だって、どう変わるのかもわからないから。

 どう変えるかもはっきりしていない。という事実は、改憲を進めたい人々の決まり文句に見ることができます。すなわち、「GHQに押しつけられた憲法だから変えよう」というものです。GHQ、ひいてはアメリカによって押しつけられた憲法を、後生大事に守っていては、いつまでも日本は精神的自立を果たせない。自国の憲法を自国でつくるという当たり前なことをやろうではないか。これについては、ぼくもそう思います。やはり自国の憲法は自国の人々によってつくられるのがよかろうと思います。ここにはひとえに、「敗戦国日本」から脱したいという浪漫があるのです。浪漫はとても大事なものであります。

 さて、しかし、それはとても難しいことです。ことによると大変ブザマな事態を招きます。と申しますのも、たとえば「加憲」であるとか「部分的改憲」であるとか、そういったものを果たしたところで、ちっとも浪漫は実現されないからです。精神的自立は果たせないのです。「8日間で作られたものを、戦後70年経って、国内で散々揉めに揉めたあげく、やっと一部分だけ変えたぞ」というのでは、浪漫を抱いた分だけあまりにもブザマ。沽券に関わります。一部分だけやって風穴を開ける、みたいなことをおっしゃる人はありますまい。浪漫が泣きます。

 それなら一字一句変えないほうが、まだ格好が付くのではないかと思います。一字一句変えずに、いつか日本がアメリカを超えるような国になってごらんなさい。いや、ある意味で既になっているわけですね。「戦争で自国民を死なせるようなことがない国」を実現したわけです。これを永久に守り続けることが、護憲派にとっての浪漫というわけです。浪漫と浪漫のぶつかりあいがここにあります。

 だからこそ、「押しつけられた憲法だから変えるべき」派の人たちは、全部変えなくてはなりません。ぼくも究極的にはこの立場です。でも、だからこそ、今の改憲派の人たちには、なんとも頼りない感じがして仕方がないのであります。

 自民党は数年前に、改憲草案を発表しました。あれが結党以来、改憲の志を抱き続けて半世紀以上経った末につくられたものであるとするなら、はっきり言って、憲法を変えるに足る知性のようなものが、完全に欠如していると言わざるを得ません。誰からも文句を言われないようなものはできないかもしれない。でも、改憲したいと願い続けて、できたものがあれでは、本当にどうしようもないではないですか。ある議員はあの草案を「たたき台」とおっしゃっていましたけれども、台が腐っていては立つものも立ちません。

 中身もろくに考えることもできずに、変えよう変えようと言っている下品さ。
 ぼくはここで、ある恐るべき考えを抱いてしまいました。
 彼らは、憲法というものを真剣に考える気がないのではないか?
「なんか憲法っていうのがすげえ大事にされてるみたいだしさ、それ変えたっつったらすごくね? なんか、すげえことやった感じしね?」程度でしか考えていないのではないか? そんなことはないって? 誰が信用するのです。50年掛けてあんなものしかつくれない人たちを。それでいて、「8日間でつくられて押しつけられたものだから駄目だ」などと言っているような人たちを。
 
 いったい、何を急いでいるのでしょう。まさかとは思いますが、「安倍政権が続いているうちに変えよう」「盛り上がってるうちに変えよう」みたいな、クソつまらない考えでいるわけではないでしょう。しかしもし仮にそうだとしたらきわめて国辱的な、憲法のことなど何も考えていない、単に自分たちの自己顕示欲求のみに支配された連中だということになります。いや、まさかそんなはずはないでしょう。読み流してくださいませ。

 本当に自立的な憲法をつくりたいなら、落ち着いてやればいいのです。たとえば今から五年間、超党派の議員や学者たちを集めるだけ集めて、じっくり議論する。もちろんその間も適宜メディアに議論の模様を公開していき、各条項についても意見を募る。そして五年後、どこに出しても恥ずかしくないような憲法草案をつくりだし、国会で発議し、現行憲法とどちらがいいのか国民の投票にかける。それでもし駄目だったとしたら、また五年間、修正を繰り返しながら形を整え、あらためて投票の機会をつくる。

 保守というのは、急激な変化を好まず、それまであったもののよさを活かしながらじっくり前に進んでいこうという立場ではないのでしょうか。それがこの憲法に関してだけは最近、妙に革新めいた動きをしているのが不思議で仕方ない。安倍政権が続いている間にとか、国民の関心が高い間にとか、今がチャンスだとか、そんな視力の悪いことを考えているはずはまさかないでしょうし、だからこそ本当に不思議です。こんな奇妙な状況が続くと、今に不条理文学みたいな事態に陥ってしまうかもしれません。

 たとえば、海の珊瑚を潰して外国の基地をつくりつつ、一方で「環境権」を憲法に盛り込もうとか、そういう精神分裂的な政権ができるかもしれません。あるいは、一方の口では外国に対し「民主主義を教えてくれてありがとう。地球の裏側まで戦争支援に行きます」と約束しながら、一方の口では「外国に押しつけられたあんな憲法は駄目だ」という、変な総理が出てきてしまうかもしれません。もしもそんな内閣があったら、憲法を変えるに足る「格」は当然ないのですが、今のところそこまでひどい事態にはなっていないようですので、粛々と憲法論議を進めるのが良ろしかろうと思います。

[PR]
「ラッスンゴレライ」のネタでブレイクしている8,6秒バズーカー。そのネタが反日的暗喩に充ち満ちているのではないか、彼らは反日的な人間ではないかという話がネット上に渦を巻いているようです。この辺りについて考えてみましょう。

 と申しましても、あのネタにまつわる疑惑をひとつひとつ検証しようという類のものではありませんので、そういうのに興味がある人は読んでも仕方がないですよということを、先にお伝えしておきます。

 さて、ところで、件のネタや芸人に関する疑惑について、本当だと思うかどうかを正面から問われたならば、ぼくはこう述べます。
「ぼくにはわからない」と。
 前回の山本圭一さんにまつわる記事でもしつこく触れたとおりに、わからないものにはわからないとしか言いようがないのです。今回の件で言えば、件の芸人さんがどういう思想を持っているのかぼくには判断できないし、疑惑とされている要素のひとつひとつについて誰もが納得できる答えなど示せはしない。既にデマだと断じられているものについて「なるほど」と思うこともあれば、奇妙な符号があるぞという主張について「なるほど」と思うものもある。基本的な姿勢はつまり、「真相はわからない」という、ごく平凡なものに過ぎません。

 では、何を考えてみたいかといえば、ネット上でつぶさにネタを検証しようとしている人の、その心性です。有り体に言えば、「かのコンビが反日的であるという証拠集めをしている、その人の心性」。ぼくの興味はそこにあります。そういった人たちはなぜ、かのコンビが反日的であると「信じたい」のか? 「反日的であってほしい」と思っているのか?

こう述べると、「別に、反日的であってほしいとは思っていない」と返されますでしょうか。そして、「反日的であってほしいとは思わないが、数々の証拠がそれを示しているのだ」と言われるのでしょうか。OK。証拠というのは、「誰がどう見てもそうである」といえるものでなくてはならない。解釈の余地があってはならない。そういったものをひとつも提示できずに、「そう言われればそう見えるかもしれない」というものをいくら並べ立てても、それはひとつの証拠にほど遠い。繰り返しますが、ぼくは彼らが反日的な思想の持ち主かどうか、わかりません。疑惑を叫んでいる人が、あるいは正しいのかもしれない。ただ、残念ながら、証拠はないのです。もしもあなたがそれらの「証拠」に説得力を感じているとするなら、あなたが見つめるべきはモニターではない。説得されたいと感じている、あなたの内面です。なぜ、反日的であってほしいと思っているのか?

 反日的なものを見つけるべきだからか? 反日的なものを見つけて潰すべきだからか?
 もしそうだとするなら、それは大変愛国的な精神だと思います。そして、そのような崇高なる精神は、ぽっと出の芸人に向けるのはあまりにももったいないものです。その強靱なる精神は、アメリカ政府に向けるべき類のものでありましょう。「原爆投下は非戦闘員を大量に殺害する非人道的行為であった」ことを認めさせ、米国から謝罪を引き出す熱意とするべきものでしょう。そこに力を結集すべきだし、呼びかけるべきでしょう。あるいは、原爆投下を是としている米国人のブログやSNSを見つけて、皆で反論をぶつけるべきでしょう。ちまちまと証拠集めをする労力は、日本人を侮蔑する発言の摘発にこそ、傾けられるべきでしょう。なぜ、たかがお笑い芸人などに? なぜ、いずれは消える可能性の高いような芸人に注目するのです? なぜ、彼らが反日的であってほしいのです?

世間が気づいていなくて自分だけが気づいている真実がある、と感じたとき、人は気分が高揚するものなのでしょう。世界の謎を解いたような気がして、すごく聡明であるような気分になれて、いい気持ちになるのでしょう。そして、一度そう感じてしまった場合、その解釈を取り下げることは難しいのかもしれない。自分の知性に疑いをもたれることは、人間にとって好ましいことではないからです。

 彼らが反日だったところで、実のところ何の意味もありません。仮に彼らを潰したところで、原爆投下を実行したアメリカ政府には塵ほどの痛痒もありません。本質にはかすりもしません。彼らが潰れたとき、起こることはひとつ。潰したいと思っていた人間が「すかっとする」こと。ただそれだけです。これが、ぼくの提示する仮説です。むろん、証拠はありませんが。

 彼らには反日的であってほしい。なぜなら、反日的なものを見ると気分が高揚するから。潰すとすかっとするから。

 それならそれで構わない。反日的なものを潰してすかっとするのは思想の自由です。
 ただその場合、そういう人はいくつかの項目にチェックサインを入れることになるでしょう。

 まず、そういう人は、己の「すかっとする」のために日本を利用するという、まったく非愛国的な精神をお持ちだということです。日本という国家、日本という共同体は、そういう人の自尊心や満足感のためにあるのではない。万世一系の皇統を有する、世界に類を見ない国家です。にもかかわらずそういう人はそれを利用し、反日的なものを設定するための道具とし、つまりはオナニーのおかずとして用いている。ぼくはなにもそれが悪いとは思わない。ただその行為自体はかなり反日的であり、ひどく国辱的だなあとは思いますが。

そんなことはない、自分は真に日本を思っている。と、おっしゃるでしょうか。であるならば、繰り返します。あなたの標的は、いずれ消える可能性の高い芸人などではないはずです。

 断っておきますが、これはスポーツの日本代表が相手国のチームや選手に勝ったときに芽生える喜びとは、まったく違うものです。日本代表は公式に認められ、国際的にその立場を正式に認められたものです。それが勝ってすかっとすることには、何の国辱性もありませんので、誤解なきように。

 さてふたつめ。反日的なものを潰してすかっとする。そのために証拠のないものを反日的だと信じる。その心性をもたらすのは、反日的なものへの依存です。そういう人は、いつでも求めているのです。反日的なものにいてほしくていてほしくてたまらない。そしてそれは、潰せる程度のものでなくてはならない。発信元がデマであろうとかまわない。なぜなら、すかっとしたいから。この心性が何故に生み出されるものなのか、ここでは論じませんけれども、この依存的傾向はたぶんに病理に近しいものであろうと、過去の記事で既に述べております。

まとめましょう。8,6秒バズーカー反日説を信じる人は、「今のところ」、自分の知性に疑義が挟まれることを嫌っている。「今のところ」、かの芸人が反日であってほしいと思っている。そして、反日であってほしいと思っている人間は、実は反日的なものに依存している。
  
まったくでたらめな分析だ、とおっしゃるでしょうか。でも、ぼくもまた自分の考えを信じているのです。彼らが彼らの考えを信じるのと、ちょうど同じように。「今のところ」と付け加えたのは、かの芸人の正体が、今のところはわからないからです。今のところ、反日説は単に唾棄すべき陰謀論ですが、もしかしたら、真実かもしれません。そのときぼくは自分の見識の無さを痛感し、世界の思いがけなさに触れることができます。

 さあ、真実を追い求めてください。

 たとえその先に、何もなかったとしてもです。

 仮に本当に反日だとして、「だから何だ」と虚しい結果を招くとしてもです。

 ぼくもまたきっと、反日の姿を追い求めるあなたを、求めているのでしょうから。




  おもしれえから。バカみたいで。
[PR]
 未成年者への性的暴行事件により、芸能界を離れていた山本圭一さんが活動を再開。ラジオ番組にも出演などのニウスがネット上に流れ、ツイッター上にも賛否両論がある模様です。この件についていろいろと思うところを述べてみるのでございます。

 まず、彼が起こした事件というのは2006年7月17日深夜、函館のホテルにおいて、未成年者の女性に性的暴行をはたらいたというもの。女性は被害届を出し、北海道警によって立件されました。後に示談となり、起訴もされませんでしたが、山本さんは吉本興業を解雇されて芸能活動をやめることになりました。これがぼくの知る大まかな経緯です。

 事件前における彼の品行、あるいは事件当夜における出来事の経緯など、週刊誌において取り沙汰されたものがネット上で読めますが、ここではその記事には触れません。どれくらいの情報が本当のことなのか、まるでわからないからです。週刊誌が常に真実を述べる保証などどこにもなく、あの種の記事から彼の人間性を考えるのは、フェアではないと思うのです。ぼくには山本さんがどういう人間なのか、わかりません。

 また、事件当夜に何が起こったのか、仔細についてもわからない。週刊誌がかき立てることが本当か嘘かはわからない。たとえ本当だとしても、1のことを10にして語っていないとも限らない。世間ではこう取り沙汰されているけれど、本当は違うのではないか。そう考えるべき出来事も、世の中にはあります。本件に関しては不起訴ですから、裁判で事実関係が細かく立証されたわけでもない。

 だから、ぼくを含めた多くの野次馬の方々は、次の二つの点を留意しておく必要があると思います。事件当夜に何があったか、どういった経緯でどんな状況だったのか、本当は詳しくはわからないということ。わからないことをこうだと決めつけて考えるのは、フェアな態度ではないということ。

 この点は、この事件に関してだけの問題ではありません。だからぼくはここであえて、極論を述べます。山本圭一さんは、性的暴行をしていないかもしれません。はい、こう書くと、何を馬鹿なことを言ってるんだ、めちゃくちゃだ、どれだけひいきするんだ、あり得ないことを言うなとたくさんの批判が来るでしょう。ええ、その通りです。ぼくも彼が無実であるとは思っていません。ですが、もう一度述べるとおり、ぼくたちには何もわからないのです。わからないのに、わかった風に言ってはいけないのです。真相は藪の中。黒澤明監督の『羅生門』をはじめ、多くの映画が、ぼくにそのことを教えてくれました。

 さて、長々と書きつつも、ぼくは別にここで彼の事件に疑義を呈したいのではありません。仮に、彼の起こしたものが紛れもない性的暴行事件であったとして、彼は復帰を許されるのか? このことが本題であります。つまり、有り体に言えば、「強姦をした人間はメディアに出てもいいのか?」ということです。「不起訴だからかまわないのではないか」「少なくとも彼は刑罰を科せられた犯罪者ではない」という点の議論はここでは避けます。強姦事件の特殊性を考えると、「不起訴であることが必ずしも、犯行の軽さを示すものではない」とも言えるのです。

 では、メディアに出てはいけない理由は何か。これを考えることが、この問題を解決する最短距離でしょう。「簡単だよ。犯罪者だからだ」というのなら、どうして犯罪者はメディアに出てはいけないのか。

 不快だから。というなら、不快なものがメディアに出てはいけない理由を示さねばなりません。不快であることが理由になるというなら、ぼくにだって、出てくると不快になる有名人はいます。みんなそれぞれ、嫌いな芸能人や有名人はいることでしょう。これは理由にはなりません。

 単に不快だというだけではなく、社会通念上の問題だと言われるでしょうか。その社会通念というのがどういった実体を持つのか、ぼくにはわかりませんが、ひとつにはこういう理由があげられるかもしれません。現にツイッター上でも目にしました。
「強姦の被害者になってしまい、心に傷を持つ人は世の中にたくさんいる。彼は強姦の加害者だ。彼がメディアで笑っている姿を見るのは単に不快なだけではなく、その人たちにとって心の傷を抉られるような出来事だ。強姦の被害者がいることを、考慮していないのではないか」

 もしも世間の人々の多くがこの意見を支持するとしたなら、ぼくには少し不思議なことがあります。はて、なぜ世の中にはやたらと、「殺人事件」や「戦争」をモチーフにした作品がやたらとあるのでしょうか。子供向けのアニメでも殺人事件を扱ったものがあるし、ゲームでは戦争が花盛りです。ぼくはその種のものが悪影響であるという考え方を採りませんが(ここはあとで少し詳しく触れます)、たとえば殺人事件の被害者の遺族は、「なんとかなんとか殺人事件」という文字を見るたびに、辛い気持ちになるのではないでしょうか。戦争で敵兵をばんばん撃ち殺すゲームを目にしたら、戦争での痛々しい記憶を持つ人々は辛い出来事を思い出すのではないでしょうか。だから、こういう言い方ができてしまいます。
「殺人事件を描くものは、娯楽の一要素として人の死を描いている。殺人事件の被害者への配慮がまったく足りていない」と。殺人事件を「戦争」に置き換えても同じ意味の文ができます。

 こう述べると、「そういうのはフィクションだろ。現実とフィクションの区別をつけろ」と言われますでしょうか。ほう、もしそうだとするなら実に興味深い意見です。殺人事件の被害者の遺族の方には、その説明で事足りるというわけですね。あれはフィクションだ、おまえの事件とは関係がない、そんなもので心の傷を抉られるほうがどうかしている、みんなが楽しんでるんだからよしとせよと。そして、強姦の被害者に対してこう言うことを許してもらえるでしょう。「山本さんは、おまえの強姦事件とは無関係だ」と。

もうひとつ、こういう意見もあることでしょう。
「メディアは社会に対して影響力を持っている。強姦した人間がメディアに出て笑っていたら、強姦がまるで軽い罪であるかのように、扱われてしまいかねない。社会的に間違ったメッセージを放つことになる」

 はい、確かにこれはこの通りなのです。ぼくはこの考えに対して、反対論をぶつける気持ちはありません(申し添えるなら、先の考えにも実は反論をしていません)。

 ただ、物事というのは、人間の境遇によって受け取り方が違います。
 彼の存在が、誰かを勇気づける可能性だってあるのです。
 世の中には罪を犯した人間がたくさんいる。もう自分の人生は終わりだと絶望する人もいる。しかし、そんな人が山本さんを観たときには、「自分だって笑っていいんだ」と思えるようになるかもしれません。いや、別に罪を犯した人間に限らない。何かのきっかけで人生に躓いた人がいたとして、その人が山本さんを観たときに、「あんなやつだってやり直せたんだ。自分だって再起できるはずだ」と思えるかもしれません。彼の復帰はそういうメッセージを放ちうるのです。

 賛否両論が起こる出来事というのはおおむね、正の面と負の面がある。彼の復帰にも、正の面があるかもしれない。この先、彼の復帰によって救われる人間がどこかにいるかもしれず、復帰するなという人は、その人の救いをなくそうとしているのかもしれないのです。

 もちろん、負の面もあります。今ぼくが述べたことは、そっくり負の面にひっくり返る。彼の復帰が誰かを傷つけるかもしれない。でも、「誰かを傷つけるかもしれないから駄目だ」というなら、多くのお笑いは彼もろともなくなるべきだ、とすら言えてしまうのです。ハゲをいじったらハゲの人は傷つくかもしれない。ブスをいじったらブスの人は傷つくかもしれない。デブをいじったら、チビをいじったら。そこには無限の可能性がある。

「彼に影響されて、強姦への心理的ハードルが下がり、強姦に及ぶ人間が出るかもしれないじゃないか」と言われるでしょうか。これについて、ぼくは否定ができません。ただ、そのような意見に対して、ぼくはいつも「戦争」を思い出してしまいます。
 戦争のテレビゲームは、戦争への心理的ハードルを下げていないか?  

 暴力ゲームが悪影響を与えて、暴力的行動を促す。このテーゼは科学的に立証されておらず、むしろ反証されていると聞きます。だからぼくはこのテーゼを支持しません。
 しかし、ぼくの知る限り、次のテーゼには反証がありません。
 すなわち、「戦争ゲームが悪影響を与えて、戦争を肯定する考えを促す」というものです。
 なにしろリアルな戦争ゲームが出たのはつい最近のことですから、少なくとも日本国内においては、これを反証するだけの期間もないわけです。つまりぼくたちは今、「もしかしたら戦争肯定の世論を惹起するかもしれないゲーム」を、現実に許しているとも言えるのです。暴力については、現実とフィクションの区別はつくかもしれない。だけど、戦争については? 現に、ぼくたちのほとんどの世代は、実際に現実の戦争を経験していない。だから「現実の戦争」と「フィクションの戦争」を区別することは、経験的にいえば不可能なのです。どうして現実を知らないぼくたちが、フィクションとの区別がつくと、断言できるのか? 戦争ゲームで敵を撃ち殺す爽快さは、本当に戦争を肯定する気持ちを促さないのか? どうして?

 ずいぶんと話をこじらせてしまいました。ぼくが言いたかったのは、どういう悪影響があるかわからないものを、ぼくたちは既に現実に許しまくっているということ。遺伝子組み換え食品しかり、化学調味料しかり。次に原発を動かした後のこと、しかり。いろんな物事の悪影響の可能性を許しながら、山本さんだけは許さない? 

 ずっと上のほうになってしまいましたが、ぼくはフェアネスについて言及しました。好き嫌いではなく、快不快ではなく、物事をできるだけフェアに考えること。そうしたとき、彼の復帰だけにことさら目くじらを立てるというのは、ぼくの採りたい態度ではないのであります。
 



 それでも彼を葬るというならば、


 OK、


 多くのものを、ともに葬ろう。
[PR]

ろくでなし子さんの東京地裁初公判が開かれた、というニウスについて、またいろいろと考えたくなりました。この件は昨夏にも触れているのですが、検察側と彼女側のどちらに付くかと言われれば、正直なんとも言えないのです。ゆえに、あらためて考えてみたいのです。昨夏の記事はこちら。

 そもそもわいせつとは何なのかについて、あるいは刑法一七五条の「わいせつ三要件」の是非について論ずるのも大事なのですが、ひとまず事実関係を述べまするに、ろくでなし子さんは「自身の性器の形状データを有償で頒布したこと」、そして「アダルトショップにて女性器をかたどった作品を展示したこと」の二つに関して、罪を問われているわけですね。それらがいわば「わいせつ」な行為とされ、逮捕、起訴されたと。

 彼女は「自分の女性器はわいせつではない」と主張している。そしてまた彼女を擁護する人々は、彼女の作品が「わいせつ三要件」に当てはまらないとして検察に異議を唱えている。ネット上の論考その他を眺める限り、そのようなものが目につきました。

 ところで、わいせつ三要件とは何かと言えば、 
「徒に性欲を刺激・興奮させること」
「普通人の正常な性的羞恥心を害すること」
「善良な性的道義観念に反すること」
だそうです。しかし、これはきわめて曖昧な文言です。「徒に」「普通人」「正常」「善良」そして「性的道義観念」。どれをとっても明確な線引きが困難な言葉です。そしてまた、このような曖昧な文言に基づいて考えてしまえば、法の運用基準についても当然曖昧にならざるを得ません。

 わいせつをめぐる議論の数々は、それが感覚的なものであるがゆえに、どこまで言っても万人が納得する線引きはできないのです。人生はこのようなものに満ちています。今日は暑い日だったのか、寒い日だったのか。そこに正解はない。いつまでが春でいつまでが夏でいつまでが秋なのか。通行許可を示す信号の色は青か緑か。便宜的な形で、たとえば気温や日付などの数値を用いて定めることはできる。ただそれはあくまでも、便宜的なものに過ぎない。万人がなんとなく合意できる妥協点に過ぎない。

だから、どうしても便宜上の、いわば恣意的な線引きが必要になる。それが今回の場合「女性器」だったわけです。この点については以前の記事で述べたことです。さて、考えを深めるためにひとつ、ここで昨日の公判後記者会見からろくでなし子さん本人の弁を引用します。

わたしがなぜ女性器をモチーフにしたり、女性器の名称である「まんこ」という三文字を発信し続けてきたかと言えば、女性であるわたしにとっては、女性器は自分の大事な体の一部分に過ぎないものであるにも関わらず、ここ日本においては蔑まれ、汚いものや恥ずかしいもの、いやらしいものとして扱われ、とてもおかしいと強く感じたからこそでした。
 雑誌では女性器の名称が必ず伏せ字にされ、タレントがテレビでその名称を口にしただけで降板されてしまいます。おかしな事に、男性器の名称やセックスを煽るもっといやらしい表現や言葉に対しては、NGとされず、それらは電車の中吊り広告やインターネットに今日もあふれています。ここまで「単なる女性器にのみ」拒絶反応を示すのは異常であると思います。わたし自身も気づかずにそのおかしな風習に従って生きてきました。しかし、女性器とは、単に人間の女性の体の一部にすぎないものであり、そこから生命が生まれでてくる場所でもあるならば、蔑んだり、いやらしい場所などとみなすことはとてもおかしい話です。
 わたしはなぜそんな風になってしまったかを考えました。その結果、女性器はまるで男性の愛玩物のように扱われているのが原因で、根底にあるのは女性差別であると思い至りました。そこで、わたしの体でありわたしの物であるはずの女性器を取り戻すため、女性器のアートを本気で活動するようになりました。

 なぜ女性器は禁忌の対象となったのか。この辺りについての学術的論考というのがきっとたくさんあるのでしょうけれども、ぼくが思うにそれは「愛玩物のように扱われている」からとか「女性差別」があるからとか、そういう理由ではないと思うのです。
もしその論に立つならば、「男性器がオープンな存在である」ことを示さねばならない。なるほど確かに、チンコというのはテレビやラジオでもオンエアに乗るし、イラストや漫画に出ても構わないかのように扱われている。この点において、「男性器の女性器に対する社会的開放性」が高いことは認められます。
 ですが、しかし、男性器丸出しで街を歩いても文句は言われないかと言えば、そんなことはない。当然逮捕される。テレビでも男性器はさすがに編集処理される。
 ここにおいて確認できることは、男性器にせよ女性器にせよ、実物は禁忌として扱われているという周知の事実であり、この点においていえば両性は同等なのです。「女性差別」はなく、「愛玩物のように扱われている」のはむしろ明確に、男性器のほうであります。彼女の活動の目的のひとつが「男性器と女性器の間における社会的開放性の差異」をなくすことであるとするならば、つまりはマンコをチンコ同様にオープンな存在にしたいと考えるならば、彼女はむしろ女性器を「愛玩物のように」扱ってほしいと思っているのではないでしょうか。考えてみてください。もしもテレビで「マンコ」が解禁になったら、まず間違いなく今まで以上に、女性タレントは「男性の愛玩物のように」なるはずです。
それが彼女の望みなのでしょうか?

 迂回してしまいました。女性器はなぜ禁忌の対象になったのか、に戻ります。
 彼女は会見でこうも述べています。
「そこから生命が生まれでてくる場所でもあるならば、蔑んだり、いやらしい場所などとみなすことはとてもおかしい話」
はい、ここに性器というものの難しさがあるように思います。
 男女問わず、性器というのは二つの相反する要素、はたらきを持っている。すなわち、排泄と生殖です。前者は老廃物を排出する行為で、出されたものは悪臭を放つ不衛生なものになる。かたや、後者は男女であり方が異なるにせよ、最終的に出てくるものは尊ぶべき新たな生命です。いわば性器とは祝福と汚れの同居する場所であり、性の象徴であり、同時に性欲なるものと分かちがたく結びついている存在です。

 人間はその文明を営む上で、このようにあまりにも複雑な性質を帯びているものを、オープンにはしませんでした。見せてはならぬもの、ひいては安易に触れてはならぬものとしてタブー化することで、社会を滑らかに運営しようとしました。このことは責められるべきことではないし、責める必要もないでしょう。

 ではなぜ、そのタブーは蔑まれたり、いやらしく思われたりするようになったのか。
 ぼくの考えはこうです。
 それはつまり、社会の安寧のためなのです。社会を滑らかに運営するために不可避な判断だったのです。
 性器がかくも複雑なものである以上、性器に対するイメージを安定させることはひどく難しい。祝福と汚れを同時にイメージすることはきわめて困難です。であるがゆえに、社会は「汚れ」のイメージを採用したのです。

 なぜ祝福のほうを採用しなかったのか。理由は二つ。ひとつには排泄器官であることへの嫌悪。そしてもうひとつが、社会の安寧です。 
 
 前者は説明不要でしょう。問題は後者ですね。
 性器を祝福と結びつけてしまえばどうなるか。そうすれば不特定多数との性交渉が祝福のイメージを持つことになり、近親相姦や強姦、不倫といったものへの精神的ハードルが下がり、社会はきわめて不安定な様相を呈することになります。とてもじゃないけれど、祝福をもって捉えることはできない。それが許されるのは、「愛」という世にも不思議なものが守ってくれる場合のみ。生殖という特別な出来事がある場合のみ。
 だからひとまず社会の安寧のためには、汚れを採用すべき。人類はおそらく無意識的に、そのように考えたのではないでしょうか。

 警察は今回の事件で、実物の女性器をもとにしたものをわいせつとした。これをして短絡的、恣意的という批判がなされるようですが、性器は上に述べたような複雑な性質を持つのであり、「男性器の名称やセックスを煽るもっといやらしい表現や言葉」や「電車の中吊り広告やインターネットに今日もあふれてい」るものとは「格が違う」のです。簡便に言えば、それらのものは「たかがエロ」に過ぎない。一方、性器はエロを超えている。その意味において警察は取り締まり、検察は起訴の対象とした。非常に簡明な理路でしょう。彼らは社会の安寧を守るために存在しているのですから。

 思いのほか長くなりました。
 最後に、彼女を擁護する人々に対しては、二つの挑発をもってこの論考を終えたいと思います。

 ひとつ。彼女が無罪となり、彼女の活動が法的に認められ、その先に「マンコ自由化」があるとしたなら、間違いなくこれまで以上に「男性の愛玩物」になります。男性タレントが「おまえのチンコ小せえな」とはしゃいでいただけだったコミュニケーションに女性も巻き込まれ、「おまえのマンコがばがばだろ」といういじりに曝される。これまでマンコを守っていた汚れのバリアは剥がされ、かといって祝福の衣が着せられるわけではない。当然そんな表現にはクレームが付き、規制をもって対処される。しかし、チンコはマンコと同様に扱わねばならない。だとしたらその先にあるのは、「チンコ非自由化」。表現を規制するなという主張の未来は、あるいはさらなる規制を招く悲劇の末路かもしれません。
 
 ふたつ。これまでは女性器以外のエロ表現はかなりの部分が認められていた。いわば女性器はどこかの宗教の救世主のように、すべての罪をその一身に担っていた。警察という「表現の敵」を納得させるべく、わいせつの誹りをその中に封じ込めていた。その封印を解くということは、「わいせつ」の線引きを融解させることに間違いなくなります。安寧の基準は崩壊し、今までわいせつではないとされていたものも当局の睨みを浴び始めるのです。今よりも、わいせつのレッテルを貼られるものは、ずっとずっと増えるかもしれません。だって、そこにはもう、わいせつの合意がないのですから。女性器の献身的封印を、解こうというのですから。

 ろくでなし子さんを擁護したい気持ちはわかります。表現の自由を守れ、官憲の横暴を許すな、女性器をタブーから解放しろ。
 さて、その先にあるものは? その奥にあるものは? 
 それでも強く主張される場合は、どうぞ満腔のお覚悟をもって。

[PR]
インターネット上で差別的な発言を繰り返され、名誉を傷つけられたなどとして、在日朝鮮人の女性フリーライター・李信恵リシネさん(43)(大阪府東大阪市)が18日、「在日特権を許さない市民の会(在特会)」などに総額約2700万円の損害賠償を求め、大阪地裁に提訴した。
 李さん側の弁護士によると、在日韓国・朝鮮人に対するヘイトスピーチ(憎悪表現)を巡り、個人が賠償請求する訴訟は異例という。
(『読売新聞』記事より抜粋)

 レイシズム、ヘイトスピーチにまつわる愚見はツイッターでもことあるごとに申し述べてきたのでありますが、今一度ここで整理しておきたいなあと考え、お話しをする次第なのでございます。

 といって、昨今の事情、情勢、あるいは近隣諸国との歴史的経緯などを総ざらえするのはさすがに手に余るのでありまして、話の力点としたい部分だけを述べるのであります。

 一般的な考えを申すのであれば、レイシズムは許すべきではありません。相手の人種、民族という属性をもって、罵倒することを許してはなりません。

 などというと、いやいや、向こうの国は反日教育を施し、反日政策を是としているのであるから、こちらも黙ってはおれぬという議論が起こるのですが、それならばその反日政策を行う政府(つまりは韓国政府、北朝鮮政府、中国政府)だけを叩けばよいのです。民族的な話ではないはずです。
 
 などというと、いやいや、その政府を支持しているのは民族なのであるから、民族、国民自体がよろしくないのだという議論が起こるのですが、それはとても乱雑な捉え方でありまして、政府の意思はイコール民族、国民の意思ではあり得ません。安倍政権の考えが日本人全員の考えと同じでないのと同じことであります。反日教育にしてみても、その教育にすべての国民が同意しているわけではないはずでありまして、それは日本を見ても同じこと。日教組の教育を受けたからと皆が皆、日教組的思想を受け継ぐわけはないのでありまして、教育それ自体が国民の思想であるというのは、まったくもっておかしな見方なのであります。ゆえにして、反日政策や反日教育をもって、民族そのものへの憎悪を抱くのは、あまりにも蒙昧な考えであろうと思うのであります。

 などといっているうちに前置きがどんどんと長くなるため、この辺にしましょう。
 さて、ことほどさようにレイシズムとは許されるべきものではありません。
 しかし他方で、ぼくは思うのです。レイシズムを、許してやろうと。
 さあ、ここからが本題なのであります。

 皆様の感情を逆撫でそうなことをあえて述べますが、ぼくは、「レイシズムを、ひとつの立場として認める」という考えを持ちます。

などというと、当然反論のために、皆様の指先が動き始めるのでしょうが、まあお待ちくださいませ。要点はここからでございます。

 以前「ゴキブリ考」の記事でも述べたのですが、レイシズムはひとえに、「嫌いから始まる」ものなのです。嫌う理由を尋ねればあれこれと出てきますが、それはすべて後付けであって、根本には「単に嫌い」という感情が居座っている。朝鮮人が嫌いだ、中国人が嫌いだという方々はまずはそれをお認めになるのがよろしかろうと思います。「嫌い」が先にあって、その「嫌い」という感情を補強するために、さまざまに情報を集め、時には虚偽すらも感情の補強に用いる。自分の感情に反する情報は排し、ただ「嫌い」を正当化するために必要なものを摂取する。すべての根本に、「嫌い」がある。

 そして、それは致し方ないことだとぼくは思います。人間は理性の動物であると同時に感情の動物でありますから、感情から出発するのも仕方のないことなのです。「レイシズムを認める」といった理由はまずここにあります。「嫌いなものを嫌いだと言うな」。そのような命令は自由権にもとるものでございます。

 さて、しかしここでぼくは立ち止まります。
 そもそも「レイシズム」とはどういうものであるのか。一般的な認識としては、「特定の人種、民族を差別する思想」のようなものでありましょう。ですがぼくの場合は少し違う認識なのです。レイシズムの本質はそこにはない。レイシズムの本質とはすなわち、「人種差別、民族差別がこの世にあることを、積極的に認める思想」なのです。

 この違いをおわかりでしょうか。
 思うに、レイシズムとは「差別する思想」ではないのです。「差別し、差別されることを受け入れる思想」なのです。なぜだか世間では後半が抜け落ちる。ぼくにはそれが不可思議でならない。

「誰かを差別する」ということは、「誰かに差別されてもかまわない」という意思の表明なのです。考えてみれば当たり前のことです。「俺はおまえを差別するが、おまえは俺を差別するな」などというのは、あまりにも子供じみた発想で、取るに足らない。語る必要もない。それでは「思想」の名に値しない。レイシズムを語るときには、むしろこの「誰かに差別されてもかまわない」のほうをこそ考えるべきなのです。

 だからぼくは言うのです。レイシズムを許容しろと。

さあ、そろそろ牙を剥きましょう。わかりやすくするために、会話形式でお届けします。

「俺は朝鮮人を差別するぞ。思想の自由だ。表現の自由だ」

「OKです。自由は許容されるべきです。ですが、レイシズムとは『差別する立場』であると同時に、『差別される立場』でもあります。差別する自由を認める代わりに、差別されることもまた、受け入れてもらわねばなりません」

「そ、そんなのは嫌だ。俺は差別したいんだ。差別されるのは嫌だ」

「子供ですかあなたは。それではあまりにもあなたに有利すぎる。あなたの差別を許しますので、あなたの身にたとえどんな不当な差別が降りかかっても文句を言ってはいけません」

「ふ、ふん。別にいいや」

「つまりあなたは、『差別される自由』を最大限行使できるのであり、差別が許されない社会においては、あなただけが唯一、差別の対象として扱われます。たとえば街中で、突然殴る蹴るの暴行を受けても、文句を言ってはいけません。あなたはレイシストであり、つまりは『不当な差別構造の存在を、受け入れる人間』です。とんだ茨の道ですが、あなたは自ら、そうありたいと願ったわけですから」

「ふ、ふん、じゃあ逆に、俺が街中で朝鮮人を殴る蹴るしてもいいわけだな」

「駄目です」

「なぜだ。話が通らないじゃないか」

「朝鮮人はレイシストではありません。その構造を受け入れていません」

「ふふふ、あいつらは反日政策をして反日教育で、日本人を差別していて……」

「あなたは本当に馬鹿だ」

「なんだと畜生、工作員! 在日乙! 必死www、ええと、それから」

「あなたはどうしてそうも自分中心なのです。いいですか、私たちはあなたを差別することができます。しかし裏を返せば、あなたのことしか差別できません。あなたは差別を一手に引き受けると先ほど表明しましたが、その対象はあくまであなた一人のこと。なぜあなたが、朝鮮人全体を差別していいのですか。あまりにも釣り合いが取れません」

「わ、わからないぞ。あ、そうだ、反日はお帰りください!」

「私たちはあなた一人しか差別できない。そのくせあなたは朝鮮人全体を差別すると言っている。それではあまりにもあなたに有利すぎる。と、そう言っているのです。それに、朝鮮人一人一人がレイシストかどうか、全員に調査したのですか。したはずはない。あなたはそのぼんやりとした目で、集団として見ているだけだ。レイシストでない可能性のある人間を差別するのは、ルールに反します。レイシストではない人間は、『差別される自由』を行使できないからです」

「そ、そんなの、それじゃああまりにレイシストが不利じゃないか。損じゃないか」

「ええ、しかし安心してください。あなたの立場は守られるべきです。あなたは世界で唯一、不当に差別されることを受け入れた人間です。あなたが大事にしたい差別構造を、私たちは全力で守ります。あなたは公道を歩いてはいけないし、公共の施設を利用してはいけないし、人権侵害にも反論してはいけません。それはあなたの意にも沿うはずです。あなたはそうやって、差別構造の存在を、この世に保全することができるのです。なんと素敵なことでしょう」

「じゃ、じゃあ俺も誰かを不当に差別してもいいんだな。半島へ帰れ」

「ええ、しかしそれはレイシスト同士に留めるべきでしょう。レイシストではない人を差別すれば、理に反します。繰り返しになりますが、レイシストではない人は差別されることを受け入れませんから、『朝鮮人を殺せ』などと公衆の面前で言ってはいけません」

「自由はどこへいった」

「お忘れですか。あなたは不当な被差別を自ら負うと宣言したのですよ。あなたから自由がなくなっても、それに反論することはできない。あなたに自由があるかどうか、あなたは決める権利を持ちません。あなたが望んだことじゃないですか。しかしそれは些細なことですよ。大事なのは、あなたが今から、差別され放題だということ。さあ、レイシズムを満喫しましょう!」

 おわかりですね。
「レイシズムを認める」とぼくが言ったのはこういうことです。
彼らは「差別の構造を守ろう」と言っている。それはすなわち、「不当な差別を受け入れる」と言っているに等しいのです。

 なぜそんなことを言うのかぼくにはまるでわかりませんが、まあ世の中には生粋のマゾヒストというのもいらっしゃるわけです。彼らの主張を守りましょうじゃありませんか。差別が許されないこの世の中で、唯一自らの意思で、自らへの差別を受け入れてくれるという彼ら。彼らの主張を守るとは、彼らを叩きつぶすことでもあります。彼らを叩きつぶすことは、彼らの望みでもあるわけですから、結果的には守ってあげることになるでしょう。その意味においてのみ、ぼくは言うのです。レイシズムを、許容してやろうと。

くくく。

[PR]
他国の事情は知りませんが、日本で「嫌いなもの」のアンケートを採ったら一番手に来るのがゴキブリでしょう。そして「ゴキブリが好きですか、嫌いですか」と尋ねたら、99%近くの人が嫌いと答えるでしょう。

 はて、しかしなぜ人はゴキブリを嫌うのでしょう。かくいうぼくも素手で触れるかと言われれば、逡巡してしまいます。どうしてぼくを含めた多くの人々は、ゴキブリが苦手なのでしょう。

そもそも虫全般が苦手である、という人もいます。それならばまだ話はわかります。顔が見えないのでコミュニケートしづらい、という感覚もわかる。足が六本(以上)ある、羽が生えているなど、人類とは別種の変化を遂げたその姿形が、距離感を覚えさせるのもわかります。

 ここでの議題は、「カブトムシや蝶々なら愛でるのに、ゴキブリは嫌いである」というその差別意識なのです。

 本能的なものとは考えにくいのです。食用にしている文化圏もあるわけだし、「ゴキブリによって殺された」という話も聞きません。人間を殺す動物ならば他にもいくらでもいるし、病原体の媒介でいえばネズミや蚊のほうがよほど脅威です。ゴキブリにそれほど嫌われる理由があるとは思えないのです。

 おまえ自身の理由を考えてみたらよかろう、と言われそうです。ふむ、考えてみましょう。自己対話です。

「あの黒光りした様が嫌なのです」
「ふむ、しかしおまえの好きな色は黒ではなかったかね」
「あいつはちょっと茶色っぽいじゃないですか」
「茶色いものを嫌いなのか。ではチョコレートはどうだね」
「そういうことじゃないのです。チョコレートは食べ物ですから、比較材料としては不適切です」
「ふむ、ならば黒光りしていて茶色っぽい虫だから嫌いなのかね」
「そうです」 
「だったら白いゴキブリであれば問題ないのかね」
「部屋に白いゴキブリが出たらある意味普通のゴキブリ以上に怖いです」
「どうも色が理由だというのは少し怪しい気がするぞ」
「だいたい、あいつらは不潔じゃないですか。ゴミ捨て場や下水道などに生息しているじゃないですか」 
「ほう、だったら清潔な環境で飼育されたゴキブリなら触れるのかね」
「自信がありません」
「なぜかね」
「なぜでしょう。そうだ、あの触覚が嫌なのです。体と不釣り合いに長いあの触覚が微妙に動く様など、不気味に思われます」
「触覚がなければ平気かね」
「少しはマシな気もします」
「だったら君は、ゴキブリが嫌いとは言わずに、触覚が長い生き物が嫌いだと言えばいい。なぜそうゴキブリばかり嫌悪するんだね」
「あいつらはカサカサッと動くじゃないですか。あの動き方が嫌です」
「君は気づいているかね」
「何でしょう」
「君はさっきからゴキブリの特徴ばかりを述べている。そこに『嫌い』とくっつけているだけだ。それでは説明にならない。イヌが嫌いだという人がいたとして、四足歩行だから、ワンと鳴くから、全身に毛が生えているからと説明されても、ぴんと来ないだろう」
「はて、ではなぜぼくはそれらの属性を嫌っているのでしょう」
「そこに勘違いがあるのだよ」

 そう。ここにはおそらく認識の転倒があるのです。きっとぼくたちは「嫌い、という認識から始まっている」のです。親がゴキブリの出現に大騒ぎしたり、嫌なものとして扱われているのをテレビで見たり、ゴキブリホイホイの存在を知ったり。とにかく「ゴキブリ=嫌うべきもの」という認識を与えられ続けてきたのです。そしてそのあとから、理由付けをしているに過ぎないのです。合理的な理由があって嫌っている、わけではないのです(不潔だからという合理的理由がある、という人は、清潔なゴキブリなら触れるという人ですね。でもそれは不潔なものを嫌う理由であって、ゴキブリをことさらに嫌う理由にはならないのです)。

 ではなぜ日本人は文化的にゴキブリを嫌うようになったのか、という話ができればぼくも立派なもんですが、あいにく文化人類学には疎いのです。
 ぼくはこの議題を、ヘイトスピーチ問題に結びつけて考えたくなります。
 中国や韓国を強く嫌悪する人々と、ぼくたちがゴキブリを嫌う理由というのは、実は似ているのじゃないでしょうか。ここで言いたいのは当然、「中韓=ゴキブリ」などという話ではまったくありません。述べたいのは、「嫌いから始まっている」ということです。 理由は後付なのです。

だから、ヘイトスピーカーに対して、合理的な説得を図っても難しいような気がするのです。彼らの理屈や言葉を剝がして剝がして残るものはきっと、単純な叫びです。
「理由なんかどうでもいいんだ! とにかく自分は中国や韓国が嫌いなんだ!」
というものでしょう。嫌いなものは嫌いだ、というだけの話です。

 ぼくは彼らの罵倒を不当だと感じます。しかし、であるならばぼくは正当な理由をもってゴキブリを嫌悪していると、果たして言えるだろうか。そう考えると不安になってきます。もしかしたらぼくたちは、不当にゴキブリを差別しているのではないか? 好きになる必要はなくとも、他の虫と同じくらいに扱ってやってもいいのではないか?

 こう書くと、「外国人は人間だぞ。ゴキブリは虫じゃないか。同等に扱うのは乱暴だ」「ゴキブリを触れなくても誰も迷惑しないじゃないか。ヘイトスピーチは人を傷つけるんだ」と言われそうです。しかし、ぼくの言いたいことの力点はそこじゃない。問いたいのは、嫌悪するものを思い描くことで、ヘイトスピーカーの心性を理解できるんじゃないかということ。そして、果たしてぼくたちは差別をやめることができるのかということ。

 ヘイトスピーカーにやめろということはできる。でも、やめる側には難しいのかもしれない。ぼくたちにとってゴキブリを触ることが、難しいように。理由のない差別をやめるべきだというならば、ぼくたちも同じようにしなくちゃいけないのかもしれない。

 去年ぼくはナウシカの原作をがっつり読んで、虫への慈しみを覚えるようになりました。 ゴキブリだって懸命に生きているのです。
 何もぼくたちに嫌がらせをしようと台所に出現しているわけじゃない。「おなかがすいたなあ。食べ物無いかなあ」「あ、あった、巣に持って帰ろう、子供たちに食べさせなくっちゃ」。そう思っているとき、ばったりぼくたちに出会ってしまうだけなのです。
ぼくは時々本気で、「おまえは一匹のゴキブリよりも一生懸命生きているか?」と自分に問うてしまうほどなのです。

 さあ、そう考えたら触れそうだ。と、思いながらも、やはりためらう。
 ぼくはまだまだです。ゴキブリを平気で触れるようになったとき、「一段上の男」になれる気がするのですが、なかなか果たせません。
 さて、どうでしょう。あなたはゴキブリを触れるでしょうか。
「嫌うことをやめる」というのは、なかなかに難しいことなのかもしれません。

[PR]
←menu