<   2017年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

面白いから怖い映画。
d0151584_01181136.jpg
 原題『Er ist wieder da』 意味:「彼が帰ってきた」

現実社会を照らし出した作品というのはぼくの好物の一つであります。身の回りのうんぬんやら人間関係やらを描くドラマもそれはそれでいいのですが、やはりこういう突飛な発想で社会を描く作品は、ぐっと身を乗り出して観てしまいます。
d0151584_01183880.jpg
 原作小説が本国ドイツで大ヒットしたコメディ映画ですが、コメディといってもモチーフがヒトラーでありますから、そこはどうしても難しい問題を孕むわけですね。コメディでありながら社会の木鐸たりうる点において、希有な作品であります。
d0151584_01183652.jpg
原作は未読のため、映画だけについて話しますが、「どうしてヒトラーが現代に来たんだ」という部分は完全にオミットされており、これは正しい判断ですね。そこは完璧にどうでもよくて、この突飛な事態がどのように影響を与えていくかに着眼しきっている。
d0151584_01183423.jpg
 ぼくはドイツの社会状況についてとんと無知なので、いろいろと驚かされました。
 公共の場でヒトラーの格好なんぞをしていたらもっと剣呑な騒ぎになるのかと思いきや、けっこう好意的なんですね。半分ドキュメンタリーっぽいつくりなんですけど、スマホで一緒に記念撮影を求められるような乗りだったりもするし、こういう風景はそれだけでスリリングな映像といえます。
d0151584_01183340.jpg
 ドイツにおけるナチスの扱いは今もそれなりに厳しいものなのでしょうけれど、市井の受け止め方や印象というのは戦後七十年の中でどう変化したのか、みたいな話はまるでできない当ブログですが、そういうことを否応なく考えてしまいますね。本作ではヒトラーのモノマネ芸人であるとして、人気になっていくんです。本人は至って真面目だけれど、その真面目さが面白い、みたいなリアクションなんですね。この辺は実際のドイツ社会を知っていたらもっと面白いのだろうなあと少し悔しくもなるところで、どの程度笑っていいのか、と戸惑ってしまう部分もあるし、その戸惑いを惹起することがこの映画独特の魅力なのでしょう。で、映画的にも「笑えるライン」みたいなものを意識していて、「ユダヤ人ネタは笑えないよ」とさりげなくチェックを入れているんですね。そこに触れるともうコメディアンたり得ないわけで、でも触れざるを得ない局面も出てきて、このバランス感は実に興味深い。
d0151584_01183119.jpg
 ヒトラー、そしてナチスという表象は実に複雑というか、複雑だからこそ困った存在とも言えますね。少し前にも、秋元康の娘たちがナチスっぽい衣裳を着ていたというかどで怒られていましたけど、かの組織の意匠には今もなお通ずる「格好良さ」みたいなものが残ってしまっている。制服なり何なりでね。あるいは劇中でも出てきますが、ヒトラーは演説の名手だけあって、人々を惹きつけてしまうんですね。ここが怖い部分です。ある面で格好いいし、ある面で魅力的。それでいて彼らのやったことが百パーセント、何から何まで間違っていた、と断罪はできない。その時代のドイツにとっては魅力的な主張だったからこそ、人々を味方につけた側面があるわけで、それは現代の移民社会うんぬん、経済状況うんぬんとなんら無関係ではない。
d0151584_01182852.jpg
 ヒトラーというのは天下の大罪人だし、彼が劇中、いろいろとコミカルな出来事を引き起こしていても、やっぱりどこかで「それでもこいつは極悪人だよなあ」と思いながら観てしまうんですけど、最後に登場人物の一人と対峙する場面でははっとさせられました。 自分を選んだのは民衆じゃないか、というね。
 結局そこに行くんですね、うん。
 
d0151584_01182662.jpg
 現代の日本においても、あの首相は駄目だ、この政党は駄目だというのがあるわけですけど、それを選んでいるのは有権者っていう部分から逃れられないというか、こればかりは民主主義自体の宿痾なんですね。国民が主権者である以上、最終的な責任というのは政治家ではなく、国民にあるわけで、ヒトラーなり首相なりを断罪しても、本質的な部分では解決しないんです。ヒトラーは劇中、「自分がこの時代に来たのは神意だ」みたいなことをいうんですけど、実在した彼自身もまた、ある種の神意というか、彼自身では制御できないうねりの中に身を置いていたんじゃないか、ともちょっと思う。
d0151584_01182490.jpg
d0151584_01182204.jpg

 どうしようもない災禍を引き起こした張本人だし、その思想は実に許し難いものであったけれど、実際のヒトラーはヒトラーで、抗いがたい何かに飲み込まれていたんじゃないかとも思うわけです。そこは本当に、わからない部分ですよね。彼はユダヤ人虐殺を主導したわけですけど、どの程度の気持ちでいたのかって、深い部分では計れないものもある。口先では強いことを言っても内心では「ああ、そんなつもりじゃなかったんだ。でも周りに宣言した手前、もうつっぱるしかない」という逡巡があったかもしれない。演説では力強い言葉を吐いているけど、その役割を演じきることでしか身が保てないようになっていたのかもしれない。なんてことを、このコメディタッチの作品を観ていると少し考えてしまうわけです。歴史上の記録とか文献などでは想像しきれない部分、人間ヒトラーの部分ってのも、あったんじゃないかというね。
d0151584_01182008.jpg
 彼という表象を通して映し出される現代社会も実に興味深い。そこを認知症の老人が喝破するんですね。彼の訪れで過去を思い出したユダヤ人の老婆が、「最初はみんな、笑っていたんだ」と強い一言を放つ。あの一言によって映画全体、あるいは映画を観る者が暮らす社会全体までが照らされるし、劇中で原作本が売られているメタ構造も意義深い。
 相当に気を張っていないと、社会なるものにぼくたちはいともたやすく飲み込まれてしまうんだろうなと、つくづく感じます。まさに先日の都議選でもひしひしと感じた。政治家の人間性とか思想とか政策とかそんなものを多くの人間は吟味しない。マスコミが煽る対立構造やスキャンダル、もしくは「何かやってくれそう」という漠然とした期待だけでも、社会は大きく変わりかねないわけです。
d0151584_01181864.jpg
d0151584_01181673.jpg
 コメディの皮こそ被っていますが、この映画、この作品はちょっとやそっとじゃないぞ、と思わせる優れた批評性を帯びています。その作品内部ではなく、むしろこの社会そのものに対して目を向けさせてくれる。ヒトラーという存在に宿る緊張感が、「ブラックコメディ」という枠を超えさせる。まだまだだらだらと、いつまでも語れそうです。語りたくなる映画はいい映画なのですが、果たして「いい映画」と言ってしまっていいのか。そんな迷いを抱かせる、ある意味ではとても怖い作品と言えましょう。お薦めであります。
d0151584_01181463.jpg

[PR]
タイトルが全体を貫いていないと見受けます。複数スレッドの有効性に疑問。
d0151584_20503843.jpg
 吉田修一原作で、『悪人』と同じく李相日が監督。妻夫木聡、綾野剛、渡辺謙、宮崎あおい、松山ケンイチ、池脇千鶴、広瀬すず、森山未來など主役クラスの豪華キャストで、どんなもんじゃろうかと思いながら、『怒り』です。原作は未読です。
d0151584_20501053.jpg
2007年に千葉県市川で実際に起きた殺人事件が原作執筆のきっかけとなったそうで、映画冒頭では凄惨な殺害現場が提示され、これが映画全体を貫く大きなフックとなります。

 いくつものスレッドが同時並行的に描かれます。妻夫木・綾野の東京パート、渡辺・宮崎らの千葉パート、広瀬すずの沖縄パートの三つを軸に、警察捜査の進展などが織り交ぜられ、それぞれの生活や人間関係のあれやこれやが語られ、それにしても犯人はいったい誰なんだ、というのが興味を持続させる構成です。
d0151584_20501672.jpg
d0151584_20502387.jpg
d0151584_20501812.jpg
 2時間半近くあるのですが、結論から行くとやや肩すかし感というか、「あれ、交わらないんだ?」というのがとても大きいです。三つのパートがぜんぜん交わらないんですね。事件の犯人と思しき人間は各パートにそれぞれおり、綾野剛、松山ケンイチ、森山未來なんですけど、パートごとにまったく交わらずに終わったのが残念というか、それでいいのか、とちょっと思います。
d0151584_20503460.jpg
 物語の妙技、みたいなものをつい求めてしまうぼくとしては、「どうも三人ともが怪しいぞ、それでいてちっとも交わらないけれど……ん? もしや時間軸ずらしか? 叙述トリック的な?」くらいの想像を働かせてもいたのですがそういうわけでもなく、まして三人ではないあの人物が実は! みたいなこともなく、ああ、そうなのか、という結末。
d0151584_20502135.jpg
 事件の報道があって、たまたま同じ時期に素性不確かな出会いがあって、そこで「もしやこいつが犯人ではないか?」と疑ってしまう人間模様を描くのははわかるけれど、どうもそこの機微みたいなもんが今ひとつ有効に機能していないというか、それだったらいっそ綾野ないし松山のみに絞って2時間以下で語りきったほうが、信じることと疑うことの難しさみたいなものがはっきりと出てきたのではないか、と思うんですね。それぞれのパートがそれぞれのパートを補完し合っている要素も見出せないし、むしろこの作品については一本軸で行っていいんじゃないかと思う。
d0151584_20503352.jpg

広瀬すずパートでは沖縄の風景が描かれて、中盤では米兵によるレイプ事件が発生します。その前の段で、辺野古移設反対デモの様子が描かれるなどするのですが、この重いテーマはそれだけで一本の映画にも収まらない代物であるというのに、わりとさらっと終わってしまう印象です。ただのレイプ事件じゃなくて、わざわざ米兵のレイプにしたからには何かもっと社会的な暗喩がこめられているのかな、と思って綾野/松山パートを見つめてもそこに作用している風もなく、果たしてあの舞台が沖縄である必要があったのか、米兵レイプ事件である必要があったのかが、ぼくにはよくわからなかった。
d0151584_20502610.jpg
 いや、アイロニーはあるんです。
 本作執筆のきっかけは市川市の殺人であったそうですが、あの事件はイギリス人女性が被害者で、相当大きく報道されていた記憶があります。一方、米兵レイプ事件が起きる沖縄ではいまだに基地があり続けているし、治外法権状態があるし、レイプはその性質上、明るみに出ないわけで、ここには実に理不尽な対比がある。そこを訴える意味があるのかなとも感じるのですが、だったら冒頭の殺人は日本人夫婦ではなく、外国人女性でないと弾力的な対比がつかないわけだし、米兵レイプを織り交ぜた効果が発揮されない。そのせいで、終盤のくだりについてもキレがよくないんです。
d0151584_20502880.jpg
うん、この映画は3スレッドじゃなくてせめて2スレッドにしつつ、相互の対比を浮かばせながら「怒り」がもっと明示的になるように引き締めたほうがよかったんじゃないかな、と思ってしまいます。そうしないと犯人の内面というか、「彼」の考えがいまいちわからないんですね。わからない部分を補って想像していこう、という風にも思えない。こいつにはこいつなりの事情があったんだな、と歩み寄る気になれない。「怒り」という直接的タイトルに見合う「怒り」が果たして、綾野・松山スレッドにあったかといえば、首をひねらざるを得ません。うん、タイトルがよくわからないです。森山スレッドには「怒り」に足るものがあるんですけど、ほかの二者にはないです。だから、交わらないとわかったときの「すかされ感」が大きくなってしまいます。原作は知りませんが、あくまでこの映画を観る限りは、というところで。
d0151584_20503024.jpg
 総じて言うと、各々のパートがかなり中途半端かつ、相互に補完・影響し合うくだりもなく、物語的妙味や「怒り」の深淵みたいなものが浮かび上がってこない印象でした。吉田修一×李相日では『悪人』もありましたが、あれはあれでひどく半端な出来と見受けたし、ぼくはいい観客になれないようであります。沖縄の米兵レイプ問題には日米地位協定、基地問題含めて「怒り」を覚えている身であり、そちらに意識が引っ張られたのもありますね。うーん、よかったという方はどの辺に痺れたのか、教えてほしいです。


[PR]
ぼくは、じじいのほうに感情移入していました。
d0151584_14110995.jpg

 最近のホラーテイスト映画としては、わりと話題になった作品です。
 三人の若者が盲目の老人の家に強盗に入り、返り討ちにされてしまうという内容なのですが、これは見方によってだいぶ楽しみ方、楽しめる度合いが変わってくるかなあとも思いますね。ホラーみたいな売り出し方をしていましたけど、そのハラハラドキドキは個人的には得られなくて、むしろ別の面でハラハラしていた、なんてこともありました。ネタバレが嫌なら読まないように。
d0151584_14040695.jpg
 三人の若者はもともと、空き巣みたいなことを繰り返しているんですね。で、主人公格の女性、ロッキー(ジェーン・レヴィ)には娘がいて、なんかそんなに健やかな生活ぶりではないのも明かされる。次の強盗を最後に、娘と旅立つことを計画しています。
 そして仲間の男が新たな標的として、盲目の老人の家に当たりをつけるわけです。深夜に三人で乗り込み、密かに窃盗を企むのですが、そこでばったり相手に鉢合わせてしまい、そこからがさあたいへん、てなもんです。
d0151584_14040965.jpg
d0151584_14041015.jpg

ホラー映画の基本的な構造というのは、主人公と、それを襲う何者かがいて、主人公はあの襲撃者相手にどうなってしまうのだろう、ハラハラ、みたいな形をとるわけですね。観客は主人公に感情移入することで、その恐怖を一緒に味わうというのがオーソドックスなあり方でしょう。
なればこそ、僕はちょっと戸惑ってしまいました。というのも、この映画の主人公たちにはまったく共感できないし、盲目の老人(スティーブン・ラング)が可哀想というか、そもそも障害者を障害者と知ったうえで標的にするというその構造自体があまりにも下卑きっているので、この主人公どもがどうなろうとまるで知ったことではなく、むしろさっさと殺してしまえ、頑張れじじい、という風にしか観られなかったのです。じじいはじじいですごく怖いはずですよ。侵入者がいるのがわかって、けれど姿が見えないわけですからね。
d0151584_14041530.jpg
d0151584_14041719.jpg
d0151584_14062638.jpg


少なくとも途中までは、このじじいは別に悪人でもなく、静かに暮らしているだけなんです。そこにわざわざ入り込んでいって、金をむしり取ろうという人間はむしろ死ぬべきであって、ぼくは完全にじじいサイドで観ていました。というか逆に、どうしてこの主人公に感情移入できるのかがわからないです。ロッキーは幼い娘の母親で、金を必要としていてとか理由付けしてるんでしょうけど、だからといって視覚障害者を標的にするなど最低でしょう。盲目のじいさんと思っていたら実は強くて、ヤバイ、殺される、ハラハラってな感じで進むんですけど、そんなもん勝手に家宅侵入して家の中めちゃくちゃにしてるやつは死ね、ということに過ぎません。あのじじいの家にあるお金は、事故の示談金なんですよ。娘が死亡事故にあって、その示談金として払われたお金です。それをむしり取ろうという主人公どもを応援できるほど、ぼくは邪悪な人間ではないのです。
d0151584_14042060.jpg
d0151584_14042209.jpg

 一方、老人も身綺麗ではありませんでした。途中でね、この老人の狂気ぶりが明らかになるんです。実はこのじじい、一人の女性を拉致監禁していたんです。じじいは娘を交通事故で失っているんですが、その事故を起こした女性を拉致して、あろうことかその女性に子供を孕ませ、死んだ娘の代わりを生ませるのだ、みたいな計画を立てていたのです。

 こうなるとじじい応援団を自認していたぼくとしてもなかなか応援しにくいところです。主人公たちはその女性を逃がそうと試みて、主人公的な「いいやつ感」を出してくるんです。でも、ぼくはやっぱりじじい応援団です。主人公がいいことをしたとしても、最初の動機が邪悪ですし、途中でその女性は死んじゃうし(あいつらが来なきゃ死なずにすんだかもしれないのに)、こうなったらもうじじいには主人公どもを殺してもらうよりありません。
d0151584_14044996.jpg
 で、いろいろあってロッキーはじじいに捕まります。前にいた女性のように拘束されてしまいます。というかね、人間性が疑われるようなことをぼくは言ってしまうんですけどね、正直なところもうぼくはこのロッキーが嫌いですから、じじい、レイプしてしまえと思って観ていたんです、はい。

なんてことを言うんだ、女性の敵だ、反社会的人格だ、と思われるかもしれませんけど、あのー、そもそもロッキーは勝手に侵入してるわけですからね。場合によっては強盗として、あのじじいに暴力を加えることも辞さないという立場だったわけですね。そういう女がレイプされようがどうなろうがぼくは知りませんというか、まさしく自業自得なんです。障害者を標的にしたクソ最低の犯罪者のくせに、いざとなったらか弱さだの、女性としての尊厳だのを持ち出すみたいな態度には賛同できません。暴力の現場に自ら飛び込んできたくせに、女性だからどうのという言い訳は一切通用しません。最初に襲撃したのはロッキーサイドであって、自分勝手な強盗女はレイプされればよいのです。娘がいるとかそんなのはまったく関係ないです。不当に金を儲けている人間を襲うとかならわかりますよ。でもあのじいさんの家を襲う正当性がありますか?
d0151584_14045438.jpg
 しかし実際、レイプは成らず、残念なことにロッキーは逃げおおせてしまうんですね。
映画としてはまあ、このロッキーが生き残れるのかどうか、ハラハラという展開で進むわけです。最後にはじじいを撃退して、みたいなことで終わります。金すらも持っていった模様です。あの女がじじいの家の金を得る正当性がどこにあるのでしょう。幸いにしてじじいもドーベルマンちゃんも無事だったようなのですが、女はそのニュースを何かおののくような表情で見つめていたりします。なんやねん、です。
d0151584_14045795.jpg


短い時間で凝縮し、限られた空間で次々とタイトに物事を起こしていく点であるとか、あるいは盲目の存在を敵の位置に配したことでこれまでの映画ともまた違う面白みを出してる、という点はもちろんわかるんですけども、ホラー的に感情移入するのは難しい映画でした。というかむしろ、ぼくの感じていたのはもっと嫌なハラハラというか、「この映画、もしかして被害者であるはずの老人が痛い目に遭って、クソ襲撃者の女が生き残るとかそういう展開になるんじゃないだろうな、なったら嫌だな、ハラハラ」と感じていて現にその通りになったのでちっともカタルシスがありません。
ぼくとしてはむしろ『SAW』的な絶望性があったほうがいいというか、どうせならじじいが勝利し、ロッキーを拉致監禁のうえでレイプし、子供を孕ませてその悲鳴の中でラストを迎えてもらい、別宅に取り残されたロッキーの娘は何も知らずに暮らしている、くらいのアンハッピーラストのほうがしっくり来るし、というかそのほうが「強盗をしては駄目だ」「障害者に対する犯罪は許されない」という倫理的メッセージを放てるからむしろハッピーエンドじゃないか、みたいなことを考えたりもします、はい。あれだと、「視覚障害者を標的に強盗を働いた女が、結果的にうまく逃げおおせた」というクソみたいなラストでしかないので、むしろぼくのアイディアのほうがよほど道徳的とすら言えましょう。そうした点で、非常に胸くその悪い映画であるとも言えましょう。


[PR]
←menu